ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

のばら村ものがたりの作家 生前のジル・バークレイムの個展でのインタービュー

2022/03/20
BramblyHedge・野ばら村・スノウマン・アリス・ポストマン
のばら村物語の作家 ジル・バークレイム ジル インタビュー
のばら村ものがたりの作家 生前のジル・バークレイムの個展でのインタービュー 

『のばら村のものがたり』邦題の絵本作家でおなじみのジル・バークレイムが亡くなって今年で5年経ちます。
ジルという愛称でよばせていただいきます。

こちらの作家ジルについては、日本語版Wikiでも出版社でも死因や、生前のことについては詳しく説明されていません。
ですので、私なりにリサーチして、サマライズしながら時折執筆しています。

また自分なりに資料のストックもさせていただいてます。
ジルの人生は幸せだったのだろうか?彼女のライフワークとしての『のばら村のものがたり』はどれほどの影響力があったのだろうか?こういった議題に答えていただける内容の一部にすぎませんが、是非ご覧ください。


のばら村のものがたりの挿絵 (2)

LEA FOUNTAINは、Brambly Hedgeの本が世界中で読まれているEppingの作家Jill Barklemに会いました。

ジル・バークレムの作品は世界中に知られているが、彼女自身は地元エピングではあまり知られていないようだ。

バークレム夫人は、美しい絵で描かれたネズミの物語『ブランブリー・ヘッジ』の作者である。

1980年に最初の本が出版されて以来、彼女の物語は15ヶ国語に翻訳され、売上は450万部を超えている。


ジル・バークレイムさんはこう語っています。「私は学生時代に絵を描くことに目覚めました。13歳のときに網膜剥離を患い、スポーツができなくなったので、体育館から美術室に通うようになったんです。絵はやればやるほどうまくなるので、たくさん描きました」。


バークレムさんは、エピング・フォレストが彼女の物語にインスピレーションを与えたというが、人生のほとんどをエッピングで過ごしてきたのだから、驚くにはあたらない。

ジルはセント・マーガレット病院で生まれ、赤ん坊のころは父親が経営していたパインズ・ストアの上に住んでいた。

その後、店の裏の庭にある家に引っ越した。ジルは、友人と一緒にバウアー・ヒルの裏の野原でトガリネズミやハタネズミを探し、多くの時間を過ごしたという。

ジルはロンドンで美術を学び、1977年に結婚して、チングフォードのフォレストサイドに引っ越した。

と彼女は言う。「1981年、私は娘を出産するために入院していたのですが、夫がエピングの家を見たと言って駆けつけてきたんです。でも、結局、セイドン・グローブにある野原を見渡せるこの家に引っ越したんです。

「チャーチヒルに引っ越してきたのは、1987年、ハリケーンの年だった。嵐の夜、まだ引っ越していなかった私は、屋根から瓦や物が落ちてくるのを想像していた。大丈夫だったけど、セイドン・グローブのところは煙突が吹っ飛んだんだ"。

現在、ウォルサム・アビーにあるエッピング・フォレスト地区博物館には、ジルのオリジナルの水彩画がいくつか展示されており、その多くは初公開となっている。

ジルは、この小さなネズミの作品に愛着を感じているそうです。

「彼らは私の家族のようなものです。博物館にいる私の赤ちゃんのようなものです。この子たちが元気かどうか、ずっと見ていたいと思っています。

彼女がネズミを描き、ネズミについて書き、さらには架空のネズミ社会について研究するためにどれだけの時間を費やしたかを考えれば、それは驚くべきことではありません。

"私はすべてを正しく理解することが好きなのです。「研究するのが好きで、田舎暮らしの本をたくさん買ってから始めました。ブラックベリーからインクを作ったり、羽からペンを作ったり、自分の絵を見ていると、いろいろなことが見えてきて、満足感があります。

「でも、絵はなかなかうまくいかないんです。」

「いつも頭の中に絵があるのですが、なかなかその通りにならないんです。1枚の絵を仕上げるのに3週間も4週間もかかるんです。しかも、1枚の絵に1回は絵筆を落としてしまうんですよ。でも、戻ってきたときに "悪くないな "と思うんです」。

では、ジルの家族はジルの作品をどう見ているのだろうか。

「家族は私がやっていることにあまり気がつかないんです。息子のピーターは小さい頃、ウィルフレッドが自分をモデルにしているのかどうか、不思議がっていました。でも、私は「私があなたを作る前にウィルフレッドを作ったから、あなたはウィルフレッドをモデルにしているに違いない」と言いました。時々、読み聞かせをしてくれたりしますが、たいていの場合、私に任せてくれます」。

今のところ、ジル・バークレムさんは、次の企画として、小さい子供向けの物語を考えている。

「何か始めようと思っていて、いくつかアイデアもあるんです。健康上の理由で少し休んでいるのですが、少し絵を描いています。読み聞かせをしなくても、小さな子供たちが自分で読めるようなものがあればいいと思うんだ。


The Brambly Hedge展は、ウォルサム・アビーのサン・ストリートにあるEpping Forest District Museumで、2002年1月26日まで開催されます。


2001年11月29日 8:54
LEA FOUNTAIN meets Epping author Jill Barklem 29th November 2001

のばら村のものがたりの挿絵 (1)




ハーバード式 大人の健康科学と栄養学

ハーバード式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法
アンチエイジングな食事療法かも❓


カテゴリートレンドなグルメレシピ
👆クリックしてカテゴリーへとべます
昨年10月から今年の2月まで執筆したレシピ65点




ナナイの大冒険 イケメン過ぎて声がかけられない店員さんシリーズ

カテゴリーイケメン過ぎて声のかけられない店員さん 👈クリックして飛べます


アンチエイジング、グルメ、ハーバード式健康方法、賢いお買い物の仕方を主人公で日本を代表するスーパーのマーケットのインフルエンサーの北斗が演じています。
漫画なので、フィクション会話です。盛ったのはどうかおおめにみてください。


登場人物漫画2


関連記事