ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

2022年WBC世界精肉部門チームチャンピオンシップ

2021/10/14
トレンドなニュース
オリンピック 精肉 世界精肉部門チームチャンピオンシップ

2022年WBC世界精肉部門チームチャンピオンシップ 




世界料理の鉄人肉屋チャンピオンシップのご紹介です。

『スーパーの精肉部門で世界一を決めるオリンピック』のようなものとお考えいただければわかりやすいかも?


2022年9月2~3日に開催しました。


World Butchers’ Challenge 2022 結果

2022 WORLD BUTCHERS' CHALLENGE チャンピオン
フリードラーの勝者。 ディック・ゴールデン・ナイフ・トロフィー:
ブッチャーウルフパックチームドイツ

2位: オーストラリア - マカニ オーストラリアの肉屋チーム
3位:ニュージーランド THE HELLERS SHARP BLACKS
世界チャンピオンの肉屋見習い: Matt Tyquin (オーストラリア)

2位 ファビアン・シュトラー(ドイツ)

3位 ベン・ロバーツ(ウェールズ)


世界チャンピオンの若き肉屋:ゴーティエ・デトレス(フランス)

2位:ガレス・ハント(オーストラリア)

3位:クラウディオ・フィドーネ(イタリア)


世界最高の牛肉製品: Team France Boucherie
世界最高の豚肉製品: Team GB Butchery - 英国
世界最高の鶏肉製品: Nazionale Italiana Macellai
世界最高のラム製品: Nazionale Italiana Macellai


Devro World's Best Beef Sausage: Butchers of America & The Butcher Wolfpack - ドイツ

Devro World's Best Pork Sausage: The Craft Butchers of Ireland

Devro 世界最高のグルメ ソーセージ: ブッチャー ウルフパック - ドイツ


World Butchers’ Challenge (WBC) 公式

こちらの大会は、世界一の肉屋職人を決めるコンテストで、チームは6人一組、うち一人は肉屋見習いと肉屋ビギナーで修業を始めてから18か月未満で35歳以下じゃないといけません。規定。残りの4人は経歴35年でもかまわないわけです。

また、チームをサポートするスポンサーが重用になります。本大会が行われる、来年はサクラメント米国での往復交通費、資材と素材の提供やユニフォームのに印字するロゴなど、デザインも工夫されていました。もしかして有名デザイナーが担当してる?
参加国の2018年のユニフォームをみる限り、各国は一流企業ばかりです。すべて料理に関する企業。フランスは「ティファール」などです。


awefqwerq.jpg


こちらは2018年銀メダルチームのニュージーランド代表のチームを率いるキャプテン。
そのインタビュー動画です。この子豚何キロなのでしょうか?





欧米の料理人はスキンヘッドが目立ちますが、これは禿(はげ)でもなんでもありません。
このようなヘアスタイルにすることで、髪が食材につかないような配慮なのです。お手入れ大変そうですね。


World Butchers’ Challenge (WBC) and World Champion Butcher Apprentice & Young Butcher Competition (WCBA&YB) 公式英語
2022年のエントリー基準:WCBA&YB 翻訳文



必然的に、ワールドブッチャーズチャレンジ(WBC)とワールドチャンピオンブッチャー見習い&ヤングブッチャーコンペティション(WCBA&YB)のスケジュールを2回変更し、当初の日付を2年遅らせたため、厳しい電話をかけなければなりませんでした。そのうちの1つは、コンテストが公正で適切な状態を維持できるようにするためのWCBA&YBのエントリー基準の変更です。

したがって、次のエントリー基準が適用されます



WORLDCHAMPION BUTCHER APPRENTICE

応募者

見習い肉屋チャレンジの参加者について

2021年3月1日時点で登録済みのトレーニングプロバイダーによるトレーニングに登録する必要があります*。年齢は要因ではありません。

*当初の規則では、肉屋の見習いカテゴリーの資格を得るには、競技の6か月前に見習いとしてトレーニングする必要があると規定されていました。誠意を示すものとして、COVIDからの遅延に対応して、これは12か月から18か月に延長されます。

