電気の工事屋さん 電気工事おまかせください

2021年11月28日
Trend・Pick up News

こんな悩み事ありませんか?
  • コンセントが壊れてしまって、漏電が怖い。
  • どうもエアコンの調子が悪くて暖房の利きが悪い。
  • トイレの換気扇の音がうるさい。

または、新しい趣味の開拓として



ホームシアターを設置したいので、配線や電気器具を設置したい


新しい照明の設置と家に合うデザインを模索しているので、アイデアを提供してほしい
→できるだけコストを押さえながら、大手家電量販店にないものでトレドを意識したものがいい。



そんな悩み事を解決しつつ、夢を叶えちゃうとっておきのサイトがあるんです!!全国33都道府県の電気技術者のエキスパートでつながったお店です。大手家電量販店に中間マージンなどを一切払わないので、リーズナブルな価格で提供できるギリギリの価格でやっているそう。


240_F_300802371_Old3LxzP1B9budaLHLxLiGYU0i3WMfTa.jpg


なので無理に新商品とか高額なパーツは薦めしないことをモットーにやっています。
今のパーツで足りるならばそれを利用。
出張費は3300円(消費税込み)

出張費(交通費・ガソリン代)+技術者の倉庫利用とか金物(下に画像ありますね)この代金だと思ってあげてください。そのためのサポート代金。

私も専門家の職業なので、電気技術者の道具にどれだけお金がかかるかわかります。









家電量販店では、欲しくもないものを勝手に販売員に薦められて、押し切られて(押し売りのようなもの)素人な方だけど、気が付いたら必要もないのに、購入させられてしまっています。しかも返品できないという、もやっとした状況になったことがあるんですよね。
その点、電気の工事屋さんでは全くそのような押し付けがましい、セールスは致しませんと補償書きが公式のサイトに堂々と書かれてあるので安心できます。消費者のニーズに合わせています。


240_F_332566380_6B7x7UU8klvncqxag5hLTRyOwkqpBht7.jpg
また引っ越しシーズンなどエアコン取り外しと、引っ越し先での取付なども請け負っており、お値段も1万1千円からと良心的な価格設定。これは、電気屋さんに直接交渉するとか、大手家電量販店を通すと最低1万4千円」から1万7千円程度かかります。(消費税抜き)2万2千円で済むところが3万以上の出費になります。エアコン2台なら6万以上かかります。新しくエアコン2台購入したほうが安く済む場合もあるので、気軽に大手家電量販店に相談するのも躊躇したことが何度もあります。お店の従業員の方は、会社のノルマや利益になることばかり優先的に考えますからね。つい先日同じような理不尽な状況に遭い、暫く凹みました。
やはり小さな電気の悩み事はお仕事を発注できるところある程度無料で相談できる『電気の工事屋さん 電気工事おまかせください』のようなお店が一番かと思います。全国に提携している電気の専門家の方が33都道府県あります。これからもどんどん拡大予定だとか。

今後に期待ですよね

ちなみに電気の部品って各メーカーでは10年分まで保存してるので、照明器具やエアコン部品、お風呂の換気扇など場合によってはさほど部品費用もかからず、手間賃だけで修理も可能かもしれません。


240_F_435595506_NcRjGfbbnE4JYTpIYaJz46FY5IOfuBJ8.jpg

また公式ページには、このほかにも、自分の予算や希望、着工予定日など細かくセッションしながら、係員・担当の方と、場合によってはメーカーのバーゲン品なども紹介を交えながらゆっくりお話しできるようです。こちらは、各担当区域や、メーカーによっても違います。照明器具だけで、すごい厚さのカタログになるので選ぶだけでも数日は要することもあります。ということで、電気のお悩み事の修理の依頼はスパッと解決。監視カメラ・ホームシアター・インターホン設置・照明器具を一新するなどは楽しみながら計画という方向性もありそうです。

まずは電気のことでお悩みのことがあったら、時間をかけて悩まずに、無料でお電話相談してみてはいかがでしょうか?
優しい電気専門家の方たちが味方になってくれそうですよ。

詳しくはバーナークリックで♪










fswwrbwbw

gふぇえねちぇty







dfgwtrwれうぇ



一部画像はAdobeストックフォト様使用・すべて承諾済み
関連記事
ナナイ
Posted by ナナイ
 英国・北米に在住歴20年程度。マルチリンガルですが、日本に帰国して10年余り。欧米人向けのファッションデザインもやってます。『どんなに英語が苦手でもコツさえつかめれば短期で習得可能』というと日本と欧米の季節感のあるイベント情報、欧州の大型店舗の販売事情やサービス、デザイン、アート、食文化も記事にしています。画像に関しては掲載許可をもらったものだけ載せています。スーパー関連は本社と交渉しております。1月18日以前のものまで了承されています。
nanai@relileli.jp