ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

あなたのお子さんがCOVID-19の検査で陽性だった場合、スポーツに復帰してもいいのでしょうか?

2022/02/13
ハーバード式健康とアンチエイジング
COVID-19陽性 子供 スポーツ 復帰 ハーバード

COVID-19後の青少年スポーツおよび活動への復帰に関する新しいガイダンス

あなたのお子さんがCOVID-19の検査で陽性だった場合、スポーツに復帰してもいいのでしょうか?

これは重要な質問です。COVID-19は心筋炎、つまり心筋の炎症と関係があり、心筋炎にかかった状態でスポーツをすることは危険です。

バレンタイン2022g


パンデミックの初期に、米国小児科学会(AAP)は、COVID-19の検査で陽性となった子どもは、スポーツ、特に競技スポーツに復帰する前に小児科医と直接会って評価を受けるよう推奨しました。しかし、2022年1月、AAPは、小児におけるCOVID-19による心筋炎のリスクが0.5%から3%の範囲と低くなっていることから、その指針を更新しました。

慢性炎症のダメージから身を守る

慢性的で低レベルの炎症は、心血管疾患、がん、2型糖尿病、その他の疾患の原因となるサイレントキラーになりうることが科学的に証明されています。ハーバード・メディカル・スクールの専門家による、炎症と闘い健康を保つための簡単なヒントをご覧ください。



View 慢性炎症のダメージから身を守る

大流行がずっと続いているように見えるかもしれませんが、COVID-19とその身体への影響についての理解はまだ始まったばかりです。現在わかっていることに基づいて、AAPが行ったスポーツや身体活動への復帰に関する新しい推奨事項一式から引き出された重要なポイントを以下に説明します。ただし、この指針は、追加情報が入手可能になるにつれて変更される可能性が高いので、注意してください。

夢見る少年6

病気の程度は?

AAPは、COVID-19の重症度を表す3つのカテゴリーによって、異なる勧告を行っています。

無症状または軽症とは
  • 100.4以上の発熱が4日未満
  • 筋肉痛、悪寒、無気力(体がだるい、疲れやすい)が1週間未満
  • 中等症とは
  • 100.4以上の発熱が4日以上ある。
  • 1週間以上の筋肉痛、悪寒、無気力状態
  • 入院(ICUを除く)したが、MIS-C(小児多系統炎症症候群)でなかった場合。

重症とは
  • ICU滞在および/または挿管(呼吸チューブの必要性)。
  • MIS-Cです。
ほとんどの子どもは軽度のグループに入る

このグループの場合、推奨事項は
  • 隔離されている間は運動をしない-他の人が病気になるのを防ぐだけでなく、体が感染と戦うようにするため。
以下のような心筋炎の症状があるかどうかのスクリーニング
  • 胸痛
  • 風邪の症状の程度からは想像できないほどの息切れ
  • 新しい動悸(不整脈)
  • めまいや失神を起こす。
理想的には、子供のかかりつけの医師がこのスクリーニングを行うべきですが、テレヘルスや電話で行うことも可能です。しかし、家庭や学校で陽性となり、主治医と連絡を取っていない子供も多く、また、多くのプライマリーケア提供者が診療件数に圧倒されているため、これは難しいかもしれません。

夢見る子供たち

だからこそ、親御さんがこうした症状に気づき、もしそうなったら主治医に連絡を取ることが本当に大切なのです。もし症状が出た場合は、スポーツに復帰する前に、対面での評価、心電図検査、そして場合によっては心臓専門医の診察を受ける必要があります。

中等度グループの子どもは、医師の診察が必要です。

心筋炎の症状があるなしにかかわらず、対面での診察と心電図検査を受ける必要があります。その診察と心電図の結果に基づいて、医師が循環器専門医に診てもらう必要があるかどうかを判断します。

重度グループの子どもは、運動復帰まで待つ必要がある

すべての人が循環器専門医の診断を受け、その評価に基づいて、スポーツや運動を再開するまでに3カ月から6カ月待つことが推奨されています。

スポーツや運動への復帰は徐々に、かつ安全に行うこと

すべての子どもたちは、CDCの勧告に従って隔離する必要があります。
COVID-19に感染したすべての子どもたちは、症状が始まってから丸10日(無症状の場合は陽性反応が出た日)までは、常にマスクを着用する必要があります。
子供たちは、他の人の安全を守り、体が治る時間を与えるために、症状がなくなるまでスポーツに復帰するのを待つべきです。
最初は、練習を短くしたり、簡単にしたり、復帰後少なくとも3日間は試合をしないなど、ゆっくり始めるとよいでしょう。
胸痛、息切れ、不整脈、めまい、失神など、心筋炎の症状について、子どもたちやコーチが知っていることを確認してください。心筋炎の症状が出た場合は、活動を中止し、大人が医師の診察を受けるようにしてください。

New guidance on return to youth sports and activity after COVID-19
2022年2月9日
ハーバード・ヘルス出版 シニアファカルティエディター クレア・マッカーシー(MD)著




ハーバード大学式 大人の健康科学と栄養学

ハーバード大学式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法
お薦めのトレンド記事





スイスフォンデュ特集



関連記事