ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

シカが好きな植物 20の花、野菜、低木

2022/05/17
鹿対策
鹿 好きな植物 好物 低木 野菜 鹿対策 鹿被害 鹿撃退

シカが好きな植物 20の花 野菜、低木




鹿は植物を貪欲に食べます。もしあなたの家の近くに鹿の群れがいたら、どの植物が鹿に好かれるのか知りたいですよね。

実は草食動物には好みがあり、彼らのメニューの上位にある花や野菜を育てると、一晩で完全に破壊してしまうこともあるのです。

レタス、豆類、キャベツと同様に、オオバギボウシ、ササユリ、パンジー、そしてバラも危険にさらされているのです。

ではどの植物が鹿の大好物なのでしょう?



しかの食べるもの

シカの好きな植物の特徴


鹿はほとんどの植物を好んで食べるのですが、強い匂いや葉や花びらがぼさぼさしていないのです。柔らかくて広い葉の種を好むからです。これらは、ガーデニングの必要性と利便性のために、花、低木、つる性植物、最後に野菜に分けることができます。

鹿の好物である植物を確認し、カテゴリのリストとガイドラインをチェックすれば、驚くようなことはありません。

そして、鹿の角がある草食動物が、他の植物よりもこれらの植物を好むのには、ちゃんとした理由があります。

鹿が好んで食べる花に注意してみてください。

花壇にパンジーやオオバギボウシ、ヒメウイキョウなどの花を植えると、シカにはビュッフェレストランのように見えるでしょう。シカは一晩で花壇や境界線を破壊し、せっかくの緑を台無しにしてしまうこともあるのです。

小さな花や低木、野菜など、「シカがおいしそうに食べる植物」には、いくつかの特徴があります。

このガイドでは、希少な植物や地元のものなど、リストに含まれていないリスクのある種や品種を確認することができます。

では、それぞれを順番に見ていきましょう。

1: 鹿は柔らかい葉や茎、花を好んで食べる

鹿が大好きなもののひとつに、葉や花、茎のやわらかさ、柔らかさがあります。オオバコやレタスはその代表格です。

私たちも青々とした葉っぱが好きだから、鹿も喜んでくれるはず。

また、鹿は若い植物や新芽を好みます。バラを育てている人ならお気づきでしょうが、鹿は古い枝や茎、葉を残して、芽や新芽に集中するのです。

鹿は、ほうれん草やインパチェンスのような、柔らかくて寿命の短い植物に災いをもたらすことがある。シカは、作物や花壇を文字通り完全に破壊し、不毛の地を残すことができるのです...。

また、根を食べないまでも、小さな植物を根こそぎ食べてしまうことも...。

2:シカは広葉樹の葉や花を好んで食べる

シカは大きくて平らな、広い葉や花びらが好き。針状の葉や、細く分節化した葉(チャービルやフェンネル、マリーゴールドなど)は好まないのです。

同様に、花びらが薄くて長いものも苦手なので、アスターも好きではありません。しかし、キャベツやレタス、花びらの幅が広い花は、彼らにとっては珍味なのです。 例えば、ツツジやバラがこのカテゴリーに入るのです。

3:やわらかい香りや甘い香りのする植物に集まるシカ

鹿は、特に強い香りのする植物、特に芳香や薬効のある植物を好まない。ラベンダーやミント、麝香のようなゼラニウムなどは、彼らのメニューから外れています。

軽い香りや、やわらかい香りの花を好みます。実際、バラは香りの強くないものを好みますし、花は開いた状態よりもつぼみの状態を好みます。

野菜については、私たちからすると不思議なことに、「においの好み」がある。タマネギやニンニクを嫌がる。

フェンネルのようなアニスの匂いも嫌いだ。でも、キャベツは食べます。キャベツはかなり強いけど、甘い香りがします。

4:鹿は甘い香りのする植物が大好き

植物には甘い香りのものと苦い香りのものがあり、鹿は常に前者を好む。苦いものや薬効のあるものは、鹿にとって嫌なものなのだ。

では、インパチェンスの花をサラダに加えるといいって知っていましたか?なぜかわかりますか?とても甘いんです。そして、これが私たちのリストに載っている理由です...

