ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

もっと幸せになりたい?ハーバード式幸福感へのヒント

2022/02/16
ハーバード式健康とアンチエイジング
ハーバード式 幸福 小さな喜び セロトニン 運動
幸せになりたい時は是非これを試してみてください

今日の特集はハーバード式幸福感へのヒントです。
この2年の出来事で、精神的に落ち込んでいるのはあなただけではありません。パンデミック(世界的大流行)の影響で元気がなく、気分転換が必要な状態かもしれません。しかし、この1年間は異常なほどストレスの多い時期だったかもしれませんが、人は平時でさえも幸せを見つけるのに苦労することがよくあります。そこで、1990年代にポジティブ心理学という学問が生まれました。そのため、1990年にポジティブ心理学という分野が登場しました。

なぜ、幸せになるのが難しいのか?

幸せになりたいですか?

そして、人々の気分や人生観を向上させる方法はあるのでしょうか?

ハーバード式幸福感へのヒントについての説明

結局のところ、答えは「イエス」です。日常生活の質を高め、より充実した気分を味わうために、多くのことを行うことができるのです。

身体的、精神的な3つの戦略を組み合わせた、ハーバード式と言ったほうがいいのかどうかわかりませんが、幸福感向上のためのレシピを試してみてください。これらの方法を1週間ずつ試してみてください。そして、これらのポジティブなステップのうち、1つ以上があなたの幸福感を高めたかどうかを評価し、それを続けてください。

外出し、活動的になる

新鮮な空気と運動は、気分を高揚させる強力な組み合わせです。COVID-19の予防接種を受けた方は、この機会にマスクを外して外に出て、体を動かしてみましょう。定期的な運動は、あなたの健康と気分の両方を向上させるのに役立ちます。ウォーキング、サイクリング、ランニングなどの有酸素運動は、ストレスを軽減し、幸福感を与える気分を高めるホルモンを放出します。

また、ウォーキングや水泳、ヨガなどのアクティビティで筋肉を繰り返し収縮させると、多くの抗うつ剤がターゲットとしているセロトニンと呼ばれる脳内物質の濃度が上昇します。セロトニンのレベルが高ければ、気分も良くなります。実際、ある研究では、週に90分程度の活動で、抗うつ剤と同様の気分の改善が見られたそうです。薬物療法と併用すれば、他の治療法が効かないような気分障害にも運動は有効です。

幸せとはなに

どの程度の運動を心がければよいのでしょうか?


研究によると、理想的には週に5日、少なくとも30分の中強度の運動、または週に3回、20分の強度の運動を心がけるべきとされています。しかし、そこまでできない場合は、「ないよりあったほうがいい」ということを忘れないでください。10〜15分程度のウォーキングでも、少なくとも短期的には気分を高揚させることができます。

日々の小さな喜びを大切にする


鍵を置き忘れたり、つま先をぶつけたり、不機嫌な同僚に出会ったりと、小さなトラブルが最高の一日を台無しにしてしまいます。しかし、その逆もまた真なりです。小さな喜びの瞬間を大切にすることで、幸せな気分になれるという研究結果もあります。結婚や出産、休暇などの大きなイベントと同じように、日々の小さな出来事にも目を向けてみてください。人生の大半を占めるのは、こうした小さな瞬間なのですから。ガーデニングをしたり、日当たりのよい窓辺でお茶を飲んだり、おいしい食事をしながら家族と笑い合ったり、ゆっくり読書をしたり。また、プロジェクトがうまくいった、毎日の目標が達成できたなど、小さな出来事や達成を祝いましょう。このような小さな喜びを、毎日、意識的に味わうようにしましょう。

小さな喜び

決断を制限する

選択肢が無限にあるのは夢のような話ですが、実は選択肢が多いほど心配事が増えるのです。幸せは選択肢に左右されるものです。結局のところ、自分の人生をコントロールできないことは大きなストレスとなります。しかし、調査によると、多くの選択肢を与えられた人は、より多くの後悔をする機会があることが分かっています。保険会社や服装、携帯電話のプラン、デザートなど、別のものを選べばよかったと思うことはありませんか?別の選択肢のほうがよかったと思いますか?瞑想やスピリチュアル・リトリートを行う人々が、しばしば選択肢を制限するのはこのためです。一日中、数多くの決断をする必要がないことは、自由を与えてくれるのです。




簡単な練習をすることで、選択の重荷を軽減することができます。もしその決断が大きな結果をもたらさないのであれば、選ぶ時間を制限する、あるいは選択肢を少なくする、と決めておくのです。一度決めたら、後戻りはしないようにしましょう。重い審議は、より大きな、より重要な問題のために取っておく。ただし、このような選択をするときでも、後ろを振り返らないようにすることです。

Want more happiness? Try this July 2, 2021 By Kelly Bilodeau, Executive Editor, Harvard Women's Health Watch

いかがでしたか?『ハーバード式幸福感へのヒント』はお役にたてるでしょうか?後ろを振り返らず、前をみてこれからの人生を楽しく進んでくださいね。今後のご活躍をこころから応援しております。ナナイ


後戻りはしないこと





ハーバード式 大人の健康科学と栄養学

ハーバード大学式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法お薦めのトレンド記事



関連記事