ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

一般のベルギー人は、どこでチョコレートを買っているのでしょうか?

2023/01/26
チョコレート戦略と栄養効果
ベルギーチョコレート レオニダス ノイハウス 歴史 ブルージュ ブリュッセル アウトレット イケメン過ぎて声のかけられない店員さん ナナイ ブログ

一般のベルギー人は、どこでチョコレートを買っているのでしょうか?



有名なショコラティエのチョコレートの値段を見ていると、ベルギー人は一人当たりのチョコレート消費量が多い(と思われる)ので、普通のベルギー人がこのようなところで買っているとは、ちょっと考えにくいのですが、いかがでしょうか?


コンフィズリー・デ・クレークなナナイと北斗


質問です。一般的なベルギー人はどこでチョコレートを買っているのでしょうか?目の肥えたベルギー人が「現地価格」でチョコレートを購入できる秘密の場所があるのでしょうか?


ほとんどの場合、スーパーマーケットのブランドチョコレートを買いますが、スーパーマーケットの自社ブランド商品でも、驚くほど美味しいものがあります(ただし、一部のみ)。

高級なショコラティエのチョコレート(通常はプラリネ)は、他の人へのプレゼントとして購入することがほとんどです。



ベルギーのチョコレートの歴史


ブリュッセルとブルージュでチョコを楽しむためのヒント

ベルギー人は高級チョコレートの愛好家です。ほとんどの街で、チョコレートで埋め尽くされたディスプレイウィンドウに誘惑されることでしょう。ゴディバは大手工場で作られた高価格・高品質なブランドですが、家族経営の小さな店では、精巧な手作りチョコレートがたくさん売られています。

ベルギーの人々はチョコレートをとても気に入っていて、経済的にも重要で、美味しいと評判です。ベルギーのショコラティエは、今日、ユーロを稼いでいますが、その顧客は、チョコレート愛好家の長い歴史の中のごく一部の人に過ぎません。

1519年、アステカの皇帝モンテズマがスペインの征服者エルナン・コルテスに、新世界原産のカカオ豆から作ったホットココア(xocoatl)を飲ませました。1700年には、ヨーロッパの首都にある優雅な「チョコレートハウス」で、裕福な貴族たちにミルクと砂糖を加えたホットチョコレートが振る舞われるようになり、ヨーロッパで食のブームが起こりました。

1847年には、ヨーロッパで初めてチョコレートバーが作られました。1850年代には、チョコレート菓子の製法が開発され、質の高い手作りの贅沢品の長い伝統を持つベルギーが最先端を走っていました。1876年、スイス人のヘンリー・ネスレが濃縮乳を追加し、ミルクチョコレートを誕生さ せました。1912年、スイスの菓子職人ジャン・ノイハウスがブリュッセルでベルギー・プラリネを発明しました。その後、ギリシャ系アメリカ人のショコラティエ、レオニダス・ケステキデスがベルギーで会社を設立し、世界的に有名になるなど、多くの技術革新が行われました。

ベルギーでは、お菓子を2つのカテゴリーに分類しています。トリュフは、柔らかく砕いたチョコレートの外皮にバタークリームを詰めたもので、プラリネは、硬いチョコレートの外皮に様々なフィリングを詰めたもので、砂糖とナッツを使ったフランスのプラリネとは全く異なるものなのです。


ブリュッセルとブルージュでチョコレートのお買い物

ブリュッセルの中心はグランプラス(Grand Place)広場です。この広場の一番の見どころは、広場やその近くにある老舗のチョコレートショップで売られている絶品スイーツでしょう。ゴディバは高級品(標高も値段も高い)で、他の店に行くほど値段は下がります。



ゴディバベルギー



ゴディバはベルギーの高級チョコレートの代名詞で知られた存在です。現在はトルコの会社が所有していますが、ゴディバは今でもベルギーに経営陣とオリジナルの工場(1926年建設)を持っています。グラン・プラスにある店はゴディバの最初の店(1937年創業)です。 ゴディバ(公式ベルギー)

ナナイのコメント 日本の直営店では本国ベルギーと定価の差はあまりありません。流通経費と税金を足した額が日本の販売価格です。良心的なビジネスをされています。しかしアメリカとベルギーの直営店と違って試食などは一切ありません。




メリーベルギーチョコ


メリー社は、1919年に初の女性ショコラティエ、メリー・デルックによって設立さ れました。王室が彼女のチョコレートを好むようになり、一躍スターダムにのし上がりました。現在も、店舗やお菓子のパッケージは、彼女のオリジナルデザインを忠実に再現しています。メリー(ベルギー公式)

