ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

統括店長/店長にはない、エリアマネージャーの仕事とは?そしてその後は?

2022/05/16
イケメン過ぎる役員になるには/MBA講座
エリアマネージャー ゼネラルマネジャー ストアマネージャー スーパーの昇進の仕組み チェンジマネジメント
統括マネージャー(ゼネラルマネージャー、日本では支社長、執行役員、取締役など組織により名称が違います。)エリアマネージャー ストアマネージャーの違いと仕組みについて一般的な米国のビジネススクールで学ぶ定義についてご説明します。

日本の大手のスーパーマーケットは資本が米国企業が多いので(例:イーオン、セブン&I、私鉄系スーパー)、このような仕組みに影響を受けていることもおおいにあります。公には一般人には公開はされておりません。ですのであくまでも参考程度に留めておいてください。


スーパーの接客ベストプラクティスサービスカウンター2


エリアマネージャー/リージョナルマネージャーの仕事
 ストアマネージャーにはない、エリアマネージャーの仕事とは?

エリアマネージャーの役割は、ストアマネージャー(店長)のそれとは非常に異なるものであるため、他の人を管理する際に自分のアプローチを変更する能力は、誰かの適性と長期的な成功を決定する重要な要因である。エリアマネージャーの主な職務は、各店舗の運営面をすべて管理し、コストを最小限に抑えながら売上を伸ばすことで、店舗の成功に対する全体的な責任を負うことです。

エリアマネージャーは、ストアマネージャーとそのスタッフが、店舗を可能な限り高い水準に保ち、常に整理整頓され、適切に商品化され、すべてのポリシー、手順、コントロールが守られていることを確認する責任を負っています。また、会社の資産や財産を守るために、店舗の縮小を会社のガイドラインの範囲内で行う在庫管理も含まれます。難しいのは、エリアマネージャーの時間を、複数の店舗とその店長たちに割かなければならないことです。店長たちは、それぞれ異なるレベルのサポートと時間を必要とします。

多くの場合、エリアマネージャーは、その時の成功や経済サイクルによって拡大したり縮小したりする組織に所属することになります。そのため、チェンジマネジメントの取り組みを理解し、それに適応する能力は、自らのキャリアを発展させるために不可欠です。

組織の規模にもよりますが、エリアマネージャーはオペレーションディレクター、取締役会、または地区マネージャーのいずれかに直接報告をすることになります。また、食料品、DIY、ファッション、ケータリング、フットウェア、電気、オーディオ/ビデオ、薬局、家具、ベーカリー、ギフト、書籍、文具、家庭用品、耐久消費財、ファーストフード、レストランなどの製品分野をカバーするため、担当する小売部門によって役割が異なります。1つのエリアは8~20店舗で構成されることがあります。

エリアマネージャーの仕事は、多くの職務と責任から構成される可能性がありますが、重要なものの1つは、売上と運用の目標と期待を設定し、それらの目標と期待が定期的に監視することによって達成されていることを確認することです。これは、ビジネスをサポートする上で望ましい結果を達成するために、店舗運営チーム全体のパフォーマンス管理を監督することにまで及びます。

エリアマネージャーは、カスタマーサービス、店舗運営、ロス防止のすべての領域でコンプライアンスを確保するために、組織的に店舗を定期的に訪問し、迅速かつ丁寧に問題に対処する責任を負っています。エリアマネージャーは、効果的なオペレーションの全領域に関連するトレーニング、チャレンジ、動機付け、奨励、およびストアマネージャーとチームへの建設的な指導を行うことが期待されます。

また、競合他社を常に監視し、それに応じてビジネス上の優位性を維持するために対応することで、競争意識を維持できるよう、市場を深く理解している必要があります

ほとんどの企業は、このレベルの管理職を自社の店舗内で昇進させます。しかし、場合によっては、すでに複数の店舗を担当している候補者を外部から調達することもあります


スーパーの接客ベストプラクティスサービスカウンター


ゼネラルマネージャーとストアマネージャー その違いとは?

