ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

エモーショナルインテリジェンスを仕事で使う方法とは?徹底解説

2022/04/15
イケメン過ぎて声のかけられない店員さん
エモーショナルインテリジェンス 仕事 情熱 感情 やりがい 理解
エモーショナルインテリジェンスを職場で活用する

1990年代に心理学者によって作られた造語です。この言葉は、ビジネス、教育、大衆文化など、他の分野でも急速に広まりました。

エモーショナルインテリジェンスとは?

心理学者のピーター・サロベイジョン・D・メイヤーは、「エモーショナル・インテリジェンス」を「自分や他人の感情を認識し理解する能力」と定義しています。また、この能力は、意思決定、問題解決、他者とのコミュニケーションに、この感情的理解を用いることを含みます。

ピーター・サロベイとジョン・D・メイヤーによると、感情的知性には4つのレベルがあるとされています。
  • 感情を理解する
  • 感情を使った推論
  • 感情の理解
  • 感情の管理
かつて、感情と知能は対立するものとして捉えられることが多かったのです。しかし、ここ数十年、感情心理学を研究する研究者は、認知と情動への関心を高めている。


この分野では、認知プロセスと感情がどのように相互作用し、人々の思考方法に影響を与えるかを研究しています。幸福感、怒り、恐れ、悲しみなどの感情や気分が、人の行動や意思決定にどのように影響するかを考えてみましょう。

エモーショナルインテリジェンス


あなたはどの程度情緒的知性がありますか?

なぜEQ(エモーショナルインテルジェンス)が成功に重要なのか

1995年に出版されたダニエル・ゴールマンの著書『Emotional Intelligence』によって、感情心理学と感情知能の概念への関心が高まりました。なぜIQよりも重要なのか "です。この本の中でゴールマンは、感情的知性が人生における成功を予測するために重要であると主張しました。また、感情のコンピテンシーは、職場において特に重要な役割を果たすと主張しました。


このコンセプトは、人事担当者やビジネスリーダーをはじめ、たちまち世間の注目を集めることになりました。研究者たちは、感情的知性は従業員が同僚といかにうまく交流するかに影響を与えることを示唆し、EQはまた、従業員がストレスや対立にいかに対処するかに役割を果たすと考えられています。また、仕事上の総合的なパフォーマンスにも影響します。他の研究では、感情的な知能と仕事の満足度を関連付けています。


EQ(エモーショナルインテリジェンス)のスコアが高い社員は、対人関係機能、リーダーシップ能力、ストレス管理に関する指標でも高い評価を受ける傾向があることが、研究により示されています。

ゴールマンは、伝統的な知能はリーダーシップの成功に関連するが、それだけでは十分でないことを示唆した。仕事で成功する人は、単に頭が良いだけでなく、EQが高いのです。

しかし、感情的知性は、CEOや上級管理職だけのものではありません。インターンシップを希望する大学生から、リーダーとしての役割を果たそうとするベテラン社員まで、キャリアのどのレベルにおいても重要な資質なのです。職場で成功し、出世したいのであれば、感情的知性はあなたの成功に欠かせないものなのです。


エモーショナルインテリジェントな人々の習慣

なぜEQは職場で重要なの?
なぜ、感情的知性が職場のスキルとして評価されるのでしょうか。採用担当者を対象にしたある調査によると、回答者の約75%が「IQよりもEQを重視する」と回答しています。


エモーショナルインテリジェンスは、コミュニケーション、マネジメント、問題解決、職場の人間関係の改善に役立つ貴重なスキルとして広く認識されています。また、トレーニングや練習によって向上させることができるスキルであると研究者は考えています。


北斗と謙信のEQなかいわ

EQの高い人
  • より良い決断と問題解決をする
  • プレッシャーの中で冷静でいられる
  • 対立を解決する
  • 共感性が高い
  • 建設的な批判に耳を傾け、反省し、対応する