ナナイのコメント
 日本のお店は本国ベルギーで購入できる価格の倍額です。少し残念でした。今の日本の事情を考慮して商売をしていただきたいです。


ノイハウスヴァレンタイン


ノイハウスは1857年の創業以来、地元のチョコレート愛好家にとってなくてはならない存在です。本店はGaleries Royales St.Hubertの中にあります。ノイハウスでは、商品説明のパンフレットを発行しています。カプリスはまるでイースターにいるかのような味わいです。ノイハウスはプラリネの発明者であると主張しています。

ノイハウス(ベルギー公式)



ノイハウスのお値段2023
ナナイのコメント 日本で販売されている価格は現地の2.5~3倍ほどの価格です。購入される際は割り切って注文しましょう。上記がベルギー現地の価格です。アウトレット店ではさらにお安いです。



ギャラーチョコベルギー


ガレー
は家庭的で、輸出をしていないためあまり有名ではありません。家族経営で、糖分の少ないダークチョコレートを得意としています。最高級品で純度85%のチョコレートは、シンプルに「ブラック85」と呼ばれ、甘くないチョコレートが好きな人は試してみる価値があります。ガレーの商品は英語での説明も充実しています。ガレー(ベルギー公式)

ナナイのコメント カジュアルなものは日本のスーパーや輸入食品で購入できます。安価なお値段設定なのでおすすめです。

レオニダスヴァレンタイン


レオニダスは、コスト意識の高いブリュッセルの人たちが、品質を10%程度落として、売上を3倍近くにしているお店です。ホワイトチョコレートはこの店のスペシャリティです。チョコレートでのどが渇いたら、隣のベルギービール250種で軽く喉を潤しましょう。このような冗談をレビューでみます。本当にお安いのです。

1KGのホワイトボックスは31ユーロ 4500円 日本のお店だと軽く1万はします。
レオニダスバレンタイン


ナナイのコメント このチョコ同じものが日本の直営店なのか独立採算制のお店なのか謎ですが8690円で販売中です。良心を疑いました。通販で本国から購入して定価2000円(送料は多くみつもっても2000円)・・・定価の4倍以上のお値段で販売しているのです。
レオニダスは美味しいのですがお安いのでベルギーではよく購入していました。日本の販売店は残念すぎる価格なので今は妥協でリンツのリンドールで我慢。

下の公式サイトでぜひお値段を比較してみてください。


レオニダス(ベルギー公式)


タイガー君と日本の輸入チョコの話


ベルギー人の間で評価の高いブルージュのチョコ


ヨーロッパで最も楽しい中世の町のひとつであるブルージュは、チョコレート愛好家のメッカでもあり、特にカテライネ通りには、数歩歩くだけで6つの店が並んでいます。地元の人がここでチョコレートを買うことはほとんどありませんが(観光客向けに価格が高めに設定されているため)、ここは便利な場所です。

以下のショコラティエはいずれも独創的な種類を誇り、5〜6種類のチョコレートの100グラムの詰め合わせを受け付けてくれます。


デュモン1


デュモン

ブルージュで最も滑らかでクリーミーなチョコレートはデュモンのものだと言えるでしょう。中央広場の北にある本店はナタリー・デュモンが経営しており、マダム・デュモンも毎日立ち寄って一流のチョコレートを作り、新鮮なチョコレートを販売しています。デュモン夫妻は、喜んでチョコレートの説明をしてくれるので、まるで魔法のような熱意で説明してくれます。
デュモン(公式ベルギー)

小さな箱に入ったミックス&マッチで、この世のものとは思えないようなフレーバーをいくつか試してみてください。(デュモンの旗艦店である、より大きく華やかな店舗は、本家のような魅力に欠けています。しかし、同じようなチョコレートを製造し、プラリネの種類を増やし、コーヒーやホットチョコレートバーも充実しています)。



チョコレートライン


チョコレート・ライン

チョコレート界の奇才、ドミニク・パーソンが生み出した芸術的なチョコレート(100gあたり7ユーロと高価)を求めて、地元の人々や観光客が集まります。チョコレートに様々なフレーバー(主に塩味)を混ぜたユニークな作品です。

ハバナシガー(ラム酒、コニャック、キューバのタバコの葉でマリネ)、デッドリーデリシャス(ラズベリーとヘーゼルナッツのペーストが入ったチョコレートスカル)、ワインビネガー、オニオンフライ、ライム/ウォッカ/パッションフルーツ、ワサビ、トマト/オリーブ/バジルなど、美味しそうなものもあります。奥には80種類を作る厨房の様子も展示されています。毎月変わるウィンドウディスプレイもお楽しみください。チョコレートライン(ベルギー公式)



