ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

ソーシャルメディアは病気の引き金になる?ハーバード大学医学部より

2022/02/11
ハーバード式健康とアンチエイジング
ハーバード大学医学部 ソーシャルメディア 病気 チック 社会原性疾患 オックスフォード MSMI
ソーシャルメディアは病気の引き金になる?

チックとTikTokについて


ある学生が突然、足の痛みと麻痺を発症し、やがて何百人もの学友が同様の症状に見舞われる。修道女たちが互いに噛み合い始め、やがて近くの他の修道院でも同じようなことが起こり始める。3人の女子生徒が抑えきれないほど笑い始め、時には何日も続く。100人近い同級生が同じ症状になり、学校は閉鎖を余儀なくされる。

スタートアップ5

しかし、いずれのケースも医学的な説明はつかない。やがてこれらは、集団ヒステリー、流行性ヒステリー、集団心因性疾患などの名称で知られる集団社会原性疾患の例とみなされるようになった。そして今日、TikTokやその他のソーシャルメディアサイトが、その肥沃な土壌を提供しているかもしれないのです。

社会原性疾患とは何か?

社会的集団の中にいる複数の人々が、医学的に不可解で、しばしば奇妙な、類似した症状を発症することが特徴です。場合によっては、毒物や伝染病など、危険なものにさらされたと思い込むこともありますが、徹底的な調査によってそのようなことはありません。

これらの病気によって引き起こされる苦しみは、たとえ原因がはっきりせず、検査結果が正常であっても、非常に現実的で深いものです。そして、社会原性疾患を持つ人は、「ただ注目を浴びたいだけ」でも「わざとやっている」のでもないのです。

人を心気症だとか、「頭がおかしい」とか、病気を「ヒステリー」とレッテル貼りしても、何の役にも立たないのです。ヒステリーやヒステリック(ギリシャ語で子宮を意味するhysteraに由来)は、女性を心理的に不安定であるとか、生物学的に感情や恐怖が抑えきれずに爆発する傾向があると貶めるためによく使われる、負荷のかかる言葉です。このような病気は女性に多いという研究者もいますが、この病気に関する発表文献のほとんどは数十年前のもので、限られた数の症例に基づいています。

集団社会原性疾患の共通点

過去に発生した病気には、突然失神した、吐き気、頭痛、息切れがした、痙攣運動、不随意発声、半身不随になった、などがあります。通常、学校や職場など、近くにいる人の間で発生しました。まれに、テレビ番組から感染したケースもあるようです。現在では、ソーシャルメディアが新たな感染源となる可能性があります。

ある種の特徴は典型的なものです。

徹底的に調べても医学的に明確な説明がつかない症状
症状が一時的で、良性であり、罹患者にとっては珍しいものであること。
症状の急激な発生と急速な回復
罹患者は、社会的グループ内のメンバーシップや交流、または物理的な近さによってつながっています。

クロワッサンジャンボサンド

一般に、治療には以下が含まれる。
  • 症状に対する医学的な説明の排除
  • 発生した施設の閉鎖
  • 被爆したと思われる場所から人を遠ざける(オンラインか否かにかかわらず)。
  • 影響を受けた個人を互いに引き離すこと。
  • 危険はないと安心させ、個人同士の接触がなくなれば発生が止まることを示すことで、一般的に不安を軽減し、回復を促進する。

チックとTikTok:社会原性疾患の新たな原動力?

ソーシャルメディアに起因する社会原性疾患の最初の既知の例は、パンデミックと時期を同じくして、ここ1、2年で認識されるようになりました。神経科医は、トゥレット症候群を思わせる異常な不随意運動や発声をする患者、特に10代の少女を見かけることが多くなってきました。他の説明を排除した後、これらのティーンエイジャーのチックは、トゥレット症候群や他の運動障害であると報告する人々のTikTokビデオを何時間も見ていたことと関係があるようです。ソーシャルメディアのインフルエンサーによって投稿されたこれらの動画は、TikTok上で数十億ページビューを記録しており、同様の動画はYouTubeや他のサイトでも公開されています。

何が役に立ったのでしょう?

