ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

ドイツ人は一人当たりのチョコ消費量は世界一です

2022/11/24
イケメン過ぎる役員になるには/MBA講座
チョコレート 世界一 おいしい カカオ スイス ヨーロッパ 最大 イケメン過ぎて声のかけられない店員さん ナナイ 北斗

ドイツ人は一人当たりのチョコ消費量は世界一です





ドイツ人のひとりあたりのチョコ消費量は世界一


2022年11月2日の情報によると『ドイツ人は一人当たりのチョコ消費量は世界一です』

スイス人が世界一ではなくなりました。スイス人は世界第2位です。


世界一美味しいチョコレートはというと 色々なコンテストでは決定打に分かれます。


リンツが最優秀と答える回答者とやはりドイツのMilkaミルカと答える人となど
またリンツの一部のチョコレートはフランスやドイツやイタリアでも生産されます。近年ではリッタースポーツも定評があります。今回の記事は「なぜそんなにドイツはチョコレート産業が盛んなのか?」「ドイツが世界中で注目されるチョコレートの魅力」を探ります。






スイスのチョコレート消費量、40年ぶりに世界一から二位に下がりました


スイスのチョコレート消費量、40年ぶりの低水準に

1982年以来初めて、スイスのチョコレートの年間平均消費量が1人当たり10kgを下回りました。

スイス チョコレート製造業者協会 (Chocosuisse) によると、2020 年にスイスの居住者が食べたチョコレートの量は平均 9.9 kg で、前年より 6.9% 少なくなっています。この減少は、外国製チョコレートの輸入量が 1.8% 増加したため、スイス製チョコレートを犠牲にしたものでした。そのシェアは 41% から 43% に上昇しました。

業界団体は、スイスで輸入チョコレートの売り上げが伸びているのは、国内の保護主義的措置のせいだとしている。

「この傾向は、原材料と加工製品の国境保護の非対称性によって引き起こされています。国境保護の結果、特定の原材料はスイスでは海外の2倍の価格になっています」とChocosuisseは月曜日に声明で述べた。

Covid-19 パンデミックも業界に打撃を与えました。生産量は 10% 以上減少して 180,000 トンになりました。その結果、輸出は 11.5% 減少して 126,000 トンになりました。全体として、チョコレートの売上は 14.5% 減少し、15 億 3000 万スイス フラン (16 億 8000 万ドル) になりました。

「2020 年には 1 つの工場が閉鎖され、業界で雇用されている従業員数が 4.8% 減少しました」と Chocosuisse 氏は述べています。
Swiss chocolate consumption dips to lowest levels in 40 years March 1, 2021 - 12:08






カカオの持つドイツ市場の大きな魅力


ドイツは大規模なココア・チョコレートマーケットであり、大量生産品と特殊品両方のセグメントで、生産国にとって多くの機会があります。しかし、大量仕入れ市場が飽和状態になりつつある現在、輸出業者や生産者にとっては、特に特殊品市場に新たな機会が訪れています。これは主に、ダークチョコレートに対する需要の高まりと、有機および環境保全型カカオの大規模な市場によって加速されたものです。ドイツはチョコレートの消費国でもあり、一人当たりのチョコレート消費量は世界で一番です。


1.カカオ製品概要

ここでは、カカオ豆(ホール、ブレーク、生、焙煎)を対象とします。これらは、国際標準化機構(HS)コード1801に分類されています。調和システム(HS)コードは、製品の分類や輸出入などの国際貿易統計の算出に使用されています。

カカオの木(Theobroma cacao)は、アフリカ、アジア、中南米の赤道の北緯15度から南緯20度の熱帯地域で生育している。カカオの木は、幹や太い枝から直接さやが生えます。カカオの種(豆)は、さやから取り出した後、発酵させ、(天日)乾燥させます。1本のカカオの木から、年間平均7〜9kgの乾燥豆を収穫することができます。


国際的なココア市場で区別されるカカオの木の主な3つの品種は以下の通りです。

フォラステロ種は、カカオの代表的な品種です。主にアフリカで育成され、中南米でも栽培されています。世界のカカオ生産量の約8割を占めます。フォラステロ種は、他のカカオ品種に比べ成長が著しく、収穫量も多いのが特徴です。豆は力強く、土のような香りがします。一般に、バルクカカオ豆はフォラステロの木から採取さ れます。フォラステロ種の代表的な亜種はアメロナド種とナシオナル種です。エクアドルのナシオナル種は、繊細な風味を持つカカオを生産します。


