ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

タブレット vs. ノートPC オンライン学習に最適なのはどっち?スマイルゼミのみんトレはどう?

2022/04/06
スマイルゼミ/スタサプ/TOEIC/翻訳者
みんトレ スマイルゼミ タブレット ノートPC パソコン きせかえ
今注目の通信教材スマイルゼミみんトレに注目が集まっています。いったいタブレット端末とノートPCはどちらがいいの?こんな疑問にこたえるべく徹底解説します。


2022年4月11日からはじまったみんトレについてのご紹介



下はスマイルゼミのみんトレの対戦模様です。小学生の参加するおこさまは、自分のアバターをお母さまやお父様やご家族とじっくり話し合ってきめたりするといいでしょう。今日か海賊の服装、明日は殿様などいろいろ着せ替えできます。お洋服を購入するのはお金ではなく、自分の成績でがんばったポイントです。ファッションのデザインは、定期的にかわるかも?スタッフさんからの発信も楽しみですよね。お金では買えない期間限定のものも今後出てくるかもしれません。

対戦する相手は4人です。制限時間は、学年にもよりますが180秒であったり、質問数が48だったりと毎日違います。
対戦する時間は、保護者の方と一緒に決めるようになっています。また、真夜中には対戦できません。
また毎月表彰するコーナーもあります。お子様のモーチベーションアップにもつながります。
表彰されると何がご褒美になるのかも楽しみですよね。👑

またみんトレが始まるまえは仲良しのお友達とは一切交流できません。匿名性のあるシステムなのでどなたが友達かも
確認できないかもしれません。まだ始まったばかりですので、詳細がわかりましたら随時記事にさぜていただきます。

画像はクリックで拡大できます。

スマイルゼミみんトレ自分設定



スマイルゼミみんトレ正解数バトル1



スマイルゼミみんトレ正解数バトル2



スマイルゼミみんトレ正解数バトル3



スマイルゼミみんトレ自分が表彰

無料体験期間は2週間なのでその間にたくさん楽しんでみてください。
万一続けられないときは全額返金させていただけるそうです 😃
安心ですね 💛


タブレット vs. ノートPC オンライン学習に最適なのはどっち?


新年度に向けて、私たちはおそらく予想もしていなかった質問に答えなければならなくなりました。具体的には、オンラインスクールでは、子どもはタブレットとノートパソコンのどちらを使うべきかということです。その答えは、いくつかの要因によりますが、年齢が最も重要かもしれません。ここでは、お子さまにタブレット端末を購入する前に考慮すべき、両デバイスの長所と短所について説明します。

オンライン・スクールに移行した経験は、それがもたらす学習曲線によって定義されました。この大きな移行は、生徒、教師、そして保護者にとっても、かなり突然で、目まぐるしいものでした。オンラインの生徒にとっては、タブレットとラップトップの違いにすぐに気がつきました。新学期への移行は、昨年度の試練から得た教訓を今年度に生かす機会でもあります。お子さんの新学期を迎える準備として、用品を購入することで、新たな疑問が生じるかもしれません。


下の画像はスマイルゼミで4月からはじまった先取り学習シリーズさかのぼり学習!

コアトレの模様です。ひとりひとりのお子様によって、カリキュラムやミッションは違います。
ここが塾との大きな違い。お子様の能力に合わせて進度も推薦するような感じになっています。
小学生でも場合によっては中学3年生までの内容を習得できるシステムです。

算数だけでは物足りなくなったお子様を中学3年程度の数学まで習得させたり数学オリンピックにいつかは挑戦させたりと目標があるのでしたらとっても有意義な教育環境になると思います。

コアトレについて


間違えた問題

sumairu1.jpg




タブレット端末とラップトップ、どちらが勝つ?
生徒が遠隔で学習する場合、一日中どちらかのデバイスを使うことが分かっているので、お子さんに最適なデバイスを決定することが不可欠です。その判断は、お子さんの授業への参加や交流の仕方に、ある程度影響を与えることになります。タブレット端末にもノートパソコンと同じように長所と短所があるので、お子さんに関連する長所と短所を比較検討することが重要です。

タブレット端末

タブレット端末は、近年ますます人気が高まっています。現在最も人気のあるモデルは、AppleのiPadとSamsungのGalaxy Tabletで、どちらも通常32GBのストレージを提供しています。一般的に、タブレットとラップトップは、より若い学生に向いています。多くの場合、タブレット端末のフォーマットや使い方は、学生がすでに慣れ親しんでいる電話やデバイスに似ています。さらに、タブレット端末とノートパソコンは通常、より使いやすいディスプレイを備えています。各アプリケーションはそれぞれのセル内にあり、デバイスの操作はより直感的に感じられます。それに、若い学生はキーボードの使い方に問題があることが多いので、タブレットを選んでも大きな損失にはなりません。ただし、中学生に差し掛かると、いくつかの重要な考慮事項があります。

