ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

緑内障を予防する詳細なほうほうはありますか?

2024/01/07
ハーバード式健康とアンチエイジング
緑内障の治療法 緑内障を予防する方法 緑内障を防ぐ方法 イケメン過ぎて声のかけられない店員さん

白内障を防ぐことはできるのでしょうか?



緑内障を防ぐ方法

緑内障を防ぐ方法


今回は緑内障を予防する方法緑内障を防ぐ方法について眼医学会で先進国であるヨーロッパのドイツ語圏ではどのような方策がとられているかを特集します。

緑内障は、目の病気「白内障」と混同しないでください。視神経が徐々に破壊されるさまざまな目の病気のグループを指します。ドイツでは約 100 万人が目の病気である緑内障に苦しんでいます。黄斑変性症に次いで、緑内障は失明の原因として 2 番目に多いものです。日本人の緑内障の患者は500万人を越えます。




緑内障の治療方法

緑内障の治療方法

緑内障はどのように予防できますか?



緑内障は、視神経の障害を特徴とする眼疾患群です。この障害は通常、過度の眼圧によって引き起こされます。

緑内障は、眼圧の上昇が通常は痛みを伴わないため、初期には症状がありません。時間の遅れを伴い、両目が病気になることがよくあります。定期的な目の検査がなければ、通常、視力の大部分がすでに失われている場合にのみこの病気に気づきます。


最初は、視野の周辺領域で視力が低下します。直接見ている物体はまだはっきりと見えますが、そのすぐ隣にある物体は視野が制限されているため見えなくなります。これは、車を運転したり、階段を上ったりするときに特に顕著になることがあります。その後、視線の中心に向かって失敗が続きます。最初の「死角」は、両目の視野が重なっているため、すぐには気づかないことが多く、一方の目の欠陥はもう一方の目で補うことができます。さらに、脳は最初は失われた視覚印象を部分的に補うことができます。両目の同じ領域が影響を受け、他の道路利用者が見えなくなると、道路交通は危険になります。


非常にまれな眼圧の急激な上昇(閉塞隅角緑内障)の場合にのみ、この病気がすぐに目立つようになります。その後、重度の目の充血、目の痛み、頭痛、視力の大幅な低下などの症状が現れます。吐き気や嘔吐が起こることもあります。失明の急性リスクがあるため、このような場合、影響を受けた人は直ちに眼科医の診察を受ける必要があります。


治療せずに放置すると、眼圧の上昇によって視神経が損傷し、進行性の不可逆的な視力低下が起こります。最初は視野の端に気づかない盲点ができることから始まり、トンネル視や失明に至ることもある。オーストリアでは、約80,000人が緑内障に罹患しているのです。


緑内障は多くの場合遺伝性ですが、薬物治療や眼科手術の経験、眼球の怪我が原因で発症することもあります。緑内障は通常、ゆっくりと進行し、初期段階では目立った視力低下はありません。視野の変化が患者に自覚されるようになる頃には、病気はすでにかなり進行しているのが普通です。しかし、緑内障による失明は、早期治療によって防げることが多い。


緑内障の早期発見の重要性



緑内障による視力低下を防ぐには、早期発見が一番です。緑内障検診では、眼圧の上昇は緑内障発症の重大な危険因子であるため、医師が眼圧を測定します。また、十分な視野を確保するために瞳孔を拡張し、視神経の健康状態を評価します。検査には、眼球の排水管の分析、周辺視野の検査、角膜の厚さの測定も含まれます。


40歳からは、基本的な総合眼科検診を受けることをお勧めします。検査結果や家族歴、高血圧や糖尿病など眼疾患のリスクを高める可能性のある他の疾患によっては、定期的にフォローアップ検査を実施する必要があります。

65歳以上の方、または緑内障のハイリスク患者と考えられる方は、毎年眼科の精密検査を受ける必要があります。高リスクの患者には、例えば、長期間コルチゾン治療を受けている人、重度の近視の人、循環障害を患っている人などが含まれます。


緑内障を予防する詳細なほうほうはありますか?



