ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

歯の再生医療どこまで進んでいるの? 幹細胞培養によるインプラントが歯科再生の未来になる?

2023/05/24
ハーバード式健康とアンチエイジング
歯の再生医療 どこまで 進んでいるの 幹細胞培養 インプラント イケメン過ぎて声のかけられない店員さん

幹細胞培養によるインプラントが歯科再生の未来になる?




歯の再生医療キャラ



歯の再生医療どこまで進んでいるのでしょうか?
幹細胞培養によるインプラント技術が革新をもたらすという発表が2023年3月中旬に公になりました。
今回の記事では公式での発表でお伝えできる内容をサマライズしてお届けします。



歯の再生医療キャラ1

  1. ブリッジなどの固定式義歯
  2. 取り外し可能な入れ歯
  3. 歯科用インプラント


これらの治療法は、まもなく過去のものとなる可能性があります。欠損した歯を補うためのまったく新しい治療法、幹細胞インプラントが生み出されているのです。

幹細胞とは、私たちの体内に存在する未熟な細胞で、あらゆる組織に分化することができます。幹細胞は、私たちの体のいくつかの部分に存在し、大人にも存在します。


幹細胞培養によるインプラントとは何ですか?




幹細胞培養法によるインプラント治療は、従来のインプラントや義歯とは異なる方法で行われる治療法で、その名称からも明らかです。現代のテクノロジーと歯科分野の進歩のおかげで、私たちは歯の問題を解決するために、より洗練された方法を手に入れることができるようになりました。

幹細胞移植は、患部の口の中で失われた歯を再生させる働きがあります。人間の歯の問題は、生涯を通じて2組の歯しか生えないことです(乳歯は12~13歳で失われ、大人の歯は一生持ちこたえなければなりません)。

そこで研究者たちは、幹細胞を利用してヒトに新しい歯を生やす方法を研究しています。人間の身体は、さまざまな種類の細胞で構成されています。幹細胞は、その細胞の種類のひとつです。幹細胞は基本的に、人体のすべての組織や 臓器を作るのに役立っています。

幹細胞は、体の全ての組織に存在します。幹細胞は体の機能を創造し、補充するのに役立っています。幹細胞は通常、他の細胞の中に隠れたり、深く埋め込まれたりしている場所に存在します。広範囲にわたる研究、歯科学的研究、観察により、研究者は、乳歯と大人の歯の両方に幹細胞の貯蔵庫があることを発見しました。この幹細胞を使って、歯を完全に再生させることができるのです。

組織工学・再生医療研究所のジェレミー・マオ博士と彼のチームは、体内の幹細胞を誘導して歯を形成させることに成功しています。歯は、天然素材からなる3次元の足場をもとに作られました。マオ博士によると、この方法は、高品質の歯科用インプラントを購入できない患者にとって、費用対効果の高い代替手段であるとのことです。

コロンビア大学医療センターは最近、このスタイルの歯の再生が、より早い回復率に役立つと報告しました。さらに、この歯は顎の骨に適応して成長する能力を持っています。



幹細胞歯科インプラントが歯科分野の次の目玉になるかも?

歯の再生医療

大人も子供もびっくりするほど多くの虫歯を抱えているため、長期間にわたって歯の損失は避けられません。歯科分野のプロフェッショナルたちは、ほとんどすべての歯疾患に対してはるかに多くの解決策を提供していますが、これらの解決策のほとんどは通常、人工的なもので、検査のために定期的に歯科医院に通う必要があります。もし、自然で永久的な解決策があるとしたらどうでしょう?

組織工学・再生医療研究所のジェレミー・マオ博士による生体工学の広範な研究のおかげで、幹細胞歯科インプラントが歯科分野の次の目玉となる可能性があります。


細胞幹歯科インプラントとは何ですか?

幹細胞療法は、慢性疾患の治療や細胞再生の補助として、長年にわたり応用されてきました。しかし、この技術が歯科用インプラントで試みられたのは、ごく最近のことです。発育中の歯床で行われたさまざまな実験で、幹細胞を注入すると歯の再生に成功することが発見されたのです。つまり、これを人間で再現できれば、新しい歯の育成に成功する可能性があるのです。

幹細胞は、体内でどんどん繁殖していく性質を持っていることが明らかになっています。そのため、あらゆる形の体内の組織を増やしていくことが考えられるのです。人間の歯の象牙質にも幹細胞が含まれており、これを人工的に培養して歯床に埋め込むことで、新しい歯の再生を手助けすることができるのです。


どうすれば、そんなにうまくいくのでしょうか?

