ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

弦之介の将来の嫁さんは声優?弦之介のかっこいい苗字

2023/12/10
イケメン過ぎて声のかけられない店員さん
声優 弦之介 苗字 イケメン過ぎて声のかけられない店員さん

弦之介のかっこいい苗字


道路がひどくて足腰にこたえる沼津

道路がひどくて足腰にこたえる沼津

椅子もだいじだぞ

椅子もだいじだぞ

アニメの声優さんのようなカミさんがほしい


北斗以外に興味があるのは陰謀論

北斗以外に興味があるのは陰謀論

アニメの声優さんのようなカミさんがほしい

アニメの声優さんのようなカミさんがほしい

弦之介がガチアニオタ

弦之介がガチアニオタ

弦之介の苗字という予言


弦之介の苗字という予言

弦之介の苗字という予言

弦之介と話がながく続かない

弦之介と話がながく続かない

俺以外の男子はほとんどアニオタ

俺以外の男子はほとんどアニオタ


弦之介の将来のお嫁さんは 声優さん それとも?

今回は突拍子もない タイトルにしてみました。

まあ リアルの話を持ち出すっていうのも 極力避けていたんですけれども 私の母方の苗字ってかなりレアな苗字が多いんです。


ルーツは色々あるんですけれども 実際に 母方の親戚から話を聞くと平家の末裔 っていうことになってます。

昭和初期までは平家の末裔の平の名字を語るっていうことは 朝廷から禁止にされていました。


それで平家と源氏との 壇ノ浦の戦いから遡ってみると 1000年以上昔なんですよね。


そういったことに関して Wiki とか 苗字 由来のサイトにも書いてあるんですがちょっと微妙にずれたりしています。
つまり歴史であっても当事者の親族ではない限り本当の話は教科書には記載されていないのです。

そして 調べてみると 母方の親族のその苗字は全国に810人ほど その名字がありました。

詳細は書けませんけど ネット漫画ですので・・・


そんなことが 元ネタになっています。


前ネタの石川五右衛門の末裔の忍者一族も平家の末裔を守るための一族だったということなります。
盗賊忍者ではないのですよ。由緒ある忍者。それが石川五右衛門一族。


そして 私のいとこの 娘さんが います。 調べてみたら 声優さんとか女優さんのやっているような感じなんです。


けれども「じゃあ 本当に声優さんをやってるのかな?」
と思って実家に電話して母に問いただしてと


もう彼女さんはかなり前に結婚してお子さんが二人いて そして 京都の方に住んでるって事になってます


実際は違うらしいけど


でも 母方の苗字って全国に812人しかいないわけで
それで 年代別に別れると20代から30代 合計で200人 その中で女性って言ったら100人ですよね?


それが東北の方って言うと まあ 数人~10数人程度ですね 確率的に同姓同名 っていうことはありえないことになります。


そうすると 母の話してるって事は全て嘘になります。


まあ 有名な女優さんとか 声優さんは 経歴 年齢 その他もろもろ 家族などは ほとんど 控えめに言って 身内であろうとも嘘を 伝えるって言うことがほぼ常識になっています だからこの間違いないとは思うんですけど でもめんどくさいしこんなくだらないことで長電話になるのも嫌だったのです。


「まぁ そうなの っていうことで 分かったふりをしました」っていうのが 元ネタ です。


さあ これからどうなるんでしょうか?


もしも 縁があったら 私の漫画の登場人物 北斗の親友の 弦之介さんが 私のいとこの 娘さんと出会って 発展があるかっていうことになります 。


色々話したいことは山々 なんですけど ネタバレになってしまうので今後を是非お楽しみください!


漫画イケメン過ぎて声のかけられない店員さん ご案内


ナナイと北斗のクリスマスカード2022



なないイケメンブログ漫画のアルバム作りました


漫画のベースになるキャラクター育成ソフトの提供はNCジャパンAIONから許可を得て掲載しています。


静岡県沼津市は私と北斗が出逢った場所なので別な意味で聖地です。漫画『イケメン過ぎて声のかけられない店員さん』が生まれたのも沼津です。みなさま今後とも応援よろしくお願いいたします。



イケメン過ぎて声のかけれない店員さん登場人物2023年3月より


登場人物2023年冬


イケメン過ぎて声のかけられない店員さんの漫画夏登場人物2022



北斗のナナイのフランス風


#なないのだいぼうけん #サイトマップ #ナナイの大冒険 #ブログ #なない #なないブログ #ブログナナイ #ぶろぐなない #なないのブログ #量子のもつれ #パラレルワールド #量子のもつれな関係 #宇宙が決めた #必然的なイベントな関係
関連記事