健康的な食事は目の健康に良い影響を与えます。硝酸塩を多く含む葉物野菜や色とりどりの果物、ベリー類、野菜を毎日の食事に加えることは、目に大きな影響を与えます。予防策として、入念な運動もお勧めします。


心拍数を上げるような激しい運動は、眼圧を上げる可能性もあります。しかし、早歩きや適度なペースでの定期的な運動は、眼圧を下げ、全身の健康を改善します。


リスクのある患者は、運動時にゴーグルを着用し、眼を傷害から保護する必要があります。
さらに、頭を下に下げる姿勢は避けるべきです。緑内障の患者さんやそのリスクが高い方は、長時間頭を心臓より下に置いてはいけません。


正しい姿勢で眠ることも非常に重要です。緑内障の方は、目を枕に当てたり、腕に乗せたりして寝るのは避けるべきです。閉塞性睡眠時無呼吸症候群の人は、緑内障のリスクが高くなります。いびきがひどかったり、夜中に呼吸が止まったりする場合は、睡眠時無呼吸症候群の検査を受ける必要があります。


緑内障を予防するには、日光から目を守ることが大切です。太陽の紫外線が緑内障を引き起こすという証拠があります。そのため、屋外ではUVカットの高品質なサングラスを着用し、帽子をかぶりましょう。


口腔と歯の健康も非常に重要です。最近の研究では、歯周病が緑内障の視神経の損傷に関係していることが分かっています。したがって、入念なデンタルケアと歯科医での定期的な予防が不可欠です。


ヨーロッパのドイツ語圏では緑内障はどのように治療するのですか?


眼圧を下げるために、薬物療法、レーザー手術、顕微鏡手術などが行われます。緑内障の治療に使われる点眼薬は、眼液の排出をよくしたり、眼液の量を減らしたりすることで眼圧を下げます。どの治療がいつ適切かは眼科医が決定します。

緑内障の治療法は?


一度生じた視神経や網膜の損傷は元に戻すことはできません。治療の目的は、病気の進行を止めることです。これを達成するには、上昇した眼圧を下げ、視神経と網膜への血流を改善する必要があります。これは点眼薬による定期的な治療によって可能です。選択した治療法に応じて、薬の作用は異なります。点眼薬は房水の新たな生成を減らしたり、流出管を広げて房水の排出を改善したりします。点眼治療は生涯にわたって行う必要があります。


緑内障の治療には、薬物療法(点眼薬)、レーザー手術、手術があります。眼圧を下げることで、視力障害や失明のリスクを減らすことが目的です。


緑内障という言葉には、視神経がダメージを受けるさまざまな眼病が含まれます。その結果、視野が次第にぼやけてきます。視野とは、眼球を動かさずに認識できる視野のことである。進行すると視力も低下します。一般的な原因は眼圧が高いことです。


眼圧を下げることで、徐々に失われていく視野を遅らせたり、止めたりすることができます。しかし、すでに起こってしまった視神経へのダメージは元には戻らないため、緑内障を治すことはできません。


このテキストでは、原発開放隅角緑内障または広角緑内障として知られる、緑内障の中でも圧倒的に一般的なタイプの治療に関する情報を提供します。しかし、記載されている薬や介入のいくつかは、狭隅角緑内障にも適しています。


どの薬が使われるのですか?


緑内障の治療には、次のような薬を点眼薬として使用します:

  • β遮断薬:房水の産生を抑える薬で、最初の薬として処方されることが多い。
  • プロスタグランジン:房水の流出を増加させる薬で、β遮断薬と同様に最初の治療薬として処方されることが多いです。
  • α作動薬:房水の産生を減少させると同時に、房水の流出を増加させる。
  • 炭酸脱水酵素阻害薬:房水の産生を抑制する。
  • コリン作動薬:房水の流出を増加させる。
  • ローキナーゼ阻害薬:眼圧を下げる薬です。


どの薬が適しているかは、年齢、視神経障害の程度、眼圧レベル、薬の副作用など、さまざまな要因によって異なります。


1種類の薬で眼圧が十分に下がらない場合や、望ましくない作用が現れた場合は、薬を変更することができます。また、薬を併用することもできます。


副作用


点眼薬にはさまざまな副作用があります。どんな薬でも眼を刺激し、かゆみや充血などを引き起こす可能性があります。β遮断薬など、有効成分の中には循環器系や呼吸に負担をかけるものもあります。


