ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

検索上位になるには3 How to get to the top of the search results Part3

2021/09/05
Mobile・VPN・Acess UP
検索上位 ユーザー 訪問者サイト 英語圏 英語 はじめて 日記
こんにちわ、みなさんいかがお過ごしでしょうか?ナナイです。

今日も昨日の続きの「検索で上位になるには」の続編をお書きします。
『初心者だけどブログを書きたい、書いたからには成果をあげたい。』
『50代の今からでもBLOGを書いて、ちょっとでもおこずかいや生活費にならないかな?』との質問をいただいてますので、記事にしてみました。「はじめてのブログ、日記、こんなわたしでもできるのかな?」と疑問をお持ちの方が多いので、ちょっとずつ回答することにしました。

このBLOGの当初の目標は、できるだけお金をかけずに、バイリンガル英語と日本語になる方法でしたが、脇道にそれているわけではありません。徐々にまた記事で繋げていきますね。気長にお待ちください。


検索上位になるには1検索上位になるには2の過去の記事はこちらをクリックでお読みくださいませ。

yak0033-003.jpg


検索上位になるには Part1まとめ
  1. わかりやすい記事にする なるべくシンプルな記事にしましょう。
  2. オリジナリティあふれるスタイルで、自分の考えを伝える。
  3. SNSや掲示板などからの無断転載はしない。
  4. タイトルにはキーワードを入れる。
  5. あなたの読者は何人いますか?読者層は?記事を書くときにはこのことを考えてみましょう。
mny0002-001.jpg


検索上位になるには Part2まとめ
  1. サイトが育つまでは最低6か月はかかります。それまではどんなに頑張ってもアクセスは日本語だけの環境では毎日平均100、1か月でも数千程度。
  2. サイトが育つまで半年ほどかけて良質の記事を100書くことを目指しましょう。
  3. できれば、日本語がわかるかただけではなく、英語圏の購読者も視野に入れましょう。
  4. 英語圏の購読者からも広告収入を目指しましょう。Googleアドセンスはお薦め。
  5. 言葉が違くても、自分の熱意と行動力があれば記事に共感してもらえることを理解しましょう。自分の記事に自信を持つこと
kaiwa4.jpg


今日はPart3になるので中級編です。

訪問者やユーザーが嫌うことをしない。←重要 相手の立場に立って考えてサイトを作るです。

これはもっともなご意見ですが、広告に関してです。日本には大手のポータルサイトや、人気BLOGサイトなど沢山あります。アクセス数が多いほど、どのような広告が表紙になっているのか慎重に吟味しています。
Googleアドセンスは人気ですが、あえてそれを使わず手動で、SEさんやデザイナーの方が毎日交換+更新しています。
言い方を変えれば賢いサイトさんはGoogleアドセンス1個と他のアフリさんの広告を吟味して選んで貼ります

例えばYahooの表紙は、毎日広告会社も違いますし、壁紙変更しています。ユーザーが検索したワードなど関係なく、5~6種類の広告を入れ違いに入れるんです。毎回同じだとユーザーが毛嫌いして、Yahooサイトに来なくなるということをリーサーチ、市場調査だけではなく経験上からわかってるんです。

でも某超大手SNSサイトは、表紙にGoogleアドセンスのみの広告を上、脇、下5か所も大きなものを貼るので、大変なことになってます。例えば、私が段ボールの値段を検索欄に入れると、1週間ほど段ボールの広告だけが5か所表示されます
ギャグのような本当の話です。まさに嫌がらせ!クレームを入れたとしても、「クッキーを削除してください。あなたが悪い。」遠回しにこのようなことを言われておしましです。会社のマニュアルにもそう書いてあるのでしょう。

確かに、クッキーを削除すればいいのですが、そうなるとまた自動登録のパスワードなどを再度入力。10か所以上登録をしていると、パスワードノートをみると手間と時間がかかります。
広告表示を手抜きでGoogleアドセンスや他の日本のネット広告代理店のURLを貼り付けしただけだとこうなります。

「クッキーを削除」←それはわかる。でも私だけではなく、他のユーザーもそう思ってるのに違いない。
高齢のお年寄りがクッキーをわざわざ削除して設定やり直しする?段ボールだけだけでなく、他の商品検索もよ?
広告5か所を表示されたくなければ、毎月330円を課金しろと表示もされています。1年の課金で3960円で5年で19.800円。
課金になれると無自覚になるのかよくわかっていない方も多いです。

このSNS会社、広告会社からも毎月高額収入を得て、無知のユーザーからも330円主に高齢のお年寄りから、も集金しているわけですよね。このような体質は企業としてどうなの?やってはいけない境界線です。

このSNS会社ソーシャルゲーで多額の儲けはあるようですが、SNS自体は10年以上前から下火です。以前は勢いもあり評価も高かったんです。いつの間にか経営戦略を間違えたのか、ユーザー数も評価も激減。残念な状況になりました。

これが、そのユーザーの一部の意見だいたい200人程度からのお仲間さんからとったアンケートです。
この企業の運営さんは同じこと数年は継続してやっています。誰も企業内で改善しようとか考えないのでしょうか?これが結果というものです。

要するに、ユーザーが増えるのも減るのも、表紙に置く広告は質などをきちんと毎日チェックするのは大切だとおもいます。

企業名を晒すことは禁じられておりますのであえて書きません。どうか諸事情をお察しください。

SNSに登録するならば広告は最小限で、利用も無料なのが適切かとおもいます。

後半は英文の翻訳記事にしました。





クリエイターがたくさん使ってる、ロリポップ!