世界チャンピオンの若い肉屋

応募者

ヤングブッチャーチャレンジの参加者は、2022年3月1日時点で35歳未満である必要があります。

*元の規則では、ヤングブッチャーカテゴリの資格を得るには、参加者は31歳未満である必要があると規定されていました。誠意を示すために、COVIDからの遅延に応じて、これは35歳に延長されます。

各国に連絡して、指名された参加者がまだ資格があるかどうか、またはWCBA&YBの派遣団に変更を加える必要があるかどうかを確認します。

それまでの間、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

World Butchers’ Challenge (WBC)  公式


私たちは2011年に2つのチームから始めました。次の大会では、16チームの肉屋がWorld Butchers'Challengeに参加し、この大会をグローバルイベントとして強化します。
xdavdrwerw.jpg hjtu5.jpg

2018年の大会の結果 日本語翻訳

WBCに関しての最新のニュース 日本語翻訳


Edited.jpg


SH0B1298.jpg


SH0B1542.jpg



私たちは皆、WBCで再び会うことができるその瞬間を前向きに期待していますが、WBCの地域や地域のコミュニティで活動が活発化しているというニュースに興奮し、励まされています。あなたにニュースを持って来ることに興奮チームフランスBoucherieは以下の通り:

フランス肉屋連盟は、多くの専門家や若い肉屋の立ち会いのもと、2021年11月7日と8日にクレルモンフェランで最初の「食事」を開催します。このイベントの一環として、食肉部門の革新をテーマにした同僚間の交流を計画しています。

今回は、第1回ヨーロピアンブッチャーズカップをチームで開催したいと思います。各国は、5人の肉屋(大人3人、若い肉屋1人、見習い肉屋1人)と1人のマネジャー(スポンサー企業との交渉、メディア出演、スケジュール管理著作権や書類などの雑用一手に請け負います)よってチームを組みます。

マネージャーは一人ではとても足りませんのでフランスやイタリアなど控えの方も写真に載ってますね。それだけ層が厚いです。
競合他社は、牛肉、子牛肉、子羊肉、豚肉、鶏肉のカットと提示について評価されます。

2021年11月7日と8日に、コンテストに参加してあなたの国を代表できるように、皆様をお迎えできることをうれしく思います。

Covid-19の健康危機により、私たちはお祭りのイベントの周りに集まることができませんでした。また、このヨーロピアンブッチャーズカップは、ヨーロッパの仲間と出会い、知り合い、私たちのスキルと食肉部門を促進する理想的な機会になると確信しています。

現在、誰もが自分のノウハウを表現できるコンテストのテーマに取り組んでいます。9月にお送りします。

このヨーロピアンカップであなたの国を代表することに興味がある場合は、できるだけ早くメールでお知らせください:communication@boucherie-france.org

一緒に、私たちはお互いから学ぶことがたくさんあります!

よろしくお願いします、


フランス肉屋連盟のジャン・フランソワ・ギハルト会長



以上翻訳文ですが、日本人チームも場合によっては出願可能なようです。
私としては是非企業と協力の元参加チームを設立して欲しいな~と思っています。


来年の大会は開催費用が5億円以上かけており、そのうちの幾分かは褒賞金として優勝入賞チームに分配される見込みです。
普段はスーパーの肉屋さん、肉屋専門店で働いている各国の代表なので、F1のレースのお肉屋さんみたいなものです。


動画をみるだけでもテンション湧いてきますね。

徐々に情報を追加予定なので是非お楽しみください。 


2022年に参加予定のチームの紹介
一部のみでご了承くださいませ。

アイルランドチーム
Irelandefqwe.jpg

光るものすべてが金ならず...

