ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

ミラクル・ヤンは実在した歴史的英雄

2021/08/08
Trend・Pick up News
ヤン ミラクル 映画 チェコ 銀河英雄伝説 ヤン・ウエンリー 銀英伝 マイケルケイン リリース ベン・フォスター
今ハリウッドとチェコでHOTな話題と言えば、来年公開予定の映画『ヤン・ジシュカ』です。

maxresdefault.jpg

アメリカの俳優ベン・フォスターがマイケル・ケインと一緒にボヘミアンの軍事司令官として主演しました。ウィリアム・モーズリーとティル・シュヴァイガー。チェコの俳優オンドジェイ・ベトキ、マレク・ヴァシュット、ヤン・ブダシュもこの映画に出演します。

fc2blog_2021080723270914f.jpg

ヤン・ジシュカが若い頃のフス戦争の前に設定された英語の伝記は、彼がドイツ騎士団と神聖ローマ帝国の軍隊を打ち負かした有名な武将になった経緯を物語っています。報道によると、この映画は、オーストラリアの女優ソフィー・ロウが演じる地元の相続人との関係と、ライバルの王との対決にも焦点を当てています。

imagesセクェ 20180913-film-zizka-jakl-foster-schwiger1.jpg

中世はチェコの映画史上最も高価な映画になると予想されています。

ヤン・ジシュカは革新的なフス派の軍事指導者であり、1410年のタンネンベルクの戦いでドイツ騎士団と戦い、1421年のクトナーホラの戦いで神聖ローマ帝国を破ったことで有名 です。時間は、彼が特にワゴン砦の利用開発を支援vozováhradba で チェコや Wagenburg モバイル要塞として、ドイツ語を。彼はまた、通常は自分の軍隊を上回っている熟練した装甲の敵と対峙するように農民を迅速に訓練することでも知られています。

knightfall_s2_battle_unit.jpg

2022年にリリース予定。

zkw3hvaw3y031.jpg

ヤン・ジェシカ Wiki版
日本人でヤンときけばあの銀河英雄伝説の主役 自由惑星同盟の提督 ヤン・ウエンリーなのですが。
このヤン・ジェシカの小説のレビューやあらすじをみると、歴史的実在の人物で、舞台設定はチェコスロヴァキアなのですが、なんとなくですが、田中芳樹氏が描写したキャラクター設定のヤンと凄く似ている部分があります。

これは偶然なのでしょうか?銀河英雄伝説は1980中盤、まだネットが普及されておらず、実在のヤン・ジェシカの歴史的事実は日本の大学では殆ど研究されておりませんでした。更にチェコ語で歴史・文学などの参考資料手に入れることは皆無でしょう。
なので、田中氏が情報を手に入れることはありえなかったと推測しています。万有百科事典に小さい枠で情報がのっていたかもしれませんが、それを機に壮大すぎるシナリオを執筆できるわけはありません。

それにしてもジシュカという発音がジェシカと似ているようなファミリーネーム。銀英伝ファンならなにか突っ込みをいれたくなりますよね。

もしかして田中氏の前世が『ヤン・ジシュカ』だったのでは?
真面目にそう思いました。まぁ妄想はここまでにしておきます。

私が言いたかったのは「ミラクル・ヤンは実在した!」←重要

ここからは、英国の歴史家とチェコの歴史家が書籍で発表した原作についての翻訳です。

中世史の第一人者であるペトル・チョルネイ教授は、。900ページで、彼はトロツノフのフス派軍事指導者ヤン・ジシュカの運命を紹介しています。たとえばナショナリストや共産主義の歪みに影響された後の解釈も。フス派革命が始まってからちょうど600年後、当時の歴史への関心が大きく復活しました。2022年、Petr Jákelによる次の長編映画ヤン・ジェシカで最高潮に達します。

チョルネイ教授の本Jan Žižka ヤン・ジシュカのサブタイトルは、Life and Times of a Hussite Warriorです。Pasekaから出版されています。
チョルネイ教授の科学的研究とJáklのほぼハリウッドの光景には多くの共通点があるかもしれません。彼は同じような色で中世の軍事指導者を描きます。どちらも彼のカリスマ性、信仰、そして軍事的才能に焦点を当てます。

jan-zizka-statue-in-prague_1268-6381.jpg



こちらは英語で唯一読めるヤンジェシカの歴史大河小説。日本語版にはなっておりません。

Warrior of God: Jan Zizka and the Hussite Revolution


神の戦士:ヤン・ジシュカとフス派革命


1360年に生まれたヤン・ジシュカは、14世紀と15世紀に中世ヨーロッパを巻き込んだ、軍事的、宗教的、政治的、社会的な記念碑的な革命の旋風の中で人生と軍事的キャリアが設定された恐るべき人物でした。

プロテスタント改革中の最初の宗教戦争であるボヘミアのフス派革命の指導者である彼は、その記録が事実上比類のない前向きな軍事天才でした。神聖ローマ帝国??鉄の男として知られている装甲騎士の巨大なプロの傭兵たち。

