ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

流行には予測可能な寿命がある

2022/09/01
オートステレオグラム
マジックアイ 作る方法 ステレオグラム 歴史 流行 予測 コロナ 対策 オートステレオグラム 目の錯覚

1990年代のオプアート現象が、技術専門誌から一般家庭へ広がった理由



マジックアイ2022サマー


1990年代、マジックアイは、世界で最も有名な、そして悪名高く苛立たしい錯視として、至る所で見られました。中西部のショッピングモールのキオスクには、鮮やかな色彩のオプアートのポスターが貼られ、ギフトショップの棚にはポストカードが並べられていた。ポストカードはギフトショップの棚を埋め尽くした。新しい世界の見方 "といったキャッチフレーズの本が店頭に並び、2000万部以上のシリーズを手にした人たちによって棚から姿を消しました。

この物語は、Weekend Readsシリーズの一環として、アーカイブの中から私たちが愛する物語を紹介するものです。この記事は、『Eye on Design』誌の02号に掲載されたものです。

出典・画像は全てマジックアイの公式FBより




マジックアイ2022ペンギン



流行というのは、予測できるもの

マジックアイは、グリッドと正確さに依存した視覚的な混乱という矛盾をはらんでいました。色とりどりの模様の奥に隠れている立体的な形が見えにくいことも、この作品の大きな魅力であり続けました。前屈みになって、腰を据えて、目の前の静止画を呆然と見つめながら、秘密のイメージを探し出すのがマジックアイの特徴的なスタンスで行なわれました。目の前にある静止画を、前屈みになって、呆然と見つめるので精一杯で、周りにいる人たち(いつもいるのだが)は、まるで売れないテレフォンゲームのように、「目をつぶれ」「目を細めろ」とヒントを教えてくれるのに。いや、目を細めるんだ。リラックスしてください。クリック。すると、突然、映像が現れる。どんな錯覚も、見方さえわかれば解決します。

一時期、人々は目の前にあるものが見えないという視覚のトリックに夢中になりました。そして、あっという間に、そうではなくなってしまったのです。「流行というのは、予測できるものなんです」と、誰よりもよく知っているトーマス・バチェイは語ります。


マジックアイ2018野球



マジックアイの仕掛け人として、バチェイと彼の小さなデザイナーチームは、ポップカルチャーの最も不可解な気まぐれの1つを指揮し、無名の知覚実験を出版帝国に変えました。正直なところ、バチェイもこのプロジェクトに好奇心を抱いています。マジックアイの仕掛け人として、バチェイと彼の小さなデザイナーチームは、ポップカルチャーの最も不可解な気まぐれの1つを指揮し、無名の知覚実験を出版帝国に成長さ せました。しかし、マジック・アイが書店に並んでから25年以上、74歳の自称引退ヒッピーは、思いがけないカーブが訪れたときに、そのカーブに従うとどうなるかについて、多くを学ぶようになりました「人生は本当にピンボールマシンだ」と彼は言いました。「人生というのは、まさにピンボールマシンのようなものだ」と、彼は言う。「最も成功している人たちは、そのことを理解していて、無理にゲームを進めようとはしません。そして、その曲がり角を追いかけ、できる限り前に出ようとするのです」。

流行には予測可能な寿命がある


マジックアイの物語は、ボストン郊外の静かなオフィス街にあるテクノロジー会社から始まります。90年代の初め、バチェイ氏は、初期のコンピューターのデバッグに使われた小型の装置であるインサーキットエミュレーターを販売する英国企業、ペンチカ・システムズの米国担当マネージャーとして働いていました。当時、ペンティカ社は、インサーキットエミュレーター「MIME」という製品の米国での販売を強化しようとしており、バチェイに全国規模の業界誌に掲載する広告の作成が任されました。


マジックアイ2018


パントマイマーが会議テーブルの端に立ち、その腕をデジタル処理で改造して、あたかもコンピューターにつながる配線に差し込んでいるように見せるというコンセプトです。これは、"chairman of the board "という言葉をもじったものです」と、彼は昔のアイデアを思い出しながら笑いました。バチェイさんはコピーを書き、カメラマンとパントマイミストを雇い、撮影に臨みました。このパントマイマー、本名をロン・ラッベといい、3D写真の愛好家で、ステレオカメラを1台持ち込んでいたのが運命的な出会いでした。バチェイさんは、立体写真にすっかり魅了されてしまうので驚いた様子だったと記憶しています。そこで、「このカメラはどこで買えるのか?」と尋ねると、「Stereo World」という雑誌を紹介さ れました。バチェイは次の号を手に取り、そこで視覚神経科学者のクリストファー・タイラーが1970年代に発明したあまり知られていない視覚的コンセプト、オートステレオグラムについての記事を見つけました。