5: 鹿は葉や茎、花が滑らかな植物を好んで食べる

鹿は毛むくじゃらが嫌いなんです。ラムズイヤー、ヘアリーゼラニウム、ズッキーニの葉、ボリジなど、舌や味覚に不快感を与える植物を食べます。
しかし、エンドウやチャード、オオバコやイングリッシュアイビーなどの柔らかくて滑らかな葉を比べると、その柔らかくて滑らかな質感が草食動物の仲間にぴったりであることがわかるだろう。

鹿は味にうるさい。とはいえ、いざとなれば嫌いなものでも食べられます。

しかし、もしあなたの植物がこのような特徴を持っているなら、必ず守ってあげてください。特に、次のリストにあるような植物を育てている場合は要注意です


鹿のあそびば

鹿の好きな花


1:プラタナス(Hosta Spp.)

花壇にパンジーやオオバギボウシ、ヒメウイキョウなどの花を植えると、シカにはビュッフェレストランのように見えるでしょう。

シカは一晩で花壇や境界線を破壊し、せっかくの緑を台無しにしてしまうこともあるのです。鹿の好物はというと

1: プランタンリリー(Hosta Spp.)

プランタンリリーは、緑色の広い楕円形の柔らかくてジューシーな葉を持つ多年草で、実は鹿の大好物の一つなのです!鹿は、このプランタンリリーの葉を食べるのが大好きです。また、常に新鮮な葉を茂らせることができます。

この美しく、柔らかく、緑豊かな小さな植物は、日陰を好むので、下草として、また、木の下の庭に薄緑の爽やかさをもたらしてくれます。

クリームイエローやダークグリーンなど、さまざまな色合いの葉を持つ変種もあります。また、通常は白ですが、ライラック色の花を咲かせることもあります。

残念なことに、多くの動物がジューシーなホスタを好みますが、私たちの友人であるイヌワシだけではありません。ナメクジ、カタツムリ、そしてすべての草食動物、すべての草食動物は、文字通りこれらの小さな植物に魅了されています。

それらを育てることは、常にそれらを保護することを意味することを、すべての園芸家は知っています。しかし、もし可能なら、彼らはそれだけの価値があります。ここでは、いくつかのヒントを紹介します...

丈夫さ。USDAゾーン3から9。
光条件:部分的な日陰または完全な日陰。
開花時期:通常夏
サイズ:高さ2フィート(60cm)、広がり4フィート(120cm)程度まで。
土壌条件:水はけがよく、常に湿度の高いロームや粘土をベースとした土壌で、pHは中性から弱酸性。

2: デイリー(ヘメロカリス・サッペン)
デイリー(ヘメロカリス属)
デイリリーの花は大量に咲き、葉は長く柔らかい緑色で、たくさんついています。

この植物は多年草ですが、新鮮な葉を茂らせ、ユリのような形のとても華やかな花は1日しか咲きません。だから......鹿や子鹿が来ても、いつも新鮮なままなのだ。

ヒメサユリは、明るい黄色から濃い紫色まで(あるいは'American Revolution'のように両方)、色の幅が広く、とても育てやすい植物で、早く自然化し、丈夫でたっぷりと花を咲かせます。

このような理由から、ボーダーや花壇の手入れにあまり時間をかけられない場合は、本物のユリよりも優れていると言えます。もし、地平線上に角が見えたら、それは「おいしい、おいしい、ジューシーなササユリが夕食だ!」と思っている可能性が高いので、気をつけてください。

丈夫。USDAゾーン3から9。
日照時間: 日向または半日陰
開花時期:夏
サイズ:高さ4フィート(1.2メートル)、広がり5フィート(1.5メートル)まで。
土壌条件:水はけのよいローム、粘土、チョーク質の土壌で、pHは弱アルカリ性から弱酸性まで。

3: パンジー、ビオラ、スミレ (Viola Spp.)
パンジー、ビオラ、スミレ(Viola spp.)
スミレの花は、サラダやお菓子にも使われます。この植物も多年草ですが、春から秋にかけて新しい葉を茂らせます。

