ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

瞬間記憶力について

2022/03/19
イケメン過ぎる役員になるには/MBA講座
瞬間記憶力が優れている ハーバード 天性 宿命 イケメン 過ぎて声のかけられない店員さん

経営戦略に優れているひとは瞬間記憶力が抜群にいい!

つまり文字で学習するのではなく、映像で記憶してしまいます。空間記憶力も突飛な能力を持っています。
動体視力が抜群でなければ、選手生命がないスポーツ選手やF1レーサーやエレクトリックスポーツのプロゲーマとある意味似ているのかもしれません。しかし、瞬間記憶力が優れているからといって一流のアスリート、プロゲーマーやF1レーサーや企業家になれる保証はありません。それは最低限の要素です。その他に並々ならぬ運も不可欠です。

これは、天性の能力というか、生まれ持った宿命というべき事項なのかもしれませんが、
無意識にもかかわらず、特別な判断力に優れています。


サンタ・クルス・バヤドリード宮殿


初めて逢ったにもかかわらず何故か異常に親近感がある。3日で10年分の信用を得たような信頼感がある。
殆どお話したことがないのに、なぜか意思疎通ができるような感覚がある。


なぜこのようなお話をするかというと自分の長年の実体験を元にしています。

これは米国の大学・大学院に進学しようと担当教授や学部長にメールを書いた(当時はネットが普及されていないので直筆とかマニュアルの手紙でかくしかなかった時代です。確実に25年以上前です。

ビルゲイツがまだWindowsを発表していませんでしたし、スターバックスもお店が殆どありませんでした。

さて私は、ハーバード大学、スタンフォード大学、プリンストン大学、コロンビア大学、エール大学、ブラウン大学、ワシントン大学、その他に合計10大学ほどメールと質問事項を書きました。すべての大学から質問の回答と、大学入学要綱と大学の授業で講義がある内容のパンフレット(電話帳程度の厚さです)が送られてきました。
全て無料だったので、送料だけでもと、またメールをしようとしたところ。そこのところも、留学生を案内する担当者の方のメッセージがあり、無料で提供しているとのことでした。

10大学の大学教授とは実際にあったことはありませんが、お返事をいただいた、教授からの手紙をなんども読み返し。自分の直観力の勘で最も信頼できそうな大学の担当者を数大学ピックアップしました。なぜかというと、その後視察に行く予定をたてたからでした。

いままでの筆者ナナイの経験上、その勘はあたります。
そして、いまでもやはり、当時学部長だったご家族とは、お付き合いがあります。

と前置きが長くなりましたが、その当時から色んなかたとお会いして、学習したことがあります。

キャスバル君1

それは出来ている人間ほど瞬間的記憶力が優れているという事実です。

あたりまえですが、米国のトップ校は優秀な学生を常時受け入れています。ある意味長期的投資です。
将来的にゆくゆくは、広告塔になるかもしれませんし、有名な企業家になったあかつきには、大学に出資してくれるかもしれません。それもあるかもしれませんが、社会的貢献でもあるし。何よりも節税対策にもなります。

そういった大人の事情がある米国の大学経営という実態もありますが、そこの経営企画戦略の中枢といえば学部長です。
日本の一般企業でいえば、経営企画本部長みたいなもの。

これはその当時の大学の面接みたいなものだったかもしれません。2時間以上お話して、その大学が自分にあっているのかどうか、施設を見学するまえに内容を目で把握しました。しかし、やはり大切だったのは、その教授とお話して、信頼関係が築けるかどうか、航空運賃と宿泊費を払った、つまりそれを投資した価値のある選択だったのかも考慮にいれました。


賢者の石2


いまある自分は当時の選択が正しかったのだろうと、おもわざろう得ません。

瞬間的記憶力が優れているかどうか、判断するには、自分のある程度その能力が備わっている必要があります
自意識過剰かもしれませんが、極端にすくないかもしれませんが、確実に存在します。ただし生まれつきの能力ですし、開花させることはほぼ難しいか、可能性が0に近いです。

しかし、その瞬間的記憶力が優れている能力がもつ人は、それ相応の責任が伴う人生が待っているので、
どんなに困難になろうとも先輩として支えてあげないとな~と思いながらブログを書いてます。😃

