2022年版Google検索結果のトップに食い込む方法

2021年12月28日
Mobile・VPN・Acess UP

2022年版Google検索結果のトップに食い込む方法



魅力的な質問に答える、顧客と製品を結びつける、スムーズなナビゲーションを提供する、これらの共通点は何でしょうか?
これらはすべて、Googleの検索エンジンの最初の結果ページ(SERP)がもたらすメリットです。Googleの検索結果の上位にサイトが表示されれば、多くのトラフィックと大きな視認性を得ることができます。強力なオンラインプレゼンスを必要とする企業にとって、これは夢のような話です(実際、最近そうでない人はいないでしょう)。Googleはその初期から変化し、今ではウェブページを判断する高度なアルゴリズムを持っています。あなたのページがランキング要因を満たし、競合他社に勝てば、SERPsの上位に近づくことができるのです。

検索エンジン最適化(SEO)

ページ1位を獲得し、サイトに収益をもたらすための方法です。今年こそはGoogle検索の上位に食い込むために、SEO対策で考慮すべきことをおさらいしておきましょう。


AdobeStock_292211190.jpeg


1.ロングテールキーワードに注力する


キーワード(検索バーに入力された言葉)だけで順位を上げようとするのは現実的ではありません。あなたのサイトが最も役立つ可能性が高い、資格のある人々が興味を持つキーワードをターゲットにする必要があります。ロングテールキーワードは、そのような人たちを惹きつける絶好の機会です。ロングテールキーワードは、1つか2つしかないショートテールキーワードとは異なり、3つ以上の単語で構成されています。例えば、「チョコレートフォンデュ」と検索した場合、レシピを探しているのか、レストランを探しているのか、それともカロリー情報を探しているのかが分かりません。例えば、「チョコレートフォンデュ レシピ」と検索された場合、その人が結果に何を求めているのか、より多くの文脈と洞察力を得ることができます。ロングテール戦略を採用すると競合が少ないので、Googleの検索結果の上位に表示される可能性が高くなります。


2.ハイレベルなコンテンツを定期的に制作する


「コンテンツは王様である」というSEO格言を繰り返すのにあまり時間をかけるつもりはありませんが、コンテンツがなければ、ランクインするための材料はありません。順位を急上昇させるために必要であることは否定できません。では、SEOの成果を上げるためには、どれくらいの頻度でコンテンツを投稿すればいいのでしょうか?
コンスタントにサイトにコンテンツを投稿すれば、Googleがさまざまなキーワードで検索結果の上位に表示させるために利用できるページが増えます。ただし、競合他社を凌駕するためには、コンテンツが正確で有益である必要があります。詳細なコンテンツカレンダーを設定し、オーディエンスを構築し、魅力的なコンテンツを供給し続けましょう。毎日、毎週、毎月発行することで、読者はあなたを権威ある情報源として認識するようになり、トラフィックを生み出すことができるようになります。



AdobeStock_298515970.jpeg



3.権威あるバックリンクの生成


Googleは一貫してバックリンクに高い価値を置いておりあなたのサイトを指すバックリンクの数と種類はあなたのサイトのオーソリティレベルを示します。2021年のSEOは信頼できるバックリンクに依存していますが、多くのリンク構築戦術は十分に評価され 多くのリンク構築戦術は十分に評価されランクアップするソースを供給していません。サイトのステータスとページの人気は、Googleの目に高い地位を与え、あなたの記事を推薦する他のサイトが必要です。バックリンクの生成を始めたばかりの頃は、誰が自分のサイトにリンクを張ってくれるのか、あまりコントロールできないと思うかもしれませんが、バックリンクの質に影響を与え、Googleの検索順位が上がるように、評判の良いソースとなることを目指せばいいのです。リンクの量を強調することは意味がありません。SERPsであなたの位置を高めるために、あなたの業界で揺るぎない地位を占め、あなたのタイプのビジネスをレビューまたはラウンドアップする理想的なウェブサイトを発見することができるからです。バックリンクを使う競合のバックリンクを調べて、あなたのサイトと似たようなサイトを特集しているサイトを見つけ、これらの実行可能なソースであなたのコンテンツを宣伝する機会を探します。