長所

非常に携帯性に優れている
タブレットやノートパソコンは、その超ポータブル性で知られています。軽量で洗練された形状のため、持ち運びが簡単で、立ったまま使用することができます。さらに、狭い場所や共有スペースで一時的に作業する際、キーボードがないため、圧倒的にスペースを節約することができます。

長時間のバッテリー駆動
ハードウェアの部品点数が少ないため、タブレット端末のバッテリーはノートパソコンよりもはるかに長持ちするのが一般的です。

描画・注釈が容易
授業中、多くの学生が画面に書き込むことを要求されることがあります。ノートパソコンを使っている学生にとって、これは少し注意が必要かもしれません。トラックパッドでは、なめらかな連続線やきれいな文字を描くことが難しいのです。タブレット端末を使用している生徒は、授業中にスタイラスを使用して、普通の紙に書くように書くことができます。タッチペンは交換の必要はありませんが、紛失しやすいものです。そのため、Libberwayのこの超お買い得な8本セットを購入することをお勧めします。

短所

タッチスクリーンキーボード
タッチスクリーンキーボードは外付けキーボードに劣る。タッチスクリーンキーボードは、たまに簡単にタイピングする分には問題ありませんが、キーをたくさん打つ学生は、ノートパソコンを選ぶか、タブレットに外付けキーボードを追加すべきです。小さな画面

タブレットの画面は平均10インチ程度。ノートパソコンの平均的な画面は3~5インチほど大きいです。


VLE機能がうまく動作しない場合がある
Zoomなどのバーチャルラーニングに使用されるアプリケーションは、OSによっては一部のタブレット端末で使用できない場合があります。ただし、ZoomはAmazon Fire HDタブレットで利用可能です。これらのタブレットはディスプレイやスピーカーの品質に優れており、ペアレンタルコントロールの心配をする必要もありません。いずれにせよ、オンライン授業で使用されるツールの多くは、主にデスクトップでの使用を前提に設定されています。そのため、一部の機能が使いにくい場合があります。


ノートパソコン

ノートパソコンは、かなり以前から教室の定番となっており、通常は高学年の生徒の間で使用されています。どこを見てもMacBookばかりですが、同じように人気があり、機能的な代替ラップトップがいろいろとあります。年長者、特に高校生にとって、ノートパソコンは価値ある投資です。年齢が上がるにつれて、彼らの技術的ニーズは急速に高度になっていきます。ラップトップは、高校生や大学生が必要とするかもしれないコンピューティングとストレージ機能に加えて、フルサイズのキーボードを提供しています。これは、より多くのタイピングを行う高学年の学生にとって不可欠なものです。

長所

大きな画面
ノートパソコンの画面は、ほとんどが13~15インチの大画面を搭載しています。そのため、抜群の読みやすさを実現しています。

より多くの機能

ノートパソコンでは、一部のタッチスクリーン機能と写真撮影を除き、タブレット端末ができることはすべて行うことができます。しかし、DellやHPの一部のノートパソコンにはタッチスクリーンが搭載されており、「両者のいいとこ取り」を実現しています。ノートパソコンは、タブレットよりも多くの技術を駆使して設計されており、ユーザーはより多くの機能を利用することができます。

外付けキーボード
タッチスクリーンでないキーボードがもたらす有用性を、人々はとっくの昔に忘れてしまっています。外付けキーボードは触感がよく、すべてのキーが一カ所に表示されるため、使いやすい。さらに、ディスプレイにひび割れが生じても、キーボードは完全に機能します。

短所

バッテリー駆動時間の短縮
高い演算能力と重いハードウェアとのトレードオフとして、必然的にバッテリー駆動時間が短くなります。必ずしも致命的な問題ではありませんが、旅行がより複雑になる可能性があります。

重い
タブレット対ラップトップの議論が単に重さについてであった場合、ラップトップはケーキを取ります。この考慮は、大人にはあまりないことですが、若いユーザーには重要なことかもしれません。重いノートパソコンは、学生の持ち運びをさらに難しくします。また、誤って手を滑らせる可能性も高くなります。

学生はタブレットではなく、ノートパソコンを使うべきでしょうか?

選択肢を考えるとき、子どもの年齢を考慮することが最も重要である可能性があります。最年少の生徒にはタブレット端末が理想的ですが、教育課程が進んでいる生徒には、ノートパソコンがより理にかなっているかもしれません。しかし、小学校低学年から高校生の多くは、ノートパソコンとタブレットのどちらかを使うことができるでしょうから、それぞれの長所と短所を批判的に検討することにエネルギーを費やす価値があると思います。

タブレット端末を使った通信教育の関連記事




小学生コースの資料請求のみでもいただけます。先着順なのでお早めにどうぞ。
こちらも商品がなくなり次第終了です。
人気のポケモンカードの詳細は下をクリックして別なページへお飛びください。

スマイルゼミ
付録について





中学生コースの資料請求のみでもいただけます。先着順なのでお早めにどうぞ。
無くなり次第終了です。



スマイルゼミの特典画像

関連記事