若い20代~30代の時が一番の困難期でしょうね。




ハーバード式 大人の健康科学と栄養学

ハーバード式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法
アンチエイジングな食事療法かも❓


カテゴリートレンドなグルメレシピ
👆クリックしてカテゴリーへとべます
昨年10月から今年の2月まで執筆したレシピ65点
  • 材料の購入先はスーパー三和ららぽーと沼津店
  • カテゴリー漫画イケメン過ぎて声のかけられない店員さんのアイデアが浮かんだ場所でもあるので、記事になっています



ナナイの大冒険 イケメン過ぎて声がかけられない店員さんについて 

カテゴリーイケメン過ぎて声のかけられない店員さん 24記事

漫画新キャラ3月より



たまに、イケメンすぎて声がかけられない店員さん主人公とヒーロー君達:北斗君とアルト君とカイ君の漫画も連載しています。
よかったら是非遊びに来てください。フィクションなので盛ったのはどうかおおめにみてください。

ブレイク中💖トレンド漫画イケメン過ぎて声がかけられない店員さん
  こちらに漫画掲載の記事が載っております👇🥰 新キャラ弦之助に関しては漫画を是非お読みくださいませ 








People who excel in business strategy have excellent instantaneous memory!

In other words, they do not learn by text, but memorize with images. Spatial memory is also a prodigious ability.
In a sense, they may be similar to athletes, F1 racers, or professional gamers in electric sports, who would have no life in the game if they did not have outstanding dynamic vision. However, having an excellent instantaneous memory is no guarantee that you will become a top athlete, professional gamer, F1 racer, or entrepreneur. It is a minimal factor. Other extraordinary luck is also essential.

This may be a matter of natural ability, or perhaps it is a matter of innate destiny.
They excel at making special judgments, albeit unconsciously.

For some reason, even though I have never met him before, I feel unusually close to him; I have a sense of trust in him as if I had gained 10 years' worth of trust in three days.
I feel as if I can communicate with them even though I have barely spoken to them.

This was the time when I wrote an e-mail to the professor in charge and the dean of the school (it was a handwritten or manual letter because the Internet was not widely used at that time) to enter a university or a graduate school in the United States. It was definitely more than 25 years ago. Bill Gates had not yet announced Windows, and there were hardly any Starbucks stores.

Now I wrote emails and questions to Harvard, Stanford, Princeton, Columbia, Yale, Brown, Washington, and about 10 other universities in total. All of the universities sent me answers to my questions and a pamphlet (about as thick as a phone book) with college admissions requirements and what they teach in their college classes.
All were free, so I was about to mail them again, just to pay for the postage. There was also a message from the person in charge of guiding international students there, who also said that the service was provided free of charge.

I have never actually met the professors at the 10 universities, but I read over and over the letters from the professors, to which I received replies. I picked up a few university representatives who seemed most reliable based on my intuitive gut feeling. The reason why I did this was because I planned to visit the universities afterwards.

In Nanai's experience to date, her intuition has proven to be correct.
And even today, I still have a relationship with the family of the dean of the college at that time.

I have already said this in the introduction, but I have learned something from meeting many people since that time.

I have learned from meeting with many people since that time that the more accomplished people are, the better their instantaneous memory is.

It is a matter of course, but the top schools in the U.S. are always accepting the best students. In a sense, it is a long-term investment.
In the future, they may eventually become billboards, and when they become famous entrepreneurs, they may invest in the university. That may happen, but it's also a social contribution. Above all, it is also a tax-saving measure.

There is also the reality of university management in the U.S., which is such an adult situation, but the center of corporate planning strategy there is the dean.
In the case of an ordinary Japanese company, it would be like the head of the Corporate Planning Division.

I spoke with him for more than two hours to get a visual understanding of whether the university was the right fit for me before I toured the facilities. But what was also important was whether or not I could talk to the professor and build a relationship of trust with him, and whether or not it was a choice worth the airfare and lodging, in other words, worth the investment.

The person I am today can't help but wonder if I made the right choice back then.

To judge whether or not you have a good instantaneous memory, you must have a certain amount of that ability.
It may be a little self-conscious, it may be extremely rare, but it is definitely there. However, it is an innate ability, and it is nearly impossible or unlikely to blossom.

However, those who possess this ability to have an excellent instantaneous memory will have a life of responsibilities that are commensurate with this ability, so it is important for them to be aware of their own abilities.
I write this blog thinking that no matter how difficult it will be, I should support him as a senior. 😃

The young 20s and 30s are probably the most difficult times.
関連記事