"流行には予測可能な寿命がある"

タイラーは、人間の脳の視機能に関する研究で有名なベーラ・ジュレスのもとで 研究を続けていました。1960年代、ジュレスはランダムドット・ステレオグラムというコンセプトを生み出しました。これは、白黒のドットがランダムに配置された2枚の画像を見ることによって、人間が立体視のような感覚を味わえることを示す視覚的トリックの1つです。



マジックアイ2018アフリカ



実験では、この2枚の画像を並べ、片方の画像のドットの部分を水平方向に移動させたものを作成しました。一見、平坦に見える2つの画像。しかし、ステレオスコープで見たり、目をそらして見たりすると、ずらしたドットの部分が、静止したドットの前景や背景に浮かび上がっているように見えるのです。ジュレシュは、この「サイクロピアンビジョン」は、それぞれの網膜に当たった像のわずかなずれを脳が感知した結果だと説明してくれました。脳はこれらの画像を別々のものとして見るのではなく、融合して1つの画像を作り出し、複視の感覚を回避しているのです。ジュレスは、背景と画像の位置を意図的にずらすことで、脳に奥行きを認識させ、立体的な幾何学模様の錯覚を起こさせることに成功しました。

今まで見た中で最も説得力のある目の錯覚


当時、ジュレスの研究は、立体視の理解に大きな進歩をもたらすものとして歓迎されていました。しかしその後、1970年代にタイラーが1枚の画像で同じ立体感を得る方法を発見し、現代のマジックアイのルーツが形成されたのです。

黒の長方形にテレビの静止画のようなものが映り込んでいますが、目を離すと円や点がランダムに並んでいるのです。「今まで見た中で最も説得力のある錯視だと思った」とバチェイ氏は振り返る。そして、「Embedded Systems Engineering』誌に掲載するペンティカの次の広告のために、自分でも作ってみようと思い立ちました」。

古いパソコンで、「M700」(ペンティカの製品名)の文字が白黒の点の配列で見えないオートステレオグラムをデザインしました。広告の下には、「遠くのものを見るように目をそらすと、隠されたメッセージを見ることができる」という言葉を添えて、パズルを解くように読者にうながした。この広告がヒットしたのは、技術者だけではありませんでした。ペンチカ社でバチェイと一緒に働き、後にバチェイがマジックアイを大規模に作成するためのソフトウェアを開発したボブ・サリツキーは、「ファックスが大喜びしたことを覚えています」と当時を振り返って語っています。「いろいろなオーダーメイドの依頼が来るようになったんです」。


マジックアイ2018自由の女神のNY



"今まで見た中で最も説得力のある目の錯覚だと思いました。"

勇気づけられたバチェイは、ペンティカ以外の時間を使って、彼が「視線のおもちゃ」と呼ぶ、背景にシンプルな画像を隠したオートステレオグラムをさらにデザインするようになったのです。その頃、バチェイは、ボストン郊外のCG会社イメージアビリティ社で、3D、アニメーション、CGの高性能ワークステーションの使い方を顧客に教える仕事をしていたフリーランスのアーティスト、シェリ・スミスと知り合った(1991年)。スミスの記憶では、バチェイさんが出張先のオフィスの廊下で彼女の作品を見て、「これは誰がつくったんだ」と尋ねたのだと記憶しています。

今度は飛行機を隠して


バチェイ氏は、オートステレオグラムの背景にクリップアートを使っており、視線のおもちゃの美観を向上させることに関心を持っていましたが、芸術的素養はなかったのです。彼はスミスにオートステレオグラムのサンプルを見せ、彼女はその可能性に衝撃を受けました。私は彼に、"これは本当に美しいアートワークになるかもしれない "と言ったんです」と彼女は最近振り返りました。すると彼は、「本当にそう思うのか?」といってきたんです。それから私たちは、自分たちの技術を組み合わせて、もっと複雑で美しい3D画像を作るにはどうしたらいいか、熱心に話し合いました。

