OfficeSuite Home & Business 2021 マクロソフトからオフィス・スイート ホームアンドビジネスのサービスが提供開始しました

2021年11月02日
Mobile・VPN・Acess UP
オフィススイート ホームアンドビジネス2021年版がリリースされました。

shutterstock_1423560608.jpg
 画像シャッターストック


OfficeSuiteは、PDF、Microsoft Wordのワード、ドキュメント、Excel エクセル、スプレッドシート、PowerPoint パワーポイント、プレゼンテーションなど、オフィススイートのファイルの閲覧、編集、作成に充分な内容を備えています。
オフィス関連のアプリが全部揃っている上に、変換もスムーズ。外国語も日本語だけではなく、多言語にも簡単に切り替え出来ます。また親しい間柄のご家族や友人、会社の同僚など6名までソフトが共有できます。期間は1年更新


無料版は広告収益によって運営を持続させる目的もありますのでクラッシュしたり、時には動作が鈍い時もありますが、有料版は広告が表示されるまで動かないもしくは画面が停滞するということはありません。ここは、10月19日から11月1日までの短期の間に確認致しました。筆者ナナイは、マイクロスフとのオフィス製品は1993年から使用しており、ある程度の簡単な作業は把握しております。どちらかと言えば、英語環境のほうが操作がスムーズでした。




koyiyiyyu.png

永続ライセンスには限定機能  商用ライセンスも入っております


hujkyury.jpg



まずインストールからです。
アクティベートさせるためには、キーを購入してから、コードを入力させてください。


hjityui.jpg

jiltuitl.jpg

huktyuty.jpg






アクティベートさせたあとにワードを開いてみました。

いきなり開くと英語環境になっておりますのでご注意くださいね。

こちらは英語のレジメのですので、顔の画像を置き換えてみました。言語設定で日本語にしてください。
パニッらなくても大丈夫です。簡単ワンタッチで変換できます。



shorui1.jpg



上は 米国在住 言語が英語になっております。
ナナイが書類をお試し作成してみました。
下は日本在住、日本語環境です。世界各国の言語に対応しているところがマイクロソフト社の凄い所。

プレミアム版は文字のロゴ(かっこいい文字の種類)など選べますが、ベーシックでも十分仕事はこなせます


shorui2.jpg


そして次にお試ししたのは

スライドショーがたっぷり楽しめるというプレゼンテーション資料作りに大変便利なソフトです

簡単にお洒落なスライド資料が、あっという間にできてしまう優れモノなんです


koyiyiyyu1.png


やはり最初は英語環境になっておりますので一番下の左をクリックして日本語設定にしてくださいね

デザインレイアウトはベーシックながら楽しめる内容です。アニメーションも勿論使えます。


koyiyiyyu2.png



ここで日本語設定にしない限り、日本語の文字入力できない仕様のようです


koyiyiyyu3
いつykつt


いかがでしたでしょうか?

オフィススイート・ホームアンドビジネス2021年版は外観がとっても美しいプレゼンテーションの資料作りにとっても便利なソフトウェアです。
また1か月の返金保証もあります。
まずはお試し期間を有効につかっていただき、そのあと正規に購入するかご検討されてもいいでしょう。

ご家庭用、中小企業向け、フリーランスの方に最も便利な機能を十分備えています。
もちろんメールも一括して管理できます。 私は10以上のメールアドレスを一括管理しています。



それからPC初心者の方でもとてもガイドが親切なので、よく説明書きをよめば、使い方がかんたんにわかってしまうという優れもの

初心者でも安心、安全、セキュリティ万全なサービスを受けられます。

つまりこれから、はじめられるかたでも大丈夫です。さらに文書の出来栄えも綺麗なので、文書や写真整理をきちんと残したい方にはお薦めできます。

気になった方是非したのバーナークリックされてくださいね。 ナナイからのご提案でした♡ 





関連記事
ナナイ
Posted by ナナイ
 英国・米国に在住歴20年あまり。バイリンガルですが、日本に帰国して10年余り。細々と欧米人向けのファッションデザインやってます。最近、知恵袋や他サイト英語の学習法やバイリンガルになる最短方法をきかれ、『どんなに英語が苦手でもコツさえつかめれば短期で習得可能』ということをちょっとずつ記事にし始めました。それと同時に、欧州の大型店舗の販売事情やサービス、デザイン、絵本、芸術、食文化も記事にしています。
info@relileli.jp