シカの食害に遭い、根こそぎ倒され、美しい花の色彩の代わりに、悲しい茶色の枝葉が残ってしまいます。

大輪の花から小輪の花まで、その幅は広く、スミレが白から紫の範囲にとどまることが多いのに対し、パンジーは文字通りどんな色や色の組み合わせも可能です。

花壇だけでなく、鉢やコンテナにも好んで植えられ、スイートホワイトバイオレット(Viola blanda)やフィールドパンジー(Viola bicolor)などの野生の種は簡単に帰化することができます。

耐寒性:品種により異なるが、スミレのようにUSDAゾーン2~7、大型のパンジーは通常5~8をカバーする。
日照時間: 日向、半日陰、日陰。
開花時期:春から秋
サイズ:大きいものは高さ20cm、幅2フィート(60cm)にもなります。
土壌条件:非常に水はけがよく、常に湿度の高いローム、粘土、砂をベースとした土壌で、pHは弱アルカリ性から弱酸性まで。

4: ダリア(Dahlia Spp.)


⦁ ダリア(Dahlia spp.)
ダリアは、残念ながら茎や葉、花までもが柔らかく滑らかな素晴らしい遅咲きの花です。そして、ご想像の通り、鹿に食われてしまうのです この美しい花は、根と塊茎を除いて、鹿が食べられない部分はありません。

しかし、根こそぎ持っていかれ、大混乱に陥ることがあります。彼らは'アパッチ'のようなサボテンやセミサボテンの花よりも、'アンドレア・ローソン'のようなポンポン玉の花を好むでしょう。

ダリアの色彩は、赤、マロン、紫、燃えるようなオレンジなど、温かく官能的で季節の終わりのような情熱的な色合いで知られています。

夏の終わりから秋にかけて、庭で大きな存在感を発揮しますが、その派手な花と青々とした葉を遠くから見ても鹿は見逃さず、むしろ庭に鹿を呼び寄せるかもしれません。

耐寒性:品種によって異なるが、通常USDAゾーン8から11。
日照時間: 日向が良い
開花期:真夏から霜が降りる頃まで。
サイズ:品種にもよりますが、高さ4フィート(1.5メートル)、広がり3フィート(90センチ)程度まで。
土壌条件:水はけがよく、常に湿度の高いローム、粘土、砂をベースとした土壌で、pHは弱アルカリ性から弱酸性まで。

5:チューリップ(Tulipa Spp.)

チューリップ(Tulipa spp.)
鹿は、この有名な球根植物の柔らかい葉や茎、葉を好みますので、鹿の生息する場所でのチューリップの栽培は常に戦いです。そのため、球根を根こそぎ食べてしまうこともあり、そうでなくても球根は非常に弱くなり、後に枯れてしまうこともあります。

実際、チューリップは翌年の春にならないと次の芽を出すことができませんが、1年分の栄養を失うことになるのです。

この超有名な花には実に多くの品種があり、白から「黒」(濃い紫、そう、この色は不安定なのです)までの巨大なパレット、形も星型から丸型、カップ型、一重、八重と、さまざまです。花壇に最適だが、地元の群れが近づけないように注意すること。

しかし、越冬するためには、球根を地面から離し、涼しく、暗く、乾燥した場所に置く必要がある。
光照射:日当たりの良い場所
開花時期:春
サイズ:高さ2フィート(60cm)、広がり6インチ(15cm)程度まで。
土壌条件:水はけのよいローム、チョーク、砂をベースとしたpHが弱アルカリ性から弱酸性の土壌。
鹿が好んで食べるその他の花
インパチェンス、ローズマリー、リリーターフ、クロッカス、スノードロップ、コスモス、ヒマワリ、ガーベラなどもよく食べます。気をつけましょう。

さて、次に低木ですが、花を咲かせるものが多いですね...。

鹿が好んで食べる低木
鹿が好む低木
低木も鹿から安全ではありません。花の咲く低木も鹿の大好物ですが、その理由は皆さんとは全く違います。

庭の端にある低木の生け垣は、シカの侵入を防いでいるつもりでも、逆にシカの朝食になってしまうのです。本当に、本当に危険な低木はこちらです。

6: バラ(Rosa Spp.)
バラ(ロサ属)
バラの棘は、お腹を空かせた鹿にとって障害にはなりません 古くなると硬くて痛いのですが、新鮮な棘は柔らかく、角のある仲間はいとも簡単に食べてしまうのはご存知の通りです。

