ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

鹿が嫌いなもの シカを寄せ付けないハーブ10選

2022/05/12
鹿対策
鹿が嫌いなもの 鹿が食べられないもの ハーブ 鹿 嫌い 苦手
沢山の鹿被害対策関連の記事のへのご訪問ありがとうございます

鹿の横断

今回の記事は鹿が嫌いでたべないものだけど、私たち、日本人の消費者からすれば、どんどん栽培して市場に割安なお値段で流してほしいハーブ野菜10種類を特集してお届けします。無人野菜売り場でもかまいません。情報や宣伝はTwitterでお願いします。

今回の鹿駆除関連の記事もまた、米国のアイダホ州野生動物保護協会の監視員(獣医師資格+生物学と植物学の博士号もち)の友人、ドン博士にある程度ご指導いただいたのですが、ソースはやはり権威のある大学を記載してリーサーチ結果かソースも載せました。鹿被害で苦労されている方は万国問わずおられるので、知恵を米国から運んできたのです。

ミント畑

やはり友人夫妻やお仲間達は、ハーブを植えるのが一番の得策だそう。今回のアイデアもお役にたてていただければ嬉しい限りです。今回のお薦めなすやスイカと一緒にニラ、ニンニク、玉ねぎ、ミントを植える!私の個人的な希望としては、ミントの葉でお茶とお菓子を楽しみたいので、安価(大きな袋で100円前後パセリ並みのお値段)に流通させていただけたら幸いです。
例:東海地方の鹿の好物→(スイカ、なす、) 

ニラ鹿が嫌い
鹿は庭にとって深刻な問題です。なぜなら、鹿は招かれざる四つ足の客で、野菜や観葉植物、時にはハーブの花や葉、若枝を食い荒らすからです。

しかし、ハーブに関しては、シカは私たちの訪問者ではなく、雄鹿、雌鹿、子鹿が食べられないものがかなりあります。

ラベンダー、ローズマリー、タイムなど、鹿が苦手とするハーブは、香りが強すぎて食べられないものが多い。また、セージのように、鹿が嫌がるような質感のものもあります。そのため、鹿を庭から遠ざけるために使用することもできます。とはいえ、鹿はハーブに食いつくかもしれません。
ハーブイラスト

そこで、鹿の食害を防ぐハーブを紹介します。花や野菜を食べてしまう鹿を防ぐために、ハーブを上手に利用するコツも紹介します。

これらのハーブは世界で最も人気があり、人間にも愛されているものですが、なぜ鹿にも愛されていないのでしょうか?次は、そのお話です。

バンビト草原

鹿がハーブを嫌う理由

シカは葉物野菜をよく食べ、適応力があります。でも、味覚は洗練されていて、好き嫌いが激しいんです。レタスとミントの葉のどちらかを選ぶとしたら、シカは必ずミントのほうを選ぶでしょう。

なぜなら、ミントの香りはとても強いからです。鹿は犬よりも嗅覚が鋭いんですよ。草食動物たちは、2億9,700万対2億2,000万で勝っています。ちなみに私たちは500万個しかないです。

そのため、キャットニップやバジルなどのハーブは、私たちにとっては心地よい香りですが、角のある友人にとっては圧倒的な存在なのです。
餌をさがすバンビ

すべてのハーブはシカに不快感を与えるの?


鹿が嫌がるハーブもあります。ハーブと一口に言っても、その種類は多く、どこまでがハーブでどこからが野菜なのか分からないほどです。

フェンネルはその好例ですが、ラベンダーのように、鹿や雌鹿、子鹿が訪れたときに、必ずと言っていいほど近寄ってこないものもあります。ラベンダーは私たちを酔わせますが、その50倍の強さの香りを想像してみてください。

パセリなどは、鹿の好物ではないかもしれませんが、他の葉っぱと一緒に食べると、とてもおいしいです。

バジルの収穫前

鹿はハーブを食べるの?

香りの強いハーブを食べることもあります。しかし、これは他に良い方法がない場合のみです。他のもっと食欲をそそる種類の緑の葉がたくさんあれば、タイムやバジルには近寄らないでしょう。

しかし、鹿にとってより良い植物がない年や、一般的に不足している場合は、あなたのハーブを試してみるかもしれません。

これが鹿と耐鹿性植物の大きな混同の原因です。園芸家や専門誌の読者の中には、「シカに強い」とされる植物までシカに食べられてしまうというケースもよくあります。これは主に環境によるものです。必要に迫られて、鹿は柔軟に対応するのです。

しかし、群れの行動がいつも同じとは限らないのも事実だ。あるものは他のものよりも食習慣が「冒険的」かもしれないし、正確な種が微妙に変化することさえある。

しかし、全体として、香りの強いハーブは鹿にとってそれなりに安全であり、忌避剤にさえなるのです。

匂いだけでなく...

