ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

震災に備える非常食とは?

2022/03/17
イケメン過ぎて声のかけられない店員さん
震災 非常食 カップ麺 スーパーの従業員 イケメン過ぎて声のかけられない店員さん スーパーマーケット おいしい ららぽーと沼津
震災直後に一番必要になる食品は何かというと?

その答えはカップ麺です。その次はお水。

震災でお世話になった非常食1

震度6強の地震がきたら、2~3日は、スーパーが閉まります。しまったからとはいえ、スーパーの従業員さんは、出勤しないわけにはいきません。以前の記事にも書きましたが、家族よりのお仕事を優先する社会的義務があるので、全うしなければなりません。非常に不謹慎すぎる書き方で申し訳ございません。

かといって、一般のかたも平静にしているわけはいきません。
隣近所で無事を確認したり、お水がないところには、無償で提供するなど色々とでてきます。
水道が復旧するのに1か月かかるところもあります。

お風呂やシャワーが使えない新築の家もあったほどです。
というわけで、日ごろからのご近所付き合いは必須なのですよ。

話を元に戻します。

そしてカップ麺は貴重な食材になるので、ひとりあたり2個までしか購入できないとか、そのような配給制になります。
以前の震災記事 震災に備えるカップ麺
この記事を書いた時は3月3日でしたが、まさかの予言記事になってしまって申し訳ないです。

次に、スーパーの店員さん達は、社員同士最大限の知恵を絞って、余震が年に軽く100回はくるであろう(実際に震度4までの余震は年に軽く300回はありました。毎日地震です)状況にそなえて、段ボールから品出し、貴重な卵の検品をしながらどのように販売するかなど話し合います。冷蔵庫は停電なので、ヘタをすると全部破棄になりかねません。

でも一部のスーパーは自家発電があるので大丈夫なところもあります。そこは協力体制です。

どちらにしても、大地震がくると道路状態が非常に悪く、劣化しているところは亀裂がはいっているので、なかなかうまくはいかなかったようです。

地震がきたとき一番大変な部門は、グロッサリー部門だったと思います。
それから生協などの宅配を中心にしている会社は2週間~3週間流通がとまります。




昨晩深夜の12時半過ぎに宮城県と福島県でまた震度6強の地震がありました。

毎度大地震があるというのが、ここ近年の出来事です。さらにコロナ禍のこともあり、帰省していません。
高齢の両親にもいきているうちに無事に会えるかどうかも難しい課題になってきました。

でも今朝は母親とは会話ができましたので一安心。
やはりというか、家のなかはめちゃくちゃになっており。
もういつ地震がきてもおかしくない時代に突入したので、使わないものは、段ボールにいれたままにしている模様です。



ナナイ地震で落ち込み中

 

ナナイの親友たちのお話はノンフィクションです。もうノンフィクション漫画家としてやっていこうかなぁ?

北斗君の前世の漫画 2021年12月24日の記事より←まだのかたはこちらからどうぞ

平和にあこがれるナナイ



全国のスーパーマーケットに従業員様へ
震災などの予期せぬ自然災害時には、ご足労おかけいたしますが、今後ともよろしくお願いいたします。
でもお仕事よりもまず命を優先でされてくださいね。

ハーバード式 大人の健康科学と栄養学

ハーバード式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法
アンチエイジングな食事療法かも❓



イケメン過ぎて声のかけられない店員さんの漫画夏登場人物2022





ナナイの漫画アルバム作りました

イケメン過ぎて声のかけれない店員さん3月
イケメン過ぎて声のかけれない店員さん4~5月
イケメン過ぎて声のかけられない店員さん画像アルバム水着編 漫画にできない画像集
イケメン過ぎて声のかけられない店員さん7月


きちんと連載を始めたのは3月上旬からですので、上記2冊のアルバムで5月までのお話はざっくり読めます。
記事を読むのがめんどい時は、上記2個のアドレスを是非お気に入りに登録くださいませ。
更新したらまた追加になります。




新シリーズ イケメン過ぎて声のかけられない店員さん

イケメン過ぎて声がかけられない店員さん 番外編
イケメン過ぎて声のかけられないスーパーの従業員さん
北斗が黄昏中1
北斗が黄昏中2
イケメン過ぎて声のかけられない店員さん ホワイトデー!
世にも奇妙っぽい物語 イケメン過ぎる店員さん
イケメン店員さんの間で話題になってそうなおやつ ららぽーと



漫画新キャラ3月より



ブレイク中💖トレンド漫画イケメン過ぎて声がかけられない店員さん

  
こちらに漫画掲載の記事が載っております👇🥰 新キャラ弦之助に関しては漫画を是非お読みくださいませ 



関連記事