独自ドメインやデータベース、PHP・CGI・SSIはもちろん
大人気WordPressなどの簡単インストールをはじめ、

カート機能、cron、SSH、共有/独自SSLなど機能満載。

メールアドレスはいくつでも作成可能!

容量最大1TBで月額110円から。








アフィリエイトを始めるなら!A8.net
■ 最近テレビや雑誌で話題のアフィリエイトって知ってますか?
サイトやメールマガジンに企業の広告を掲載してそこから、 会員登録や資料請求・購入が行われると数%の報酬がもらえる 仕組みです

★ A8.netなら!スマートフォンやPCから簡単に広告が掲載可能

◆もちろん会員登録は無料。その後も費用はかかりません!

◇欲しい商品がお得に購入できるセルフバックの利用ができる ◇有名ブランドから高額報酬がもらえる広告を掲載

 アフィリエイトを始めるならA8.net(エーハチネット)












Hello, how are you all doing? I'm Nanai.

Today, I'm going to write a sequel to yesterday's article, "How to get to the top of the search results".
If you are a beginner, but want to write a blog, and want to get results from it.
I'm in my 50's and I'm wondering if I can make some money by writing a blog. I'm in my 50's and I've been asked if I could write a blog and make some money.

The original goal of this blog was to be a way to become bilingual in English and Japanese with as little money as possible, but I'm not getting sidetracked. I will gradually connect them in more articles. Please be patient.


How to become a top searcher 1, How to get to the top of the search results 2, Please click here to read our previous articles.


depositphotos_13345433-stock-photo-streets-of-chaouen.jpg





How to get to the top of the search results Part 1 Summary
.
  1. Make the article easy to understand Make the article as simple as possible.
  2. Express your ideas in an original style.
  3. Do not reproduce without permission from social networking sites or forums.
  4. Please include keywords in the title.
  5. How many readers do you have? What is your readership? Think about this when you write your articles.


yak0075-024.jpg




How to get to the top of the search results Part 2 Summary.
  1. It takes at least six months for a site to develop. Until then, no matter how hard you try, you will only get an average of 100 hits per day in a Japanese only environment, and a few thousand hits per month.
  2. You should aim to write 100 good quality articles over the next 6 months or so until the site grows.
  3. If possible, look at English-speaking subscribers, not just those who understand Japanese.
  4. Understand that people can relate to your articles if you are passionate and take action, even if the language is different. Be confident in your articles


31945031128_3f4984660c_b.jpg




Today we are going to look at Part 3, which is an intermediate version.

Don't do anything your visitors or users don't like. Important Put yourself in the other person's shoes when creating your site.

This is a fair point, but it is about advertising. In Japan, there are many major portal sites and popular blog sites. The more traffic you get, the more carefully we examine what kind of ads are on the cover.
Google Adsense is very popular, but we don't dare to use it, it is manually exchanged + updated every day by SEs and designers.
To put it another way The clever sites choose one Google Adsense and other Afri ads after careful examination.

It's a good idea to have a good idea of what you're looking for. For example, on the cover of Yahoo, we have a different ad company and we change the wallpaper every day. 5 to 6 different ads are placed in different places, regardless of what the user searches for. We know from experience, not just from market research, that if it's the same every time, people will hate it and stop coming to Yahoo.

However, one of the biggest social networking sites has a big Google Adsense only ad on the front cover with 5 large ads on the top, sides and bottom. For example, when I put the price of corrugated cardboard in the search field, I get only the cardboard advertisements will be displayed in five places.
This is a true story, like the one above. Harassment indeed! Even if you complain, you will be told: "Please delete your cookies. It's your fault." This is the kind of thing you are told in a roundabout way. I guess that's what the company manual says.

If you've registered more than 10 places, you'll have to spend a lot of time looking through your password notes.
This is what happens when you use Google Adsense or any other Japanese online advertising agency.

I understand that. But it's not just me, other users must think so too.
If you don't want to be shown 5 ads, you have to pay 330 yen per month(3US$). 3960 yen for 1 year, 19.800 yen for 5 years.
Many people don't understand that when you become accustomed to the charge, you become unaware of it.

This social network company gets a lot of money every month from advertising companies, and also from ignorant users, mainly elderly people. What is the nature of a company like this? This is the borderline of what you should not do.

This company has made a lot of money from social gaming, but social networking itself has been on the decline for over 10 years. It used to have a lot of momentum and a good reputation. But then they made a mistake in their management strategy and the number of users and the reputation of the company decreased dramatically. It's a shame.

In short, it is important to check the quality of the advertisements placed on the cover of the site on a daily basis to ensure that the number of users increases or decreases.

We don't want to reveal the names of the companies, because it is forbidden to do so. Please understand that we are not allowed to reveal the names of companies.

If you want to join a social networking site, it should have a minimum of advertisements and be free to use.






関連記事