-->
ナナイの大冒険

ウィルフレッドの山登り  野ばら村の物語 High Hill 

2021/08/05
BramblyHedge・野ばら村の物語
ウィルフレッドの山登り 野ばら村の物語 ハイヒール フォレストサイド エッピング ジル
みなさんこんにちわナナイです。

今日は一週間前に書いたジルバークレイムの記事のリライトをします。
このBLOGは当初、英語圏在住が20年+αの私のバイリンガル最速到達方法でした。

ですが、気づいたのです。
アクセス解析をしたところ、1か月未満の結果です。

ゲストの方は、日本ではなく、世界中から
Jill Barkleim関連の伝記とか、バイオグラフィー プロフィールやインタビューと検索していらっしゃる方が多いのです。
仕切りなおしたブログではありますが、開設間もないのに1日で1200の訪問者がいたり。。。
うれしいというか複雑ですが、、、この際思い切って、好きなことをすきなだけ書こうと決めました。

きちんと考えました。

できるだけジルJillのことを書こうと思います。わかりやすい、老若男女かかわらず、できるだけ理解しやすい内容でと。
私のBLOGはたまに世界情勢もちょっと載せているのでわかりにくい、難解な言葉の時はご了承くださいませ。

私は、自分の好きな、童話や絵本を読んで読解力をつけたおかげで、英語圏の現地のかたと交流できるようになったし。

絵は幼少の頃から描いていたので、当初は画家ではなく、イラストレーターみたいな職業につれければと考えていたんです。
今は、ブロガーもやって、一応画家ですが、デザインも職業ですし。

そして幼馴染や同級生には、職業がなんであるか、内緒にしています。
自分の創作活動がストップしてしまう、懸念があるからです。色々と質問されるのが苦手です。
芸術家は、、殆どの方はそうでしょうが、今現在のやっているプロジェクトや構想は隠しておきたいですし、
考えている台詞やインスピレーションなど話したくはありません。

最小限のことを話すだけで精一杯。孤独でストイックな創作活動、これでいいとおもっています。
やはりライン作業ではないですから、独創性をたもつには空間と時間と距離は大事なんです。

想像したものを作品に丁寧に表すには精神力が必要です。

これがJill Barkleimの想像力とつながると認識したこともありますが、こんごネタをみつけてはこちらの記事でアップしていく予定です。是非お楽しみに。

ではナナイの自分かたりはここまでにして、メインの記事をどうぞ。

i-pronounce-you-mouse-and-wife-brambly-hedge.jpg



リーフォンテイン氏の記事より。エピング出身のJill Barklemジル・バークレイムは2001年に故郷で個展を開きました。その時の記者のリーと出会います。2001年といえば20年前、ジルが有名な絵本作家でしたが、英国の地元ではそこまで彼女が目立った存在ではなかったということを文書で話しています。ネットもさほど普及しておりませんし、スマフォもない時代です。

以下翻訳記事

ジルの描いたBramblyHedgeの絵本は、世界中で読まれています。 
2001年の記事 News shopper

彼女の作品は世界中で知られていますが、ジル・バークレム自身が故郷のエッピングではさほど有名ではありませんでした。

バークレム夫人は、ネズミの童話についての美しく描かれた絵本ブランブリーヘッジの著者です。

彼女の最初の絵本は1980年に登場し、それ以来、物語は13の言語に翻訳され、売上高は450万を超えました。

彼女は、「学校で絵を描いているのを発見しました。13歳で網膜剥離があり、スポーツができなかったので、ジムをアートルームに交換しました。絵を描くほど、上手くなります。それで、私はたくさんのことをしました。」

