ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

冬から春にかけての鹿対策

2022/03/31
鹿対策
鹿よけ 鹿被害 植物 卵と水 対策

冬から春にかけての鹿対策について



春に被害を受けないために、冬のうちにシカを抑止しませんか?

この春、あなたの敷地に頻繁に出没するシカの習慣を断ち切りませんか?


冬の風景に佇むシカ


雪の降る夜、ふと窓の外を見ると、庭に数頭の鹿が迷い込んでいるのを見つけると、とても嬉しくなります。見ているだけで癒される美しい動物ですが、残念ながら、餌を探す時間もなく、ただ庭を通り過ぎるだけということは稀です。秋に餌を蓄えることができる他の動物とは異なり、鹿は毎日食べる必要があります。



鹿と台所



冬は鹿にとってストレスの多い季節。早く食べて、安全な場所に移動して消化することもできるが、冬の気候は鹿の体力を奪う。鹿は秋に地面に落ちたマスト(どんぐり)を探し、それが手に入らないときは、小枝や植物の茎、草などに目を向ける。このため、庭はあらゆる年齢のシカにとって、次の獲物を探す絶好のターゲットとなる。そして、雪が解け、氷が解けた春になるまで、多くの被害が表面化する可能性があるのです。


春の被害を防ぐ3つのポイント


シカは、冬の間に庭に大きな被害を与えることで知られています。餌が少なくなると、木や潅木を探し回るようになるのです。常緑樹の葉、植物、新芽、苗木、常緑樹の葉を食べます。つまり、木や潅木から新芽や元々あった芽を完全に取り除いてしまうのです。


家庭菜園やガーデニングをする人は、次のような点に気をつけると、春には冬の間に受けたダメージを修復する必要がなくなります。

1.樹木を包む - 通気性のある樹木用テープは、樹木をわだち病から守るためによく使われる道具である。このテープは通常、麻布や紙でできており、日光によるやけどや霜によるひび割れから樹木の皮を保護することができます。ただ、春になったら、このラップは速やかに取り外してください。



鹿と草原1



2.鹿柵を設置する - 鹿柵は、一般に鹿の囲いとも呼ばれ、鹿を指定された場所に閉じ込めたり、外に出したりするのに最適な方法である。フェンスの多くは木製ですが、金属やプラスチックで作られたものもあります。

3.自然の鹿の忌避剤を使用する - 自然の香りの使用による損傷から木々や香りを保護するための素晴らしい方法です。市販の忌避剤もたくさんありますが、鹿の天敵であるコヨーテの匂いを利用したものが最も優れています。コヨーテの尿を利用した忌避剤は、木や庭に吊るすと効果的にシカを抑止することができます。



コヨーテが鹿を狙うとき



樹木に巻きつけたり、鹿よけフェンスを設置したりすることに加え、天然の鹿よけ剤を使用することが最も効果的な方法です。抑止力によってほとんどのシカを遠ざけることができますが、ラップとフェンスによって、しつこいシカも距離を置き、別のエサを求めてやってくるようになります。さらに、鹿よけフェンスは毎年使用でき、忌避剤パックとラップはかなり手頃な価格なので、この3つの方法は最も邪魔にならず、経済的でもあるのです。

参考 Deter Deer in Winter to Avoid Damage in the Spring DeerRepellentPacks.com Staff • Dec 02, 2019







鹿・イノシシ・ハクビシン対策関連記事










ハーバード式健康法人気記事

紅茶で髪を染める4










ゴディバ風いちごはいい






伊豆の国紅ほっぺ









ハーバード式美肌への道


そば粉、チョコレート、たっぷりのバターで作った、サクサクとした食感のフランス風クッキー






苺のジャミー・ドジャー・ハートクッキー







サラダトースト2
関連記事