ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

カフェを使う意味って何だろう? 

2022/02/15
トレンドなニュース
タリーズカフェ インスピレーション スターバックス 空間 アイデア

フランスでおちゃするじょし


一般的にカフェを使うということは、対価として何か特別なものを得ることにあります。インスピレーションをゲットして、新しい企画やブログのお話を考えるため空間を使うこと。

そればかりではありません。多くの利点があり、それ相応の特別な何かを得られることもあります。自分の想像力を試すためにも大切な出来事になるかもしれません。
  1. カフェによって雰囲気が違う。(イタリア調、ゴシック調、フランス調、ウイーン調、ロシア貴族的、中国風、インド風、東南アジアのリゾート調、ギリシャ調などがある)その場で自分が主人公を演じた気分になることができる。コロナ禍なので特に近場に理想的なカフェがある場合、自分の今日のイメージに合う場所でとっておきのお茶と食べ物をとる。
  2. カフェに滞在する時間は限定的なのでそこで席が取れた場合、何を得られるかをまず感じる
  3. カフェで飲食したいメニューを考えて想像する。そこで食べる価値があるかどうか。
  4. カフェでかけられる音楽が自分のインスピレーションをかきたてられるかどうかも重要。音楽は、カフェのギャルソンの資質にもよります。センスがよければその日はいいかもしれません。
  5. 運がよければそのカフェに出逢えたことで新しい企画や人生のカギを得ることさえあります。

喫煙者には非常に申し訳ありませんが、カフェ=喫煙所ではありません。最近は喫煙スペースがありません。ましてやアートや高級感のあるインテリアがある場合は、喫煙者はお店にとって物品的価値が非常に損なわれるために損失になります。
絵が飾ってあるならばヤニがつくので汚れがつきます。そして修復もお金がかかります。
なのでできるだけ、マナーをもってご使用になられることを考えておてください。ガーデニングタイプの椅子が外側にある場合はそちらをご利用ください。


スノウマンが浮かんでる、見た目がかわいい カフェオレを飲みたくなりタリーズカフェへ行った時のこと

タリーズカフェって都内ではHiFi使えるんだけども、店内が狭すぎて、長時間いられないし、ゆったりとコーヒーを飲みながら話し込んでもいられない。都心は更に座席もテーブルも小さめなので、場所によってはイマイチだったりします。

スノウマンタリーズ (2)

その時は沼津市内のタリーズでした。平日だったので座席はゆったりとしてるし、バリスタ(コーヒーをつくるマスター)がいいひとだったりすると全然雰囲気違ったりします。忙しい時は長者の列ができていたりします。

スノウマンタリーズ (1)


平日の昼間なので店員さんが優しい感じで丁寧に作ってくれました。

ちょっと得した気分♪

やっぱりカフェは雰囲気を買いに来るばしょ。
飲み物だけならば、自作でマイボトルを持ってモールへ出かけます。
美味しいコーヒーなら自分でもそれなりに入れられるし・・・

この丁寧に作っていただいた、タリーズカフェのスノウマンが置いてある小さな空間がとても気に入りました。
わずかな時間ですが、この暖かいぬくもりを購入でいることに幸せを感じます。






一部のスターバックス・コーヒー(米国シアトルなど)には暖炉のそばにリクライニングチェアーなどが置いてあって、ひとりで独占できる非常に贅沢な空間も提供されています。今の時期にはとても嬉しいです。スターバックスコーヒーのブランチによってさまざまなインテリアの工夫がなされていますが、日本とは趣向違う傾向があります。またワシントン大学などに併設されているスタバは5回飲むと6回目は無料チケットになり、トッピングも2種類まで選べるなどちょっとしたゴージャス感を味わえます。(例:キャラメルマキアートにクリームとチョコレートをかけるなど、カフェモカにクリームとラズベリーソースがけとか。9それからスターバックスカフェは顧客に関しては徹底的に追及しており、大学教員や作家などが住む地区にはそれなりの設備というか、インテリアも統一してあります。企業が欲しい顧客を意識的に集めています。音楽などもそのようになっています。わざと値段を高額にして、貧困層が来客しないように操作している感も否めませんが、セキュリティがそのぶんしっかりしているので、女性一人でも夜にお店にいけるのは大変ありありがたいですね。

暖炉で

What's the point of using a café? 

Generally speaking, using a cafe is about getting something special in return. To get inspiration, to use the space to think of new projects or blog stories.

But there's more to it than that.There are many benefits, and you may even get something special out of it that you deserve. It could also be an important event to test your imagination.
  1. Different cafes have different atmospheres. (There are Italian, Gothic, French, Viennese, Russian aristocratic, Chinese, Indian, Southeast Asian resort, Greek, etc.) You can feel like you are playing the hero in the place. If there is an ideal café nearby, especially if it is a Corona disaster, you can have a cup of tea and a bite to eat at a place that fits your image of the day.
  2. The time you spend in a cafe is limited, so if you can get a seat there, feel what you will get first.
  3.  Think about the menu you would like to eat and drink at the cafe and imagine it. Is it worth eating there?
  4.  It is also important to consider whether the music played in the cafe inspires you. The music depends on the caliber of the garçon of the cafe. If you have good taste, you may have a good day.
  5.  If you are lucky, you may even get a new project or a key to your life by encountering that café.

I am very sorry for smokers, but café does not mean smoking area. These days, there are no smoking areas. Even more so, if there is art or a luxurious interior, smokers are at a loss because their material value to the store is very much compromised.
If there are paintings on display, they will be stained by the smoke. And it costs a lot of money to repair.
So, please consider using the chairs with good manners as much as possible. If you have a gardening type chair outside, please use that.

When I went to Tully's Coffee to drink a cute looking cafe au lait with a floating snowman

Tully's has HiFi available, but the store is too small for me to stay for a long time and talk over a relaxing cup of coffee. Furthermore, the seats and tables are small, so some places are not so good.

It was Tully's at that time. It was a weekday, so the seats were spacious, and if the barista (the master who makes the coffee) is a good person, the atmosphere can be completely different. When it's busy, there can be a long line of people.

On this day, it was a weekday afternoon, so the staff was friendly and polite.

I felt like I got a little something for nothing.

スノウマンタリーズ (1)

After all, cafes are places to come for the atmosphere.
If you just want a drink, you can make your own and take your own bottle with you to the mall.
If it's good coffee, I can make it myself.

I loved this carefully made little space with the Tully's Snowman.
It's only a short time, but I feel happy to be buying this warmth.

Some Starbucks coffees (e.g. in Seattle, USA) have reclining chairs near the fireplace, providing a very luxurious space that can be monopolized by one person. It is very nice this time of year. Each Starbucks Coffee branch has its own interior design, which tends to be different from that of Japan. Also, Starbucks located at the University of Washington offers a free ticket for the sixth time after five drinks, and you can choose up to two toppings. (For example, you can have a caramel macchiato with cream and chocolate, or a cafe mocha with cream and raspberry sauce.) Also, Starbucks cafes are thoroughly dedicated to their customers. The interiors are also unified. They are consciously trying to attract the customers they want. This is also the case with music. I can't deny that the prices are deliberately high to prevent poor people from coming to the stores, but the security is so strong that even a woman alone can go to the stores at night, which is very nice.





ハーバード大学式 大人の健康科学と栄養学
ハーバード大学式 赤ちゃんと子供とティーンエージャーの健康と科学と勉強方法お薦めのトレンド記事

妊娠中の女性
関連記事