ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

食事は炎症に影響を与える?

2022/02/17
ハーバード式健康とアンチエイジング
炎症 慢性炎症 食事 ハーバード
食事は慢性炎症に影響を与えるか?
unhealthy-and-healthy-foods.jpg

炎症には、急性と慢性の2種類があります。

急性炎症は、怪我や感染に対する体の防御反応です。例えば、指を切った場合、急性の炎症が起こります。体はその部分を保護するために白血球を送り出します。腫れや赤みが生じ、痛みを感じるかもしれませんが、このプロセスは感染を防ぐために重要です。

慢性炎症は、喫煙による毒素やその他の有害物質を体が除去しようとするときに引き起こされることがあります。慢性炎症のレベルの上昇は、特に腹部の周りの過剰な脂肪とも関連しています。

軽度の慢性炎症は、血管や動脈、神経、腸などにダメージを与える可能性があります。最終的には、心臓病、糖尿病、特定の癌、腸の一部の病気などの慢性疾患につながる可能性があります。

C反応性タンパク質(CRP)、インターロイキン6(IL-6)、腫瘍壊死因子α(TNF-α)などの炎症マーカーを調べることで、研究者は食事が炎症に影響を与えることを発見しています。また、食事が心臓病や糖尿病などの慢性疾患のリスクに影響することを示す証拠も多くあります。

炎症は食事が病気のリスクに影響を与える手段なの?

この野菜は
炎症を誘発する食事は、心血管疾患のリスクを高める可能性があります。

Journal of American College of Cardiology(JACC)に掲載された最近の研究では、炎症を誘発する食事が心血管疾患(CVD)のリスク上昇と関連するかどうかが検証されました。(CVDには、非致死的および致死的な心臓発作、致死的および非致死的な脳卒中が含まれます)。研究者らは、Nurses' Health Study、Nurses' Health Study II、Health Expert follow-up に登録された20万人以上の女性および男性の食事を評価しました。研究参加者は4年ごとに食品摂取頻度調査票を記入し、最長で32年間続けました。

その結果、最も炎症性の高い食事を摂っている人は、最も抗炎症性の高い食事を摂っている人に比べて、CVD発症リスクが38%高いことが示されました。この関連性は男女で一貫しており、他のライフスタイル要因や肥満、糖尿病、高血圧、高コレステロールなどの炎症の原因となりうるものを考慮しても、有意性は保たれました。

この研究では、炎症を誘発する食事が、コレステロール値の低下と関連していることも示されました。この知見は、JACCで発表された別の研究でも見られました。この研究では、炎症誘発性食品はコレステロール値に有害な影響を与え、一部の抗炎症性食品はポジティブな影響を与えることがわかりました。

買い物したもの1

炎症誘発性食品と抗炎症性食品とは?

炎症を起こしやすい食品は、赤身の肉、加工肉、内臓肉です。白いパン、白米、多くのデザートなどの精製された炭水化物。コーラやスポーツドリンクなどの甘い飲み物。

抗炎症作用の高い食品は、ケール、コラードグリーン、ほうれん草などの緑の葉野菜です。冬や夏のカボチャ、ピーマンなどの濃い黄色の野菜。小麦の実、キヌア、全粒粉パン、オートミールなどの全粒粉。果物、紅茶、コーヒー、ワイン。これらの食品には、カロテノイド、フラボノイド、ビタミン、食物繊維など、特定の抗炎症化合物が含まれています。

今回のJACCの研究結果は、炎症の抑制と心血管疾患のリスクの低下に関連する特定の食事パターンを特定した他の研究とも一致している。例えば、地中海食は、多くの抗炎症性食品に重点を置き、赤肉や精製炭水化物などの炎症性食品を制限しています。

Do pro-inflammatory diets harm our health? And can anti-inflammatory diets help?December 23, 2020 By Katherine D. McManus, MS, RD, LDN, Contributor





ハーバード式 大人の健康科学と栄養学

ハーバード式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法お薦めのトレンド記事


関連記事