組織内のマネージャーは、責任、トレーニング、給与、権限などが様々であることが多いです。店長と本部長は、組織内でよく見られる2つのタイプの管理職です。これらの役職の違いを理解することは、あなたのキャリアの現段階、または将来のある時点で、どちらの役割が自分にとって適切かを判断するのに役立つことでしょう。この記事では、ゼネラルマネージャーとストアマネージャーの定義について説明し、これらの役職の一般的な違いについて5つの観点から見ていきます。


ゼネラルマネージャーとは?

ゼネラル・マネージャーとは、企業の財務、マーケティング、人事などを管理する役職です。事業全体または特定の部門の運営を監督し、雇用の決定、キャッシュフローの管理、共同作業の指揮、収益創出の促進、経費の抑制に取り組むことが多くあります。他のマネージャーを監督することもあれば、従業員がより生産的になり、それぞれのポジションで成功できるよう直接サポートすることもあります。この役割は、業界や組織によってさまざまな責任を負う可能性がありますが、一般的にはどの組織においてもトップレベルの管理職とみなされています。

例えば、小売店チェーンのゼネラルマネージャーは、店長の雇用を監督し、店舗を訪問して特定の問題を解決し、従業員の生産性と賃金に関するポリシーを制定し、店舗内の収益の発生を管理することができます。あるいは、製造業のジェネラルマネージャーは、施設内で個々の従業員の雇用、トレーニングの支援、業務変更の促進、キャッシュフローの管理、従業員の生産性の測定などを行うこともあります。CEOやその他の上級管理職(ジェネラルマネージャー自身を含む)が、ジェネラルマネージャーの職務の範囲と責任を決定することもあります。


ストアマネージャーとは何ですか?


ストアマネージャーとは、組織内で小売店舗の運営を管理する役職です。雇用の決定、店舗のキャッシュフローの管理、仕入れ、チームワークの促進、従業員の責任の委譲、顧客関係の監督を行います。この役割も業界や組織によって様々な責任を負うことがありますが、通常、複数の実店舗を持つ組織では下位または中位の管理職となります。ストアマネージャーは多くの場合、ジェネラルマネージャーまたは組織内の他のリーダーシップチームのメンバーの直属となります。

例えば、衣料品店の店長は、サプライヤーからの衣料品の購入、レジ係や販売員の雇用、店舗が生み出す収益の管理、顧客の複雑な要望のサポートなど、一般的な職務を担当します。


ゼネラルマネージャーとストアマネージャーの違い

ゼネラルマネージャーとストアマネージャーの一般的な違いについて紹介します。

トレーニング

ゼネラルマネージャーは、人事、経理、営業、マーケティング、財務、経営などのトレーニングを受け、数年間のマネジメント経験を積んでいることが多いです。また、これらの分野の学位(MBA)を取得している場合もあり、組織内のさまざまな部門について貴重な見識を得ることができる場合があります。ゼネラルマネージャーは、しばしば紛争解決、マーケティング戦略、販売戦術、人材管理、組織行動、リーダーシップのトレーニングを受けています

ストアマネージャーは、ゼネラルマネージャーほどではないにしても、経営や販売の経験を持っていることが多いです。アシスタント・ストア・マネージャー、セールス・マネージャー、セールス担当者としての経験があるかもしれません。また、ビジネス、金融、心理学、マーケティング、マネジメントの学位を持っている場合もあります。多くの場合、販売管理、人事、資金管理、リーダーシップ、紛争解決などのトレーニングを受けています。