EQが低い人
  • 被害者面をする、またはミスの責任を取らない
  • 受動的または攻撃的なコミュニケーションスタイル
  • チームワークを拒否する
  • 他人を過度に批判したり、他人の意見を否定したりする。

エモーショナルインテリジェンスを高める方法

感情的なスキルが自然に身につく人もいますが、感情を理解し推論する能力を高めるために、誰でもできることがあります。これは、人間関係やビジネス上の意思決定が、対人理解、チームワーク、コミュニケーションに依存することが多い職場において、特に有用です。

感情知能の発達には、生い立ちや性格などの要因が大きく影響する傾向がありますが、努力と練習によって向上させることができるスキルなのです。



2011年に行われたある研究では、主要な感情的コンピテンシーに関するトレーニングを受けた参加者は、感情的知性の持続的な向上を示したことが明らかになりました。また、心身の健康状態が改善し、社会的関係が良好になり、コルチゾール(ストレスホルモン)レベルが低下したことも確認されています1。

感情的知性のスキルを向上させて職場のパフォーマンスに役立てたいと考えている方は、感情的知性の5つのカテゴリーのスキルを向上させるための手段を講じることをお勧めします。自己認識、自己調整、社会的スキル、共感、モチベーションです。

北斗と謙信のEQなかいわ1


自己認識力を高める
  • 感情知能のスキルを職場で活用するための第一歩は、自分自身の感情を認識する練習をすることです。自己認識とは、自分の感情や感覚など、自分自身のさまざまな側面に気づくことです。これは、感情的知性の基礎となる要素の1つです。自分の感情を認識し、その原因を理解するためには、まず自己認識をする必要があります。
  • 自分がどのように感じているかに注意を向けてください。その感情は、あなたの反応にどのような影響を及ぼしていますか?自分が感じていることは、自分の意思決定や他人との関わり方に影響を及ぼしているのでしょうか。これらの質問について考えるとき、あなたは自分自身の感情と、それが日常生活で果たす役割について、より深く意識するようになるかもしれません。
  • 感情の長所と短所を把握する。あなたは他人とどの程度コミュニケーションをとることができますか?焦りや怒り、腹立たしさを感じることがよくありますか?これらの感情と上手に付き合うには、どのような方法がありますか?弱点を認識することで、その弱点に対処する方法を探すことができます。
  • 感情は一瞬のものであることを忘れないでください。同僚にイライラさせられたり、上司からイライラするような仕事を任されたりすることがあるかもしれません。反応する前に、これらのことは一時的なものであることを思い出してください。激しい感情に基づいて軽率な決定を下すと、長期的な目標や成功に悪影響を及ぼす可能性があります。

自己認識の方法とその重要性

セルフレギュレーションを実践する

ゴールマンは、感情的知性の重要な部分として自己規制を挙げています。自分の感情に気づくことは重要な第一歩ですが、自分の感情を管理する能力も必要です。

自己調整能力が高い人は、状況の変化にうまく適応することができます。物事を溜め込まず、衝動的に反応するのではなく、自分の感情を表現する適切な方法を待ちます。


職場で自己調整能力を高めるために
  • 職場のストレスを発散するテクニックを見つける。仕事以外の趣味を持つことは、その第一歩です。また、体を動かすこともストレス発散の健康的な方法です。
  • 冷静になること。すべてをコントロールすることはできないという事実を受け入れましょう。火に油を注ぐことのないような、有益な対応策を探しましょう。
  • 決断する前に考える。その場の勢いで感情に流されてしまうことがあります。あらゆる可能性を考慮する時間を持てば、より冷静で合理的な選択ができるようになります。

