徹底解説 スーパーにある材料ですぐできるカスピ海ヨーグルトの簡単な作り方

2021年12月21日
Travel・Cooking
クリスマスに近くなりました。お洒落なケーキやデザート作りにもってこいのカスピ海ヨーグルトを大好評アクセスにつき、特別ページにしました。尚12月の間は、朝8時に作って次の日の4時半に完成でした。
牛乳は温めていません。室温のままです。

湯銭でもあったほうがいいのでは?とご質問をいただきましたが、なくても大丈夫です。

ただ、昼間の温かい時間帯に日の当たる場所に置いておいたほうができる速さは若干早いですね。北海道や北国はそれでいいのかも?

グロッサリー担当泣かせの牛乳補充。これと絶世の美女を作るといわれるカスピ海ヨーグルト
このコンポでクリスマスは更に大忙し。皆さん頑張ってください。
確かにロシア周辺は美人率が高いので納得できますよね。

みなさまがいつも行かれるスーパーで材料はすぐそろいますよ。どうかご安心を。


dfbetetrwe.jpg
◆カスピ海ヨーグルトの作り方


用意するもの
  • グリコカスピ海ヨーグルトなどのヨーグルトを大さじ1~2 どこのメーカーのでもOKです。
  • 牛乳 500ml 700ml~900mlいっぺんに作りたい時はヨーグルトは大さじ3~4にしてください。ちなみに今回ナナイは800mlつくっちゃいました。所要時間は20時間ぐらいでした。
  • 適当な容器 画像をご参考に。
DSC00933.jpg

作り方

①容器は空き瓶とかプラスチックで耐熱性があるもの600ml程度の液体が入るものをまず準備します。
容器は熱湯消毒などがいいです。

②それから牛乳を容器に入れます。低温殺菌牛乳ができるだけおすすめです。牛乳の中にカスピ海ヨーグルトを大さじ2入れてよくかき混ぜます 。魔法瓶というか水筒をよういしたんですが、なくても大丈夫です。どうせこれにいれても冷めるので。プラスチックがいい一番いいでしょうね。

DSC00937.jpg

DSC00931.jpg

DSC00934.jpg

③ 1を室内に常温で6時間~24時間置きます。夏なら6時間で完成、春とか秋なら12時間放置で完成、冬ならば18時間程度かかります。目安としては、生クリームのように角が立つぐらいに固まったら完成です。


この容器は1リットルです。 今回は800ml分作りました。

DSC00959.jpg

カスピ海ヨーグルトの完成した状態
斜めにしても固まった状態のままです。冷蔵庫に冷やせば1週間ほど持ちます。保存料が入っていないのでお早めにお召し上がりください。

DSC00954.jpg

種を温存して2回目に挑戦もありかも?

次回予告はフローズンヨーグルトです!
これはもう2か月位まえからネタにしようと思っていたのです。
是非お待ちくださいませ。


カスピ海ヨーグルトが上手につくれたとしてもお店にある既製品の果物ヨーグルトは別腹なんですよね。
その楽しみ方を徹底解説しちゃいます。(((o(*゚▽゚*)o)))

xcbedgfbetr.jpg



関連記事
ナナイ
Posted by ナナイ
 英国・北米に在住歴20年程度。マルチリンガルですが、日本に帰国して10年余り。欧米人向けのファッションデザインもやってます。『どんなに英語が苦手でもコツさえつかめれば短期で習得可能』というと日本と欧米の季節感のあるイベント情報、欧州の大型店舗の販売事情やサービス、デザイン、アート、食文化も記事にしています。画像に関しては掲載許可をもらったものだけ載せています。スーパー関連は本社と交渉しております。1月18日以前のものまで了承されています。
nanai@relileli.jp