ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

認知症を防ぐためにはどうしたらいい?

2023/04/02
ハーバード式健康とアンチエイジング
認知症 防ぐ 方法 そろばん ゲーム アルツハイマ ハーバード大学

認知機能の低下に対抗するための脳を鍛える5つの方法


記憶力の低下は、長年の人生のデータと記憶にあふれている脳の働きによる副産物だと私は考えています。コンピュータのハードディスクが満タンであるのと同じです。そこに蓄積されたものすべてに迅速にアクセスすることが難しいのは、私達一般人でも納得できることです。見つかるまでに時間がかかることもあれば、アクセスできないデータもあるでしょう。それは、生きていく上で当たり前のことなのです。


猫と遺跡図書館1


萎縮や筋力低下に対抗するためには、筋力トレーニングのエクササイズに取り組む必要があります。これと同じことが脳にも当てはまることをご存知ですか?意図的に脳を鍛えれば、頭の回転をよくすることができるのです。

今回の記事では、脳を鍛えるための5つの方法をご紹介します:



読書

ワシントンDC連邦図書館2


あらゆる年齢層で私たちの生活を向上させ変化させるもの

認知機能の低下、認知症、アルツハイマー病が最近よく話題になります。59歳から76歳(2023年)になる団塊の世代が増えるにつれ、これらの疾患は大きな問題になっています。実際、年齢とともに認知機能が低下し、言葉が出てこなくなったり、時間がかかったりすることがあります。特に50歳を過ぎると、故意に頭脳を働かせることで、違いが出てくることがあります。

しかし、生活のスピードが落ち、定年退職やセミリタイアの時期が近づくと、脳をあまり使わなくなるのは確かです。身体の筋肉について、健康の専門家はよく「使うか、失うか」という言葉を引き合いに出します。筋肉を定期的に使わないと、筋肉は萎縮し、特に加齢とともに筋力が低下していきます。

筋肉の退化や 衰えを防ぐには、筋力トレーニングに取り組まなければなりません。これと同じことが頭脳にもあることをご存知でしょうか。わざと脳を働かせることで、私たちはシャープさをキープすることができるのです。ここでは、脳を鍛え上げるための5つの方法をご紹介します:

読書

小学校の頃に習った簡単なことですが、生活に追われ、小説や雑誌を読む時間がとれなくなります。読書は視覚に訴えるだけでなく、物語の内容を思い浮かべながら想像力を働かせることができます。

また、読書は集中力や注意力を高め、知識や語彙も増やします。読書日記をつけると、読んだ本、読みたい本、残しておきたい名言などを記録できます。 真剣に読書をする本好きのために。 小説は苦手?好きな雑誌、クロスワードパズル、論理問題などを選んでください。どんな形式でも、同じ効果が得られますよ。


ウイーンの図書館1


注意:記憶ゲームソフトは、上記の提案と同じような効果は得られないとされています。数独のパズルを完成させる、いつもと違うルートで帰宅する、といった現実的な活動の方が、認知機能の維持に効果的で、お金もかかりません。

新しいことを学ぶ


専門家は、脳は受け身で何もしないと萎縮してしまうと考えています。脳は新しいことを学びたがります。脳を健康に保つ最善の方法は、他の筋肉と同じように、脳を働かせることです。脳を健康に保つ最善の方法は、他の筋肉と同じように、脳を働かせることです。自分にとって楽しいと思える新しいことを選び、積極的に取り組んでください。


男の料理


外国語、料理、アート、ビジネス、フィットネスなど、お近くの成人向け生涯教育部門を調べてみてください。オンラインのワークショップやクラスを定期的に受講しましょう。

手と目のコーディネーションを練習する


パズルを組み立てる、編み物、かぎ針編み、絵を描く、などは、手と目の協調性を伴う趣味のほんの一例です。手書きの手紙を書くという単純な行為でも、協調性と脳の機能を強化するのに役立ちます。楽しみながら脳を鍛えることができるのです。


