ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

井村屋のミニピザまんはおいしい?

2022/01/20
スーパー/自然有機食品ニュース
井村屋 ピザまん ミニ チーズ おいしい イケメン過ぎて声のかけられない店員さん

井村屋のミニピザまんはおいしい?




miniピザマン井村屋1

井村屋のミニ『ぴざまん』こぶりながら美味しかったです。
言い方を変えますと、惜しい おいしさ でした。
チーズが少ないのが寂しかったのですが、お値段が6個で158円でしたので、ダイエット中なかたにはです。

miniピザマン井村屋2

miniピザマン井村屋3

拡大して撮影してみました

miniピザマン井村屋4


こちらは、2011.3.11の震災前にあったマルハニチロではない工場製のピザまんとパッケージが似ていたので
画像を使用しています。

以前実家に帰省するたびに食べることができた『ぴざまん』とても美味しかったです。

神戸物産系が経営する業務スーパーではない、東日本で流通がある業務系問屋さんから直接購入しておりました。

というわけで、あくまでも雑記程度にお読みくださったら結構です。

その当時は、まさか震災で工場が流されてしまって、二度とあのピザまんと出逢えないとは夢にも思わなかったので撮影もしておりませんでした。ご了承ください。

こちらのお店では、このピザまんがおやつ系の中では、断トツトップの売れ行きでした。入荷しても2日以内に売れ切れてしまうという速さです。現在全国的に、販売を展開している、井村屋、中村屋、山崎よりも人気がありました。勿論コンビニよりもです。このお話は、問屋の社長と父と、友人で大規模スーパーの役員(数年前に難病で亡くなりました)と何度も会話をしたのでこのお話は記憶しています。

ピザまんなのにスーパー100店舗以上のなかでは売り上げは絶好調だった模様。10年以上の前の話です。
震災直後の食品系問屋・スーパーへの打撃はかなりなものだったようです。

味はマルハニチロのピザまんとだいたい似ておりますが、井村屋とか中村屋のピザまんとも似ています。

違いはチーズの味と濃厚なお野菜+トマトソースの量です。問屋の社長にお話をきくと仙台の工場は再開が厳しいので、規模を縮小して北海道に工場を移転したとのことでした。そして最悪なことに需要と供給がおいつかない状況なので、一般のスーパーにはなかなか出回らないというお話をおききしました。



このマルハニチロの工場は大阪ですので、東日本では流通されないかもしれません。

でもいつかまたお目にかかれたら嬉しいですけど。


読者の方にもご経験があるでしょう。

子供ながらにでも、飛ぶ鳥を打ち落とす勢いで出世する人間は直観でわかるものです。スーパーに限らず、例えばですが、銀行の役員、銀行の頭取、首都圏の鉄道会社の社長、巨大ディベロッパーの社長、放送業界のトップつくひとなどです。
若い頃は、下積みをしていても、前兆になるものがあり、何かが違うんですよね。
それが20年後に気がついたら、大躍進して主要ポストについていたなど、偶然というか、はじめからそのような筋書きだったのでは❓とは思います。

ここはブログなので詳細はかけませんが、想像を巡らせていただけたら幸いです。

そして、よく頻繁におめにかかる若手の20代~30代の男子ふたり組。将来像が大躍進するんではないかという、可能性をみました。
天才は眼で学習するので、記憶力や瞬発力、実践力や企画能力が優れています。
宝石の原石は、最低二人いないと、役に立ちません。お互いに切磋琢磨して磨かれるからです。

最近観察していてとても楽しいので今後に期待ですね。大物になれるか、一般人で終わるのかも、、、。
私のこういった勘は今まで外れたことがないので。

マルハニチロぴざまん2

マルハニチロピザマン2

マルハニチロピザマン3


[冷凍] 井村屋 ゴールドピザまん 2コ入×10個

新品価格
¥3,510から
(2022/1/20 10:55時点)









オートステレオグラムの関連記事

アボカドとオープンサンド


最新の人気記事






ハーバード式 大人の健康科学と栄養学

ハーバード式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法






アンチエイジングな食事療法かも❓





イケメン過ぎて声のかけられない店員さん登場人物4月

たまに、イケメンすぎて声がかけられない店員さん主人公とヒーロー君達の漫画も連載しています。
よかったら是非遊びに来てください。フィクションなので盛ったのはどうかおおめにみてください。

マンマ・ミアス・ストロベリー・ガトー

◆トレンド感溢れる人気記事一覧◆2022年版

ナナイの漫画アルバム作りました
きちんと連載を始めたのは3月上旬からですので、上記2冊のアルバムで5月までのお話はざっくり読めます。
記事を読むのがめんどい時は、上記2個のアドレスを是非お気に入りに登録くださいませ。
更新したらまた追加になります。






This is a pizza bun made by a non-Maruha Nichiro factory before the March 11, 2011 earthquake and tsunami, and the packaging was similar.
I'm using the image.

I used to be able to eat "Pizza Man" every time I went back to my parents' house, and it was very delicious.

I was buying it directly from a business wholesaler that has distribution in eastern Japan, not from a business supermarket run by the Kobe Bussan family.

So, please read this as a miscellaneous article.

At that time, I didn't even take pictures of the pizza buns because I never dreamed that I would never be able to encounter them again because the factory was washed away by the earthquake. Please understand.

These pizza buns were by far the top-selling snack item at this store. They were sold out within two days of their arrival. It was more popular than Imuraya, Nakamuraya, and Yamazaki, which are currently being sold nationwide. Of course, it was more popular than convenience stores. I remember this story because I had many conversations with the president of the wholesaler, my father, and a neighboring friend who was a director of a nationally known supermarket (he passed away from an incurable disease a few years ago).

This was more than 10 years ago.
It was more than 10 years ago, but the damage to food wholesalers and supermarkets immediately after the earthquake was quite severe.
The taste is similar to Maruha Nichiro's pizza buns, but also similar to Imuraya and Nakamuraya's pizza buns.

The difference is the taste of the cheese and the amount of rich vegetables and tomato sauce. When I talked to the president of the wholesaler, he told me that the factory in Sendai was having a hard time reopening, so they downsized and moved the factory to Hokkaido. And the worst part is that the supply and demand are not keeping up, so it's hard to find the products in general supermarkets.

The Maruha Nichiro factory is located in Osaka, so it may not be distributed in eastern Japan.

But I would be happy to see them again someday.





I'm sure some of you have experienced this.

Even as a child, I can intuitively tell when someone is on the verge of a meteoric rise. Not just supermarkets, but for example, bank directors, bank presidents, presidents of railroad companies in the Tokyo metropolitan area, presidents of huge developers, and top executives in the broadcasting industry.
When you are young, even though you are working under the table, there is something that becomes an omen, something different.
It's not a coincidence that 20 years later, you find yourself in a major position with a big breakthrough.

This is a blog, so I can't go into details, but I would be happy if you could let your imagination run wild.

And then there are the two young men in their twenties and thirties that I often meet. I saw the potential for a great leap forward in their future image.
Geniuses learn with their eyes, so they have excellent memory, quick thinking, practicality and planning skills.
A gem in the rough is only useful if there are at least two of them. This is because they are refined through friendly competition with each other.

I've been having a lot of fun observing you lately, so I have high hopes for the future. Maybe I'll become a big shot, or maybe I'll end up as a regular guy...
My hunches have never been off before.


関連記事