社会的スキルの向上

感情心理学の研究によると、EQ(エモーショナルインテリジェンス)の高い人は社会的な能力も高いことが示唆されています。他人の感情を察知する能力に長けているため、その場に応じた適切な対応ができるのです。また、ソーシャルスキルは、より良いコミュニケーションやよりポジティブな企業文化につながるため、職場でも高く評価されています。
  • 社会的スキルに優れた社員やリーダーは、同僚と信頼関係を築き、自分の考えを効果的に伝えることができます。社交性の高い人は、優れたチームプレーヤーであるだけでなく、必要に応じてリーダーシップを発揮することもできるのです。ソーシャルスキルを高めるために他人の話に耳を傾ける。これは、ただ受動的に人の話を聞くということではありません。アクティブリスニングには、注意を払い、質問をし、フィードバックをすることが含まれます。あなたがマネージャーであれ、チームメンバーであれ、アクティブリスニングは、あなたが仕事上のプロジェクトに情熱を持ち、グループの目標達成のために他の人と協力する意思があることを示すことができます。
  • 非言語コミュニケーションに注意を払う。人がボディランゲージを通して送るシグナルは、その人が本当に考えていることについて多くを伝えることができます。
  • 説得力を磨く。職場で影響力を発揮し、チームメンバーや上司に自分のアイデアを聞いてもらうことができれば、キャリアアップに大きく貢献します。
  • オフィスドラマを避ける。職場を支配することもある些細な社内政治には極力関わらないようにしますが、衝突は必ずしも避けられるものではないことを自覚してください。他人の話に耳を傾け、問題を解決し、緊張を和らげる方法を探しましょう。
  • より共感的になる
  • 情緒的知性のある人は、相手の立場に立って、その気持ちを理解することが得意です。共感とは、単に相手の気持ちを察することではありません。相手の気持ちを理解するだけでなく、その気持ちにどう応えるかも重要です。
  • 職場では、同僚や上司との間のさまざまな力学を理解することができます。また、誰が権力を握っているのか、それがそのような関係から生じる行動、感情、相互作用にどのような影響を及ぼしているのかを認識することができるようになります。
  • 相手の立場に立って物事を見る。特に相手が悪いと感じる場合は、時に困難な場合があります。しかし、意見の相違を積み重ねて大きな対立に発展させるのではなく、相手の視点から状況を見ることに時間を費やしましょう。そうすることで、対立する2つの視点の間に中間点を見出すための素晴らしい第一歩となるのです。
  • 他者への対応に注意を払う。相手に自分の考えを伝える機会を与えていますか?たとえ反対意見であっても、相手の意見を認めていますか?相手の努力に価値があることを伝えることで、誰もが歩み寄ろうとする気持ちになることが多いのです。

ナナイとフォートナムメイソン

なぜ共感が大切なのか

やる気を出す

感情的知性のもう一つの重要な要素は、内発的動機づけです。EQが高い人は、自分のために目標を達成しようとする意欲が高い傾向にあります。外的な報酬を求めるよりも、自分がやりがいを感じ、情熱を注げるからこそ、物事を成し遂げたいと思うのです。

お金や地位、賞賛も素晴らしいですが、職場で大きな成功を収めている人たちは、たいていそれ以上のものに突き動かされています。彼らは自分の仕事に情熱を持っているのです。仕事に対するこだわりを持ち、新しいことにチャレンジするのが好きで、その熱意は伝染しやすいようです。障害に直面してもあきらめず、目標達成のために粘り強く努力するよう、周囲を鼓舞することができるのです。

自分の好きな仕事に集中する。大きなプロジェクトを完成させたときの達成感や、顧客の目標達成をサポートすることなど、自分の仕事の好きな面に目を向けてみてください。大きなプロジェクトを完成させたときの達成感や、顧客が自分の目標に向かって前進するのを助けることなど、自分の仕事の楽しいと思う面に焦点を合わせてみてください。

前向きな姿勢を心がける。職場では、楽観的な人が周囲に刺激を与え、やる気を起こさせる傾向があることに注目してください。このような態度をとることで、仕事に対してより前向きな気持ちになることができます。

ナナイと慶次のかいわ


ナナイと慶次のかいわ1



Utilizing Emotional Intelligence in the Workplace

英国の迷路なにわ

最新の人気記事

ハーバード式 大人の健康科学と栄養学

ハーバード式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法
アンチエイジングな食事療法かも❓


関連記事