バラの低木を丸ごと破壊することはありませんが、新芽を食い荒らすことはあります。

バラの低木(およびクライマー)は、シカの「攻撃」にも耐えることができますが、シカが目を覚ますと、花全体と多くの葉を失うことになるかもしれません...。

最後に、鹿が新芽を引きちぎった場所に注意してください。無菌の刃物で、きれいに切って剪定しないと、感染症や病原菌の侵入口になってしまいますよ。

というわけで、残念ながら、鹿よけの生け垣を作りたいなら、世界で最も愛されている花は、実はベストな選択とは言えないのです。

耐寒性:品種によって異なるが、USDAゾーン5、6から9、10までのものが多い。
日当たり:日当たりの良い場所、または部分的に日陰になる品種もあります。
開花時期:春から秋まで。
サイズ:小さいものは高さ1フィート(約30cm)以下、大きな品種は高さ20フィート(6m)を簡単に超えることができます。
土壌条件:水はけがよく、豊かで、できれば湿度の高いローム、粘土、チョーク、砂をベースとした土壌で、pHは弱アルカリ性から弱酸性まで。

7: 紫陽花(アジサイ)

紫陽花(アジサイ)
葉が広く、柔らかく、甘いアジサイは、鹿の好物です。また、大きな花序はどんな色でも、そして柔らかい茎の一部も同様です。

しかし、これらの大きな植物は鹿に食べられても大丈夫ですが、特に美観の面では大きなダメージを受ける可能性があります。

この美しく育てやすい低木には多くの品種があり、花は白から紫まで、その中間の優しいパステル調の色合いは実に有名です。

この美しく育てやすい低木には多くの品種があり、花は白から紫まで、そしてその間の優しいパステル調の色合いはとても有名です。

イタリア風のフォーマルな庭にも似合いますが、インフォーマルな庭にも似合う、とても草深い潅木です。残念ながら、この性質が、招かれざる客の食欲をそそるのである。

耐寒性。USDAゾーン5から9。
日照時間: 部分日陰、明るい日陰、日陰、日当たりの良い場所。
開花期:夏
サイズ:2〜10フィートの高さとスプレッド(60センチメートルから3メートル)である。
土壌条件:水はけの良いローム、粘土、砂をベースとした土壌で、pHは弱アルカリ性から弱酸性まで。

8: ツツジとシャクナゲ(Rhododendron Spp.)
⦁ ツツジとシャクナゲ(Rhododendron spp.)
ツツジは植物学的には小さなシャクナゲですが、鹿はどちらもとても良い栄養価の高い食べ物であることを知っていますよ。鹿は葉も花も食べるので、花が咲いている低木は大変なことになります。

もう一度言いますが、危険なのは植物の命ではなく、その美しさと、特にツツジの場合、その健康状態です。

シャクナゲやツツジは、新鮮な地域や田園風景、大きな公園などにもよく適応し、これらはまさに鹿の群れの自然な生息地となる。

白、紫、ピンク、オレンジ、赤など、色とりどりのツツジの誘惑には勝てませんが、お腹を空かせた子鹿や鹿が近づけないように注意しましょう。

耐寒性:ツツジは通常USDAゾーン5から8に適応し、シャクナゲはUSDAゾーン3から7に適応する丈夫な植物です。
日照時間:日向または半日陰
開花時期:春と夏
サイズ:高さ2フィートとスプレッド(60センチメートル)から10フィート(3メートル)を過ぎて、それ以上へ。
土壌条件:非常に水はけがよく、豊かで常に湿気のあるローム、粘土、砂をベースにした酸性pHの土壌。中性pHにも耐えるが、花や生育に影響が出る可能性がある。

9: ハイビスカス(Hibiscus Spp.)