その後しばらくして、アメリカン航空の機内誌『アメリカン・ウェイ』に掲載された、「今度は飛行機を隠して」。

アメリカン航空の機内誌『アメリカン・ウェイ』に掲載されたものです。「この写真を見て、何が写っているか分かった人には、シャンパンをプレゼントしていたんですよ」と彼は説明しました。



マジックアイ2017米国


売るものを間違えていたんだ


アメリカン・ウェイに広告を出した直後、バチェイ氏は夜中にある啓示を受けて目が覚めたと言います。「売るものを間違えていたんだ。人々はもっとオートステレオグラムを欲しがっている、そして彼らはそれを買うだろう "と。バチェイは自宅を抵当に入れ、スミスの助けを借りて、既存の事業の一つであるN.E.Thing Enterprisesの下請け会社としてマジックアイを設立しました。

1991年、N.E.Thing Enterprisesは、マジックグッズの販売で知られる日本のテンヨー株式会社と取引を開始しました。この関係が、マジックアイの命名につながったのです。マジックアイという名前は、日本語に訳しやすいし、名前に "マジック "が入っているからです」とスミスは当時を振り返っている。当時、テンヨーでは、マジックアイのポスターやポストカードなどを小売販売していました。そして、その年の暮れに発売された3冊の「マジック・アイ」は、一夜にして大評判となりました。

やがて、世界中のディストリビューターや出版社が、マジック・アイに作品のライセンスを求めてコンタクトを取るようになったのです。その中の一人、ニュージャージー州のライセンスエージェント、マーク・グレゴレックは、友人からアメリカン・ウェイの広告のファックスを送られ、初めてバッカイのオートステレオグラムを目にしたので驚きました。「何日もこのバカげた写真を見つめていましたが、何も見えませんでした」とグレゴレックは回想します。「気が狂いそうでしたよ」。ある日、彼は自宅のオフィスで仕事をしていて、片手にその紙切れを持ち、同時に窓から裏庭にいる娘をちらっと見ました。"私は目の前の紙ではなく、その紙を越えて庭を見ていたのです。「そのとき、飛行機が現れたんだ。それは私の人生で見た中で最もクールなものだったよ。」

翌日、グレゴレックはバチェイを呼び出し、「金持ちにしてやりたい」と告げました。

1993年までに、バチェイとスミスはマサチューセッツ州で少数の従業員を抱える小さな会社を設立しました。グレゴレック(現在はマジック・アイとは無関係)は、マジック・アイが米国で初めて本を出版する契約をアンドリュース・マクミールという出版社と結びました。


マジックアイ2017イースター


マジックアイのオートステレオグラムを作る方法


その1年ほど前、バチェイはペンチカ社時代のプログラマー、ボブ・サリツキーに協力してもらい、オートステレオグラムを作るという骨の折れる作業の一部を自動化する、より高度なソフトウェア・プログラムを作りました。マジック・アイのデザイナーは、ジュレスやタイラーのように白黒のランダムなドットを使うのではなく、「サリツキー・ドット」と呼ばれるカラフルで非対称なブロブを使った画像を作ることができるようになったのです。

このドットの位置によって、隠された映像は通常よりもわずかにシャープになります。

マジックアイのオートステレオグラムを作るために、デザイナーはまず、画像の背景にどんな形を隠すかを決めます。車やヨット、動物など、エッジがはっきりしたシンプルなものが最適です。そして、その形状をグレースケールで作成し、その輪郭に深度値を割り当てていきます。明るい部分は近い画素、暗い部分は遠い画素を表しています。この深度マップが、Magic Eyeを正しく見たときに浮かび上がってくるのです。



マジックアイ2017


次にデザイナーはスターターストリップと呼ばれる、カラフルなパターンで埋め尽くされた縦長の列を作り、カモフラージュのように隠れた3Dイメージの上に繰り返し配置しました。サリツキーのソフトは、2次元のパターンとグレースケールの深度マップを組み合わせ、3次元画像の深度情報に応じて各パターンを水平方向に移動させる。3次元の形状をより近くに見せるには、より近い間隔でスターターパターンを繰り返し、形状の一部を遠くに見せるには、より遠い間隔でパターンを繰り返しました。「これをうまくやると、繰り返しのパターンが重なって、それぞれの目に異なる奥行きの手がかりを与え、画像に埋め込んだので、脳をだまして意図した立体的な錯覚を起こさせることができます」とスミスは説明します。