BbyB表紙


BbyB

ミシュランの星付きレストランのオーナーであるバルトロメウスが名づけた「バベルナット・バイ・バルトロメウス」。プラリネの種類は番号で表示され、まるで高価な宝石のように並んでいます。 バベルナット・バイ・バルトロメウス(ベルギー公式)



コンフィズリー・デ・クレーク1 (2)


コンフィズリー・デ・クレーク

3代目のショコラティエ、ヤンの手作りチョコレートは100gあたり約1.5ユーロと、この街で最もお買い得な価格です。地元の人の中には、彼のチョコレートは高価な店と同じくらい美味しいと言う人もいれば、こんなに安いチョコレートは粗悪品に違いないと主張する人もいますが、実際に食べてみて判断してください。また、店内も昔ながらの雰囲気が漂っており、ついつい長居してしまいます。ナナイのレビュー:専用サイトはありません。安くて美味しいと評判のチョコレート店です。
コンフィズリー・デ・クレークの記事



コンフィズリー・デ・クレーク1


ブルージュでチョコレートを購入する際の注意点。この町の非公式な「チョコレート・マフィア」は、中級品のプラリネの価格を1キロあたり約28ユーロ(100グラムで2.80ユーロ 約350円)と極めて標準的なものにしています。チョコレート・ラインやBbyBのような高級店では、もっと高い値段で売られているのですが、その違いは愛好家以外にはわからないでしょう。逆に、この範囲を大きく下回る値段の店は、疑ってかかった方がよいでしょう。品質が落ちている可能性があります。

お値打ち品をお探しなら、スーパーの棚をチェックすることをお忘れなく。ベルギーは生チョコの生産が盛んな国なので、店内には常に高品質のチョコレートが並んでいます。Côte d'Or Noir de Noirは、荷物の中に入れてもかさばらないシンプルなピュアダークチョコレートバーです。

ベルギー人がチョコレートを購入する秘密の場所はどこ?


目の肥えたベルギー人が「現地価格」でチョコレートを購入できる秘密の場所があるのでしょうか?
隠れ家的な店はなく(あっても、もっと高価でない職人的なブランドのもの)、レオニダス、ガレ、コート・ドール、ギリアン、スーパーの自社ブランドなど、安価な工業的ブランドは当然ながら存在します。

しかし、地元の商店街には、ノイハウスの支店、コーネ・ポルト・ロワイヤル、マルコリーニ(以前はゴディバがあった場所)があり、これらは外国人観光客だけが利用する場所では存続できません。地元の人たちは、特別な日や家に招かれたときのプレゼントとして、高価なブランドを買っていきます。




もちろん、ゴディバGodiva Factory Outlet(地下鉄シモニー駅近く)やノイハウスアウトレット ブリュッセル郊外ですが、(
地下鉄エラスムス駅から歩いて行けます)のアウトレットショップは、地元の人も外国人もよく利用します。ゴディバは、かなり大量に買わないとあまりお得にならないので、あまり期待しない方がいいですが、何人かにプレゼントを買うときには、とても便利な情報源です。同様の品が静岡県御殿場ゴディバアウトレットでも購入できます。

ベルギー人は一人当たりのチョコレート消費量が最も多い国の一つである」など、統計に基づく記述は常に注意が必要です。また、ブリュッセル空港での販売も含まれています。ブリュッセル空港では、世界中のどこよりも1日に多くのベルギーチョコレートを販売していますが、ほとんどの場合、ベルギー人への販売ではありません。

一人当たりの消費量は、ベルギー全土の販売量をベルギーの人口で割ったものですが、ブリュッセル空港だけでなくブルージュなどの観光地では、通過するだけの人への販売が多く、ベルギー人の購入量を大幅にオーバーしています。

大型のスーパーマーケットでは、有名ブランドの商品を最も安く購入することができます。大きなCarrefoursでは(スケールメリットのおかげで)多少の割引がありますが、イギリスの同規模のお店で見られるような大きな割引はありません。それでも、サブロンでゴディバを買うよりは安いでしょう。

ベルギー人の一番のお勧めは、ピエール・マルコリーニ(スバブロン通り、クイーンズギャラリー、メトロのメロードの近く)に立ち寄って、詰め合わせボックスを一つ手に入れることです。また、彼のトップフレーバーをグラム単位の有料バッグに「ピックアンドミックス」することもできます。決して安くはないですが、最高のチョコレートで、プレゼントにも最適です。

参考ソース Godiva Factory Outlet
Tips for Chocoholics in Brussels and Bruges
ノイハウスアウトレット(地図とリンク先)


チャーミングな店員さん


弦之介の仲いい子



弦之介の仲いい子1



北斗のためだけじゃないわ



北斗のためだけじゃないわ1



やっぱりあたしわかってないのかな?