鹿が嫌いなミント

鹿が嫌う植物は?

植物に鹿を寄せ付けない他の要素とは?
香りの他にも、鹿にその植物が良くない(あるいは鹿にとって素晴らしい)ことを伝えるものがあります。鹿にとって毒となる植物もあり、これらは決して鹿の食べ物にはなりません。


しかし、この葉を食べる動物が苦手とするものがもうひとつある。毛羽立った葉は彼らの舌や口蓋を煩わせるのだ。

動物というのは単純な生き物だと思うのですが、こうしてみると、折ったときの味だけでなく、匂いや食感まで、人間と同じように、あるいはそれ以上に求めていることがわかりますね。セージやボリジが鹿に嫌われるのは、こういう理由もあるんですねー。

以上、鹿の好きなもの、嫌いなものの話でしたが、ハーブを鹿避けに使うのはどうでしょうか?



強い香りのハーブは、鹿の忌避剤としての仕事?

鹿は食べ物を見つけるために、その嗅覚を使用しています。犬や狼と同じように、葉や芽を探しているのです。時には、ハーブは、それが他の植物をカバーするような強い香りを持っています。

四つ足動物のような鼻の良い動物には全く関係ありませんが、別の方向に誘導するには十分です。

そのため、ローズマリーやラベンダーなど香りの強いハーブを使って、お腹を空かせた訪問客に "ここはダイニングルームではありませんよ!"と伝えることができるのです。他の方向からやってくる若葉や甘い葉の爽やかな香りを感じ取って、そちらを向いてくれるはず......。

ホウレンソウやニンジンが実は少なくて、手に入れるのが大変なんだ...と騙すようなものです。

ラベンダー畑1

鹿の被害から庭を守るために強い香りのハーブを使用する

これは原則ですが、どのように実際にこれを達成することができますか?


ハーブを混在させる

花や野菜に鹿が近づかないようにするには、花壇や縁側に香りの強いハーブを散りばめるのが効果的です。ラベンダーやローズマリーは、農作物用の花壇や装飾用の花壇に簡単に植えられますし、花壇を華やかにしてくれます。

鹿を花や野菜から遠ざけるには、香りの強いハーブを花壇や境界線に散りばめるのがとても効果的です。ラベンダーやローズマリーを農作物の花壇や装飾用の花壇に植えるのは簡単ですし、花壇を華やかにしてくれます。


ベッドやボーダー全体に、ほぼ一定の間隔で植えておけば、香りに包まれ、柔らかくて甘い味の野菜や花を、空腹の四足獣から「隠して」くれるのです。

もし、あなたがまだ菜園でモノカルチャーを使っているなら、この古い、非効率的で不自然な方法から離れる良い機会かもしれませんね。

鹿被害でなやむ

野菜と花を囲む

もうひとつの方法は、香りのよいハーブを菜園の周りや花壇の周りに植えることです。これは、ハーブを混ぜるのと同じような効果があります。

大きな利点があります。

それは、花壇やボーダーの表面が栽培のために空くことです。特に一年草の植物を育てている場合、毎年「まっさらな状態」で作業ができるのはとても便利です。
しかし、デメリットもあります。

庭にきたしか

小さな "香りのリング "では、広い面積をカバーすることができないのです。家庭菜園や観葉植物園をまるごと取り囲むには、大きな「垣根」や「縁取り」、ハーブのバリアが必要です。

このように、自分に合った方法を選ぶことで、両方のシステムをうまく組み合わせることができるのです。でも、お腹を空かせた鹿対策に最適なハーブはどれでしょう?

一般的に鹿が嫌いな香りの高いハーブのトップ10をご紹介


1: ラベンダー (Lavandula Spp.)