副作用の可能性を減らすために、点眼後は3分間目を閉じることをお勧めします。また、目尻を指で軽く押して閉じるのもよいでしょう。どちらも、点眼薬が目の中で作用し、粘膜を介して体内に吸収される上咽頭に流れ込まないようにする必要があります。


副作用が続く場合は、主治医に相談することをお勧めします。しかし、可能であれば、次の診察の予約まで薬を継続し、単独で中止すべきではありません。


目薬を忘れないようにするには?


1日1~数回の点眼を何年も続けるのは大変です。職場や旅行先で点眼するために静かな場所を確保しなければならないことに不便を感じる人もいます。また、目薬を忘れたり、目薬が役に立たないと感じたりして、目薬を使い続けない人もいます。これは、薬を忘れてもすぐに悪化することがないという事実が好まれているのです。


効き目もすぐにはわからないが、長い時間をかけて初めて明らかになる。しかし、薬が長期的な視力維持に役立っていることを知れば、モチベーションが上がるでしょう。


眼科医の定期検診を受けることで、治療を続けるモチベーションを高めることができます。例えば、1日3回の点眼を1日1回にするなど、計画的な点眼が可能な場合もあります。また、薬を使用する時間帯を決めておくことも有効です(朝食前、夕食前、就寝前など)。アプリやトイレの鏡に貼るなど、リマインダーも役立ちます。


特に最初のうちは、点眼にうまく対処できない人もいます。点眼をしたことがない場合、薬を使うのは必ずしも簡単ではありません。また、高齢者の場合、自分で点眼することに問題があることも多い。不安な場合は、医師のいる手術室で、何をすればよいのか、正確に、落ち着いて説明してもらうのがよいでしょう。親戚や自助グループもサポートしてくれる。例えば、後者では点滴のトレーニングを行っています。


手術やレーザー治療は役に立ちますか?

緑内障はレーザー治療や手術でも治療できます。どちらも通常、薬物療法だけでは眼圧をコントロールできない場合や、点眼薬に耐えられない場合に考慮されます。


点眼薬で眼圧を十分に下げることができない場合、または患者が薬に耐えられない場合は、緑内障手術が必要になることがあります。外科的処置の選択は、緑内障の種類、損傷の程度、解剖学的要件によって異なります。外科手術の目的は、眼水の生成を減らすこと、または眼水の排出を改善することです。最も一般的に行われる緑内障の手術は線維柱帯切除術です。約 30 分かかる手術で、結膜の下に房水の人工的な排水路が形成されます。


緑内障の手術はレーザーの有無にかかわらず行われ、通常は外来で行われます。残った視力を温存するために手術が行われます。一度生じた視神経や網膜の損傷は、たとえ手術をしても元に戻すことはできません。手術の成功は適切なアフターケアにもかかっています。


手術:トラベクレクトミー



緑内障の手術は、眼圧を恒久的に低いレベルまで下げることを目的としています。最も一般的な手術はトラベクレクトミーです。これは強膜と虹彩の一部を切り取って房水の排出を良くし、眼圧を下げる手術です。手術によって起こりうる好ましくない結果には、初期の視力障害、瘢痕、長期的には白内障の発症などがある。


レーザー治療


眼圧はレーザー治療でも下げることができますが、通常は手術ほどではありません。ほとんどのレーザー手術は房水の排出を改善します。また、房水の分泌を少なくするレーザー治療もあります。レーザー治療は、点眼薬による治療の補助としても可能です。短期間の充血、ドライアイ、かすみ目などの症状が出ることがあります。


低侵襲手術


低侵襲緑内障手術は、数年前からますます増えてきています。これは、房水を排出するための小さなインプラント(ステント)を排水管に挿入し、眼圧を下げるというものです。この手術は、軽度または中等度の緑内障の人に行われます。


外来で行われる低侵襲手術には、健康保険は適用されません。現在までのところ、手術やレーザー治療と比較して、様々な低侵襲法の長所と短所を分析した決定的な研究はありません。


補完治療は有用でしょうか?