ハイビスカス(Hibiscus spp.)
滑らかで大きな花と、同じく広くて柔らかい葉を持つハイビスカスは、鹿の格好の餌となる。葉、特に新鮮な葉を好みますが、花にも食いつきます。

この外来種の低木は、印象的な花と豊かな葉を持ち、小さな木に仕立て上げることも可能です。

いずれにせよ、鹿の群れに見つかりさえすれば、緑の部分がほとんどない不毛な枝に見えてしまうのです。しかも、一晩でこうなることもあるんですよ。

ハイビスカスの中には、温暖な地域にしか生育せず、色も鮮やかで大きな花を咲かせるものがありますが、「ローズ・オブ・シャロン」と呼ばれるものは、鹿の多い温暖な地域や都市公園、民間公園などによく適応します。油断は禁物です。

耐寒性:ローズ・オブ・シャロンはUSDAゾーン5から8、9、ローズ・マロウはUSDAゾーン4から9、よりエキゾチックな品種はUSDAゾーン9から11で生育可能。
日照時間: 日向または半日陰
開花時期:品種や地域によって異なりますが、一年中花を咲かせることができます。
サイズ:高さ4フィート(約1.2メートル)から30フィート(約9メートル)、幅25フィート(約7.5メートル)まで。
土壌条件:水はけのよい豊かなローム、粘土、チョーク、砂をベースとした土壌で、pHは中性から弱酸性まで。
シカが好むその他の低木
この他にも、鹿が好む低木や小木はたくさんあります。モミジ、リンゴ、ヘーゼルナッツ、サンザシ、ビューティベリー、ブラックベリーなどは、鹿の仲間に狙われやすい植物です。


鹿のごはんとは

鹿が好んで食べるつる性植物


シカが好む植物の特徴

フェンスにアサガオやクレマチスなどのつる性植物を植えている方もいらっしゃると思いますが、シカは問題です。

見晴らし台やパーゴラ、トレリスに植えてあっても、鹿は大好きなつる植物を食べてしまうのです。そして、彼らのお気に入りをご紹介します。

10: アサガオ (Convolvulus Spp. And Ipomoena Spp.)

アサガオ(イポメア属) ⦁朝顔
朝顔の美しく柔らかなベル型の花とハート型の葉は、鹿と無縁ではありません。実際、鹿は朝顔が大好きです。この柔らかい植物は鹿にとって噛みやすい食べ物で、細くて折れやすいツルもその一つです。

鹿は一頭で数分もあれば植物を全滅させることができます。土に埋もれても、裂けにくい根から再び芽を出します。しかし、1シーズンを棒に振ってしまうことになる。

ライラックブルーが一般的だが、アサガオは2属にまたがり、白、青、紫の花もある。

どれも育てやすく、生育旺盛ですが、その分、どんどん新しい花を咲かせます。そして、このタイプが好きなのは......。

丈夫さ。USDAゾーン8または9から11。通常、寒冷地では一年草として栽培される。
光条件: 日当たりの良い場所
開花期:春の終わりから夏にかけて。
サイズ:高さ1フィート、幅30cmから10フィート、幅3m。
土壌条件:水はけのよいローム、粘土、チョーク、砂をベースとした土壌で、pHは弱アルカリ性から弱酸性まで。多くの品種は乾燥に強い。

11:クレマチス(Clematis Spp.)

クレマチス(Clematis spp.)
クレマチスは、大きな緑の葉と色とりどりの花をつける、とても派手な植物で、中には20センチにもなるものもあります。鹿も大好きです。

この元気な植物は、鹿が大好きな要素をすべて持っていて、短時間で植物の大部分を食べてしまいます。

でも、見晴らし台やフェンスに花を咲かせるには、少なくとも1年待たなければなりません。

クレマチスの色は、特に白から紫の範囲が素晴らしく、その間に美しい青、ピンク、ライラックがあります。

クレマチスは、世界中のガーデナーから愛されている植物で、メンテナンスが少なく、温暖な気候に適応します。また、お腹を空かせた角のある草食動物にも好かれる植物です。

耐寒性 USDAゾーン4から11。
日照時間: 日向または半日陰
開花時期:晩春から秋にかけて。
サイズ:高さ12フィート(3.6メートル)、広がり6フィート(1.8メートル)まで。
土壌条件:水はけがよく、常に湿度の高いローム、粘土、チョーク、砂をベースとした土壌で、pHは中性から弱アルカリ性まで。

