ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

このマジックアイの絵には、何が隠されているのでしょうか?

2022/04/07
ステレオグラム マジックアイ
目の錯覚 マジックアイ マジック・アイ 2500万部

このマジックアイの絵には、何が隠されているのでしょうか?答えはページの一番下にあります




狼の隠れた3D


マジックアイの商標で知られるオートステレオグラムというジャンルが、あるミュージックビデオで復活した。1990年代に流行したこの目の錯覚が、今また復活する可能性はあるのだろうか?

コンピュータで作成されたネクタイ型の模様に目を凝らすと、ユニコーンか、あるいは鷲のようなものがページからこちらに向かって飛び出してくるというご褒美があります。らしい。私は青春時代に何時間も無駄な探索をしたが、一度もうまくいかなかった。

カナダのインディーロックバンドYoung Rivalのミュージックビデオは、2Dの画像から3D効果を作り出すオートステレオグラムを復活させた。しかし、このアニメーションは、1990年代に最もサイケデリックな流行を巻き起こしたマジックアイ社の推奨するものではない。マジック・アイの本は、3巻で2500万部を売り上げ、合わせて73週間もニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストに載るという出版現象が起きた。パール・ジャムの「ジェレミー」や4ノンブロンドの「ホワッツ・アップ」に合わせて、チェックのシャツを着たティーンエイジャーの寝室の壁から、数え切れないほどのマジック・アイのポスターが躍り出た。しかし、マジックアイに悩まされたのは私だけではなかったはずだ。「Seinfeld』や『Mallrats』、『Friends』などのコメディーでは、目の焦点を正しく外せない少数派のフラストレーションを掘り起こしていた

最古のオートステレオグラムは、19世紀の科学者チャールズ・ウィートストンとデビッド・ブリュースターによって開発されました。しかし、マサチューセッツ州在住のエンジニア、トム・バチェイとアーティストのシェリ・スミスが、大人気の一連の本を世に送り出すことを決めたのは、1991年になってからでした。デイリー・メール』紙では、毎週マジック・アイ・クイズがイギリスの中流家庭の居間に届けられていた。

ウルフ画像出典:Www.magiceye.com
画像のキャプション
もちろん狼です。

The Booksellerの編集者であるフィリップ・ジョーンズは、目新しさが失われるにつれて、この熱狂はいくぶん下火になっていったと言う。「出版社は印刷された本の価値を高めることに熱心だし、こういうものは印刷されたページで見るほうがより効果的だ」とジョーンズは言う。マジックアイ社は、世界中の新聞社に画像を配信しており、現在も「繁栄」しているという。もしかしたら、あのユニコーンが、私のような者にも、ついに姿を現すかもしれない。

The allure of searching for hidden 3D images Magazine Monitor A collection of cultural artefacts Published 4 February 2014

オートステレオグラムの関連記事

Magic Eye 25th Anniversary Book

新品価格
¥2,339から
(2022/4/9 08:44時点)






ハーバード式健康法人気記事


バレンタインのハートのケーキ1







オレンジ、ザクロ、シナモン、パイのトレイにクリスマスカクテルのパノラマ写真











お茶8種


蜂蜜フルーツ
ラベンダーと柑橘とお花の贅沢ミルク風呂










関連記事