緑内障の補完的治療として鍼治療が用いられることがありますが、鍼治療が緑内障に有効かどうかについては、決定的な研究はありません。鍼は目に刺すのではなく、眉間や体の他の部位に刺します。栄養補助食品も勧められることがある。その効果も証明されていません。


予防として点眼薬を使用する利点は何ですか?
眼圧が高くても、視神経の障害や視野制限がまだ生じていない場合は、予防的に薬を使用することができます。眼圧が高くても緑内障を発症していない人が点眼薬を使用すると、視野制限が起こりにくくなるという研究結果があります:

  • 約5年後、目薬を使用した100人中12人は視力が悪化していることがわかりました。
  • 一方、点眼薬やプラセボを使用しなかった100人中17人は視野が悪化した。

予防的治療が意味を持つかどうかは、考えられる危険因子にもよる。眼圧がすでに非常に高い人や、近親者に緑内障の人がいる人は、予防治療から恩恵を受ける可能性がはるかに高くなります。


治療のメリットは何ですか?


緑内障の場合、視力低下を最小限に抑えるために、薬物療法で眼圧を低く保つことが重要です。また、眼圧が上昇していない緑内障の方にも薬物療法が行われます。

新たに発見された緑内障を治療した場合としなかった場合で、どのように発症するかを調べた研究がある。参加者は無作為に2つのグループに分けられた: 一方は眼球のレーザー治療を受け、β遮断薬を点眼した。もう一方は治療を受けなかった。2年後の結果は以下の通りであった。

  • 治療なし:100人中49人に緑内障が進行した。
  • 治療あり:100人中30人に緑内障が進行した。


状況によっては、手術によって眼圧を下げることもできる。


ドイツには緑内障患者が推定100万人います。2020年だけでも、世界中で推定7,960万人が影響を受けています。ドイツでは約500万人人が緑内障のリスクを抱えて暮らしています。


緑内障の原因は通常、眼圧の上昇です。このリスクは年齢とともに増加します。
ヨーロッパでは、40歳から80歳までの100人のうちわずか3人が緑内障を患っています、90歳の10人に1人が緑内障に罹患しています。眼圧の上昇によって視神経が損傷すると、網膜上の神経細胞と視神経自体の細胞が死滅します。

日本のコンタクトレンズ愛用者は勝ち組?

日本のコンタクトレンズ愛用者は勝ち組?

ナナイからのレビュー:

今回は日本人の緑内障の患者が500万人を越える2024年に対して疑問をもつ筆者ナナイがお届けしました。それに対して人口9000万にも満たないドイツは緑内障患者が100万人です。もしかしたら緑内障を防ぐ原因が食生活と通常の眼鏡使用をさけUVカット付きのコンタクト使用が役立つとさえ思いました。しかし根拠のないことなのでその理由を述べることは許されません。


欧米の医学専門誌に掲載されましたら改めて翻訳まとめ記事を記載したいと考えております。

参考 Grüner Star (Glaukom)







ナナイと北斗の新年のデート2023 (35)

ナナイと北斗の新年のデート2024

漫画イケメン過ぎて声のかけられない店員さん ご案内


ナナイと北斗の年忘れダンス2023

ナナイと北斗の年忘れダンス2023


なないイケメンブログ漫画のアルバム作りました


漫画のベースになるキャラクター育成ソフトの提供はNCジャパンAIONから許可を得て掲載しています。


静岡県沼津市は私と北斗が出逢った場所なので別な意味で聖地です。漫画『イケメン過ぎて声のかけられない店員さん』が生まれたのも沼津です。みなさま今後とも応援よろしくお願いいたします。



イケメン過ぎて声のかけれない店員さん登場人物2023年3月より


登場人物2023年冬


イケメン過ぎて声のかけられない店員さんの漫画夏登場人物2022


クリスチアーノロナウドが決めのポーズをしたときよりかっこいいかもしれない北斗

クリスチアーノロナウドが決めのポーズをしたときよりかっこいいかもしれない北斗

関連記事