クリオロ種(カカオの原木)は、主に中米、南米北部、カリブ海地域、スリランカで栽培されています。クリオロ種は、世界のカカオ生産量の約5%を占めています。この豆は、繊細で甘い風味を持っています。クリオロ種は希少で高価なため、チョコレートを作る際には他の品種と混合されることが多いようです。クリオロ種のカカオの木からは、きめの細かい風味のカカオ豆が産出されます。チュアオ、ポルセラーナ、オクマレなどの品種が有名です。


トリニタリオ種は、主に中南米、カリブ海、アジアで広く栽培されている品種です。豆はクリオロ種とフォラステロ種の雑種です。この品種は、世界のカカオ生産量の約10~15%を占めています。この豆は、花のようなフルーティーな風味を持っています。トリニタリオ種のカカオ豆は、ファイン・フレーバー・カカオとして分類されます。ただし、カメルーンのトリニタリオから生産されるカカオ豆は、バルク・カカオ豆に分類されるため、例外的であると言えます。有名な品種は、カレネロ、リオ・カリベ、スール・デル・ラゴです。




ココア豆の副産物(ココアペースト、ココアバター、ココアパウダー)は、欧州のココア半製品についての調査で取り上げられています。



チョコはイケメン維持に効く



2. ドイツがカカオにとって魅力的な市場であるのはなぜですか?

ドイツは世界第4位、ヨーロッパ第2位のカカオ豆の輸入国です。また、ヨーロッパ有数のチョコレート生産国であり、大規模なカカオの精製加工産業を有しています。


ドイツは欧州第2位のカカオ豆輸入国


ドイツは20%のマーケットシェアを持ち、オランダに次いでヨーロッパで2番目に大きなカカオ豆の輸入国となっています。ドイツのカカオ豆輸入総量は、2021年には445,000トン以上、金額は1,048百万ユーロとなりました。2017年から2021年にかけて、ドイツのカカオ豆輸入総量は年平均0.2%とわずかに減少したものの、金額では0.2%増加する結果となりました。

ドイツはカカオ豆の約23%を近隣国、主にオランダ(7万8000トン)とベルギー(4万2000トン)を通じて輸入しました。ドイツの総輸入量の約 73%は生産国からの直接調達となっています。コートジボワール(192,000トン)、ナイジェリア(47,000トン)、ガーナ(39,000トン)が主な直接の供給元になっています。生産国から直接調達するドイツの輸入は、2017年から2021年にかけて、数量では年平均1.9%減少しましたが、金額では1.1%増加しました。カカオ豆の直接輸入のほとんどはハンブルク港を経由してドイツに到着します。


ドイツにはヨーロッパで2番目に大きなカカオ豆の精製産業があります

ドイツに輸入されたカカオ豆のほとんどは、国内でさらに加工され使用されます。ドイツはオランダに次いでヨーロッパで2番目に大きな粉砕機であり、世界の粉砕量の9.0%を占めると推定される世界第4位の規模を誇っています。

2020/21年にドイツの産業が処理するカカオ豆は445,000トンと推定されています。2019/20年のその数字は43万トンであるとされています。ドイツ市場では、大手多国籍企業(カーギルやバリーカレボーなど)からアウグスト・ストルク、ヴァインリッヒ、ショキナグなどの国営企業まで、数多くのココア粉砕業者や加工業者が活動しています。

多国籍企業が原産国での豆挽き作業を増やしているため、豆挽き作業が今後大幅に増加することはない見込みです。多国籍企業は、豆挽き作業チェーンをより直接的に管理でき、生産コストを下げ、地域市場をターゲットにできるようになります。

ドイツはヨーロッパの主要なチョコレート生産国


ドイツにはヨーロッパ最大のチョコレート製造業があり、主にバルクビーンズを使って製造されています。Prodcomの資料によると、ドイツは2020年に約1,182,000トンのチョコレート製品を製造しています。2016年から2020年にかけて、同国のチョコレート製造は年平均0.6%の割合で増加しました。

フェレーロ、マース、モンデリーズといった大手多国籍チョコレートメーカーはいずれもドイツに製造拠点を持ち、市場を支配しています。ドイツの大規模なチョコレートメーカーの例としては、ハッチーズ、ルードヴィヒ・ショコラーデ、リッター・シュポルトなどが挙げられます。