バークレム夫人は、彼女の人生のほとんどがエッピングで過ごしてきたので、エッピングフォレストが彼女の物語に影響を与えたと言います。

彼女はセントマーガレット病院で生まれ、赤ちゃんとして父親が所有していたパインズストアの上に住んでいました。

その後、彼らは店の後ろの庭の家に引っ越しました。彼女はトガリネズミやハタネズミを探している友人と一緒にバウアーヒルの後ろの畑で多くの時間を過ごしました。

彼女はロンドンで芸術を学び、1977年に結婚してチンフォードのフォレストサイドに引っ越しました。

彼女は次のように述べています。フィールドを見下ろしたTheydonGroveのこの家。

highhill3.jpg

「ハリケーンの年である1987年にチャーチヒルに引っ越しました。嵐の夜はまだ引っ越しておらず、屋根からタイルや物が落ちるのを想像していました。大丈夫でしたが、煙突が吹き飛ばされました。テイドングローブの場所。」

現在、彼女のオリジナルの水彩画のいくつかは、ウォルサム修道院のエッピングフォレスト地区博物館に展示されており、その多くは初めて展示されています。

バークレム夫人は、彼女が自分の小さなネズミの作品にどれほど愛着を感じているかを語った。

「彼らは私の家族のようです。それは美術館にいる私の赤ちゃんのようです。私は彼らが大丈夫かどうか見に行きたいと思っています。」





彼女がそれらを描いたり、それらについて書いたり、架空のネズミの社会を研究したりするのにどれだけの時間を費やしたかを考えると、驚くことではありません。

「私はすべてを正しくするのが好きだ」と彼女は言った。「私は研究が好きで、始める前に田舎暮らしに関する本をたくさん購入しました。写真を見ると満足のいくものであり、インクを作る方法など、さまざまな正しいことがわかります。羽からブラックベリーとペン。

「私は物事の細部が好きですが、私の絵は決してうまくいかないようです。

382bb9f5885556acaeff204d150ea914.jpg

こちらのドールハウス後ほど特集で記事に致します

「私はいつも絵を思い浮かべますが、見た目がよくないようです。しっかりと作業していると、絵は3〜4週間かかります。絵筆を一度絵に落とすのは間違いありません。すべての写真!私がそれに戻ったときだけ、私は「それはそれほど悪くはない」と思います。」

それで、彼女の家族は彼女の仕事についてどう思いますか?

「彼らは私が何をしているのか本当に気づいていません。彼が若い頃、息子のピーターはウィルフレッドが彼に基づいているのか疑問に思いました。しかし私は彼に「私はあなたを作る前にウィルフレッドを作ったので、あなたはウィルフレッドをモデルにしなければなりません」と言いました。彼らは時々私のために物事を読むことによって私を助けてくれますが、ほとんどの場合彼らは私をそれに任せます。」





今のところ、バークレム夫人は彼女の次のプロジェクトについて考えています。それは年少の子供たちのための話かもしれません。

「私は何かを始めました。いくつかのアイデアがありました。健康上の理由から少し休んでいますが、少し絵を描いています。何かがあればいいと思います。年少の子供たちは、物語を読まなくても自分で読むことができます。」

ばらの村のもの展は、2002年1月26日まで、ウォルサム修道院のサンストリートにあるエッピングフォレスト地区博物館で開催されます。

2001年11月29日8:54






Brambly Hedge - The High Hills (1998)













Hello everyone... Nanai here.

Today I'm going to rewrite an article I wrote a week ago about Jill Barclaym.
Initially, this BLOG was my fastest way to become bilingual, as I have lived in English-speaking countries for 20 years plus.

But then I noticed something.
When I did the access analysis, the result is less than one month.

The guests are not from Japan, but from all over the world.
Many of them are searching for Jill Barkleim biographies, biographies, profiles and interviews.
I've just started a new blog and I've had 1200 visitors in one day.
I've decided to take the plunge and write about whatever I want, as much as I want.

I've thought it through.

I'm going to write as much as I can about Jill Jill. I'm going to write about Jill as much as I can, and I'm going to make it as accessible as possible to people of all ages.
My blog sometimes includes a bit of world affairs, so please forgive me if the language is confusing or difficult to understand.

I am able to communicate with local people in English-speaking countries because I have developed my reading skills by reading children's stories and picture books that I like.

I've been drawing pictures since I was a child, so at first I thought I'd like to work as an illustrator rather than a painter.
Now I'm a blogger and a painter, but design is also my profession.

