ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

アマゾンの「Just Walk Out」技術 あなたはただ通り過ぎるだけでご満足?

2022/04/08
イケメン過ぎる役員になるには/MBA講座
アマゾンワン アマゾンゴー Amazon クレジットカード Just Walk Out イケメン過ぎて声のかけられない店員さん

いわゆる "Just Walk Out "と呼ばれる店舗とテクノロジーは、買い物客のデータ収集を次のレベルへ引き上げるものです。

アマゾンが実店舗を持とうとする動きを見ていると、書店、食料品店、雑貨店、惣菜を売る店など、さまざまなタイプの小売店を次々と作っているニュースを見たことがあると思いますが、これらはそれぞれ、過去4年間ホールフーズ・マーケットを所有していたことと一緒なのです。これらのアマゾンの店舗がどのように顧客のお金を集め、どのようにデータにアクセスし、アマゾンの「Just Walk Out」技術に結びついたプライバシーへの影響のいくつかを詳しく見てみよう。

Juniper Researchのアナリストによると、スマート小売レジ技術のカテゴリは、2020年の20億ドルから、2025年までに約4000億ドルの取引を処理すると予想されています。つまり、これらのテクノロジーは明らかに今後も続くということです。

これらの店舗で買い物をする際、支払い方法はいくつかあります。ここでは、2つのカテゴリーに分類してみましょう。カテゴリーAは、他の小売業者と同様に、レジの店員が商品をスキャンし、クレジットカード、現金、スマートフォンのいずれかで支払いを要求するものです。Amazonは独自のGoアプリを追加し、AppleやGoogle Payなどのアプリを補強しています。カテゴリーB(ここでは「ウォークアウトストア」と呼ぶ)は、レジの店員を介さない完全な非接触型のオプションがあります。


北斗れりの店番

Amazon GoとAmazon Oneの比較

カテゴリーBの店舗では、2つの支払い方法があります。1つ目は、Amazon Goアプリをダウンロードして使用する方法です。このアプリは、多くのPOSシステム(Toast、Clover、Squareなど、あるいはスーパーの様々なセルフレジ)と同様に動作し、QRコードをスキャンして、店舗での買い物中に得られる購入の流れに関連付けることができます。
ここからがややこしい。アマゾンゴーの店舗で使用されるGoアプリは、単なる非接触型決済アプリではありません。通常のスーパーマーケットのスキャナーとの大きな違いは、チェックアウト時に何もスキャンする必要がないことだ。店内を歩き回りながら商品を集めると、アマゾンがショッピングカートに入れた商品を把握し、それに応じて会計を済ませる。あなたはただドアを出て行くだけです。どうやって監視しているのだろうと思うかもしれません。天井には無数のカメラが設置されています(ラスベガスのカジノを想像してください)。


デイビッドストローム氏撮影の店内
CIBO Expressのカメラが、あなたの買い物を監視しているのです。(画像クレジット:David Strom)

買い物を監視しているのは、アマゾンゴーストアモデルだけではありません。AIを搭載したコンピュータービジョンを利用するTrigoや、特殊な作りのショッピングカートを利用するTraxなど、他にも多数の技術ソリューションがあり、購入した商品を追跡しています。

2つ目の、より最近開発された支払い方法は、アマゾンワンと呼ばれるものです。これは現在、シアトル、ニューヨーク、ワシントンDCにある約25店舗でのみ利用でき、ホールフーズとAmazon Go、フォースター、Amazonブックストアで運用されています。ターンテーブルのような装置があり、クレジットカードや携帯電話の番号と、手のひらのユニークな生体サインを最初に関連付けます。空港の搭乗口で、搭乗券のバーコードを読み取る機械がありますが、あれを連想させます。

初期設定後は、Oneシステムのある店舗に行くたびに、入店時(退店時)に約1秒間、手のひらをスキャンするだけです。Amazon Oneが掌紋をスキャンすることにしたのは、初期のプレスリリースで約束されているように、「掌の画像を見ても、その人の身元を判断することはできない」ためだそうです。

実際の買い物はどうなのか?