生産されたチョコレートの大部分は輸出されており、ドイツは世界最大のチョコレート製品の輸出国となっています。2021年、ドイツは95万トン以上のチョコレートとカカオを含むその他の食品調製品を輸出しました。ドイツのチョコレート製品およびその他のカカオ調製品の推定輸出額は45億ユーロ(世界のチョコレート輸出の16%)でした。2017年から2021年の間に、輸出量は年平均2.5%増加し、その額は2.3%増加しました。

ドイツは欧州最大のオーガニック市場


ドイツは、ヨーロッパ最大の有機食品市場であり、オーガニックカカオにとって重要な意味を持つ地域です。ドイツの有機食品の小売売上高は、2020年にはEU全体の3分の1以上を占め、その総額は約150億ユーロにのぼります。2020年、ドイツの食品市場全体における有機食品のシェアは6.4%でした。

また、ドイツはヨーロッパで最も成長が早い有機食品市場であり、2020年の成長率は22%以上と言われています。その要因の1つとして、COVID-19の大流行によって強まった健康意識の高まりが挙げられます。ドイツのオーガニック市場は、2021年から2026年にかけて平均年率2.7%で成長すると期待されています。スイーツやチョコレートなどの菓子類は、オーガニック食品の売上高の中で最も成長率の高いカテゴリーとして位置づけられています。

ドイツでは有機栽培の食品が広く出回っており、その競争は熾烈を極めています。実際、ほとんどのカテゴリーでオーガニック製品が主流になりつつあり、市場が成熟しつつあることを示しているともいえます。ドイツではオーガニック市場は既にニッチから主流になっていますが、有機チョコレートの市場はまだニッチと言われています。ドイツにおけるチョコレートの売り上げのうち、オーガニックは約2.5%です。

オーガニックチョコレートは、低価格帯、プライベートブランドからプレミアムまで、あらゆる価格帯で販売されています。例えば、小売業のアルディ・スードは、プライベートブランド「ワン・ワールド」で有機チョコレートを取り扱っています。ドイツの高級有機チョコレートブランドとしては、ヴィヴァーニやべリジウムが挙げられる。リッターのようなドイツの大手チョコレートメーカーが、チョコレート全製品をオーガニックに転換させる試みを行っていますが、消費者のニーズがないため実現しませんでした。それでも、どの大手メーカーも自社の製品に必ずと言っていいほどオーガニック・チョコレートを揃えています。リッターの場合、「リッター・スポーツ・ビオ」という製品ラインが、オーガニック製品への関心の高まりに対応しています。

有機カカオ豆の生産者や輸出業者は、市場が大きく多彩でありながら、まだ伸び代があるドイツに幅広いチャンスを見出せる可能性があると思われます。

有機カカオを扱う輸出業者の例として、ドミニカ共和国のカカオ協同組合連合会であるコナカド(CONACADO)を挙げます。コナカドの競争力は、有機認証やフェアトレード認証など市場の需要に応じた認証の取得はもちろんですが、中小のカカオ生産者の組合というビジネスモデルにもあります。このモデルは、1980年代にドイツ技術協力(GTZ)(現GIZ)の支援を受けて形成されました。

ドイツで高まる持続可能な生産によるカカオとチョコレートの需要


2021年にドイツで販売されたチョコレート菓子のうち、最大で79%が持続可能な方法で生産されたカカオを使用したものであることがわかりました。これは、3%程度であった2011年から76%増加したことになります。これは、2012年から持続可能なカカオの生産と調達の普及を目指している「ジャーマン・イニシアチブ・オン・サステナブル・カカオ(GISCO)」が一因となっています。この構想には、政府機関から小売業者、ドイツのカカオ粉砕およびチョコレート製造業界の主要企業まで、約70の関係者が参加しています。

ドイツのチョコレート市場で最も人気のあるサステナビリティ認証は、レインフォレスト・アライアンス(2018年にUTZと合併)とフェアトレードです。Lidl、Aldi、REWEなどのドイツの大手小売業者は、100%サステナブルなカカオのみを販売することを約束しています。その結果、現在、ドイツの主流ブランドのほとんどが、これらのいずれかの団体の認証を受けています。

ドイツにおけるフェアトレードのカカオとチョコレート製品の売上は、2016年以降、急激に増加しています。2021年、ドイツは81,000トンを超えるフェアトレード認証のカカオ豆を輸入しました。そのため、市場シェアは16%に近づいた。このフェアトレード・カカオのほとんどは、ガーナ、コートジボワール、ドミニカ共和国から仕入れてきたものです。