And I don't tell my childhood friends and classmates what my profession is.
I don't tell my childhood friends and classmates what my profession is, because I'm afraid it will stop my creative work. I don't like to be asked a lot of questions.
Artists, like most people, like to keep their current projects and ideas to themselves.
I don't like to talk about my ideas and inspirations.

I don't want to talk about my ideas or inspirations, I just want to keep it to a minimum. It's a lonely, stoic creative process, and I'm happy with that.
It's not a line of work, so space, time and distance are important to maintain originality.

It takes a lot of mental energy to carefully express your imagination in your work.

This is partly what I recognise as Jill Barkleim's imagination, and I'll be posting more of it here as I find it. We hope you enjoy it.

So that's it for Nanai's own story, let's get on with the main article.

the-weavers-brambly-hedge.jpg

From an article by Lee Fonteyn. Jill Barklem, from Epping, had a solo exhibition in her hometown in 2001. We meet Lee, a journalist at the time, who documents how, although 2001 was 20 years ago and Jill was a well-known picture book author, she was not that prominent in her home town in the UK. The internet was not so popular, and there were no smartphones.

Translated article

Jill's Brambly Hedge books are read all over the world. News shopper, 2001

Although her work is well known all over the world, Jill Barklem herself was not so famous in her native Epping.

Mrs Birklem is the author of the beautifully illustrated children's book Brambley Hedge, about a fairy tale about a mouse.

Her first picture book appeared in 1980 and since then the stories have been translated into 13 languages and sales have exceeded 4.5 million.

She says: "I found myself drawing at school - at 13 I had a detached retina and couldn't do any sport, so we swapped the gym for an art room. The more I drew, the better I got. So I did a lot of that."

Mrs Barklem says Epping Forest has influenced her story as she has spent most of her life in Epping.

She was born in St Margaret's Hospital and as a baby lived above the Pines Store, which belonged to her father.

Later they moved to a house in the garden behind the shop. She spent a lot of time in the fields behind Bower Hill with friends looking for shrew and voles.

She studied art in London, married in 1977 and moved to Forestside, Chingford.

She describes it as follows This house in Theydon Grove overlooking the fields.

the-wedding-day-dawned-at-last-brambly-hedge.jpg

"We moved to Church Hill in 1987, the year of the hurricane. We hadn't moved in the night of the storm and imagined tiles and things falling off the roof. It was OK, but the chimney was blown off. That's where Theydon Grove is."

Some of her original watercolours are now on display in the Epping Forest District Museum at Waltham Abbey, many of them for the first time.

Mrs Barclaym said how attached she felt to her little mice creations.

"They are like my family. They are like my babies in the museum. I want to go and see if they are alright."

It's not surprising, given how much time she has spent drawing them, writing about them and researching the society of imaginary rats.

"'I like to get everything right,' she said. "'I like to do research and I bought a lot of books on country life before I started. The pictures are satisfying and show you all sorts of things that are right, like how to make ink. Blackberries and pens from a feather.

"'I like the detail of things, but my pictures never seem to turn out.

"'I always have a picture in mind, but it never seems to look right. When I am working well, a painting takes three or four weeks. There is no doubt that you have to drop your paintbrush into the picture once. All the pictures! Only when I go back to it do I think, "It's not so bad."

So what does her family think of her work?

They don't really realise what I'm doing," she says. When he was younger, her son Peter wondered if Wilfred was based on him. But I told him: "I made Wilfred before I made you, so you have to model yourself on Wilfred". They sometimes help me by reading things for me, but most of the time they leave me to it."

wilfreds-birthday-morning-brambly-hedge.jpg


For now, Mrs Barklem is thinking about her next project. It could be a story for the younger children.

"I've started something. I had a few ideas. I'm taking some time off for health reasons, but I'm doing some painting. I wish I had something to do. The younger children can read for themselves without me having to read them a story."

The Things from the Rose Village exhibition runs until 26 January 2002 at the Epping Forest District Museum, Sun Street, Waltham Abbey.

29 November 2001, 8:54