ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

Snowman スノーマン

2021/07/31
Snowman
スノーマン 言葉のない絵本 英国アニメ 名作 絶賛
スノーマンは、英国の作家レイモンド・ブリッグスによる言葉のない子供向け絵本です。

1978年に英国のハミッシュ・ハミルトンによって最初に出版され、同じ年の11月に米国のランダムハウスによって出版されました。 この本は数々の賞を受賞し、1982年にクリスマスの毎年恒例のフィクスチャであるテレビアニメ映画に採用されました。この本は完全に言葉がなく、鉛筆クレヨンだけで描かれています。

ブリッグスは、それは彼の前の本であるブギーマンの真菌に部分的に触発されたと言った:「2年間私は真菌に取り組んだ、泥、スライム、言葉に埋もれてしまったので、.. ..清潔で、心地よく、新鮮で、言葉のない、迅速な何かをしたかったのです。」 Wikiより UK版

このアニメーションは多くの国で絶賛されました。

スノウマン公式サイト 英国

420576675_pic1_full.jpeg

あらすじ

ある雪の降る冬の日、少年は真夜中に遊び心で雪だるまを作っていたら、なんとで命があるゆきだるまになってしまったのです。
スノウマンの誕生です!
彼と少年は、両親を起こさないように静かにしながら、家の中で電化製品、おもちゃ、その他の骨董品で遊びました。

海外語学学校のプロ講師が教える【となりの英会話】


ふたりでファミリーカーのライトで遊んだ後、彼は二人でろうそくの明かりで食べるごちそうを準備します。
お礼にスノウマンは少年を外に連れ出し、ふたりは、サウスダウンズ上空を飛行し始め、ブライトン埠頭から昇る太陽を見てから家に帰ります。
少年が朝目覚めると、雪だるまが溶けていることに気づきます。

ラジオタイムズの2012年のインタビューで、ブリッグスは「ハッピーエンドはありません。自然で避けられないものを作ります。雪だるまが溶け、両親が死に、動物が死に、花が死にます。すべてが死にます。特に暗いことは何もありません。 。それは人生の事実です。」彼は、この本がクリスマスの本であるという考えに反論し、この要素を紹介するのはアニメ化された適応だけであると指摘しました。




The Snowman - Walking In The Air ウォーキング・イン・ジ・エアー



この本は1982年に30分のテレビアニメ映画に採用され、12月26日にイギリスのチャンネル4でデビューしました。スノーマン映画はアカデミー短編アニメ賞にノミネートされ、コンサート作品、ステージショー、ビデオゲーム、アニメーションの続編など、複数のスピンオフを刺激する毎年恒例のお祝いイベントになりました。





しちだの魔法ペンなら35日でバイリンガルに!楽天4部門1位の英会話!<七田式>

関連記事