マジックアイ2016天使



マジックアイをグラフィックデザインの実践と考える人はほとんどいませんが、まさにその通りなのです。ギフトショップがルーツなので、知覚心理学のトリックの長い系譜の中にあることを見落としがちですが、これは研究者が脳の最も不可解な癖を理解するのに役立っています。パントマイマーのラベは、90年代半ばにアーティストとしてマジックアイで働き、現在はスタジオ3Dという会社を経営しています。

スミスにとってマジックアイの魅力は、最初の「ああ、これだ」という瞬間だけではありません。人によっては、中毒になりそうなほどだと追加しました。「3Dで見ると、変容した状態になるのです」と彼女は言いました。「アルファ波が増加して、幸せな気分になるんです」。



マジックアイ2016世界遺産

その「麻薬のような」魅力が、最初のマジックアイの本がすぐに売り切れた理由を説明してくれるかもしれません。バチェイ氏は、1993年の発売後すぐに出版社から電話があり、当初の3万冊が無くなったと言われたことを思い出しています。「24時間以内に50万部の増刷が決まった」と彼は語っていました。

24時間以内に50万部の印刷を発注してきたんです」。1年以上、スミス社長は週7日、15時間働いて、ディズニーやルーニー・テューンズ、さらには眼科医など、この流行に乗り遅れないようにとライセンシーのために画像を作り続けました。バチェイ氏が、「これは一生に一度のチャンスだ」と信じていたからにほかなりません。「トムも私も、これは永遠に続くものではないと思っていました」とグレゴレックは振り返ります。

しかし、それは部分的にしか過ぎませんでした。1995年になると、マジックアイの小売店の売上は伸び悩み始めました。かつてはポスターが1枚25ドルもするような活況を呈していたものが、デパートで錯視ポスターが5ドル以下で買えるような乱売市場になってしまったので す。バチェイ氏は、「累積S字曲線」と呼ばれる数学的分析によって、マジックアイがピークに達した後、下降線をたどっていることを見抜いたのです。人々は、ビーニー・ベイビーやファービーズ、たまごっちに移っていきました。あるいは、マジックアイのやりすぎで頭が痛くなったのかも知れません。いずれにせよ、バチェイ氏は会社の大部分をスミス氏ともう一人の従業員アンディ・パラスケバス氏に売却することに決めました。彼らは1996年に社名を正式にマジックアイに変更しました。現在も、スミス氏はマサチューセッツ州プロビンスタウンにある小さな事務所で店を経営しています。



マジックアイ2016わんこ


スミス氏にとってマジックアイは、初期の熱狂が冷めようとも、今も生き続けている存在なのです。広告やポスター、製品にマジックアイ独特のビジュアル・カオスが施されたものを求める企業に対して、カスタムメイドの作品を作って提供しているのです。現在、Magic Eyeの25周年記念本の制作に取り組んでおり、最近ではスティーブン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー・ワン』のポスターも制作したとのことです。

スミス氏は、マジック・アイの存続は、オートステレオグラムのアートワークの質の高さにあると分析していますが、同社を存続させるためにはノスタルジアが重要であることは彼女も認めるところです。マジック・アイのウェブサイトは、低解像度のビジュアルとアニメーションクリップ・アートで構成されており、まるで1990年代にタイムスリップしたかのような印象を与えます。ページ下部には、免責事項が書かれている。「90年代の世界的な3Dブームの火付け役となった特許取得のマジックアイ3D映像の制作会社、マジックアイ社のホームページへようこそ"。

25年後の今、3Dブームは静かで小さなものに変わったが、ハイパーカラーの静止画を見つめながら、見えないけれどそこにあるものを探すのは、今でも何か心を奪われるものがあります。トリックに成功したときの満足感と同じくらい、隠されたものを見せようとして失敗することにも倒錯的な喜びがあるの です。

この記事は、Eye on Design magazine 02号に掲載されたものです。

The Hidden History of Magic Eye, the Optical Illusion That Briefly Took Over the World How a 1990s op-art phenomenon went from a tech-spec magazine to households everywhere Words by Liz Stinson Published on July 1st, 2022




ナナイと北斗のコロナ禍対策記事


北斗とナナイのコロナ禍解決策3






世界大会優勝経験のある美容師が開発!!
ヘアカラーを長くきれいに楽しむためのシャンプー
KYOGOKUカラーシャンプーブルーパープル

関連記事