ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

アラフィフを過ぎても髪は伸びるの?ロングヘアの維持について

2022/03/16
白髪染め/紅茶とコーヒーで白髪染め
アラフィフを過ぎても髪は伸びる ロングヘア 維持
アラフィフを過ぎても髪は伸びるの?

髪の長さは、多くの女性にとって欠かせないテーマです。維持するのは大変ですが、長い髪で感じる自信は、デメリットを上回ります。長い髪は、定期的なお手入れと健康的な食事、そして十分な愛情が必要です。


髪を染める1


40代、50代になると、ロングヘアの維持はさらに難しくなります。更年期障害などの生理的な問題が、「生やせ、生やせ、生やせる限り」という歌の歌詞にあるような能力を妨げてしまうのです。

しかし、ホルモンの変化や毛包の縮小は、必ずしも髪の長さを短くすることを意味するものではありません。50代を過ぎても、長く伸ばせる髪を維持するためのヒントと製品について、続きをお読みください。



50代からの髪の変化

年齢を重ねるにつれ、私たちの体は変化し、それは髪にも影響を及ぼします。髪の質感や太さの変化は、主に更年期障害によるものです。

更年期は、エストロゲン、テストステロン、プロゲステロンのホルモンバランスが崩れ、髪と頭皮にさまざまな影響を及ぼします。それぞれのホルモンは、髪の健康に特定の役割を果たします。

エストロゲン - エストロゲンは重要な女性ホルモンで、髪の成長期を延長することにより、髪の成長を助けます
テストステロン - テストステロンは、男性ホルモンの一種で、女性には少量しか存在しません。テストステロンは、毛根に悪影響を及ぼし、薄毛の原因となります。

プロゲステロン - プロゲステロンは、テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのを阻止するホルモンです。DHTは主に毛包にダメージを与える原因です。

更年期に入ると、プロゲステロンは最初に減少するホルモンで、エストロゲンは通常レベルのままです。しかし、時が経ち、プロゲステロンが減少すると、エストロゲンが過剰になります。このとき、体内で過剰なエストロゲンがテストステロンに変換されます。テストステロンが頭皮や皮膚の酵素と接触すると、DHTに変化します。

DHTは毛根にダメージを与えて縮小させるため、以前より細い髪が生えてくるようになります。テストステロンからDHTへの変換を抑制するプロゲステロンがないため、抜け毛や切れ毛が発生する可能性があります。

プロゲステロンの減少とエストロゲンの増加は、甲状腺機能低下症につながる可能性があります。甲状腺機能低下症は、栄養の吸収とタンパク質の代謝を低下させます。髪の主要な構造材料は、ケラチンと呼ばれる繊維状のタンパク質です。甲状腺機能低下症は、タンパク質の代謝を低下させ、髪を弱くする原因となります。

また、甲状腺ホルモンは胃酸の分泌を促進し、ビタミンやミネラルの吸収を助けます。更年期障害によるエストロゲンの増加は、髪や頭皮に届く栄養素の量に影響を及ぼします。髪のキューティクルがもろくなり、弾力性が低下するため、スタイリングやコーミングの際に髪が切れやすくなります。



アラフィフの育毛を促進する方法

50代以降も髪を伸ばし続けるためには、髪の構造と頭皮の健康を強化する食品を摂ることを心がけましょう亜麻仁、クルミ、サーモンなど、オメガ3系を多く含む食品は、「輝くような艶やかな」髪を作り、頭皮の健康をサポートする効果があります。その他の食品は以下の通りです。

緑茶-緑茶に含まれるエピガロカテキン-3-ガレート(EGCG)という有効成分が、体内の毒素を排出し、DHTの生成を抑制します。
カボチャの種 - カボチャの種には亜鉛が豊富に含まれており、髪の成長を促進し、甲状腺機能低下症を軽減します。
ボーンブロスは、タンパク質、アミノ酸、コラーゲンなど、長く丈夫な髪を育てるために重要な栄養素を含んでいます。
卵黄と栄養酵母 - 卵黄と栄養酵母には水溶性のビオチンが含まれており、髪を丈夫にし、ダメージを防ぎます。
ロングヘアをサポートするサプリメント
マルチビタミンやコラーゲンサプリメントを摂取することで、更年期障害による食生活の乱れを改善することができます。ベター・ノット・ヤンガーでは、「シニフィアンヘアフォーティファイングビタミン」と「パワーウィズインスキン&スカルプコラーゲングミ」で、体内の栄養の欠落を補うようにしています。



重要なその他は、以下のような微量栄養素であなたの髪を強化します。

ビタミンA - ビタミンAは、頭皮の皮脂分泌を促進し、つやと潤いのある長い髪を作ります。

ビタミンB群 - ビタミンB群には、葉酸(B9)、B5、B6、ビオチン、B12が含まれます。これらの水溶性ビタミンは、加齢による薄毛に対抗し、弾力性を高め、切れ毛に対する抵抗力を向上させます。


ビタミンC-ビタミンCは、体内の鉄分の吸収とコラーゲンの生成を促進します。

どちらも長い髪を強化するために重要です。
ビタミンD - ビタミンDは、毛包の成長期を延長する可能性があります。ビタミンDの摂取を補うことは、50代以降、特に日光を浴びる機会が少ない場合に、長い髪を実現するために欠かせません。

パワーウィズイン・スキン&スカルプ・コラーゲン・グミは、体内の限られたコラーゲンを再生させるためのおいしいグミです。コラーゲンは、体内で最も一般的なタンパク質で、骨、腱、皮膚、筋肉に形成されます。コラーゲンは、真皮と呼ばれる皮膚の中間層の70%近くを構成しています。真皮は毛根や毛包が発達する場所です。



更年期が髪や頭皮に与える影響を最小限にするために、コンディショナーやマスクで保湿し、失われた栄養素を回復させましょう。


50代を過ぎても髪を長く伸ばせる



50代を過ぎても髪を長くすることは可能であるばかりでなく、確率的にも可能です。切れ毛やパサつきなど、加齢によるダメージが原因で髪を切ることを余儀なくされることはないはずです。加齢が髪に与える影響を理解することで、その対策となる製品をみつけることができます。


紅茶で髪の色を染める 関連記事 
いくつになっても美しく髪を維持するに関する特集

紅茶で髪の色を染める?髪の色を戻す裏ワザ教えます

お茶、コーヒー、スパイスで髪を染める方法
アラフィフを過ぎても髪は伸びるの?ロングヘアの維持について
いくつになっても髪を美しく維持する 『お茶、コーヒー、スパイスで髪を染める方法』 よくある質問








2022年おかあさんありがとう



最新の人気記事
紅茶で髪の色を染める 関連記事 
<いくつになっても美しく髪を維持するに関する特集






ブレイク中💖トレンド漫画イケメン過ぎて声がかけられない店員さん
  こちらに漫画掲載の記事が載っております👇🥰 新キャラ弦之助に関しては漫画を是非お読みくださいませ 
イケメン過ぎて声のかけられない店員さん登場人物4月
関連記事