ニューヨークとシアトルに住む友人に、Amazon Oneを試してもらいました。また、アマゾンがニューアーク空港のCIBO Express空港店にライセンス供与したハイブリッドモデルも試す機会があった。(CIBOの店舗も "Just Walk Out "テクノロジーを採用していますが、掌紋の代わりにクレジットカード(とメールアドレス)をショッピング・カートに関連付ける仕組みになっています。先週行ったときの買い物の一例です(そう、空港の物価は高いのです)。


CIBO receiptデイビッドストローム
CIBOのレシート。(画像クレジット: David Strom)


ショップの操作方法とメールアドレスのキーを入力する場所を理解するのに少し時間がかかりました。店を出てから数分で、レシートを受け取ることができました。正直なところ、店を出て空港ターミナルに向かうだけで、少し奇妙な感じがしました。

シアトルの友人は、Amazon Oneを導入している地元のホールフーズに行きました。彼の最大の難関は、Amazon Oneに登録するためのキオスクを見つけることで、キオスクは登録作業を手伝っていたAmazonのスタッフによって一時的に隠されていました。


Amazon Oneの課題は、利用できるクレジットカードが限られていることです。友人の場合、幸いにもアメックスカードが含まれていました。その時の様子を後で聞いたところ、「幼稚園並みに楽しくて、店員さんとのおしゃべりも含めて5分くらいで終わりました」とのこと。買い物をしてから、通常のレジで手のひらをスキャンした。"自分の生体データをほぼ瞬時に決済の機会と交換できるのは、興味深く簡単な方法でした。"

プライバシーに関する懸念と提案

これらの新しい方法には、否定しがたい不気味さがつきまといます。その一部は、Amazonが自社の倉庫作業員をどのように追跡しているか(この最近のNew York Timesの調査で明らかになりました)から発生していますが、あなたも追跡され、あなたの購入した商品がAmazonのクラウド上のどこかのデータベースに記録されるからです。しかし、だからといって、オンラインショッピングの利便性をあきらめることになるのだろうか?購入した商品のすべて、さらには閲覧履歴の一部もアマゾンが容易に入手し、今後の購入の推奨に役立てるという事実を、多くの人があまり気にしていないように思います。しかし、「Just Walk Out」技術を使えば、私たちの購入履歴は意図的に、しかもリアルタイムで記録されることになる。この技術は、文字通り私たちの肩越しに監視しているのだから。


アマゾンゴーってどう



アマゾンゴーってどう1


あるプライバシー擁護者は、どの小売業者が顔認識を使っているか、あるいは使うことを表明しているかを追跡するために、すでにこのウェブサイトを立ち上げている。これはプライバシー保護団体「Fight for the Future」の活動で、副代表のエヴァン・グリアは、人々は監視に服することなく支払いをする権利があるはずだと述べている。

しかし、Amazonの新しい技術、そしてある程度はTrigoやTraxのアルゴリズムも、あなたが購入しようとして選択しなかったものを記録するために使われる可能性があることを考えると、不気味さの度合いが高まります。これは重要な違いです。Amazonがあなたのオンライン「ほしい物リスト」に保存しているものと考えてください。ただし、販売者はあなた自身のリアルタイムの意思決定にアクセスできるので、より不気味です。

このデータがどのような影響を及ぼすのか、どのように使用されたり誤用されたりするのか、まだよく分かっていません。2018年のこのブログ記事では、さらにティンフォイルハットの領域に踏み込んで、"Amazonは極めて正確な購入者プロファイルを作成できるようになり、これまで知られていたデジタルな習慣に我々の物理的な習慣が加わり、消費者はより詳細なデータセットをAmazonサーバーに置いておくことになるだろう "と言っています。とのことです。

また、Amazon Oneが手のひらを追跡するという事実も不気味さを増しているが、これはすべての買い物客にとって大きな問題ではないだろう。シアトルの友人は、「私はすでにAppleの携帯端末で顔認証と指紋認証を使っているのだから、Amazonが私の手のひらにアクセスできるようにしてもいいじゃないか」と言った。Amazonが手のひらの生体認証でやっていることとは違い、Appleはあなたの生体認証データを携帯電話に残し、クラウドには一切データを保存しない。ちなみに、FBIのNational Palm Print Systemには、すでに2900万人以上の手のひら指紋が登録されています。