肩を並べて立っているこれらのアイルランドの肉屋は、2018 World Butchers'Challengeの勝利を主張し、本拠地で競い合ったことで、はるかに特別なものになりました。ミンチで作られたミニチュアのギネスパイントグラスと、ギネスのパイントの頭、またはディスプレイを守っている巨大なチョコレートの雄牛であるかどうかにかかわらず、彼らの仕事に取り入れられた詳細のレベルは誰にも負けませんでした。毎週日曜日に1年間練習することで、これらの肉屋の献身と真摯な決意が実を結び、6人の金メダルを獲得しました。

Team Members 2018 (from left to right): Vice Captain Ian McKernaghan from Lisdergan Meats, Captain, Garrett Landers from Garrett's Butchers, Colly Donnelly from Mac Mahons Butchers, Stephen Millar from Millar Meats, Stephen Cooke from Garrett's Butchers and Eamon Etherson from Etherson Butchers


フランスチーム


Francesfeg.jpg

Allez les Bleus!


究極のショーマンであるフランス人は、芸術としか言いようのないほど美しいアイテムを備えた、エレガントで見事で洗練された製品のテーブルを制作しました。彼らがそれぞれ働くスピードを見るのは記憶に残り、特にチームの飾りとしてのフィリップのスキルはこの世のものではありませんでした。フィリップはまた、動物性脂肪と材料から完全に構築した印象的なネプチューンの像を制作し、これが展示の中心点として使用されました。競争のヘビー級と見なされて、フランス人はショーの1つの奈落を描きました。

Team Members 2018 (from left to right): Aurelien Brise from Maison Vessiere, Godefroy Piaton, Coach Jean-Michel Bannwart, Emeline Bruley, Captain Joel Lucas from Maison Vessiere, Lucas Bayle from Boucherie Bayle, Sebastien Coirier from Boucherie Lusson, Christophe Ipyanfat, Joseph Fagnani from Bucherie Bayle, Philippa Lalande, Victor Dumas from Maison Vessiere, Thomas Guyomar and Olivier Bayle from Boucherie Bayle.


ニュージーランドチーム

NZgyjryu.jpg


シルバーファーンのホルダー...

競争の根強いリーダーであるCoreyWinderは、2011年以来、Sharp Blacksが競争で複数の成功を収めており、2018年は黒人のチームが銀メダルを獲得したことと同じであることが証明されました。そして、彼らのエンブレムが銀のシダであることを考えると、それはそれに素敵なリングを持っています!国民的アイデンティティを示す彼らの展示は、ニュージーランドの南島の丘陵地帯を模倣するために、流水噴水と豊富な量ののどの草に降り注ぐ山々の背景を特徴としていました。チームは、競技会の他の才能を打ち負かすために特別なレベルのフィネスを提供する必要があることを知っていたため、製品の仕上げに十分なエネルギーが与えられました。可能な場合、各製品には典型的なキウイの名前が付けられ、地元の食材が使用されました。


Team members 2018 (from left to right): Zak Grammer from New World Eastridge, Greg Egerton from Mad Butcher Dunedin, Hannah Miller Childs from A Lady Butcher, Captain, Corey Winder from Elite Meats Bush Inn, Jeremy Garth from New World Ferry Rd , Hohepa Smith from Northern Co-Operative Meat Co.

マジックアイとオートステレオグラムの画像集と記事







最近では秋にも果物売り場で見かけることが多くなった日本産のスイカ。実は男性の更年期障害や前立腺癌の予防に強い味方なのです。できれば毎日少しずつも実食されるといいとのこと。スイカは視力回復だけでなく育毛、ダイエットに効果があるとハーバード大学の医師も絶賛しています。

スイカは視力回復、育毛、ダイエットに効果がある


ハーバード式健康法人気記事



英国式朝食1





マスクメロンは視力回復、育毛、ダイエットに効果がある

マスクメロンは視力回復、育毛、ダイエットに効果がある




みどりのヨーグルト





この野菜は





睡眠中の美女




関連記事