香りの良いハーブの中で、鹿が最も食べにくいのがラベンダーです。ラベンダーは世界で最も強いアロマのひとつであり、一年中香りを楽しめるという利点もあります。

もちろん、ラベンダーには他の用途もあります。美しい花を咲かせ、石鹸や香水を作ったり、洋服をいい香りにするために使ったり。

ラベンダーは、花粉媒介者に最も愛されている植物です。つまり、ラベンダーは庭の肥沃度や健康状態を向上させるということです。そして、悪意のある雌鹿や雄鹿、子鹿から安全な距離を保つことができるのです。

アンチエイジングなハーブ3

耐寒性。イングリッシュラベンダーは、フレンチラベンダーより丈夫です。
日照時間:日中が最適です。
ただし、ラバンディンやスパニッシュ・ラベンダーのように、高さ2フィート(約60cm)、広がり1.5メートルという小型の品種もある。
土壌条件:非常に水はけのよいローム、粘土、チョーク、砂をベースとした土壌で、貧弱でもよい。pHは弱アルカリ性から弱酸性までが望ましい。乾燥に強く、岩石質の土壌にも耐える。


2: ローズマリー(Rosmarinus Officinalis)

ローズマリーは世界で最も人気のあるハーブのひとつで、料理にも使われますが、鹿には嫌悪感を抱かれます。地中海」と書かれているように、とても強く、要求のない植物です。

鹿は高い牧草地にいる方がずっと落ち着く。ローズマリーは成長が早く丈夫で、すぐにかなり大きな低木になるので、鹿よけとして使うこともできます。

ラベンダーと一緒に植えれば、食欲のないお客さんに対する理想的な「香りの壁」になります。茎の挿し木も効果的で、広い菜園などではぜひ使ってほしいですね。

ローズマリーは針のような葉の香りと風味で有名ですが、花も素晴らしいです。

耐寒性。USDAゾーン8から11。
日照時間: 日向
サイズ:品種により、高さ2~6フィート(60cm~1.8m)、広がり2~5フィート(60cm~1.5m)。
土壌条件:水はけのよいローム、粘土、チョーク、砂をベースにした土壌で、pHは弱アルカリ性から弱酸性;乾燥に強い。


実は貧弱な場所を好むので、自然環境を訪れると、道路脇の石の間から生えているのを見かけます。スペイン、イタリア、ギリシャの海岸では鹿は安心できないのです。

ハーブとおじいさん

3:タイム(Thymus Vulgaris)

タイムは地中海沿岸の小さなハーブで、鹿は食べません。タイムのエッセンシャルオイルは、人気のあるティーツリーオイルよりもはるかに強いのです。そして、美しいけれどお腹を空かせた草食動物たちは、多くの薬用ハーブを好みません。

タイムは優れたハーブで、その小さなサイズから、野菜や低木、花の間に簡単に栽培することができます。また、要求が少ないので、ロックガーデンに最適です。

実は貧弱な場所を好むので、自然環境を訪れると、道路脇の石の間から生えているのを見かけます。スペイン、イタリア、ギリシャの海岸では鹿は安心できないのです。

実は、タイムにはたくさんの品種があり、装飾用のものもあります。ラベンダー色から白色の小さな花は、とても魅力的です。

丈夫。USDAゾーン5から9。
日照時間: 日向
サイズ:最大1フィートの高さとスプレッド(30 cm)である。
土壌条件:水はけのよいローム、チョーク、砂をベースとした土壌で、pHは弱アルカリ性から中性まで。乾燥に強く、岩石質の土壌にも耐える。

ミントティーa

4: ミント(Mentha Spp.)

夏のフレッシュなミントは、鹿に邪魔されることなく楽しむことができます。この最もフレッシュなハーブでさえ、私たちの友人には嫌悪感を与えてしまうのです


それは、香りの問題だ。お腹を空かせた動物が食いつくかもしれませんが、この緑の葉っぱの植物は、ほとんどの場合、彼らを阻止してくれます。

ミントはまた、温帯やかなり寒い地域を含め、ほとんどの気候で育てることができるハーブのひとつです。部分的な日陰でも非常に早く帰化するので、野山で「鹿に優しくない」カーペットを育てるのに、本当に使えます。

ペパーミント(Mentha piperita)、スペアミント(Mintha spicata)、チョコレートミント(Mintha piperita f. citrata 'Chocolate' )、さらにアップルミント(Mintha suaveolens)など、ミントには多くの品種がある。味と見た目の両方において、選択肢はとても広いのです

耐寒性。USDAゾーン3から8
日照時間: 日向~日陰。日向では常に湿度を保つ。
サイズ:高さ1~3フィート(30~90cm)
土壌条件:水はけがよく、軽いが豊かなローム、粘土、砂をベースとした土壌で、pHは弱酸性から中性まで。湿度の高い場所を好みます。


5:セージ(Salvia Officinalis)

