ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

検索上位になるには2 How to get to the top of the search results Part2

2021/08/14
Mobile・VPN・Acess UP
検索上位 ブログ 楽天 アマゾン 東京オリンピック 開催国 2021 タイトル キーワード リライト
こんにちわ♪ナナイです。東京オリンピック2021も日曜日の8月8日に無事終了し、開催国としての達成感がありました。
色々と国際的に騒がれたオリンピックでしたが、コロナ禍蔓延の中日本は頑張ったと思います。ここは拍手を送るべきです。
みなさま観戦お疲れ様でした。°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

今日のトピックは『検索上位になるにはパート2』です
前回の検索上位になるにははこちらです。



検索結果の上位に表示されるためには

1.わかりやすい記事にする なるべくシンプルな記事にしましょう。
2. オリジナリティあふれるスタイルで、自分の考えを伝える。
3. SNSや掲示板などからの無断転載はしない。
4. タイトルにはキーワードを入れる。
5. あなたの読者は何人いますか?読者層は?記事を書くときにはこのことを考えてみましょう。



aki3.png aki3.jpg


前回の特集だけでは物足りなかったです。
というのは、新ブログを立ち上げたら、100記事を書いたあと半年放置しないと検索上位にあがらないという、裏の常識を知らなかった方には、ちょっとべシックなことだらけで申し訳なかったです。

BLOGや新サイトを立ち上げたら、サイトが成長するまで半年間放置ではなく、維持しながら頑張ってリライト+新記事をかきながらはしないといけません。放置していたBLOGはどうなのかといえば、やはり、古い記事はリライトか表からお蔵にいれるなどなんなりして、整理しましょう。

今はそんな簡単に検索で上位になることはできません。ここ1か月実験を兼ねて、どうやったら、立ち上げ+仕切り直しで、1か月1万~2万の訪問者を迎えることができるかやってみました。

最大のラスボスは日本では楽天・アマゾンです。

なぜなら、商品に関連する記事を書いたら高額なリスティングワードを購入しないかぎり、この上にいくことはできません。
いい記事を書いて1日だけTOPへ上昇しても次の日には塗り替えられます。そういうプログラム。




アイスの型販売中 詳細はバーナーをクリックすると飛びます

例えばです。Brambly Hedge検索ワードを入れるとTOPにでてくるのは、アマゾンと楽天で販売している書籍です。
公式のブランブリーヘッジではありません。こちらは2ページのすみっこに追いやられてます。リスティングワードが20件ぐらい並んだ最後の末端に追いやられている感じ。過当競争がすごくなったなぁと思いました。

『ナナイの大冒険』でここ1か月で1日の訪問者で一番多い記事は、Brambly Hedge、Jill Barkleim 、のばらむら、Jill Barkleim、Alice In Wonderland、不思議な国のアリスです。しかもスマフォユーザーが多いので、GoogleアナリスティックではPCの解析状況しか載りません。レンタルサーバーでは、訪問者がPCのみなのですね。しかもVPNを使用しているとそれですら足跡は残りません。

でも、お世話になっているアフリさんの所で訪問者を探ると、1万~2万の間になってます。
1か月目ですと数百が普通のサイトの平均です。毎日10の訪問者があればいいほう。
だから、多いアクセスは、ちょっと嬉しいですが、リスティングワードを購入せずに、
1か月で10万アクセス超えるところを半年以内で達成を目標にしています。

ということで少ない時は90の訪問者、多い時は1500位です。(7月中のデーター)。なぜ訪問者が多かったというと、その日はなぜか自分の記事を英文で執筆し、日本語の記事と両方入れました。
英語圏の購読人口は、Googleでは17億5千万人、日本語人口は1億人未満です。
ですから、訪問者を増やすには、英文で、いい記事をかくしかないみたいです。趣味でも、自分語りでも、世界中に自分の世界について共感してくれる語り口の読み物であれば、購読者は増えます。

それを毎日です。立ち上げたら半年は毎日やりましょう。

ある程度記事の数が増えたら、広告はGoogleアドセンスに申請がいいですね。世界中の人が見るのであれば、日本のアフリエイトの広告を貼っても意味がありませんし。私は、こちらのブログでは基本的に、サーバーを維持する為に日本の会社さんにお世話になってます。





ブリティッシュローズセット販売中 詳細はバーナークリックでボディショップ公式へ飛びます



Hello... this is Nanai.
The Tokyo Olympic Games 2021 came to an end on Sunday 8th August, and as the host country we felt a sense of achievement.
There was a lot of international fuss about the Olympics, but I think Japan did a great job despite the spread of the corona scare. We should applaud them for that.
Thank you all for watching the games.

baby7.png

Today's topic is "How to become a top search engine part 2".
Last time we talked about how to get to the top of the search results.




In order to get to the top of the search results

1. Make your article easy to understand. Make your article as simple as possible.
2. Use an original style to convey your ideas.
3. Don't copy from social networking sites or forums without permission,Please!
4. Include keywords in the title.
5. How many readers do you have? Who is your audience? Think about this when you write your article.





The last feature was not enough for me.
Because if you didn't know the common sense behind the idea that when you start a new blog, you need to write 100 articles and leave it for 6 months to get to the top of the search results, I apologize for being a bit besic.

When you start a blog or a new site, you should not neglect it for 6 months until it grows, but you should maintain it and try your best to rewrite and write new articles. If you have neglected your blog, you should rewrite your old articles or put them in the storehouse.

It's not that easy to get to the top of the search results nowadays. For the past month, I've been experimenting to see how I can get 10,000-20,000 visitors a month by launching and relaunching.

The biggest rascals are Rakuten and Amazon in Japan.

Because if you write an article related to a product, you can't go above this unless you buy expensive listing words.
Even if you write a good article and it rises to the top for one day, it will be repainted the next day. That's how the program works.

For example, if you enter the search term Brambly Hedge, the top results are books sold on Amazon and Rakuten.
It's not the official Brambly Hedge. This one is relegated to the corner of page 2. It's relegated to the very end of a list of about 20 listings. I thought the competition was getting too much.

The most popular articles on Nanai's Big Adventure in terms of daily visitors over the past month have been Brambly Hedge, Jill Barkleim, Nobaramura, Jill Barkleim, Alice In Wonderland and Alice In Wonderland. And because we have a lot of smartphone users, Google Analytics only shows PC analytics. So, on a rented server, the only visitors are PCs. Moreover, if you use VPN, even that doesn't leave a footprint.

srwre.jpg

But if you go to Afri's site, you will see that the number of visitors is between 10,000 and 20,000.
In the first month, a few hundred is the average for a normal site. It is better to have 10 visitors every day.
That's why it's nice to have a lot of traffic, but it's not enough to get over 100,000 hits in a month without buying listing words.
Our goal is to reach over 100,000 visits in a month within 6 months.

So at the moment we have 90 visitors and at the moment we have about 1500. (Data for the month of July). The reason for the high number of visitors is that I wrote my article in English and included both Japanese and English articles on that day.
The English-speaking world has a subscription population of 1.75 billion on Google, while the Japanese population is less than 100 million.
So it seems that the only way to get more visitors is to write good articles in English. Whether it's a hobby or a personal story, if you can tell the world about your world in a way that they can relate to, you'll get more subscribers.

Do it every day. Do it every day for the first six months.





関連記事