薬物療法、カウンセリング、ストレスマネジメントが有効との報告があります。運動障害に関するソーシャルメディアへの投稿を避け、病気の性質について安心させることも重要です。

地理的な境界線はあまり関係なくなってきているようです。現在、これらの病気を引き起こす影響には、物理的な近さだけでなく、ソーシャルメディアも含まれているかもしれません。

踊る疫病神、狂気のガサ入れ、6月の虫

社会現象的な病気は、何も新しいものではない。中世に生きていた人なら、"踊るペスト "を思い出すかもしれない。ヨーロッパ全土で、多くの罹患者が無意識のうちに、狂おしいほどに、疲れ果てるまで踊り続けたという。また、1892年の「筆震」、1940年代半ばの「マトゥーンのマッドガッサー」、1962年の「六月病」の流行も忘れてはならない。

時代の不安や懸念が一役買っている。1900年代以前は、精神的、宗教的な意味合いが強いものが多かった。1900年代前半、汚染された食品や環境毒素に対する懸念が高まると、異常な臭いや食品をきっかけに、動悸、過呼吸、めまいなどの不安症状が多発するようになった。最近では、ヨルダン川西岸地区の爆撃で化学兵器が放出されたと考えた住民が、めまいや失神を訴えたが、化学兵器の証拠は見つからなかった。

どこでもドア


もっと身近なところでは、ハバナ症候群も集団社会原性疾患の一例ではないかとの報告が飛び交っているが、まだ確たる結論は出ていない。2016年にキューバのハバナで米国国務省のメンバーの間で最初に報告されたもので、これを経験した個人は突然、頭痛、疲労、吐き気、不安、記憶喪失を発症しました。

これらの症状は、世界のさまざまな地域で何百人もの人々によって報告されています。多くは米国公館に所属する外務員です。最初の症例報告の後すぐに、新兵器化されたエネルギー源、例えば、少し離れたところから発射されたマイクロ波が病気を引き起こしているのではないかという疑いが生じた。キューバ、ロシア、その他の敵対国がその原因とされた。このように、この症状の本当の性質と原因は不明である。

プラシーボではなくノセボ

一説によると、社会原性疾患はノセボ効果の一種であると言われている。プラシーボ(砂糖の錠剤や他の不活性な治療薬のようなもの)は、利益を期待することによって、人々の気分を良くすることがあります。ノセボ効果とは、人々が純粋に期待に基づいて否定的な経験をする可能性を示すものである。

例えば、ある薬の副作用について警告された場合、別の副作用について警告された人と比べて、その薬による頭痛を経験する可能性が高くなることがあります。同様に、失神する人を見たとします。同様に、失神している人を見たとします。その人が、そしてあなたも、その原因が物質によるものだと考えたとします。- 失神を引き起こす可能性のある物質に実際にさらされたわけではなくても、失神する可能性があります。

結論

なぜ社会原性疾患を発症する人としない人がいるのか、その理由はわかっていない。多くの人が多くのストレスを抱えている。パンデミック時には何百万人もの人々が家に閉じこもり、毎日何時間もソーシャルメディアにアクセスしていました。多くの人が暗示の力を受けやすいのです。しかし、社会原性の病気はまだ比較的まれである。何百年も前から存在するにもかかわらず、この症状については多くが謎のままだ。心を開くことが重要である。社会原性疾患の中には、当時検出されなかった環境毒素や伝染病が原因である場合もある。

もし、あなたやあなたの愛する人がソーシャルメディアを長時間利用し、説明のつかない病気を発症した場合、ソーシャルメディアが原因の社会原性疾患の可能性について医療機関に相談してみてください。もしかしたら、それほど珍しい病気ではないことが、すぐにわかるかもしれません。

2022年1月18日
ハーバード・ヘルス出版 シニアファカルティエディター ロバート・H・シュマーリング(MD)著

Tics and TikTok: Can social media trigger illness? January 18, 2022 By Robert H. Shmerling, MD, Senior Faculty Editor, Harvard Health Publishing

