ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

パンデミック中に生まれた赤ちゃんへのダメージは一生続く可能性がある?

2022/02/10
ハーバード式健康とアンチエイジング
COVID-19 脳のダメージ 赤ちゃん パンデミック ハーバード
パンデミックへの挑戦は、赤ちゃんに長期的な影響を与える可能性があります。

COVID-19のパンデミックは、非常に多くの人々に様々な形で辛い思いをさせている。このパンデミック中に生まれた赤ちゃんにとって、そのダメージは一生続く可能性があることをJAMA Pediatricsに掲載された研究が示唆しています。

ねことこども

人生の最初の3年間は、脳の発達にとって非常に重要です。そして、重要なのは赤ちゃんの健康だけでなく、赤ちゃんと養育者の相互作用です。赤ちゃんは触られ、抱かれ、話しかけられ、微笑みかけられ、一緒に遊ぶ必要があります。こうした相互作用を受け、「サーブ&リターン」のように反応することで、脳の神経接続が構築されていきます。このような相互作用がない、あるいは十分でない場合、赤ちゃんの脳は思うように発達せず、文字通り小さくなってしまうことさえあるのです。

ストレスや抑うつ状態にある親や介護者は、乳幼児と話したり遊んだりする時間やエネルギー、興味を見つけることが難しいかもしれません。母親のうつ病、貧困、その他の家庭のストレス要因が、子どもの発達を永遠に変えてしまう可能性があることを示す研究は、複数あります。

その研究はどのように行われたのでしょうか?

慢性炎症のダメージから身を守る。

慢性的で低レベルの炎症は、心血管疾患、がん、2型糖尿病などの原因となるサイレントキラーに変わることが、科学的に証明されています。ハーバード・メディカル・スクールの専門家による、炎症と闘い健康を保つための簡単なヒントをご覧ください。

見る 慢性炎症の害から身を守る。

コロンビア大学の研究者たちは、現在進行中の母親と赤ちゃんの研究の一環として、3つのグループの生後6ヶ月の赤ちゃんの発育を観察しました。そのうちの2つのグループは、COVID-19のパンデミック時に生まれ、一方のグループの母親はCOVID-19を持っていましたが、もう一方のグループの母親はそうではありませんでした。3番目のグループは歴史的コホート(パンデミック以前に生まれた赤ちゃんのグループ)であった。

夢見る少女

この研究に参加した母親は、Ages and Stages Questionnaire(ASQ-3)を使って、赤ちゃんの発達を記録した。研究者らは、パンデミック時に生まれた2つのグループの赤ちゃんの発達に差がないことを指摘し、COVID-19への出生前の曝露が発達に影響を与えないことを示唆した。これは素晴らしいニュースである。しかし、パンデミック時に生まれた赤ちゃんは、パンデミック前に生まれた赤ちゃんに比べて、粗大運動、微細運動、社会的情動の発達で低いスコアを示した。この年齢の乳児の発達課題の例としては、仰向けからおなかに転がる(粗大運動)、両手でおもちゃに手を伸ばす、つかむ(微細運動)、知らない人に対して親や親しい人とは違う行動をとる(社会性情動発達)などが挙げられます。





パンデミック時の乳幼児の発達について、どのようなことが示唆されているのでしょうか。

これは1つの研究に過ぎず、これをよりよく理解するためにはもっと研究を進める必要がありますが、乳幼児の発達について私たちが知っていることを考えると、この結果はそれほど驚くべきことではありません。COVID-19のパンデミックは、非常に多くの家族に精神的、経済的、その他の面で大きなストレスを与えています。また、他者との交流の回数や種類にも著しい影響を与えている。赤ちゃんは、平均して、パンデミック以前に比べて、人と接する回数が減り(マスキングのために顔を見る回数も減り)ます。

バレンタインデー3

もっと研究を進める必要があるとはいえ、この研究は、社会としての私たちに警鐘を鳴らすものでなければなりません。今行動しなければ、このパンデミックの子供たちは永遠に何らかの傷跡を背負うことになるかもしれないのです。私たちは、子どもたちの感情や教育への影響を見てきましたが、赤ちゃんへの発達上の影響も意識する必要があります。これらのすべてが、彼らの人生を永久に変えてしまうかもしれないのです。

これらの課題に対処するために、私たちにできることは何でしょうか?

私たちは、経済的にも精神的にも、幼い子どもを持つ家庭を支援する方法を見つける必要があります。私たちは、精力的に、そして創造的に、あらゆる角度から働きかける必要があります。政府が役割を果たすべきですが、地域社会や個人も支援することができます。

夢見る少年4

出生から3歳までの子どもの発達を支援する早期介入プログラムを家族に紹介し、資金を提供することが必要です。パンデミックの影響で、こうしたプログラムの多くはバーチャル訪問に移行していますが、これでは効果が薄れる可能性があります。ですから、ここでも工夫が必要です。パンデミックが終わるのを待つだけではダメなのです。

そして、乳幼児の親や介護者は、この研究について知り、助けを求める必要があるのです。赤ちゃんは小さくて何も知らないから、パンデミックの影響を受けることはないと考えるのは、親として理解できますし、自然なことです。しかし、赤ちゃんは、長期に渡って影響を受ける可能性があります。自分自身、家族、そして赤ちゃんの未来のために何ができるか、医師に相談してみてください。

パンデミックへの挑戦は、赤ちゃんに長期的な影響を与える可能性があります。2022年1月13日ハーバード・ヘルス出版 シニアファカルティエディター クレア・マッカーシー(MD)著


ハーバード大学式 大人の健康科学と栄養学

ハーバード大学式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法
お薦めのトレンド記事





スイスフォンデュ特集



関連記事