もうひとつ、まだ触れていない技術として、多くの倉庫で見られるものがあります。倉庫は、アナリストがマイクロフルフィルメントセンターと呼ぶものに変貌しています。この分野の主要ベンダーの1つがFabricで、いくつかの食料品チェーンやWalmartがテストを行っています。この会社の目標は、人間のドライバーではなく、倉庫の通路を歩き回るロボットシステムを使用することによって、選択と配送時間を短縮することです。

バイオメトリクスデータとプライバシー

Oneベースの手のひらスキャン入力システムを使うのにAmazonアカウントが必要ないのは事実ですが、何かを変更したい場合(別のクレジットカードや関連する電話番号を使うなど)には、Amazon Oneのデータを何らかのAmazonアカウントと関連付ける必要があります。もし、プライバシーを重視するのであれば、この目的のためだけに新しいAmazonアカウントを作成し、新しいEメールアドレスで登録することをお勧めします。



Amazon Goアプリは魅力的に見えますが、前述のカテゴリーA店舗(実際の人間がいる店頭システムがある店舗)で通常のスマートフォンアプリとして使うだけなら、AppleやGoogle Payの方が利用できる場所が多いので、そちらにこだわった方がいいかもしれません。(また、Amazon Goのアプリを最初に設定しようとしたとき、カードデータの問題が発生しました)。

もちろん、次のレベルに進みたいのであれば、現金の使用や他の場所での買い物に戻ればいいだけのことです。ユーザビリティと製品デザインのコンサルティングを行うマーク・ハーストは、ホールフーズがアマゾンに買収されて以来、ホールフーズでは買い物をしなくなり、アマゾンの利用も全体的に減らしたと語っている。アマゾンは、アメリカ人の生体情報をより多く取得し、他の行動や位置情報と融合させて、監視資本主義的なビジネスモデルを構築しようとしているのだ」と言う。アマゾンは利益のためにアメリカ人のプライバシーを破壊しているのです」。

数々のインターネット・スタートアップを設立してきたトリスタン・ルイスもハーストに同意し、「問題は、バイオメトリックデータをアマゾンに渡すことに違和感があるかどうかではなく、その特定のバイオメトリックデータが越えるべき一線なのかどうかだ」と教えてくれた。消費者としては、その一線はすでに越えており、そのデータを保存しているのがアマゾンであれ、グーグルであれ、マイクロソフトであれ、ほとんど関係ないと思っています。バイオメトリクスデータは、かつては再現できないからこそ、何らかの価値があるものとして保存されていたのです。"

それはもう明らかに違う。ハッカーがこのデータにアクセスできるようになったら、どうなるのだろうか。ハーストは、"どうやって新しいパームを手に入れるのか?"と問いかけている。

Amazon's "Just Walk Out" tech: Should you just walk away? DAVID STROM 23 JUN 2021







ナナイのレビュー

この英文記事のスポンサーは大手企業のアバストです。皮肉った記事になっております。アマゾンがお金の利益のために、プライバシーを切り売りしたり、他の小売店業界にこれ以上迷惑をかけるのは理不尽ではないかという意見がネットでは飛び交っています。パイは決まっているので、他人の土俵にこれ以上踏み込んではいけないですよね。

米国では、銀行口座がないと外貨を換金できない、デビットカードもつくれない。ソーシャルセキュリティがないと口座も作れません。場合によっては日本のクレジットカードが使えないなどもあります。旅行者でお買い物ができるというのはお店によって多少違いはあるかわかりません。つまり、米国の正規留学生や駐在員、または米国の永住権があるなどの前提や、きちんとしたビザがあるとか日本の口座に最低でも1000万以上貯蓄があるとか保証人が必須とか前提があるわけなのです。

つまり絶対に万引きしないかどうか、お店側からしたら確認しなくても大丈夫という保証です。

というわけで、あくまでもこちらは米国の記事としてお読みくださいませ。

なんだかんだ言っても日本のスーパーマーケットはかなり良心的です。漫画を介してですが、私の取り組みとしては、お客様のプライバシーを保護しつつ安心安全な商売を末永く続けてくださる企業は今後も応援していきたいと思います。




参考記事
 アメリカでもっとも参考にすべきスーパーマーケット!


買い物客1



■北斗のハーバード式ビジネス戦略記事スーパーマーケット編■




スターバックス関連記事

こちらに漫画掲載の記事が載っております👇🥰 新キャラ弦之助に関しては漫画を是非お読みくださいませ 
関連記事