パープルカリフラワー、バイオレットクイン、紫カリフラワーについて徹底解説

2022年01月08日
Grocery
purplecaliflowere1.jpg

英語名では
Purple CauliflowerまたはViolet Quinn Purple Cauliflowerと言います

murasakikaliflore4.jpg


紫カリフラワーは、花蕾が紫色のカリフラワーの総称です。
紫色はアントシアニンによるもので、彩りを添えるだけでなく、栄養面でも効果が期待できます。
ただし、紫カリフラワーは茹でると色が落ちるものがあり、品種によって食感や風味が異なる。色落ちしたお湯は捨てずに、生姜の色付けや、パスタ、もやしの酢漬けにしても楽しめますので取っておきましょう。ドレッシングの色付けにもいいです。



バイオレットクインは、1984年にタキイ種苗が品種登録しました。花蕾は濃い紫色で、茎は緑色です。茹でると紫色が流れ出て、ブロッコリーのような緑色になる。食感もブロッコリーに似ているので、調理の際にはこの特徴を考慮することが大切です。

murasakikaliflore3.jpg


一方、紫花は全体が紫色で、加熱しても紫色のままです。食感は通常のカリフラワーと同じです。赤紫色にしたい場合は、電子レンジで温めるとそのままの色合いに温存できます。電子レンジでラップをかけてゆでる

murasakikaliflore2.jpg


バイオレットカリフラワーは、色が鮮やかな紫色で、表面に傷や黒ずみがなくて、切り口がみずみずしいものがおすすめ。ふさが締まっていて、触るとずっしりと重圧感があるものが甘くておいしいです。

murasakikariiflore1.jpg



今回はトリコロールの青色に挑戦する料理の為に全部フランス国旗の青にしました。

下に調理したサンプル画像(ナナイ作)をご用意。


sanwanooyatsu1a.jpg

画像はトリコロールカラーのジュネーブ風うどんを作った時の画像です。次回記事に詳細とレシピ載せます。


torikorolludonn1.jpg




注・今回の素材もお正月にスーパー三和ららぽーと ぬまつ店で購入致しました。
紫カリフラワーがひと房98円だったので重宝しました。

注・1月9日現在 1月8日土曜日に徳島県産パープルカリフラワーが入荷しましたので、ゲットしてきました。素材を撮影し、記事を追加 ひと房198円の大玉です。とってもお買い得でした。

スーパー三和 ららぽーと沼津店 のクチコミ 作成者: Reli Leli

スーパー三和 ららぽーと沼津店 のクチコミ 作成者: ナナイミゲル

スーパー三和 ららぽーと沼津店 のクチコミ 作成者: さんたサンタ




スーパー三和 ららぽーと沼津店
筆者ナナイがおやつの材料を購入している場所です。この他にも利用しているお店は近隣に沢山ありますが、こちらのお店は静岡県初の出店なので応援しています。



🏠 〒410-0302 静岡県沼津市東椎路東荒301-3
☎ 055-957-3000


◆ららぽーと沼津スーパー三和関連人気記事◆ 現在カテゴリーに26記事続々更新中
関連記事
ナナイ
Posted by ナナイ
 英国・北米に在住歴20年程度。マルチリンガルですが、日本に帰国して10年余り。欧米人向けのファッションデザインもやってます。『どんなに英語が苦手でもコツさえつかめれば短期で習得可能』というと日本と欧米の季節感のあるイベント情報、欧州の大型店舗の販売事情やサービス、デザイン、アート、食文化も記事にしています。画像に関しては掲載許可をもらったものだけ載せています。スーパー関連は本社と交渉しております。1月18日以前のものまで了承されています。
nanai@relileli.jp