セージがシカに嫌われる理由は2つあります。ひとつは、一年中とても強い香りがすること、もうひとつは、葉がとてもフサフサしていることです。

この2つの性質が合わさると、通りすがりの雌鹿や雄鹿、小鹿は間違いなく見逃してくれるだろう。また、匂いも忌避要因になる。

セージは、適切な条件下で大きな低木に成長することができます。このため、広いスペースがあり、角を持つ夕食の客を遠ざけたい場合は、大きな塊をいくつか置くと効果的です。

また、常緑樹なので、冬でも美しい葉を保つことができます。さらに、生産性が高く、生育旺盛なので、ビジネスの副業にしたい場合にも最適です。

また、他の品種と同様にシルバーブルーの葉を持ちますが、葉の先端がパープルバイオレットに変化する「パープレセンス」(受賞歴あり)のような、装飾的で面白い品種も存在します。

耐寒性。米国農務省(USDA)ゾーン4から10。
日照時間: 日向
サイズ:最大2フィート背の高い(60センチメートル)または例外的に3(90センチメートル)と広がり1.8メートルで6フィートは非常に一般的です。
土壌条件:水はけのよいローム、チョーク、砂をベースとした土壌で、pHは弱アルカリ性から弱酸性まで。乾燥に強く、岩石質の土壌にも耐える。


6:ニラ(Allium Schoenoprasum) チャイブ(Allium schoenoprasum)

スープやサラダに軽いタマネギの風味を加えてくれるチャイブですが、鹿はプレーンな食事が好きなようで・・・いえ、チャイブは嫌いです(ニンニクも嫌いです)。チャイブは収穫も早く、株も小さいので他の作物と混植するのに適しています。

新鮮なものを好む植物でもあり、シカに強い種は太陽や暑さを好むハーブが多いことが分かっています。

このような理由から、チャイブは温暖な地域の小さな家庭菜園に適しており、余分な作物を得ることができます。

チャイブは、ポンポン咲きなので、低めの花壇にも適していることをご存知ですか?

春の終わりから初夏にかけて、淡いラベンダーピンクの花を咲かせます。また、ニラを移動させたい場合は、小さな携帯用コンテナにも最適です!

耐寒性。USDAゾーン3から9
日照時間: 日向または半日陰
サイズ:高さ1~2フィート、広がりは30~60cm。
土壌条件:水はけがよく、湿度の高いローム、粘土、チョーク、砂をベースとした土壌で、pHは弱アルカリ性から弱酸性まで。


7: ボリジ(ボラーゴ・オフィシナリス)

ボリジはハーブとしてはあまり一般的ではありませんが、育てやすく、とても装飾的で、そのモコモコした葉は悪意のある鹿を寄せ付けないでしょう 実際、「毛」はとても硬く、古い葉には少し刺さることさえあります。

栄養価が高く、癒し効果もあるにもかかわらず、人間にはあまり人気がないのは、このためかもしれませんね。

でも、ボリジは観葉植物としてとても優れています。ライトグリーンからシルバーブルーの幅広い葉を持つ、エレガントな草花のような外観です。

大きな塊になるので、自然な雰囲気のボーダーや花壇によく似合います。そして、長い茎に星形の花を咲かせ、その花はとても淡いブルーをしています。

耐寒性。USDA ゾーン 2 から 11 まで、非常に丈夫です。
日照時間: 日向から日陰まで。
サイズ:高さ1~4フィート(30~120cm)、広がり1~3フィート(30~90cm)。
土壌条件:水はけのよいローム、粘土、チョーク、砂をベースとした土壌で、pHはかなり酸性からかなりアルカリ性(4.5から8.5)まで。乾燥に強い。


8: ビーバーム(Monarda Spp.)

ビー・バームはリフレッシュハーブとして優れていますが、草花の観賞用としても鹿に悩まされることはありません。主に、ボーダーや花壇、コテージガーデンの花壇の美として有名です。

実際、さまざまな色の花を咲かせる品種がたくさんあり、ピンク・紫・紫のすべての色に加え、印象的な赤い品種もあります。

しかし、この香りの植物の葉はまた、抗菌と癒しであるお茶のために非常に一般的です。実際、消化不良や吐き気に対してさえも優れているのです。
ビーバームは、近くに住む鹿や小鹿など、ある種の動物を遠ざけますが、他の動物を引き寄せてしまいます。

丈夫。USDAゾーン4から8。
日照時間: 日向と半日陰。
サイズ:1〜2フィートの高さとスプレッド(30〜60センチメートル)。
土壌要件:弱アルカリ性から弱酸性へのpHとよく排水ローム、粘土、チョークまたは砂ベースの土壌。重粘土に強い。