AdobeStock_295578210.jpeg

4. コンテンツを常に更新する


あなたが隠し持っている老朽化したコンテンツは、コンテンツマーケティングの失敗作である必要はないのです。トラフィックの少ない、信頼できる古いコンテンツである必要さえない。コンテンツを一新すれば、Googleの検索結果で上位に表示されるようになります。ユーザーと検索エンジンにとって、コンテンツの「新鮮さ」は重要です。なぜなら、最近のデータは最新で有用ですが、古くなったデータは不正確で読者に誤解を与えるからです。コンテンツをリフレッシュすることで、Googleにアピールし、訪問者を惹きつける豊かな素材を手に入れることができます。コンテンツを長くするにしても、古くなった情報を入れ替えるにしても、コンテンツを活性化することで、関連性が高く、Googleの上位にランクインする価値のあるコンテンツになります。時間の節約にもなり、コンテンツマーケティング戦略を可能な限り強力にするために、サイト全体のオーソリティにも貢献します。



AdobeStock_294485249.jpeg


5. 重要な指標を追跡する


Googleの検索結果の上位に表示されるには、現在の順位とユーザーのサイトへの関わり方を知る必要があります。より良いGoogle検索の配置のために重要なメトリクスに注意を払うことは、2022年のSEOの鍵です。あなたのページがキーワードで1位から3位以内にあれば、1ページ目の最後の結果よりも高いトラフィックボリュームを見ることができるはずです。しかし、多くの指標は現在の順位以上のものを反映しており、どこを改善すればよいかを教えてくれます。Google アナリスティックで取り組みを追跡し、SERPでより高い順位を獲得するために変更する必要があるページ上の要素を見つけ出します。 Google Analyticsのデータ SEO対策に重要な指標には、以下のようなものがあります。
  • クリックスルー率(CTR)。SERPsであなたのページをクリックした人の割合です。CTRが低い場合は、タイトルタグやメタディスクリプションを強化することで、訪問者を呼び込むことができます。
  • オーガニックサイトトラフィック。SERPsから流入した訪問者のセッション数。SEO対策の成果を見守ることができます。
  • ページ滞在時間。訪問者が離脱するまでに閲覧したページの平均時間。滞在時間が短い場合、ユーザーの注意を引きつけ、サイトの奥深くまで誘導する方法を見つけることができます。
  • 直帰率。1ページだけ見てエンゲージメントのないセッションの割合。サイトとのインタラクションに失敗すると、Googleに不満があるように見えるため、より効果的にユーザーの疑問やニーズを解決する必要があります。

How to Get to the Top of Google Search Results in 2021 By Trevin Shirey on February 7, 2021  参考文献

みなさん大晦日までのこりわずかとなりました。年末年始特集と致しまして今回は一気に「グーグルで検索トップにたつにはどうしたら?」というご質問にお答えできるように、テクニックを惜しげもなく披露することにしました。

当初は、20代後半で一流企業の役員になるには?というネタのような本当の記事にしようとおもったのですが、今の日本では現実的ではないし、コロナ禍なので海外渡航もほぼ不可能状態。もっとだれにでも親しみやすい題材にしました。米国サイトではこのような記事が沢山無料で掲載されています。でも記事の内容や執筆者の出身大学はノーベル賞受賞者が3桁もいるところばかり。失礼な言い方で申し訳ありません。例:ハーバード、コロンビア、スタンフォード、MIT、プリンストン、エール、シカゴ、カルテックとか一流どころ。

せっかくなので、暇な時間をみて、ナナイは、翻訳に徹することにしました。是非ご参考にされてください。

きっと優秀な方ならば、文章みて眼で学習してくれるので、説得力のある文体を構築できるという能力にきたいしてます。



関連記事
ナナイ
Posted by ナナイ
 英国・北米に在住歴20年程度。マルチリンガルですが、日本に帰国して10年余り。欧米人向けのファッションデザインもやってます。『どんなに英語が苦手でもコツさえつかめれば短期で習得可能』というと日本と欧米の季節感のあるイベント情報、欧州の大型店舗の販売事情やサービス、デザイン、アート、食文化も記事にしています。画像に関しては掲載許可をもらったものだけ載せています。スーパー関連は本社と交渉しております。1月18日以前のものまで了承されています。
nanai@relileli.jp