ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

戻りたくても戻れない元の世界

2024/02/24
イケメン過ぎて声のかけられない店員さん
記憶違い パラレルワールド イケメン過ぎて声のかけられない店員さん

戻りたくても戻れない元の世界


記憶違い?

記憶違い?

ナナイと北斗は時の異邦人

ナナイと北斗は時の異邦人

戻りたくても戻れない元の世界


戻りたくても戻れない元の世界

戻りたくても戻れない元の世界

こうして別の姿で再会できた

こうして別の姿で再会できた

時の異邦人の北斗とナナイ

時の異邦人の北斗とナナイ

ここでの人の体はハードだとおもうこと

ここでの人の体はハードだとおもうこと

スマフォはデーター移動が簡単

スマフォはデーター移動が簡単

元の世界に戻る方法

元の世界に戻る方法

北斗だけの特別なものがたり

北斗だけの特別なものがたり


次回は弦之介の名言 人生はリズム感が大事!

予告画像だけですみません。こうご期待ください。



記憶違いとは?パラレルワールドについての解釈



パラレルワールドやパラレルワールドとは、既知の宇宙の外に存在する世界や宇宙のことを指す。すべてのパラレルワールドの総体は多元宇宙と呼ばれる。パラレルワールドは主にSFの世界で知られているが、その理論的可能性は物理学の分野でも議論されている。比喩的な意味で、この用語は心理学や社会科学でも使われる。


量子力学における多世界の解釈


多世界解釈は、1957年にヒュー・エヴェレットによって提唱された量子力学の解釈である。この解釈は、量子力学系における各測定の確率はいつでも正確に予測できるが、一般的に1回の測定の結果は予測できない理由を説明することを目的としている。多世界解釈の1つのバリエーションは、観測可能な宇宙は現実全体の一部に過ぎず、個々の量子力学的測定が異なる結果をもたらす多くの世界が共存しているという考えに基づいている。


この量子力学の解釈に関連して、アンディ・ニモは1960年12月か1961年2月にエヴェレットの考えに関する講義で多元宇宙という概念を紹介した。アンディ・ニモは、1960年12月か1961年2月に行われたエヴェレットの考えに関する講義の中で、多元宇宙という概念を紹介した。


ニモの言葉によれば、多元宇宙とは「宇宙全体を構成するために存在する、見かけ上の宇宙」である。量子力学の解釈の文脈では、多元宇宙という用語は、例えばデイヴィッド・ドイッチュによって使われたが、現実を局所的な物理系に分割する物理的に可能なすべての無限の総体という意味で使われた。


ここでは、「多元宇宙」という用語は、代わりにニモが「宇宙全体」と呼ぶものにほぼ対応している。ドイチュは、時空を超曲面に関連付ける一般相対性理論における無限の可能性になぞらえて、量子情報によって「多元宇宙」の構造を説明することを提案し、それによってドイチュは、両方のアプローチを、量子重力の条件下で多元宇宙の構造を説明する、まだ開発されていない理論の境界例として理解したいと考えている。


ビッグバンに関する理論


多元宇宙の「泡」から宇宙が形成されるという説は、アンドレイ・ドミトリエヴィッチ・リンデによって提唱されたもので、宇宙の初期段階におけるインフレーションの理論として広く受け入れられているものとよく合致する。また、アレクサンダー・ヴィレンキンも提唱している。

多元宇宙論は、自然界の定数の正確なファインチューニングを説明することを目的としている。個々の宇宙は、それぞれの自然定数(微細構造定数、重力定数など)に任意の値を持つ。ほとんどの宇宙では、その値が好ましくないため生命は誕生しないが、他の宇宙では誕生する。そうでなければ、このような偶然の一致を観測することはできない。後者の考え方は、人間原理として知られている。


心理学


心理学では、現実逃避の行動パターンを表すのに、パラレルワールドという言葉が使われることがある。例えば、人は想像力を使って、満たされない憧れや願望、欲求を架空の方法で実現したり、パラレルワールドや「代用現実」を作り出すことで耐え難い状況を抑圧したりする。パラレル・ワールドでは、空想家は一つまたは複数の仮想的な望ましい役割に自分を重ね合わせ、そこに住む人々とコミュニケーションをとり、自分の願望を妨げる現実の障害がもはや存在しないような環境を作り出す。

ある程度までは、これは正常なことであり、心理的な再生や、ストレスの多い体験に対する対抗手段としてのリラクゼーションに役立つことさえある。しかし、人格障害の過程では、空想の世界も問題となることがある。特に、現実逃避の場合のように、空想の世界が実際の現実よりも重要な意味を持つようになると、なおさらである。テレビ、コンピューターゲーム、インターネットなどのメディアも、このような役割を果たすことがある。



芸術におけるパラレルワールド


映画では、現実世界から夢の世界への移行(『オズの魔法使い』)や、別のストーリーの描写(『もしも...』)を通じて、多元宇宙の概念が実現されることが多い。


パラレルワールドは『スタートレック』シリーズでも重要な役割を果たしている。このような代替現実は、5つのシリーズすべてとさまざまな映画に登場し、時には数話にわたって描かれることもある(『スター・トレック:ディープ・スペース・ナイン』)。


パラレルワールドでは、主人公たちがまったく正反対の特徴を持ち、政治状況も異なることがある(そのため、しばしば異なるキャラクター展開が必要となる)。スターシップ・エンタープライズ:新世紀』では異なるタイムラインが存在し、エピソードは改変された現実から始まる。