9: ヤロウ (Achillea Millefolium)

ヤロウもシカに嫌われる植物で、ハーブでありながら庭木でもあります。ヤロウが嫌われる理由は、実はちょっと変わっています。

強い香りがあるわけでもなく、葉がフサフサしているわけでもない。しかし、その葉はシダの葉のようで、不思議なことに、食にうるさい私たちは全く好まないのです。

ヤロウは野性味あふれる草木で、大量の花を咲かせ、薬効もあります。ヤロウは、発熱、下痢、歯痛など、さまざまな病気に効きますが、花壇や縁側に植えられる華やかな品種もたくさんあります。

黄色から濃い赤まで暖色系の品種があり、自然なデザインにとてもよく似合います。

耐寒性。米国農務省(USDA)ゾーン3から9
日照時間: 暑い国では日向か明るい日陰で。
サイズ:高さ1~3フィート(30~90cm)、広がりは1~2フィート(30~60cm)。
土壌条件:水はけのよいローム、チョーク、砂をベースとした土壌で、pHは弱アルカリ性から弱酸性まで。乾燥に強い。


10:キャットニップ(ネペンタ・カタリア)

猫はキャットニップが好きだけど、鹿は嫌い!?独特の香りと風味を持つこの多年草は、美しい緑の葉で大きな塊を形成し、中央に紫の点のある、小さいけれども美しい白い花を咲かせます。その香りはミントを連想させます。

ハーブとして、料理にオリジナルなニュアンスを加えることができますが、紅茶にも使えます。装飾植物として、グランドカバーとして、あるいは縁取りや花壇を埋めるために、薄緑の三角形の厚い葉を持つこの植物はとても金色に輝いています。実は、成長もとても早いのです。

キャットニップは、動物と不思議な関係を持っています。猫はキャットニップに夢中になり、鹿は鼻を高くすると書きました。でも、蚊やゴキブリなど、他の小さな生き物を庭から遠ざける効果もあるんですよ。

耐寒性。米国農務省(USDA)ゾーン3~7
日照時間: 日向または半日陰。
サイズ:高さ2〜3フィートとスプレッド(60〜90センチメートル)である。
土壌条件:水はけのよいローム、チョーク、砂をベースとした土壌で、pHは弱アルカリ性から弱酸性まで。乾燥にも強い。
シカの嫌いなハーブ - でも、あなたは好きでしょう!
シカの嫌いなハーブ、でもあなたは好き?
ミント、チャイブ、ラベンダー、ローズマリーなど、鹿が嫌がるハーブを紹介します。もし、これらの動物に困っているのなら、すぐに植え始めるとよいでしょう。植えれば植えるほど、角の生えた客人から遠ざかることができます。

たくさん植えて、スペースが足りなくなったら切り戻しましょう。

どの植物もとても丈夫で生命力が強いです。日当たりのよい暑い場所に適したものもあれば、爽やかな場所に適したものもあります。また、装飾的でありながら、鹿のいない庭に適した植物もたくさんあります。


参考サイト:85+ DEER RESISTANT PLANTS FOR YOUR GARDENThe 10 Best Deer-Resistant Herbs For Deterring Deer From Your Garden By Adriano Bulla


ハーブ畑


ナナイのレビュー

86種類のお野菜とハーブからすべてを記載するのは無理がありましたので、表紙のハーブのお花は今後の鹿対策の参考にされてください。






鹿・イノシシ・ハクビシン対策関連記事




アンチエイジング効果が期待できる食品1



最新の人気記事




ハーバード式 大人の健康科学と栄養学

ハーバード式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法




アンチエイジングな食事療法かも❓





イケメン過ぎて声のかけられない店員さん登場人物4月

たまに、イケメンすぎて声がかけられない店員さん主人公とヒーロー君達の漫画も連載しています。
よかったら是非遊びに来てください。フィクションなので盛ったのはどうかおおめにみてください。



アンチエイジングダイエット食材


◆トレンド感溢れる人気記事一覧◆2022年版

ナナイの漫画アルバム作りました
きちんと連載を始めたのは3月上旬からですので、上記2冊のアルバムで5月までのお話はざっくり読めます。
記事を読むのがめんどい時は、上記2個のアドレスを是非お気に入りに登録くださいませ。
更新したらまた追加になります。


イケメン過ぎて声のかけられない店員さん 過去の登場人物

漫画新キャラ3月より


pinktoilet2.jpg

関連記事