ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

ビックデーターアキテクトとシニアデーターサイエンティストになるには

2022/04/06
イケメン過ぎる役員になるには/MBA講座
高給とり ビックデーターアキテクト シニアデーターサイエンティスト セレブ
米国での高収入な職



米国での新高収入職種について ビックデーターアキテクトとシニアデーターサイエンティストになるには?


1位 ビックデーターアーキテクト
米国での平均年収2000万円 最高2600万円など(日本でも外資ならあります)

業務内容

クライアントのデジタル戦略立案、DXコンサルティング、ITロードマップ策定、アーキテクチャ設計、DXコンサルティングに基づくソリューション設計を担当。
社内外のメンバーと連携し、プロジェクトを成功に導く。
上記プロジェクトの実行を担当し、実行の妥当性、リスク、品質をチェック。

経験必須なこと どれかひとつ

(1)デジタル戦略コンサルティング、ITロードマップ策定、ITアーキテクチャ構築の経験
(2)システム上流工程から設計・開発・導入までのプロジェクトリーダー(システム開発PMOを含む)
(3)またはシステム要件定義から開発までのITスペシャリストとしての経験
(4)顧客(ビジネス、IT問わず)の利益のために適切なコミュニケーション(文書化、プレゼンテーション)を行った経験。


ビックデーターアキテクト3
 
2位 シニアデーターサイエンティスト 
米国での平均年収1300万

仕事内容

小売、メーカー、製造、金融、エンターテイメント、マスメディアなど幅広い業界におけるデータ分析、コンサルティング。
- 大規模データの解析(データマイニング、機械学習)
- 数理モデリング業務(予測、最適化、統計モデル設計など)

クライアントの課題を解決するための分析設計に始まり、分析実施、結果報告までの一連のプロセスを担当する

ネットワークの普及により企業に大量のデータが蓄積された今、それを効率的に分析し、効果的なアクションプランを作成する能力が、さまざまな企業から求められています

- 統計解析、最適化・時系列予測等の数理モデリング、機械学習等の理論面の理解・分析に基づく問題解決・意思決定支援業務経験。
- 中小規模のプロジェクト/組織の指導・管理、顧客折衝の経験


ビックデーターアキテクト2

経験必須なこと どれか1個でもOK
(1)データ分析に基づくプロジェクト型業務の経験
 (問題整理から発見、解決策の考案、実行、プロジェクト内の折衝、報告、アクションへの落とし込みまで)。
(2) 事業会社やクライアント企業でのマーケティング経験
(3) データ分析に関連する分野の学位、MBA、またはポスドク経験者
(4) 複数言語でのプログラミング経験
(5) BtoBクライアントワークの経験
(6)他企業からのヘッドハンティング

- 様々な業種のクライアント企業に密着し、分析を通じてビジネス課題を解決
- 優秀なデータサイエンティストと協働し、問題解決を通じて顧客に新しい価値基準を提供する分析業務を行う
- プロフェッショナリズムを尊重し、自己研鑽、学習、創造を促す文化や組織環境の維持に貢献


ビックデーターアキテクト1

今や売りて市場の有能なエンジニアという職業そちらについての説明をします

ヘッドハンティングの斡旋料というのは、年収の半分に相当します。年収2000万のポジションならば斡旋会社には1000万円ほど支払われるのです。日本では、2003年~20010年位までの間は、例え就職できた本人が無職状態であったとしても手数料の一部ですら支払われることはありませんでした。そういったことを踏まえて理不尽な職業として一部の間では以前は批判の対象になっていましたが、この御時勢では、ご祝儀なども会社から支払われるようになりました。私としては、半々の契約が望ましいと思います。

一般的に、こちらのふたつの業種は、日本のIT関連の老舗会社などの勤務経験や語学力などを含めて、過去の経歴を考慮してもらって、転職というのが一般的です。またエンジニアなどの技術も日々進化しているので、実際にこれらの相当職についていらっしゃる方は、独学が基本です。米国の例でいえば、大学時代からヒューレッド・パッカード社やMicrosoft社でバイトをしていたなどの経歴もありますね。そこで培った技術は無論社外には持ち出せない。マイクロソフト社の技術は当地の名門大学ワシントン大学のエンジニアリングの学生がt学術知識を集めたものでもあります。


ビックデーターアキテクト

大学時代のバイトで学んだことの方が多かったと友人達は話しています。
ワシントン大学のエンジニアの学生のバイト先例:ボーイング社、マイクロソフト、アマゾン、ヒューレットパッカード社
これがカリフォルニア州になりますと:Google、とかYahooとかAdobeなど追加されるかもしれません。
ただし、ある程度優秀な大学の学生ではないとお声もかからないので注意です。今では、スタンフォード大学ですら、サテライトコースがあるので、直接大学に通学しなくてもある程度はオンラインで自由に学習はできますが、バイトやインターンシップは教授の推薦が必須なところもありますので、ある程度は考えた方がいいでしょう。

上のグラフで説明みるとわかるように、高収入な職業につきたければ、10代の頃からパソコンでプログラミングやWEBデザインの方法を自分なりに屈指して学習するような法則になっています。また、そういった道に進みたければ、そのような友人とのつながりも自然と増えます。

いつもさりげなくきかれるのですが、そういった職に就いている方日本人でいるんですか?

います!女性でも男性でもいます。わたしよりも1周り以上お若い方もいます。
みなさん、10代~30代まで基本独学だったようなので、要は実力主義になっています。
特に語学力は、通信教育や海外に留学などして学んでいますね。

目標があれば途中で挫折しない限りはなることはできます。
毎日の積み重ねは大事だと思います。




紅茶で髪の色を染める 関連記事 
いくつになっても美しく髪を維持するに関する特集









ハーバード式 大人の健康科学と栄養学

ハーバード式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法
アンチエイジングな食事療法かも❓





オートステレオグラムの関連記事




関連記事