ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

ハーバード大学のアンチエイジング研究はいったいどこまで?気になる老化を遅らせる方法とは?

2022/02/19
ハーバード式健康とアンチエイジング
アンチエイジング 視力低下 ハーバード大学 シンクレア
ハーバード・メディカル・スクールのポール・F・グレン・エイジング研究センターの共同ディレクターであるシンクレア博士のチームは、最近、網膜の老化した眼球細胞の時間を戻し、老化したマウスの視力低下を逆転させた。

「老化は起こるものです」と彼は言う。私たちは永遠に生きられるわけではありません。しかし、あと5年、10年、20年と健康に生きようとすることはできないでしょうか?と、第18回Hindustan Times Leadership Summitの学術会議で講演しました。

david_sinclair_team_lab-2905188198-o_2_2.jpg


シンクレア博士は、人間がなぜ老化するのか、どうすればその影響を遅らせることができるのかを解明した業績で知られていますが、政府が老化を薬漬けにする法律を改正し、老化を病気と宣言して、科学研究にもっと資金を使えるようにすることが重要であると述べています。
もし、今後30年の間にそれ(老化を逆転させる薬やワクチン)が実現しなければ、何かがひどく間違っているに違いない」と述べ、老化に対する薬がすでに我々の身近に存在している可能性もある、と付け加えた。ハーバード大学の教授は、タイム誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれています。

1999年にハーバード大学医学部に採用され、加齢生物学と加齢のためのトランスレーショナル・メディシンを教えています。

また、シンクレア博士は、老化のプロセスを遅らせるためのヒントをいくつか紹介してくれました。運動する、ウェイトリフティングをする。バイオマーカーを活用する。よく眠り、ストレスを軽減する。ストレスを感じる植物を食べる。
朝食を抜かない、昼食や夕食を抜く
...というのもいいかもしれません。" 個人個人で違います。若い人には向かないかもしれません」と述べ、代謝の悪い中高年は戦略的に食事を抜くことを検討すべきと付け加えた。

ベジタリアンの食事が良いのか、それとも非ベジタリアンの食事が良いのか、という質問に対しては、「ライオンよりもウサギが食べるような食事にしたいものです」と述べています。

『Nature』誌に掲載された論文によると、シンクレア博士のチームは、アデノ随伴ウイルスを媒体として、胚発生の過程で通常スイッチの入る3つの幼若回復遺伝子をマウスの網膜に送り込んだという。この3つの遺伝子は、この研究では使われなかった第4の遺伝子とともに、山中因子と総称される。視神経が損傷したマウスでは視神経の再生を促進し、人間の緑内障を模倣した状態の動物では視力低下を回復させ、緑内障のない老化した動物では視力低下を回復させることが確認された
シンクレア博士は金曜日に次のように語っています。シンクレア博士は金曜日に、「私たちは、この病気の過去数年の寿命を非常に短くすることができるかどうかを理解しようとしています... . 我々は老齢期を延長しているのではなく、その逆をやっているのだ。私たちの目標は、私たちがおそらく90歳か100歳まで生きて、最後の最後まで孫やひ孫と好きなスポーツをする生産的な社会の一員であり続けることができるように、若さを延ばすことです"。

nad-boosting.jpg


さらに、「もう限界だ」と言われるたびに、私たちはガラスの天井を吹き飛ばし、人生を何年も延ばし続けています。しかし、それは健康な年数ばかりではありません" と。
専門家はまた、老化に取り組むためのルートとして、死亡率についてより深い洞察を示しました。「しかし、脳は依然として通常の速度で老化しており、私たちはそれに対してあまり対処していません...私たちのアプローチは、体のあらゆる部分をより健康で若く保つために、薬やライフスタイルによって体全体を治療することです」と専門家は付け加えました。そして、それが私たちが行っていることです」と専門家は付け加えました。"私の科学的見解では、老化は30歳前後から始まると思います。"

老化を遅らせるために人々が摂取すべきサプリメントの性質について尋ねられると、彼はこう答えました。"評判の良い会社で...非常に純粋な分子を選んでください。" また、赤ワインに含まれる化学物質であるレスベラトロールは、アンチエイジングの面で効果を発揮するようだとも述べています。しかし、現時点では、適切な食事と運動が加齢に対する最善の策であるようだ、と彼は述べています。
Nature誌に掲載された概念実証研究では、目の神経細胞などの複雑な組織をエピジェネティックに再プログラムし、加齢に伴う症状や疾患によって損傷を受けた組織を修復し、置き換えることができるような若い年齢まで若返らせることが示されているそうです。シンクレア博士は、マウスを使った研究について詳しく説明し、人間の寿命の大部分はDNAではなくエピゲノムによって決定されると指摘しました。

DNAはタンパク質を構築するための命令を持っていますが、エピゲノムはDNAに付加されてその活性を制御するすべての化学物質で構成されているのです。


Dr David A. Sinclair, Co-Director, Paul F. Glenn Center for Biology of Aging research, Harvard Medical School, in conversation with Sanchita Sharma, Editor - Health and Science, Hindustan Times, during the 18th edition of Hindustan Times Leadership Summit (HTLS), in New Delhi, India, on December 4, 2020.
‘Pill to reverse ageing in 30 years? Why not’, says Harvard professor Dr David Sinclair December 4, 2020




ハーバード式 大人の健康科学と栄養学

ハーバード式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法
アンチエイジングな食事療法かも❓

世界中の油で健康要素が強いと言われるもののイラスト
色々な油と健康A


漫画ひと


たまに、イケメンすぎて声がかけられない店員さん主人公とヒーロー君達:北斗君とアルト君とカイ君の漫画も連載しています。
よかったら是非遊びに来てください。フィクションなので盛ったのはどうかおおめにみてください。

ブレイク中💖トレンド漫画イケメン過ぎて声がかけられない店員さん

  こちらに漫画掲載の記事が載っております👇
きっとグロッサリ担当の方が研究して仕入れてくれるくれるはず💖
関連記事