ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

イギリスの母の日とは? 今年の母の日には英国風のアイデアをお使いになってみては?

2022/04/17
トレンドなニュース
イギリスの母の日 母の日 プレゼント マザーリングサンデー シムネイルケーキ
イギリスの母の日は日本とは違うの?

母の日は、イギリスとアイルランドではMothering Sundayと呼ばれ、親切な行為や母の日のギフトや花を贈ることで、世界中の素晴らしい母親たちに愛と感謝とお礼を示す日です。母の日マザーズ・サンデーは、同じ意味でありながら、その起源はまったく異なります。私たちは皆、この日をお祝いしますが、その起源を実際に知っている人はほとんどいません。Mothering SundayMother's Dayの本来の意味はやや失われていますが、お母さんに感謝する日であることに変わりはありません。

母の日の歴史は古く、古代ギリシャでは毎年春になると、神々と女神の母であるレアを崇拝するお祭りが行われていました。ローマでは、紀元前250年頃から毎年3月に母なる女神Cybeleを祝っていました。

16世紀以降、イギリスとアイルランドでは、四旬節の第4日曜日をMothering Sundayとして祝うようになりました。その他の地域では、日付は様々です。アメリカに倣って5月の第2日曜日に母の日を祝う国もあれば、3月8日の国際婦人デーに祝う国もあります。


2022年母の日3

母の日は、住んでいる場所によって異なる日付になります

そして今年の日付のいくつかは次のとおりです。

英国とアイルランドは2022年3月27日日曜日
です。米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドは2022年5月8日日曜日です。
フランスは2022年5月29日日曜日です。
スペインは2022年5月1日日曜日です。


2022年母の日5

マザリングサンデーの歴史


多くの伝統やお祭りがそうであるように、母の日は宗教的な目的から始まりました。四旬節の第4日曜日、イースター・サンデーのちょうど3週間前に行われるこの日は、もともと聖母マリア(母マリアとしても知られている)を敬い、感謝する日であった。そのため、人々は自分の住んでいる地域の教会や聖堂など、「母なる教会」を訪れる必要がありました。16世紀にキリスト教がヨーロッパ全土に広まると、その祝賀行事はさらに盛んになり、Mothering Sundayはカレンダーにしっかりと刻まれるようになりました。この日、人々は自分の家の「母なる」教会に帰ることが、本当の意味で家族の名誉につながると信じられた。また、家庭内奉公人や見習いとして働いていた子供たち(早ければ10歳から)にも、家族と一緒に母に会いに行く休みの日を与えることができたのです。


2022年母の日


母の日の由来

イギリスとアイルランドでは、1年を通じて人々は最寄りのチャペルである「娘教会」を定期的に訪れ、敬虔な祈りを捧げました。一方、「母の日」には洗礼を受けると同時に、感謝の気持ちを込めて「母教会」を訪れるのです。このような祝祭は、ローマ時代の母なる女神の儀式に似ており、おそらくそれを取り入れたのでしょう。この宗教的な日は、母なるマリアに感謝することから、「母なる」教会を祝うことへと範囲を広げ、ついにはすべての母親に感謝する機会として開かれ、Mothering Sundayが誕生したのです。

16世紀以来、何世紀にもわたって根強い人気を誇っていたこの日ですが、1935年になるとその人気は下降し始め、第二次世界大戦まではヨーロッパで祝われることが少なくなっていきましたた。アメリカ人とカナダ人は、戦時中に母の日を祝いました。これは、戦争で離れている間に母親に感謝の気持ちを伝える必要性を感じたからです。イギリスや他のヨーロッパの人々も、戦友たちに倣って母親に感謝の気持ちを捧げ、それ以来、母の日はイギリスのカレンダーで最も重要な行事となっています。


2022年母の日6


母の日の由来


アメリカでは、5月の第2日曜日に母の日を祝います。1908年、ウェストバージニア州グラフトン出身のアンナ・ジャービスという女性が、亡き母を偲んで作った祝日である。ジャービスは自分の母親が亡くなった後、すべての母親を祝う祝日を作るよう働きかけ、多くの努力と決意、そしてプロモーションを経て、1914年にウッドロウ・ウィルソン大統領がようやくアメリカの公式祝日としたのです。




しかし、この祝日が定着するにつれ、ますます商業化され、ジャービスはこれを「ホールマークホリデー」と名付け、不評を買った。ジャービスは母の日に反対し、母の日がどのようなものになったかを後悔し、1948年に亡くなりました。しかし、アメリカでは、母の日は今でも人気の祝日で、花やカードの売り上げが最も大きい日の一つです。


2022年母の日7

母の日ギフトの贈り方

マザーリングサンデーの歴史

他の祝日と同様、母の日にはプレゼントやカードを贈って、母親がどれだけ大切にされているか、感謝されているかを示すことが大切です。伝統的な母の日のプレゼントは、花とシムネルケーキでした。花は、労働者が仕事帰りに母親と一日過ごすために、田舎の小道から野生の花を摘んできたものだそうだ。香水や洋服、宝石などの現代的な贈り物と同様に、色とりどりの見事な花束でお母さんを喜ばせるのは、今日でも伝統的なことです。

母の日の食べ物

クリスマス・ディナー、イースター・エッグ、バレンタイン・ディナー、母の日のロースト・ディナーなど、祝祭日には必ず食べ物が登場する。私たちは食べ物が大好きで、それがもたらす伝統も大好きです。

母の日は、かつて「リフレッシュ・サンデー」とも呼ばれ、四旬節の半ばの日曜日で、断食が「緩和」され、家族でおいしい食事を楽しむことができる日だったそうです。四旬節のハードな労働から解放され、一時的に特別な豊かさを味わう機会だったのです。伝統的には、教会の後、家族で子羊か子牛のロースト料理を食べ、母親はそのごちそうの女王とされた。現代と同じように、Mothering Sundayはお母さんを甘やかし、幸せと感謝を感じてもらうためのものだったのです。


2022年母の日8

また、かつては「シムネル・サンデー」と呼ばれ、焼きたてのおいしいシムネルケーキを持って家族が集まりました。シムネルケーキは、2層のフルーティーなケーキを水で煮てから焼き、アーモンドペーストを上と下に塗ったものである。伝統的には、ユダを除く11人の弟子を表す11個のマジパンで飾られ、スミレの花もよく飾られたそうです。四旬節の半ばにこのようなご馳走が食べられるのは、とても楽しみなことでした。


2022年母の日4

伝統的には、母の日には母親のためにパンも焼いたと言われています。子供たちは早起きしてパンをオーブンに入れ、お母さんたちは焼きたてのパンのいい香りに包まれて目覚めるのです。現在では、母親は特別なディナーに連れ出されるか、家庭料理のサンデーローストディナーを家族全員で楽しみますが、母親が自分で料理することもあるかもしれませんね。

The History of Mothers Day





2022年母の日1


最新の人気記事

ハーバード式 大人の健康科学と栄養学

ハーバード式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法
アンチエイジングな食事療法かも❓



関連記事