歯の幹細胞を使って人間の歯を蘇らせることに具体的な成功例はありませんが、その可能性は計り知れず、この技術が実用化されるのは時間の問題です。効果を発揮するためには、健康な成人の歯髄から健康な歯の幹細胞を採取し、その幹細胞を候補者の歯床に注入する必要があります。幹細胞はその後、歯を失った部分の足場に成長し、歯が生きているように周囲の組織と一体化し、9週間後には完全に発達した歯質に成長するのです。

幹細胞インプラントが効果を発揮するまでには時間がかかるかもしれませんが、確かなことは、それが可能であるということです。これは、ほとんどの大人を悩ませる恐ろしい虫歯の問題を、より簡単に解決できるかもしれません。つまり、近い将来、人工歯根や入れ歯は過去のものとなる可能性があるのです。


細胞幹歯科インプラントのデメリット

他の治療法と同様に、幹細胞治療も誰にでも効果があるわけではないという悩みを抱えています。インプラントを成功させるためには、ある程度の適合性が必要です。


結論

細胞幹歯科インプラントの商業化が進む中、多くの歯科医がこの新しい歯の修復の選択肢を採用する必要があるでしょう。



幹細胞歯科インプラントの目的



幹細胞歯科インプラントの目的は、口の中で失われた歯を再生することです。最も使用される歯科用幹細胞は、剥離した乳歯や親知らずから得られます。

骨髄由来の幹細胞は、体内のほぼすべての組織に分化できるため、骨髄由来の幹細胞を用いた研究も行われています。

幹細胞インプラントは、まだ実験段階であることに留意する必要があります。

臨床試験のごく初期段階にあり、まだFDAの承認は得ていません。

歯科用幹細胞インプラントは、動物実験では大きな成功を収めています。

しかし、臨床試験はごく最近のものであり、最終的な結果を得るためには、より多くのデータが必要です。

人間は、一生のうちに2組の歯しか生えません。最初の歯、つまり乳歯は、12歳か13歳までに失われます。

2番目の歯が失われると、その位置に天然の歯が生えることは二度とありません。


幹細胞インプラントの後、歯は生えるのですか?

はい、いくつかの研究によって証明されています。動物モデルや臨床研究において、医師はすでにこの偉業を成し遂げています。通常の歯科治療として普及するのは時間の問題でしょう。


どのように機能するのですか?歯は自然に再生するのでしょうか?

人間の体には、歯を再生する機能はありません。人工的な代用品はありますが、幹細胞治療によって、将来的には自然な代用品ができるようになると、研究者は期待しています。

歯科用インプラントに使用される幹細胞の種類


幹細胞には、胚性幹細胞、骨髄由来の間葉系幹細胞、歯科用幹細胞など、いくつかの種類があります。

ES細胞は、歯の欠損を含む様々な症状の治療に非常に有効です。しかし、ES細胞の使用には、倫理的な重大な懸念が伴います。

歯科用幹細胞は、乳歯と大人の歯の歯髄に存在する。何十年もの間、これらの歯は抜歯や剥離の後、単に廃棄されてきました。しかし、この新しい情報により、多くの患者さんが、将来の治療のためにこれらの歯を保存する選択肢を持つようになりました。

現在、乳歯と親知らずは、歯科用幹細胞の最良の供給源と考えられています。


幹細胞による歯科用インプラントは可能ですか?

幹細胞による歯の再生は、現在、歯科治療の主流ではありません。この治療法の臨床試験は、1~2年以内に開始されると予想されています。

幹細胞治療が利用できるようになる時期は未定ですが、今後5年以内に商業的に利用できるようになると予想されています。

幹細胞は、歯を修復、復元、再生するユニークな能力を持っています。歯そのものは3つの異なる層で構成されており、それぞれの層は異なる細胞によって作られています。通常、これらの細胞は胎児期にしか見られません。

しかし、近年の進歩により、科学者は幹細胞の形成を誘導し、新しい歯を再生させる方法を発見しました。

それだけでなく、幹細胞は血管の形成も誘導する。歯に血液が供給されるようになると、歯は完全に機能するようになります。



幹細胞歯科インプラントの現在、将来の範囲、課題

歯の再生医療3


幹細胞歯科インプラントの臨床試験について

歯科インプラントに関する臨床試験は世界中でいくつか行われています。クリスチャン・モルシェックとトルステン・E・ライヒェルトによるある研究論文では、いくつかの臨床試験から得られたデータが研究されています。

その中で、乳歯や親知らずから採取した歯性幹細胞は、虫歯の修復だけでなく、歯の再生にも大きな可能性を持っていると指摘しています。

また、今後数年のうちに、患者さん一人ひとりのニーズに合わせて幹細胞歯科治療をカスタマイズすることが可能になると結論づけています。



幹細胞歯科インプラントの現状と今後の課題

これまでのところ、臨床試験の結果は明るいものではありますが、幹細胞デンタルインプラントが従来の歯科治療として定着するためには、解決しなければならない課題がいくつか存在します。

最も重要なのは、歯の再生に適した幹細胞の特定です。歯は複数の層で構成されているため、3つの層すべてを作ることができ、生後に利用可能な幹細胞を見つけなければなりません。