12:イングリッシュアイビー(ヘデラ・へリックス)

イングリッシュアイビー(ヘデラヘリックス)
鹿は、イングリッシュアイビーの柔らかくて滑らかな緑の葉が大好きです。若いツルも食べます。

しかし、硬くて木質化し、不快でロープ状になった古いツルは気にしません。しかし、葉は、私たちの仲間の群れが通りかかったら、あるいは一匹でも生き残るチャンスはありません。

さらに、この植物には根がないため、支柱から引き抜かれてしまいます。この素晴らしい多年草をクリーパーとして育てていても、彼らがどんな被害をもたらすかはおわかりいただけるでしょう...。

エメラルドグリーンに黒い茎のクラシカルな品種から、濃い緑にクリームの縁取りの「アン・マリー」、緑と黄色の「ゴールドチャイルド」など、さまざまな品種を選ぶことができるのも、この植物の魅力です。鹿はどれも好きなので、ご心配なく。

耐寒性。米国農務省(USDA)ゾーン5から11。
日照時間: 部分日陰または完全日陰
サイズ:高さ9メートル、枝張り4.5メートル。
土壌条件:根を持たず、面状根が「摂食器官」である。しかし、這うように生育するので、水はけのよいローム、粘土、チョーク、砂ベースの土壌で、pHが弱アルカリ性から弱酸性のものであれば生育できる。

13:ブドウの木(Vitis Spp.)

ブドウの木(Vitis spp.)
ブドウのつるには結実するものと観賞用のものがあり、いずれも鹿がおいしく食べることができる。葉はシャキシャキして栄養価が高く、若いつるは簡単に折って噛むことができる。

群れがブドウ園に与えるダメージは大きく、深刻な経済的損失を意味する。もし、このようなことが(念頭に)あるのなら、多くのプロが行っているように、柵で囲うのが最良の選択でしょう。忘れていましたが、彼らは葡萄そのものも大好きなのです

赤ブドウ、白ブドウ、装飾用の品種があり、それらを育てることは芸術であり、ワイン、少なくともおいしいワインを作るようなものです。

この植物は何千年も前から人類の仲間であり、鹿は私たちと、そしてヴィティスとずっと一緒にいたのです。

耐寒性。USDAゾーン4から10。
光の露出:フル日。
結実期:秋。
サイズ:品種によって異なりますが、高さ4〜20フィート、広がりは(1.2〜6メートル)。
土壌条件:土壌の質がブドウやワインそのものの質を変えることはご存知の通り。水はけのよいローム、粘土、チョーク、砂をベースとした土壌で、pHは中性からアルカリ性。
鹿が好む他のつる性植物
この他にも、パッションフルーツやキウイ、フクシアの仲間にも注意が必要です。また、あまり知られていない地場産のつる性植物も、鹿の餌になることがあります。どのような特徴があるのか、常にチェックしておきましょう。

シカが好んで食べる野菜たち


鹿は、私たちも好んで食べる野菜の多くを好んで食べますが、すべてではありません。タマネギ、ニンニク、カボチャなど、一般的なものには顕著な例外があります。

ただし、単純にシカに強い食用作物を栽培することはできません。もし、下記のような野菜があれば、野菜畑を柵で囲ったほうがいいでしょう。

14: レタス

レタスは葉物野菜で、新鮮で広い葉と甘い味を持つ、鹿の好きな特徴をすべて備えた野菜です。そして実際、私たちと同じように丸ごと豪快に食べてしまう。

丸いレタス、ラムズレタス、アイスバーグ、エンダイブなど甘いものを好みますが、ラディッキオやチコリなど苦いものも、お腹が空いていれば食べます。

鹿の被害は甚大で、一頭や群れにやられると、一晩で作物が全滅してしまうこともある。

ラウンドレタスが世界中で愛されていること、そしてお腹を空かせた草食動物が最初に選ぶ野菜であることを考えると、これらの動物が最も好む「葉物野菜」と名付けることができるだろう。安全に育てられるから育てたいという方は、以下のポイントを参考にしてください。