ドイツでは認可されたチョコレートが広く出回っていることから、ほとんどの市場セグメントにおいて、認証はカカオ輸出業者にとって重要なエントリー要件となりうると考えられます。

ドイツの消費者はより健康的なチョコレートを選ぶ


ドイツでは、2021年に一人当たり年間約9kgのチョコレート消費量を記録しました。これに対し、ヨーロッパではスイスの一人当たりの消費量が11.3kgと高いだけです。ドイツで最もよく消費されているチョコレート製品は、バーとタブレットです。ドイツ人の大半(55%)はまだミルクチョコレートを好みますが、消費者は高品質のダークチョコレートを求めるようになってきています。

ダークチョコレートの消費は、健康的な製品に対する消費者の嗜好によってもたらされています。カカオの含有量が多いチョコレートは、砂糖やミルクの含有量が多いチョコレートよりも健康的であると考えられているのです。同様に、無糖、減糖、ビーガンのチョコレートに対する需要も高まっています。また、麻の実、抹茶、アサイーなどの健康的な素材を使ったチョコレートもドイツで人気が出てきているようです。

このような高品質で健康的なチョコレートはまだニッチな分野ではありますが、ドイツのショップではすでに様々なブランドが販売されており、市場はかなり競争的なものとなっています。しかし、新製品の発売は続いており、2022年初頭に市場に参入したリッタースポーツのヴィーガン・ミルク・チョコレートバーがその一例であると言えるでしょう。

食事に関する法律に関する認証の需要の高まり


ドイツのチョコレートメーカーは、消費者が宗教的背景に基づいて守っている食事に関する法律をますます考慮するようになっています。ハラールやコーシャのチョコレート製品は、ドイツの若いチョコレート消費者の間で人気が高まっています。例えば、ハニーレター社のイフターラードというドイツブランドでは、ハラールやコーシャのチョコレートバーを提供しています。

文化の多様性は、季節商品にも変化をもたらしている。ドイツでは伝統的なアドベントチョコレートカレンダーに加え、ラマダン用の特別なチョコレートカレンダーも登場しています。

季節限定チョコレートのプレミアム化


ドイツは伝統的な市場であり、季節のチョコレート製品(例えばイースターやクリスマスなど)は依然として高い人気を誇っている。2021年には、ドイツ国内で推定2億3900万個のチョコレート イースターバニーと1億300万個のチョコレートサンタクロースが生産され、国内消費に供されています。

これらの製品は通常、バルクカカオで作られており、主にディスカウントストアやスーパーマーケットで販売されています。しかし、よりニッチな商品が提供されるようになり、プレミアム化の傾向に進んでいます。オーガニックからヴィーガン、フェアトレード、グルテンフリーの季節限定チョコレートなど、さまざまな商品が提供されているのです。


参考ソース The German market potential for cocoa Last updated: 02 November 2022



ナナイからのレビュー ドイツ製のチョコレートMilka100gはリーゾナブルな価格帯1枚当たり80円~120円程度で販売されています。でも日本ではどんなに安くてもカルディコーヒーで250円前後からが主流。関税を考慮してもやはりお高い。
また日本製のチョコレートは植物性油脂をつかっており砂糖はタイ製のものが多いのです。1枚当たり44gが主流で88円~130円で販売されています。日本人の給料を考えるとお菓子や食品の価格だけが高騰し矛盾だらけの社会になっています。

欧州は日本と食品の値段は大差ありません。場合によっては安いことも。なぜかもやっとした感がいなめません。

スイスでのチョコレートは2021年には減少しましたが、スイス人がおとなりのドイツで週末お買い物をするというのは常識中の常識。もしかしたらチョコレートが売れたのはそのせいもあるかもしれません。どちらにしてもこの数字は、お店で販売された数字であることは間違いないのです。


