ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

野ばら村物語 ジルが遺した貴重な下書き Rrough Sketch of Brambly Hedge by Jill Barkleim

2021/08/06
BramblyHedge・野ばら村の物語
野ばら村のけっこんしき 下書き ジル 晩年 網膜剥離
 こんにちわ♪ナナイです。

先週なんと!野ばら村物語のサマーストリーの日本語版 野ばら村の結婚式が出版されていまして、7月27日付でした。
気付かない私も愚かでしたが、気がついたので、出版社にご連絡して10記事に加筆させていただきました。
無事に8巻目のポピーの赤ちゃんまで出版できますように。

偶然なのですが、そのころから急にジルバークレイムの記事を書き始めている私。
あれは正夢だったんですね。数日前の日記で、ジルが夢に出てきた。あの下りです。

そして今日は、ジルの下書きのサイトがあるかどうかチェックしていました。

下書きを英語でドラフトって言います。漫画で言えば、原作者がコマ割りを作る感じです。
絵本の下書きは、漫画と版画作りに似ているので、原画の作り方も似ています。

私は、版画(リトグラフや銅版画エッチング)もするので、ドラフト20枚はごく当たり前なので、彼女の察する意味はわかります。
より完成度の高い作品を遺したかったんでしょうね。出版社のお話によると100枚近くも鉛筆で書いたというお話もききました。
それで眼を悪化させてしまった。そのように思います。

私は適度にさぼってしまって、目が疲れたら寝るようにしています。

母が、網膜剥離でジルと同じ病状があり、何度か手術しています。失明は逃れましたが、眼圧が高く日常生活が辛そうです。
そのせいか、ジルの気持ちがよくわかります。

14079701_1364537446908471_7669843535232919219_n.png

ジルがまだ生存していた、時期のお話も英国のbramblyhedge.com/にも詳細があります。ジルは8冊目のポピーの赤ちゃんの原稿が全部の光景が一度にはよく見えなかったようです。視野が半分欠けているので、黒点になってしまう。失明箇所がある。
とても可愛そうな境遇だったようです。それで脱筆されて、作品をその後作れなかったのです。

説明が英語のみで、日本語の翻訳もまだでしたので、こちらで要点だけつまんだいい方になってしまいますが、ある程度の解釈をご理解いただけたら幸いです。

292d87321a5d50180d506b0b870e02b8.jpg



今日のメイントピックはジルのフェイスブックのページです。

野ばら村物語でお馴染みのジル・バークレイムの晩年の画像。恐らく娘さんのエリザベスが、彼女の代わりにフェイズブックを遺してくださってるのかと思われます。2018年の頃の記事 Jill Barklemのフェイスブックのサイト (英文)

We sincerely hope that although she was taken too soon, Brambly Hedge will live on for many years to come, and bring happiness to many more generations. ♥️
私たちは彼女があまりにも早く連れ去られましたが, Brambly Hedgeがこれから何年も生き, さらに多くの世代に幸せをもたらすことを心から願っています. ♥️


36336034_2102200099808865_9032279617481736192_n.jpg

ジルバークレイムは、異常なほどの完璧主義?いえいえ、この野ばら村ことブランブリーヘッジを愛していたからなんです。だから手を抜きたくなかった。

ブランブリーヘッジの出版元であるコリンズ社の担当者がツイッターに下書きを遺しておいていただいたのでまとめてアップいたします。

CwadGCqW8AEXXqK.jpeg

CwadSprWIAALxpY.jpeg


「ラフスケッチ」と最終製品。 ジルは最終的なイラストの前に何百もの予備スケッチをしました
ハーパーコリンズ・出版者Twitter  2016年11月4日
The 'rough sketch' and the final product. Jill did hundreds of preliminary sketches before the final illustrations
@HarperCollinsCh https://pic.twitter.com/7DGArW16Da

55f2ad46-6ce3-4c5b-8332-8f46d2791cf8-1.jpg

72316104_2661757913875927_4901412701055483904_n.jpg



スケッチを最終的なイラストと比較するのが大好きです。 ご覧のとおり、これは最終バージョンに非常に近いものでした。
ブランブリーヘッジ英国公式サイトより 2019年10月5日

We love comparing the sketches to the final illustrations. This one was very close to the final version as you can see.....

Brambly Hedge Official


Hello, I'm Nanai.

What a surprise last week! The Japanese version of the Summerstory of Nobara-mura story, Wedding in Nobara-mura, was published, and it was dated 27th July.
I was foolish not to notice it, but I did, so I contacted the publisher and added it to the 10 articles.
I hope you will be able to publish the eighth volume, Poppy's Baby, safely.

Coincidentally, I suddenly started to write articles about Jill Barclaym around that time.
That was a positive dream, wasn't it? In my diary a few days ago, Jill came to me in a dream. That's the descent.

And today I was checking to see if there was a website for Jill's drafts.

71-e0KexRQL_1024x1024@2x.jpg

A draft is called a draft in English. In Japanese Comics book, it's like when the author makes the frame layout.
The drafting of a picture book is similar to the making of a comic book and a print, and so is the making of the original picture.

I also do printmaking (lithography and etching), so 20 drafts is quite normal for me, so I know what she means.
I guess she wanted to leave behind a more complete work. The publisher told me that she wrote nearly 100 sheets in pencil.
That's why his eyes got worse. That's what I think.

I skim in moderation and try to sleep when my eyes are tired.

My mother has the same condition as Jill, a detached retina, and has had several operations. She has avoided blindness, but her eye pressure is so high that it makes daily life difficult.
Maybe that's why I understand Jill's feelings so well.

There are also details of the story of the period when Jill was still alive and in the UK at bramblyhedge.com/. Jill's manuscript of the eighth book, Poppy's Baby, seems not to have been able to see all the sights clearly at once. Half of her field of vision is missing, so she has black spots. There is a spot of blindness.
It was a very sad situation. That's why he lost his pen and couldn't make any more works.

The explanation is only in English, and the Japanese translation is not yet available, so I've just summarised the main points here.
a136fdd8104555806652e02d7445b8cf.jpg





野ばら村の結婚式 Brannbry Hedge Summer Storyの日本語版が7月29日に発売されました。アマゾンで購入できます。
出版者は講談社ではなく、株式会社出版ワークスです。
翻訳者のかたは、留学経験もあるこみやゆうさん。今後が楽しみな翻訳家のかたですね。
229520317_4408748592510175_4088391415512840582_n.jpg

野ばら村のピクニック

185329929_4171741486210888_1566042957236919841_n.jpg
関連記事