ガーデニングダイエット9


Yahooゲームやハンゲーやグーグルやポイント広場やMIXIでは、大人を魅了するパズルを数多く取り揃えています。ノスタルジックなものもあれば、遊び心にあふれたもの、景色を楽しめるものなど、さまざまです。Lineゲームは遊びにくいので日本人向けではないのが残念です。

MIXIの無料アプリゲームは高齢者向けのものが多数取り揃えていると思います。またMIXIは高齢者60代~90代の方もお友達が作りやすいSNSです。実際にリーサーチすると文章で繋がるコミュニティが数多くあります。言い方を変えれば若い人向けではないのです。認知症にならずに頭脳をトレーニングできるための無料のSNSなので別な意味で貴重です。

工作のデザイン


Play NCの場合はエレクトリックスポーツを応援するゲーム会社でもあるのでこちらで長期間遊んでいる方はまず認知症にはなりにくいとは思われます。ゲーム仲間でも70代の方はおりませんがそれに近い年齢の方はおりました。またスクエニのFF14などで遊んでいらっしゃる方で80代の方もちらほらお見かけしました。(10年ほど前)まだ現役かどうかはわかりませんが認知症予防または日々の脳トレにMMORPGは社会的貢献をされているのは間違いないでしょう。

ただ高齢者の方が戦士の200種類以上の技の使い方や魔法のスキルの名前とか鎧の名前を一生懸命記憶する姿は複雑な心境になります。遊び相手が中学生とかも普通にあるのがネットゲー社会。昭和時代に中学生と老人が戦闘チームを組んで仮想空間でモンスターと闘う時代になるとか考えもしなかったでしょう。差しれが電子マネーで買ったジュースと食べ物とか・・。

算数と数学とそろばん


ある場所に訪問したときのお話です。そこの場所は、色鮮やかなポスターや観葉植物、室内スポーツ用のテーブルが置かれたとても美しい施設でした。私が気づかなかったのは、そこの場所はNGOによる某老人ホームで、認知症やアルツハイマー病などの記憶に関する疾患を持つ高齢者のための施設であるということでした。


青いキッチン (11)


しかし何よりも驚かされたのは、おばあちゃんとおじいちゃんが、アニメ絵柄の対戦カードを使って遊んでいたことです。

最近の研究によると、そろばんを使うことは、認知症やアルツハイマー病などの認知障害を持つ大人や高齢者の方にも効果があるそうです。そして、何よりも大切なのは、脳を若く、活性化し、健康に保つために、機会を見つけてはそろばんを使った演習を行ってほしいということなのです。

また記憶の障害を緩和するために、そろばん教室に定期的に通うようにと、療法士から指示を受けたということでした。

算数や数学の問題は、頭の中で解くことが大切です。鉛筆や紙、電卓を使わず、頭を使って簡単な計算問題を解いてみましょう。必要に応じて難易度を上げたり、歩きながら問題を解いてみる。間違えても、答えにたどり着くまでに時間がかかっても、気にすることはありません。大切なのは、あきらめないことです。

五感を働かせる

図書館中世2


五感は脳のさまざまな部分を使うので、五感を使うような活動を選びましょう。料理教室は、視覚、嗅覚、味覚を使うので、最適な選択です。また、五感を使ってストレスを軽減することに焦点を当てたゲームを探すのもいいでしょう。

現在映画館では5感を使った臨場感あふれる体験ができる視聴空間もあります。

現在の年齢がどうであれ、今こそ脳をケアし、認知機能を維持する時です。脳を鍛え、これらの効果を得ると同時に、楽しい活動を生活に取り入れることで、喜びを見出すことができるのです。


パソコン画面

イケメン過ぎて声のかけられない店員さん漫画アルバムリスト




なないイケメンブログ漫画のアルバム作りました


漫画のベースになるキャラクター育成ソフトの提供はNCジャパンAIONから許可を得て掲載しています。

イケメン過ぎて声のかけれない店員さん登場人物2023年3月より


なないイケメンブログ漫画登場人物2022年~2023年2月予定




ハーバード式健康法人気記事


癌にならないスナック





癌にならないおやつ



癌にならない食事イースター1





癌にならないデザート





髪を染める1





関連記事