3bd04e6cb2947d928b2f02ce6409f18c5a42da28.jpg

彼の数多くの革新の中には、現代の戦車を予感させる小さな大砲とマスケット銃を装備した装甲貨車がありました。彼のその後のキャリアの多くで彼は完全に盲目になったという事実にもかかわらず、これはすべて達成されました。

中央ヨーロッパ以外では、彼についてはほとんど知られていませんが、今日、彼はチェコの国民的英雄と広く見なされています。この独創的で魅力的な研究では、歴史家のビクターヴァーニーが権威ある分析とカラフルな逸話を組み合わせて、この忘れられた軍事の天才と彼を取り巻く魅力的なキャラクターのキャストの信じられないほどの悪政を暴き立て覆していきます。

レビュー

war-jan-matejko-battle-of-grunwald-classical-art-wallpaper-preview.jpg
ヤン・マテイコの絵「グリュンヴァルトの戦い」

レビューがよりわかりやすかったので記載しました。元はチェコ語です。

Mieczyslaw Kasprzyk
2012年12月4日

ヤン・マテイコの絵「グリュンヴァルトの戦い」があり、いつも私を魅了してきました。この絵は、ヴワディスワフ・ジャジエロの39,000人のポーランド・リトアニア騎士団とその同盟国が、ヨーロッパで最も強力な軍事組織の1つである27,000人のドイツ騎士団を粉砕した決定的な戦いを祝うものです。カトリックのポーランドの騎士は、リトアニアの異教徒、正教会のキリスト教徒、リトアニアのイスラム教徒のタタール人、そして「異端の」ボヘミアのフス戦争で構成された軍隊の少数派でした。私は最初にこの絵をポーランドの切手として見ました(当時は世界最大でした)。

混沌とした塊です。男性は残忍な戦闘に従事しています。槍、剣、斧、馬、旗。この混沌の中で、3人の人物が本当に際立っているように見えます。槍の力強い突きと斧で振り回そうとしている戦士の押しに陥ろうとしている。ビロードのような赤で腕を上げた中央の王冠の人物は、まるで神の幻に打たれたかのように輝きを放っています。そして、右側の三角形を完成させると、郵送された戦士が、剣で強烈な打撃を与えようとしているときに、腕が肩越しに戻ってきます。ジェスカです。

それで、私がこの本を手にしたのは本当に興味深かったです(それは表紙にマテイコのジェスカでした!)。最初は、少し紛らわしい紹介がチェコの土地と同じくらいハンガリーの陰謀に時間を費やしているように見えたので、私はがっかりしました。著者がやろうとしていたことを私が理解し始めたのは後になってからです。この物語は、私の怠惰な脳が押し出されて、絵が一緒になるにつれてつながりを作り始めるジグソーパズルのようなものだと感じ始めました。これらは興味深く、混沌とした時代であり、興味深い時代は、個人が人生の不利益を克服する機会を生み出します。 1300年代後半から1400年代初頭の混沌は、未来の多くが築かれたるつぼでした。

ボヘミアの宗教的状況、1300年代の教皇の危機が特定の宗教的問題(特に教皇不可謬説の問題、さらには教皇のリーダーシップの権利の問題)の疑問にどのようにつながったかについての良い説明があります。聖書の土語への翻訳とナショナリストの感情の成長との間にも強いつながりがあります。 1300年代後半のアングロボヘミアンのつながりは、ボヘミアでのウィクリフの教えの広がりにつながり、徐々に宗教的および政治的状況の不安定さが神聖ローマ皇帝、フス派革命および戦争への不従順につながりました。

Sophie-LoweWilliam-Moseley-foto-Eliška-Bartlová-
主人公ヤン役とヒロイン

私たちは、フスの教義について何がそれほど魅力的であったかについての実際の説明なしに、フス派革命とプラハの最初のデフェネストレーションに直接飛び込みます。どういうわけか、すべてが1300年代の教皇危機の混乱、反ドイツ感情の成長、汎スラヴ主義の台頭、さらにはチェコのナショナリズムの誕生の苦痛に関連しているという提案があります-なぜですか?何がこれらの感情を助長しましたか?それは単に混沌の中の秩序への欲求でしたか、それとも、示唆されているように、はるかに複雑でしたか?

そして、この背景に対して、私たちは片目で、相対的な曖昧さと貧困から王の男、女王の商工会議所、そして後にフス派軍の霊感を受けた指導者になるまで上昇しているヤンを持っています。規律の重要性を認識したのはヤンでした。そして、戦闘で無秩序な重騎兵に会うことが期待される大部分の農民軍のために開発された武器と戦術の使用について。ジスカは最初の本当に近代的な軍隊を作りました。