職務内容

ゼネラルマネージャーの職務は、管理、運営、経営などです。例えば、営業チームを率いて収益を上げる一方、財務諸表で会計チームを、広告キャンペーンでマーケティングチームを支援することもあります。また、他のマネージャーを雇い、そのチームと直接仕事をさせることもあります。このように幅広い責任を担うことで、ゼネラルマネージャーは複数の部門に影響力を持ち、組織全体をポジティブに変化させることができるかもしれません。このポジションの人は、特定の場所を管理するために働くこともあれば、様々な地域にわたる組織全体を管理するために働くこともあります。

ストアマネージャーの職務は、オペレーション、リーダーシップ、監督に関連することがあります。小売店舗でお客様と直接接する販売チームやその他の従業員を監督することもあります。スタッフが複雑な問題を解決するのを助け、新しい販売員を採用し、チームが生み出す収益を管理することもあります。このポジションの人は通常、1つの小売店舗を管理します。


給与

米国におけるゼネラルマネージャーの平均給与は年間52,856ドルです。毎年受け取るキャッシュボーナスの平均は1万ドルです。さらに、平均的な年間コミッションは17,750ドルです。これに対して、米国のストアマネージャーの平均給与は年間46,688ドルです。彼らが受け取る年間キャッシュ・ボーナスの平均は7,500ドルです。また、コミッションを受け取る場合もあり、年間平均12,000ドルです。どちらのポジションも、地域、雇用主、経験、学歴によって異なります。


業種

小売業、レストラン、製造業、Eコマース、卸売業など、さまざまな業種にゼネラルマネージャーがいます。どの業界においても、ゼネラルマネージャーはチームと直接関わりながら、生産性と顧客満足度を高めるために働いています。業界や組織によっては、お客様と直接やり取りをすることもあれば、他のメンバーにその責任を委ねることもあります。

ストアマネージャーは一般的に小売業にのみ存在します。彼らはチームメンバーと共に、店舗の運営を監督し、お客様と直接対話します。衣料品、食料品、家具、ペット、ハードウェア、宝石、医薬品、携帯電話サービス、自動車など、顧客に製品やサービスを販売するすべての企業には、その拠点内のチームを率いるストアマネージャーが存在します。


オーソリティ

ヒエラルキー型の組織では、ゼネラルマネージャーは上級管理職であり、通常は下級および中級のマネージャーを監督する責任を負っています。しかし、企業幹部にとっては下っ端であり、通常はCEOや他の上級管理職のメンバーに報告することになります。例えば、高収益を上げる顧客のために製品やサービスの価格を下げたり、小売店の構造を再編成するなど、高度な経営上の決定を下す権限を持つことが多い。

階層型組織では、ストアマネージャーは通常アシスタントマネージャーや営業担当者よりも上位に位置し、ゼネラルマネージャー、リージョナルマネージャー、企業幹部よりも下位に位置します。店舗内の運営上の変更を決定することもありますが、多くの場合、他のマネージャーと協力してこれらの変更を承認し、実施します。多くの場合、有能なストアマネージャーは最終的にゼネラルマネージャーへの昇進を果たすのです。


参考にした資料:米国InDeed、ハーバードビジネススクールレビュー 2021年3月

参考記事
 アメリカでもっとも参考にすべきスーパーマーケット!


買い物客1

■北斗のハーバード式ビジネス戦略記事スーパーマーケット編■

イケメン過ぎて声のかけられない店員さん登場人物4月

たまに、イケメンすぎて声がかけられない店員さん主人公とヒーロー君達の漫画も連載しています。
よかったら是非遊びに来てください。フィクションなので盛ったのはどうかおおめにみてください。


スーパー三和父の日2022


◆トレンド感溢れる人気記事一覧◆2022年版

ナナイの漫画アルバム作りました
きちんと連載を始めたのは3月上旬からですので、上記2冊のアルバムで5月までのお話はざっくり読めます。
記事を読むのがめんどい時は、上記2個のアドレスを是非お気に入りに登録くださいませ。
更新したらまた追加になります。


イケメン過ぎて声のかけられない店員さん 過去の登場人物

漫画新キャラ3月より


米国のスタバ1


関連記事