医療機関及び従事者の方へこちらの記事は、今回はハーバード大学医学部とNIH(米国保険機関)のデーターによるサマライジングです。医療機関においてのデーター使用はお控えください。詳細を知りたいかたは直接ハーバード大学医学部担当教授とNIH、及びオックスフォード大学医学部教授に英文メールなどでご質問されてください。
『ナナイの大冒険』はあくまでも個人的に情報を翻訳と要約したものをお届けしています。ほぼ社会サービスです。
こちらの翻訳を宿題や課題のレポートなどのソースに使うことはご遠慮くださいませ。







トウレット症候群とは❓

トゥレット症候群(TS)は、チックと呼ばれる突然の反復的、固定的、無計画な動作や発声を特徴とする神経疾患です。TSの最初の症状は、ほとんどの場合、小児期に見られます。チックは、限られた数の筋肉群または複数の筋肉群に関与する場合があります。より一般的なチックには以下のようなものがあります。 まばたきなどの視覚の不規則性と組み合わせた発声チックの例 肩をすくめる 顔のしかめっ面、時には肩をすくめる 頭や肩のけいれんは以下のようなものです。

日常生活に支障がない程度であれば、多くの方は治療の必要はありません。チック症状は軽度であることが多く、障害を引き起こすこともないため、TSの人は治療を必要としません。チックを制御し、TS患者さんに生じる可能性のある関連する神経行動障害の一部を治療するために、薬物療法が利用できます。その他の治療法としては、行動療法や心理療法があります。

ほとんどのTS患者さんは、10代前半に最もひどいチック症状を経験しますが、通常、10代後半から20代前半にはチックが軽減し、コントロールできるようになります。人によっては、実際に症状がなくなったり、チックをコントロールするための薬が不要になったりすることもあります。トゥレット症候群は、症状が一生続く慢性疾患である可能性があります。場合によっては、大人になってからチックが悪化することもあります。

アイデアコンペ



このような論文もあります。オックスフォード大学医学部発表
キルステン・ミュラー=ヴァール 、 アンナ・ピサレンコ 、 Ewgeni Jakubovski 、 キャロリン・フレマー

これらは、トゥレット障害ではなく、新しいタイプの集合的心因性障害です


これまで報告されてきたすべてのエピソードとは対照的に、ソーシャルメディアを通じてのみ拡散する新しいタイプの集団心因性疾患(MSI)が初めて発生したことを報告する。そこで、より具体的な用語として、"mass social media induced illness" (MSMI)を提案する。ドイツでは、今回のMSMIの発生は、ドイツで2番目に成功したYouTubeクリエイターであり、若者の間で絶大な人気を誇る「仮想」イニシエーターによって引き起こされています。罹患したティーンエイジャーは、機能的に類似または同一の「トゥレット様」行動を示す。これは、トゥレット症候群のチックと明確に区別できます。機能的な「トゥレット様」症状は、よく知られた三井住友海上の運動性変形の「現代版」と見ることができます。さらに、個人の独自性を強調し、例外性を主張し、注目を集める行動を促進し、現代人の永続的なアイデンティティの危機を悪化させるポストモダン社会の文化に縛られたストレス反応の21世紀の表現として見ることができます。私は、現在世界的に発生しているMSMIの「トゥレット病的」な流行について、認識を深めたいと思う。ソーシャルメディアを介した拡散が、地域や学校環境といった特定の場所に限定されなくなったため、さまざまな国の多くの若者が影響を受け、医療制度や社会全体に大きな影響を及ぼしているのです。ソーシャルメディアを介した感染拡大は、もはや学校や町といった特定の場所に限定されない

キーワード: トゥレット障害;集団ソーシャルメディア誘発性疾患;集団心因性疾患;ソーシャルメディア;チック症







ハーバード大学式 大人の健康科学と栄養学

ハーバード大学式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法お薦めのトレンド記事



関連記事