さらに、2008年から放送されているTVシリーズ『フリンジ』、特にシーズン2以降では、この話題が取り上げられ、扱われることが多くなっている。主に映画『ライラの冒険 黄金の羅針盤』によってドイツで知られるようになった『ヒズ・ダーク・マテリアルズ』3部作では、特に2作目(『魔法のナイフ』)以降、パラレルワールドが舞台となっている。


スティーヴン・キングの『ダークタワー』シリーズもまた、主人公のガンマン、ローランド・デスチェインがダークタワーにたどり着くまでに、いくつもの時間や平行世界を通過しなければならないという多元宇宙というアイデアを生み出している。

参考;

  • Carr, Bernard (Hrsg.): Universe or Multiverse?. Cambridge University Press, 2007, ISBN 978-0-52-184841-1.
  • Adams, Fred: Leben im Universum, Stuttgart, Dt. Verl.-Anst., 2004
  • Adams, Fred/Laughlin, Greg: Die fünf Zeitalter des Universums; Deutsche Verlags-Anstalt, Stuttgart-München, 2000
  • Barrow, John: Der Ursprung des Universums - Wie Raum, Zeit und Materie entstand, München, C. Bertelsmann 1998
  • Deutsch, David Die Physik der Welterkenntnis, DTV München, 2000 (Titel der englischen Ausgabe: Fabric of Reality, 1997)
  • Deutsch, David: Die Welt ist bizarr. In: Der Spiegel. Nr. 11, 14. März 2005 (http://www.spiegel.de/spiegel/print/d-39694676.html).
  • Ferris, Timothy: Chaos und Notwendigkeit, Report zur Lage des Universums, München, Droemer, 2000
  • Guth, Alan: Die Geburt des Kosmos aus dem Nichts - Die Theorie des inflationären Universums, München, Droemer 1999
  • Hürter, Tobias/ Rauner, Max: Die Welt der anderen, in: Zeit Wissen 2008, Nr. 2, S. 40-47
  • Hürter, Tobias/Rauner, Max: Die verrückte Welt der Paralleluniversen, Piper, München/Zürich, 2010
  • Kaku, Michio: Im Paralleluniversum: Eine kosmologische Reise vom Big Bang in die 11. Dimension (Übersetzer: Hainer Kober), Rowohlt, 2005, ISBN 978-3499619489
  • Randall, Lisa: Verborgene Universen - Eine Reise in den extradimensionalen Raum, S.Fischer Verlag, Frankfurt Nov. 2006 (3.Aufl.), ISBN 978-3-10-062805-3
  • Rauner, Max: Aus! Die Physik steckt in der Krise: Der Traum von der Weltformel ist geplatzt, die neuen Theorien sind kaum mehr überprüfbar, www.zeit.de/2006/05/Kosmologie
  • Vaas, Rüdiger: Inflation der Universen. In: Bild der Wissenschaft. 11/2005.
  • Vaas, Rüdiger: Tunnel durch Raum und Zeit, Franckh-Kosmos, Stuttgart 2006 (2. Aufl.)
  • Sundmacher, Ingo: Von Quanten und unsterblichen Soldaten, UB Tübingen 2002 (Multiversum als inhaltlich-stilistische Grundlage im Werk des zeitgenössischen dänischen Autors Ib Michael) (PDF)
  • Weinberg, Steven: Living in the Multiverse, Eröffnungsvortrag bei dem Symposium Expectations of a Final Theory, Trinity College, Cambridge, 2. September 2005, hep-th/0511037
  • Wolf, Fred Alan: Parallele Universen - Die Suche nach anderen Welten, Insel Verlag, Frankfurt am Main und Leipzig 1993



イケメン過ぎて声のかけられない店員さん漫画アルバムのリスト一覧


次回予告の表紙

みんなでパラレルに? 毎度イラストが探すのが大変なので最新の画像を作って即セリフを入れる作業にしています。なかなかいい出来のイラストが仕上がらないとアップしないことにしているので更新おくれたらごめんなさい。


いつも言われたい言いたい

いつも言われたい言いたい

北斗の昭和世代のおっさんの取り扱い説明書

北斗の昭和世代のおっさんの取り扱い説明書


ナナイと北斗の新年のデート2023 (35)

ナナイと北斗の新年のデート2024


ナナイと北斗の年忘れダンス2023

ナナイと北斗の年忘れダンス2023

なないイケメンブログ漫画のアルバム作りました

漫画のベースになるキャラクター育成ソフトの提供はNCジャパンAIONから許可を得て掲載しています。

静岡県沼津市は私と北斗が出逢った場所なので別な意味で聖地です。漫画『イケメン過ぎて声のかけられない店員さん』が生まれたのも沼津です。みなさま今後とも応援よろしくお願いいたします。



イケメン過ぎて声のかけれない店員さん登場人物2023年3月より

登場人物2023年冬

イケメン過ぎて声のかけられない店員さんの漫画夏登場人物2022


クリスチアーノロナウドが決めのポーズをしたときよりかっこいいかもしれない北斗

クリスチアーノロナウドが決めのポーズをしたときよりかっこいいかもしれない北斗

HappybirthdayNanai.jpg

2024年のナナイのお誕生日に北斗と一緒

関連記事