収穫時期:短く、植え付けから3~4週間。
高さ:最大1フィート(30cm)まで。
間隔をあける。12から18インチ(30から45cm)。
日照条件:日向または半日陰、耐暑性はない。
水やり:定期的にたっぷりと

15:ホウレンソウ

ホウレンソウもまた、甘みがあり、柔らかくて滑らかな葉の緑色で、鹿が本当に好んで食べる植物です。葉を中心に食べますが、株ごと根こそぎ食べてしまうこともあります。

ほうれん草は繰り返し収穫できるので、レタスのように不運に見舞われることはないだろう。しかし、蹄鉄の跡が残るなど被害がひどいので、間に合えば植え替えた方がいいかもしれません。

ホウレンソウにはいくつかの品種がありますが、どれも葉っぱを食べる人にはおいしいので、どれを選んでも、彼らのお皿ではなく、あなたのお皿に載ることを確認してください。

収穫時期: 短く、植え付けから37~45日。
高さ: 6から12インチ(15から30cm)、品種によっては3フィート(90cm)に達するものもある。
間隔: 5~10cm(2~4インチ)
日照条件:日向または半日陰、耐暑性はない
水やり:定期的かつ多めに

16:豆類


豆は新鮮で柔らかく、緑のクライマーで、歯ごたえと甘い味のする葉をたくさん持っているので、鹿は本当に大好きで、その中でごちそうを食べるだろう。

ほうれん草やレタスのように、豆類は実際に鹿や雄鹿、子鹿をあなたの土地に引き寄せる。その被害は甚大で、鹿があなたの庭を「自由な食事場所」として選んだ後、健康で使える植物が全くなくなってしまうこともある。

また、豆類は、ソラマメからインゲン豆まで、さまざまな種類がありますが、動物の群れがいれば、どんな豆にも勝ち目はありません。どうすればいいか、わかるでしょ?

収穫時期:植え付けから65日後、その後も継続的に収穫できる。
高さ: 最大10フィート(3メートル)の高さまで。
スペーシング 4インチ(10cm)
日照条件: 完全な日なた、もしくは半日陰。
水やり:たっぷりと、定期的に

17:エンドウ豆


エンドウ豆は豆よりもさらに甘く、柔らかく、食べやすく、私たちだけでなく鹿にとっても非常に栄養価の高い植物です。

人間でもさやから出したばかりのエンドウ豆を食べることができるくらいですから、角のある草食動物は文字通り、葉もさやも豆も花もつるも食べてしまうのですね。ここでも、一回来ただけではほとんど何も残らず、作物は完全に消滅してしまうかもしれません。

エンドウもイングリッシュエンドウ、スノースナップエンドウ、スナップエンドウなどさまざまな種類がありますが、残念ながらどれも鹿を惹きつけてしまいます。鹿にとっては、おいしい食べ物の上位に位置するものなのです。

収穫時期:植え付けから60~70日、その後も継続的に収穫できる。
高さ: 10フィート(3メートル)まで。
間隔 4インチ(10cm)
日照条件: 完全な日向か部分的な日陰。
水やり:定期的かつ多めに

18:キャベツ

キャベツは葉が広く甘く、歯ごたえがあり、栄養も豊富で、鹿が文字通り食い荒らす。他の野菜と違い、匂いが強いので苦手な人も多いが、鹿は全く気にしない。

鹿がキャベツに歯を立てると、もうその株は助からない。短い茎を残すことになり、そうでなくても作物はなくなってしまう...。

グリーンキャベツ、レッドキャベツ、サボイキャベツ、ナパキャベツ、白菜、芽キャベツなどが一般的な品種だが、またしても不運なことに、すべて角のある侵入者のメニューに載ってしまった。

収穫時期: 品種により80日〜180日
高さ:最大3フィート(90cm)。
植え付け間隔:60~90センチ
日照条件: 日光を十分に浴びること
水やり:たっぷりと、定期的に。ただし、季節に合わせた水やりをしてください。
土壌条件:キャベツは他の野菜よりも、有機物に富んだ肥沃な土壌を必要とする。