Google検索によると「スイス人は一人当たりのチョコ消費が世界一」と検索一位の記事が間違った情報を載せていました。


今日急に思い立ち新しい情報を掲載させていただきました。サイトの運営者様達のご気分を害されたら申し訳ございません。事前にお詫び致します。


後半にはビジネス漫画(米国の名門MBA講座を漫画でサクサク学んじゃおう!)イケメン過ぎて声のかけられない店員さんの連載も掲載しております。

新店長室は豪華ドイツ風 イケメン過ぎて声のかけられない店員さん漫画


新店長室は豪華ドイツ風



新店長室は豪華ドイツ風1



新店長室は豪華ドイツ風2



新店長室は豪華ドイツ風3



新店長室は豪華ドイツ風4



新店長室は豪華ドイツ風5



新店長室は豪華ドイツ風6



新店長室は豪華ドイツ風7



新店長室は豪華ドイツ風8



イケメン過ぎて声のかけられない店員さんあらすじなど


イケメン過ぎて声のかけられない店員さんの漫画登場人物12月




2022年 11月編のメインな登場人物

北斗
 主人公  前世はフランス人でルクセンブルグ出身 詳細は過去の漫画を是非ごらんください
イケメン過ぎて目立つので普段はできるだけ目立たたないようにしている。でも遠くからでも歩き方や姿勢に特徴があるので確認できてしまうほど。カリスマ性がある超珍しい逸材?

弦之介
  北斗の親友  箱根の風魔一族の末裔。凄腕の料理人。スーパーでは惣菜を担当して最近親方になったので日々超ハードワーク。今現在は、店頭入口の見栄えのするディスプレイも従事している。アルトのサポートでグロッサリー担当も兼ねている。同じ苗字の見習いの弟子が惣菜部に入隊。苗字が同じ弟子が現れたので区別をつけるために斬新なヘアスタイルを披露し始めた。なんとここの漫画の外見と似すぎて…筆者ナナイがビックリ!北斗は最初からしってたようです。担当は惣菜とおやつ。

謙信
 北斗の親友   前世は英国人のプレイボーイらしい。実は拳法の達人で古代文書に詳しい。
北斗と師匠が同じ空海。実は空海は北斗の曽祖父で明治生まれ。飛騨の奥地の忍者秘伝の薬草とキノコに詳しい。

ナナイ
 ヒロイン 北斗とはクリエーターとモデルの関係  ここでは北斗がモデルでビジネスパートナー
北斗とは前世から深いつながりがある。ここでのお話は全てフィクションなのですがなぜか妄想で描いたものが事実となってしまっていることも。まぁ事実は小説よりも奇なりなので・・。

アルト 店長代行 名前はマクロスフロンティアのアルト君より。果物や野菜の効能に詳しい。守護霊呂布の実家がシアトル。ビルゲイツやアマゾン創業者一族やスタバの創業者などと繋がりがあった?担当は青果野菜とおやつ。

モーフィアス 北斗の元部下  職務に忠実で献身的に北斗に尽くすひと ナナイと同年代らしい。モーフィアスさんなので第6感がある。すご腕のエスパー。趣味でスーパーに勤務。実は古代の魔術や魔法本の解読が得意。

タイガー 超絶イケメンの店員さん 北斗後任の新規グロッサリー部門担当 干物とカップラーメンとお菓子を担当している。前任の北斗と身長と体格と苗字が似ているのでわからないかたはご兄弟と思うことでしょう。マスクをしていたら判別がちょっと難しい?常連さんでもなければわからない。

ミハエル ドイツ人気質のあるような新任の店長。カイ君とウマが合う。今回の飛騨高山の松茸食べ放題宴会ツアーも実はカイ君ミハエル君を呼んできた模様。パット見前世は絶対ドイツ人ですね。もしくはドイツ系スイス人。

カイ アルトとモーフィアスとタイガーの同僚。名前は初代ガンダムのカイ・シデンから。ミハエル君とは長年の知り合いともとれるような意気投合するほど仲良し。でも知り合ったのは1か月ほど前。


お話やセリフは、全部フィクションです。モデルの方がいらっしゃっても会話の内容は筆者が創作したものです。

このような事情を考慮して漫画ではマスクは外しています。



イケメン過ぎて声のかけられない店員さんの漫画夏登場人物2022



イケメンすぎて声がかけられない店員さん 
令和4年3月8日前後から連載始めました。その前にもちょっとだけ挿絵的掲載していました。よかったら是非遊びに来てください。



イケメン過ぎて声のかけられない店員さん漫画アルバムのリスト一覧


ナナイの漫画アルバム作りました




女子がおねだりしたいクリスマスおやつ


漫画のベースになるキャラクター育成ソフトの提供はNCジャパンAIONから許可を得て掲載しています。





ハーバード式健康法人気記事

色々フォンデュ






生姜のサラダ





プロバイオテクスの食事とコロナ




ラベンダーと柑橘とお花の贅沢ミルク風呂





サラダトースト2










関連記事