反乱に対する帝国の対応はうまく処理されています。私たちは、摂政であるルクセンブルグのジギスムントが何であるか、そしてチェコ人が何を我慢しなければならなかったかを見始めます。シギスムンドの優柔不断とそれがすぐに終わるだろうと思った彼のドイツ軍の傲慢さは、彼らの最終的な、無知な撤退をもたらしました。一方、ヤンは自分が決定的であることを示し、その結果、彼の名声は高まりました。

dfwerw.jpeg

本当に明白になるのは、チェコ人がドイツ人に対して感じた敵意と、神聖ローマ帝国からの自治への欲求です。言い換えれば、宗教の自由への欲求と結びついたチェコのナショナリズムは、この展開する物語の原動力として機能します。
しかし、差し迫った脅威が消散すると、フス派のより穏健な(カリクスティンまたはウトラキスト)腕とより過激な(ターボル派)腕の間で問題が発生しました。ヤンが過激派と同盟を結んだ理由は、彼らの信念や行動の一部に懸念を抱くことがあったため、はっきりしていませんが、熱心なターボル派を強力な軍事力に変えたことは間違いありません。

これは陰謀と暴力の本当の話です。さまざまな派閥が発生し、過激派が行動し、物事のペースに不満を持っているため、すべての革命が制御不能になっているように見えるのは興味深いことです。ヤンはずっとバックグラウンドにいるように見えますが、彼は本当の原動力です。有能なリーダー、敬虔な男。時々、彼の行動は厳しく、宗教的な熱狂者の過激主義を彷彿とさせるように見えますが、ほとんどの場合、彼は過激主義に君臨しているようです。これらは、残忍な命を奪う暴力的な時代でした。納屋や教会で囚人を燃やし、彼らを生きたまま鉱山の立坑に投げ込み、大量殺戮。

シギスムンドと彼のドイツ軍のすべての策略の中で、ポーランド・リトアニア連邦の現実の政治と相まって、過激なフス派の要素がより保守的な要素と衝突することは避けられませんでした。彼らがシギスムンドと戦っていないのなら、彼らは内部の闘争に巻き込まれています。外国の敵に直面したとき、彼らの軍隊は無敵と見なされました。カトリック軍は、神が実際にどちらの側にいるのかを疑問視し始めました。この宗教的な疑問は、ドイツ人の間でフス派のリーフレットが広まったことによって助長されました。

疫病であるジスカの突然の死は驚きです。より重要なのは、チェコ人が自由を失ったときのドイツの敵による彼の体の扱いです。ワイクリフやクロムウェルのように、それは解体され、犯罪者の死体として埋葬されました。これが恐れと憎しみです。穏健なフス派は、最終的に、勝利者を出しました。彼らはリパニーでターボル派を全滅させ、海外で平和を確立することができました...三十年戦争が起こるまで。

フス派革命はヨーロッパの歴史において重要な瞬間です。それは1世紀後の改革に伴う内戦を予言し、宗教的熱狂に触発された組織的で統制のとれた軍隊で軍事的に可能であったことを示しました。それはまた、封建制度の殻の最初の亀裂でした。なぜなら、その高さで、法の下では誰もが平等であると見なされていたからです。時々、現代世界の誕生を観察していると感じることがあります。

マテイコの絵では、ヤンのすぐ後ろと右にポーランドの騎士、ザウィスタ・ツァルニーがいます。彼は彼の時代の最も偉大な騎士の一人であり、ヨーロッパ中で有名でした。この騎士が鎧を着ていないので、このような接近戦で槍を使うべきだというのはいつも不思議でしたが、ヤンに近いので、私はいつもこの2つを頭の中で結びつけてきました。したがって、ヤンが実際にグルンヴァルトで戦ったことがなく、彼とザウィスタ・ツァルニーが第2の反フス派十字軍の反対側にいることに気付いたのは驚きでした。

Jan-Zizka_0.jpg

いかがでしたか?機会があったらヤン・ジシュカの本 900ページ超を読んでみたいですが、これが日本語版になることはまず不可能ですから、アマゾンで購入して自力翻訳しかありません。



チェコのチョルネイ教授と田中芳樹氏の対談が叶うならば、是非傍聴したいです。
でも、、チェコ語の通訳必須よね。ここが難問です。
案外意気投合しそうですね。どう思います?チェルネイ氏は、ヤンの生涯を語る為と舞台設定の構想に16年かけた物語とインタビューで答えています。

sp_chara2_01.jpg





eikyuu1.jpg

UーNextでは銀河英雄伝説+機動戦士ガンダム見放題キャンペーン中
--------------------------------------------------------------
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>
---------------------------------------------------------------

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実!
スマホで1000ch以上の音楽放送も楽しめる!電子書籍も読める!
PC、スマートフォン、タブレット、テレビなどで今すぐ「観て」「聴いて」
「読んで」楽しめる新しいエンターテイメントサービスです!


【ビデオ】
■最新映画はレンタル同時配信■
 貸出中の心配なし!レンタルビデオの新作コーナーがあなたの手元に!
 過去の名作も!

■地上波テレビドラマを追っかけ配信■
 放送中のドラマから懐かしのドラマも豊富!
 もう見逃しても心配ありません!

■海外・韓流ドラマの決定版■
 見始めたらもう止まらない作品が盛りだくさん!
 時間の許す限りイッキに楽しめます!

■アニメ見るならU-NEXT■
 国民的な娯楽であるアニメをとことん楽しめます。キッズ向け作品も
 多数配信!

■バラエティ番組も配信中■
 懐かしのバラエティ番組から、ドキュメンタリー番組まで見逃せません!














関連記事