19:ブロッコリー

ブロッコリーは、栄養価の高い冬の野菜です。見た目は硬そうですが、歯ごたえがあるので、鹿もよく食いつきます。

小房は簡単に折れるので、小房の中や葉、茎も食べることができる。

繰り返しになるが、ブロッコリーに関しては、個人や群れが家庭菜園に侵入しても、食べるものは何も残らないのだ。

ブロッコリーは、多くの地域でシカの餌が不足する時期に生育するため、キャベツと同様に非常に危険である。そして、空腹のシカはとてもしつこく、工夫を凝らし、機転を利かせるようになります。

防壁はしっかりと密に。寒い季節になると、この動物たちの行動力に驚くことでしょう...。

収穫時期: 種まきから100~159日、または植え付けから55~80日。
高さ: 90cmまで。
スペーシング 18から24インチ(45から60cm)
日照条件: 日光に十分当てますが、暖かい時期や場所では部分的に日陰で育てると、ボルトが抜ける危険性があります。
水やり:定期的にたっぷりと。
土の条件:ブロッコリーも有機物の詰まった非常に豊かな土を必要とする。

20:ビーツ

ビーツ
大きくて幅広くて柔らかく、甘くてジューシーなビーツの葉で鹿を誘惑しても、鹿が抵抗することはないでしょう。ビーツもまた、蹄鉄を持つ私たちの友人にとって完璧な食べ物の部類に入ります。

鹿を積極的に引き寄せることができるのです。そして、もしビートが侵入してきたら、作物に災難をもたらすでしょう。

ビーツは根菜と思われがちですが、実は葉っぱも素晴らしい食材で、加熱するととても甘く、食感も良く、栄養もたっぷりです。もちろん、鹿は生のまま食べてしまうので、土地に入れないようにしましょう。

収穫時期: 植え付けから7〜8週間。
高さ: 2から3フィート(60から90cm)。
植え付け間隔:5~10cm
日照条件: 完全な日向か部分的な日陰、実は2番目が最適です。
水やり:定期的に。ただし、水のやりすぎには注意。
鹿が大好きなその他の野菜
草食動物の仲間は、オクラ、スイートコーン、サツマイモ、ニンジンの根元など、庭の他の野菜も食べます。ニンジンの根っこはダメですが......でも、どうやって地面から引き抜くのでしょう?

まとめ


植物と鹿 について大反響がありましたので新しく記事をリサーチしながら書かせていただきました、
植物を見て "きれい!"と思うことがあっても、鹿は "おいしそう!"と思うことが多いということを覚えておいてください。

鹿が好んで食べる植物の究極のリストを見てきましたので、参考にしてください。

もし、どうやって守ればいいのか迷ったら、ナナイの大冒険の昔の記事をチェックしてみてください!私がお伝えしたいコツがたくさんありますよ。

参考 20 Plants (Flowers, Vegetables, And Shrubs) That Deer Love To Eat By Amber Noyes





鹿・イノシシ・ハクビシン対策関連記事




アンチエイジング効果が期待できる食品1



最新の人気記事




ハーバード式 大人の健康科学と栄養学

ハーバード式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法




アンチエイジングな食事療法かも❓





イケメン過ぎて声のかけられない店員さん登場人物4月

たまに、イケメンすぎて声がかけられない店員さん主人公とヒーロー君達の漫画も連載しています。
よかったら是非遊びに来てください。フィクションなので盛ったのはどうかおおめにみてください。



アンチエイジングダイエット食材


◆トレンド感溢れる人気記事一覧◆2022年版

ナナイの漫画アルバム作りました
きちんと連載を始めたのは3月上旬からですので、上記2冊のアルバムで5月までのお話はざっくり読めます。
記事を読むのがめんどい時は、上記2個のアドレスを是非お気に入りに登録くださいませ。
更新したらまた追加になります。


イケメン過ぎて声のかけられない店員さん 過去の登場人物

漫画新キャラ3月より


pinktoilet2.jpg

関連記事