その時期は研究によってさまざまでしょう。しかし、このようなトンネルを抜けた先には、光が見えています。コロンビア大学医療センター歯科医学部教授のジェレミー・マオ博士は、9週間で歯を生やすことに成功した方法を説明する論文を「ジャーナル オブ デンタル リサーチ」に発表しています。

また、幹細胞は、歯の象牙質層を修復して虫歯を自然治癒させるという用途も発見されています。



幹細胞歯科インプラントの利点とリスク



被験者資格について
他の多くの幹細胞臨床試験とは異なり、幹細胞デンタルインプラント試験の参加資格はより緩和されています。もちろん、それぞれの臨床試験には独自の要件があります。

一般的な条件には以下のようなものがあります。

  • 患者さんは歯を失っている必要があります。
  • 豊富な病歴をお持ちでないこと
  • 免疫不全や自己免疫疾患を患っていないこと。
  • 歯周病や骨の病気がないこと。



幹細胞インプラントの利点とリスク

メリット

比較的非侵襲的な治療法
天然歯の修復が可能
完全に安全な治療法

リスク

治療がうまくいかない可能性がある
注射部位での感染症の可能性
ドナー細胞を使用した場合、拒絶反応が起こる可能性がある。

現在までのところ、この処置は人体には行われていませんが、近々開始される予定です。



ステップ1 -.

  • 幹細胞の抽出
  • 親知らず(乳歯がない場合)または乳歯から採取します。
  • 場合によっては、骨髄由来の幹細胞を使用する方法もあります。

ステップ2 - 幹細胞の単離


残った歯髄組織から幹細胞を単離する。
これは、幹細胞研究所で行われます。

ステップ3 - 幹細胞の注入

歯の抜けた部分に注入することで行われます。
歯の成長を誘導するために、小さな足場のようなものを挿入することもあります。


痛みが心配? ご安心ください!

これらの処置はすべて、痛みがないように局所麻酔を施した後に行われます。

処置の後はどうなりますか?
この処置はとても簡単です。麻酔が切れると、インプラントの部位に多少の痛みを感じるかもしれません。しかし、これは数日間しか続きません。

術後数時間後には日常生活を再開することができます。

手術後数日間は、柔らかい食事をとるように指示されるかもしれません。

これらの注意事項を除けば、その他の副作用は予想されません。歯科用幹細胞治療は、完全に安全で便利な治療法です。

幹細胞歯科インプラントの結果


歯が完全に形成されるのはいつ頃ですか?


現在の推定では、9週間以内に新しい歯が口の中で完全に形成されるのを確認できるはずです。

この歯は機能的であることが期待され、9週間後にはこの歯で噛むことを始めることができます。


幹細胞歯科インプラントの成功率



幹細胞培養によるインプラントの成功率

幹細胞は、まだ口の中で人間の歯を育てるのには使われていませんが、顎の骨を育てるのには成功しました。この方法の成功率は91~95%です。

歯科用インプラントも、今後数年以内に始まるヒトの臨床試験で同様の成功を収めることが期待されています。


幹細胞歯科インプラントの価格は、インドでは300~700米ドルと予想されています。この費用には、短期間の幹細胞バンキング費用が含まれる予定です。

しかし、実際の価格は、人体実験が始まってからわかることでしょう。



幹細胞デンタルインプラントはどこで手に入れることができるのでしょうか?

インド、アメリカ、イギリス、中国などいくつかの国で、この治療法の人間による臨床試験がまもなく開始されると予想されています。治験に参加する前に、関係する施設の信頼性を十分に確認する必要があります。

また、その治験がその国の規制当局に登録されていることを確認する必要があります。


さらに、幹細胞を使った歯の修復も、90%以上の成功率が期待されています。


謝辞:中国とインドとカナダの医療関係者とリサーチャーの方貴重な情報ありがとうございます。


参考ソース

  1. What are Stem cell dental implants?
  2. Will Stem Cells Replace Dental Implants?
  3. Evaluating the Effect of Tideglusib-Loaded Bioactive Glass Nanoparticles as a Potential Dentine Regenerative Material
  4. Attracting stem cells and facilitating bone regeneration by adhesive protein Date: March 13, 2023
  5. Stem Cell Dental Implants: Can you get Them to Replace Teeth?
  6. Clinical trials using dental stem cells: 2022 update
  7. Stem Cell Dental Implants 2023, Is It The Future of Dentistry?


ハーバード式健康法人気記事



なないイケメンブログ漫画のアルバム作りました


漫画のベースになるキャラクター育成ソフトの提供はNCジャパンAIONから許可を得て掲載しています。

イケメン過ぎて声のかけれない店員さん登場人物2023年3月より




歯の再生医療2023年5月


歯の再生医療2023年5月1


2022年母の日カーネーションとのアレンジ



2022年母の日B



2022年母の日ミントカーネーション



2022年母の日E



2022年母の日2



2022年母の日A




2022年母の日バラとカーネーション



関連記事