イケメン過ぎて声のかけられない店員さん 登場人物


登場人物2023年冬


イケメン過ぎて声のかけられない店員さんホリデーシーズン登場人物2022年~2023年1月予定




2023年1月からメインな登場人物



北斗 主人公  ビジュアルがイケメンなので普段はできるだけ目立たたないようにしている。でも遠くからでも歩き方や姿勢に特徴があるので確認できてしまうほど。2023年からはメイクを変えた北斗も新たに登場。魔王の顔です。
恋愛ドラマのキングと言われる俳優さん達になんとなく雰囲気が似ている。それをネタに同僚から毎シーズン人気のドラマが出ると茶化されている。

北斗は直観力や動体視力と空間記憶が優れている。趣味は筋トレなので漆姿は逆三角形。

北斗とナナイの記念日


弦之介  北斗の親友  箱根の忍者風魔一族の末裔。凄腕の料理人。スーパーでは惣菜を担当今現在は、店頭入口の見栄えのするディスプレイも従事している。漫画を読み進めていくと弦之介の料理の腕はさすがなもので『味覚を奏でる逸材』とわかるような設定にしています。実際に他の店舗の惣菜部のものより美味しいです。
謙信 北斗の親友 実は拳法の達人で古代文書に詳しい。北斗と師匠が同じ空海。実は空海は北斗の曽祖父で明治生まれ。飛騨の奥地の忍者秘伝の薬草とキノコに詳しい。
ナナイ ヒロイン 北斗とはクリエーターとモデルの関係  ここでは北斗がモデルでビジネスパートナー
北斗とは前世から深いつながりがある。ここでのお話は全てフィクションなのです。2023年からはナナイと北斗は出逢った時からお互いに一目ぼれ同士だったということが発覚!

ネタバレ要素2021年から~ 北斗の前世がフランス人だった・・・という設定になっています。そのお話は事実を元に描いています。
漫画で何か描いておけばそのひとの短い人生に大きな意味があったことが紐解いていくと気づいたからです。


キッチンデート


アルト 店長代行 名前はマクロスフロンティアのアルト君より。果物や野菜の効能に詳しい。最近は高級消費財系おやつを実地で学習している。ヘアスタイルはリアルも同じ。若手新人後輩からにんきがあるみたい。

モーフィアス 北斗の元部下  職務に忠実で献身的に北斗に尽くすひと ナナイと同年代らしい。モーフィアスさんなので第6感がある。すご腕のエスパー。趣味でスーパーに勤務。実は古代の魔術や魔法本の解読が得意。名前は映画マトリックスから。現在はタイガー君の面倒をみている。
タイガー イケメンの新人店員さん 北斗後任の新規グロッサリー部門担当。気が付くと昨年北斗が担当していた場所全般を見習いでやらされている。なんとなくSnow manの目黒蓮君に似ている。

キッチンデート1


ミハエル ドイツ人気質のあるような新任の店長。カイ君とウマが合う。あとで観察してわかったことと言えば・・。西欧のチーズや乳製品とチョコレートに詳しい。特にスイスチョコにはこだわりがありそう。

ドイツ人ならばスーパーに陳列されているソーセージやハムの種類があまりにも少なすぎてストレスを抱えてそうですね。

カイ アルトとモーフィアスとタイガーの同僚。名前は初代ガンダムのカイ・シデンから。ミハエル君とは長年の知り合いともとれるような意気投合するほど仲良し。でも知り合ったのは昨年の9月上旬。

お話やセリフは、全部フィクションです。モデルの方がいらっしゃっても会話の内容は筆者が創作したものです。

このような事情を考慮して漫画ではマスクは外しています。


漫画イケメンすぎて声がかけられない店員さん令和4年3月8日前後から連載始めました。
その前にもちょっとだけ挿絵的掲載していました。
よかったら是非遊びに来てください。


イケメン過ぎて声のかけられない店員さん漫画アルバムのリスト一覧

いつも言われたい言いたい




ナナイの漫画アルバム作りました



漫画のベースになるキャラクター育成ソフトの提供はNCジャパンAIONから許可を得て掲載しています。

ハーバード式健康法人気記事

紅茶で髪を染める4










ミニオープンサンド






パリのケーキ屋さん3







紅茶を入れる



ハーバード式美肌への道



クマのケーキ





フランスのクッキー








サラダトースト2


関連記事