ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

Brambly Hedge 野ばら村の物語 ジルが最後に暮らした家

2021/07/31
BramblyHedge・野ばら村の物語
Brambly Hedge ジル 最後に暮らした家 エリザベス アトリエ 住宅 介護
ジル・バークレームさんは生前どんな思いで過ごしていたのでしょうか?

きょうもナナイは、彼女の資料を拝読しながら模索していきます。
彼女が晩年に過ごしたエッピングのケアハウスでのインタビュー記事を掲載します。

下には原文を転載しました。サイトは順次削除していく懸念がありました。
きっと日本にも沢山の彼女のファンがいるはず、少しでも資料の役に立てていただければとの思いからです。


エッピングケア在宅ケア
 2015年12月22日 日本語に翻訳

エッピングケア在宅ケアは、著名な作家の自然への愛情を取り入れています


魅力的な「ブランブリーヘッジ」シリーズの本を作成した、高く評価されている児童作家兼イラストレーターのジル・バークレムは、ウッドランドグローブケアホームのおかげで、彼女にインスピレーションを与えた田舎を味わい続けています。

ジルは、住宅、介護、専門的な認知症ケアを提供する72床の家であるレクトリーレーンのウッドランドグローブの居住者です。

エッピングで生まれ育ったジルにとっては完璧な選択でした。その部屋は庭の一部に面しており、鳥の餌箱が青いシジュウカラやゴシキヒワを引き付け、リスがフランスの窓を叩き、キツネがその向こうの森を垣間見ることができます。

「ここは素晴らしいです」とジル、64歳は言います。

jill-in-garden_lo_res.jpg
画像は20代~30代の頃のジル




「私は幼い頃から自然が大好きで、今ではまったく同じように描くことはできませんが、自然にとても近く、毎日つながることができるということです。」

ジルは1980年にBrambly Hedgeシリーズを開始し、ネズミの家族とその日々の冒険についての4つの美しく描かれた季節の物語を発表しました。物語は13の言語に翻訳され、700万部以上が販売されました。

彼女は最近、ウッドランドグローブの助けを借りて、インスピレーションの源であるエッピングフォレストに戻りました。

ジルバークレム-ケア業界ニュース「ここでの私たちのケアとサポートは、個人、彼らがどのように生きたいか、そして彼らが何をしたいのかということに焦点を当てています」と、ジョーコーハン ゼネラルマネージャーは言います。「森林はジルにとって非常に重要です。それは彼女の家です。そこで私たちは車椅子に優しいルートを特定し、彼女をハイビーチで散歩に連れて行きました。彼女がどれだけ楽しんだかを見るのは素晴らしかったです。」

ジルは、車椅子を使用する必要があることを意味する多くの健康上の問題のために、12か月前にウッドランドグローブに引っ越しました。彼女のスキルは低下していますが、それでも彼女は絵を描くことと絵を描くことを愛し、家が提供するアートセッションを最大限に活用しています。

jill_s20desk_lo_res.jpg ジルのアトリエ

彼女の娘、エリザベスは、次のように述べています。彼女が引っ越した日から、彼らは彼女がくつろげるようにできる限りのことをしました。彼らは彼女の部屋にBrambly Hedge 野ばら村の物語シリーズの皿と陶器を置き、彼女のドアにはBrambly Hedge ブランブリーヘッジの看板を置いた。

「自然は彼女にとって常に重要であり、彼らはそれを理解し、彼女にふさわしい部屋を見つけ、彼女にこれらの経験を与えるために時間をかけました。車椅子の高さまでベッドが上がっているので、ガーデニングもできます。

「彼女は彼女の画材を持っており、スタッフは彼女に絵を描いたり描いたりするように勧めるのに素晴らしいです。私はそれらについてこれ以上高く話すことができませんでした。」




highhill5.jpg

【英語原文】転載 Epping care home care embraces celebrated author’s love of nature
By Editor -22nd December 20150218

Acclaimed children’s author and illustrator, Jill Barklem, who created the charming ‘Brambly Hedge’ series of books is continuing to savour the countryside that inspired her, thanks to Woodland Grove Care Home.

Jill is a resident at Woodland Grove on Rectory Lane, a 72-bed home that offers residential, nursing and specialist dementia care

Born and brought up in Epping, it’s been the perfect choice for Jill, whose room opens onto a section of garden where bird feeders attract blue tits and goldfinches, squirrels tap on the French windows and foxes are glimpsed in the woodland beyond.

“It’s wonderful here,” says Jill, 64.

“I’ve loved nature since I was a little girl and although I can’t paint it in quite the same detail anymore, it means everything to be so close to it and to be able connect with it every day.”

Jill began the Brambly Hedge series in 1980, with four beautifully illustrated, seasonal stories about a family of mice and their daily adventures. The stories have been translated into thirteen languages and more than six million copies have been sold.

She recently returned to the source of her inspiration, Epping Forest, with Woodland Grove’s help

highhill1.jpg

Jill Barklem-Care Industry News“Our care and support here is focused on the individual, how they want to live and what they like to do,” says general manager, Jo Coughlan. “The Forest is hugely important to Jill, it’s her home, so we identified a wheelchair-friendly route and took her on a walk at High Beach. It was fantastic to see how much she enjoyed it.”

Jill moved into Woodland Grove 12 months ago because of a number of health issues that mean she needs to use a wheelchair. Although her skills are diminished, she still loves painting and drawing and makes the most of the art sessions the home offers.

Her daughter, Elizabeth, says, “Mum is very happy here because she can still enjoy what she loves. From the day she moved in they have done everything they can to make her feel at home. They put up Brambly Hedge plates and pottery in her room, and a Brambly Hedge sign for her door.

“Nature has always been important to her and they took the time to understand that, to find the right room for her and give her these experiences. She can even do gardening because there are beds raised to wheelchair height.

“She has her art materials with her and the staff are fantastic at encouraging her to paint and draw. I couldn’t speak more highly of them.”




関連記事