ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

ターボ癌や自己免疫疾患の原因は?

2023/11/12
ハーバード式健康とアンチエイジング
ターボガン ワクチン ブレイクスルー コロナ ターボ癌 自己免疫 疾患 ドイツ

ターボガンや自己免疫疾患の原因は?




コーヒーとちょこ


コロナワクチン後遺症として良心的な研究機関で騒がれているターボガン
今回の記事はルクセンブルグとドイツ語圏の研究者の間で解析した情報をまとめています。第2弾です。

原文はドイツ語です。先日非業の死を遂げられたジョン・ヒースコ医学博士に敬意を評して黙祷をささげます。


コロナの緊急事態は終息したのかどうか?


ほとんどの人にとって、C-XXの危機は去った。これは主に、今年5月に世界保健機関(WHO)が「公衆衛生上の緊急事態」はもはや存在しないと宣言したことによるものである。


C-XXのドラマが終わったと考えるのは、少なくとも2つの理由がある。


ひとつは、このウイルスがまだこの世に存在し、存在しないまま思う存分循環しているからである。ウイルスが大量に存在する限り、免疫システムから逃れる変異型の自然淘汰を受けやすい。


第二に、当局はC-XXワクチン接種を禁止する気はないようだ。それどころか、C-XXワクチン接種の継続を望んでおり、北半球の冬が近づくにつれ、C-XXの流行が明らかになれば、ワクチン接種を正当化するために利用するのは間違いないだろう。


SARS-CoV-2が、パンデミック後に自然発生する呼吸器系ウイルスに典型的に見られるような、風土病的、季節的なパターンに移行していないことを確認できる「専門家」は枚挙に暇がない。


あなたの周りでも気づいているかもしれないが、ウイルスはまだ存在している。全国的な検査プログラムの中止は、資源の無駄遣いとみなされただけでなく、おそらく、それを続けることで遺伝子ワクチンに対する人々の信頼が揺らぐことも認識されたのだろう。


STAT誌に掲載されたばかりの記事には、ミネソタ大学感染症研究・政策センターのマイケル・オスターホルム所長をはじめとする、科学的主流に賛同するこの分野の著名な専門家たちからのフィードバックが掲載されている。インタビューした専門家のほとんどは、このウイルスがまだ真の流行性や季節的パターンを獲得していないことを認めている。


このことは、集団レベルでの免疫がウイルスの進化ダイナミクスをどのように形成しているのかが理解されていないことと一致している。実際、3年以上前にヒト集団に放出された後、免疫学的淘汰圧にさらされるようになったウイルスの重要な特徴のひとつは、この乏しい洞察力であり、現在までに行われた予測モデリングの多くを不合理なものにしている。


矛盾した情報は混乱を引き起こすだけではない。認知的不協和を引き起こす。これは不快で不安な感覚であり、人々は自分にとって首尾一貫した信頼できる見解のように感じられるものを見つけ、それにしがみつこうとする。


これが分裂につながる。ある者は、当局や科学的権威を信頼し、『ワクチンが最善の解決策である』という立場を堅持している。また、科学的にも経験的にも支離滅裂なこの見解を支持できない者もいる。


私たちの多くは、科学的権威への信頼を失っている。その理由はこちらとこちらをご覧いただきたい。C-XX危機の前に私たちが持っていたかもしれない信頼は、危機と関連する情報の扱われ方のせいで、今や蒸発してしまった。これには、反対する科学的見解に対する大規模な検閲も含まれる。


人間の社会的な性質と、信頼できる人たちと一緒にいたいという欲求を考えると、私たちが不信感を抱いているグループ、たとえば私たちの「C-XXの世界観」の責任者である科学界の権威に反感を抱いたとき、私たちは信頼する理由があると思われる他の人たちに引き寄せられるのである。


GVB - 不確実性をよりよく理解するために


このことを念頭に置いて、この記事の主旨を述べたい。刻々と変化するSARS-CoV-2ウイルスと我々の免疫システムの複雑なダンスと格闘している多くの人々にとって、ある人物の新しい記事を紹介したい。その変化は、間違いなく世界的なC-XXワクチン接種プログラムによって増幅されている。


私が言及する人物は、もちろん、免疫学者でありワクチンの専門家であるゲルト・ヴァンデン・ボッシェDVM、PhDである。彼は、科学的厳密さと決断力、そして科学・医療・産業複合体と呼ぶべきモノリスに立ち向かう勇気の両方において、私が大いに尊敬する人物である。また、ゲールトを盟友であり友人であると思うことを光栄に思う。


広範な証拠に基づき、まったく新しい報告書にまとめられたゲルトの最新の考え方を紹介する前に、ゲルトがこの報告書を、コンピューター・エンジニアであり、「健康とウェルネス・ジャンキー」を自認し、ガールフレンドとともに6月に急逝したジョン・ヒースコに捧げたことを指摘しておきたい。


6月13日、ジョンとガールフレンドのアビー・ルッツは、メキシコで休暇を過ごしていた5つ星ホテルで、「未確認物質による中毒死」という悲劇的な死を遂げた。その物質はガス漏れによる一酸化炭素であった可能性があることが判明した。


このウイルスとの相互作用の複雑さを理解しようとする情熱が、ゲルトと彼の仕事に彼を導いたのだ。ゲールトにとって重要な支援源となりつつあった人物を失ったのだ。カリフォルニアから戻ったゲールトが、ジョンとアビーの人生を祝うために私に連絡し、ANHの記事を掲載できないかと尋ねてきたとき、私たちは喜んで協力した。


記事の中でゲルト・ヴァンデン・ボッシェは、北半球が冬に近づくにつれ、今年はC-XXの予防接種を行わないよう強く警告している。彼は、C-XXワクチンを大量に接種した集団がどのように、そしてなぜ死んでしまうのかを詳細に説明している:

  1. オミクロンに由来する、より多くの感染性と潜在的に危険な免疫防御変異体を促進する。
  2. C-XXが重症化するリスクが、ワクチン接種やワクチン未接種の集団よりも高くなる。


ドイツ、アメリカ、日本などのようにワクチン接種率が高い集団では、攻撃性の高い早期発症の「ターボ」がんや自己免疫疾患など、他の疾患のリスクが、C-XXワクチン接種を受けない集団に比べて著しく高まる可能性がある。


この方向性を示す証拠は山積みである(ゲルトの報告書は他の文献に多くの言及をしている)。より議論の余地があるのは、最終的な結果よりも、特定の相互作用を促進するメカニズムである。多くのテクノロジーを生み出してきた客観的で決定論的な世界は、メカニズムがなければ何も受け入れることができないようだ。観察、測定、経験だけでは十分ではない。私たちは皆、何かがなぜ、どのようにして起こるのかを知りたがる。


私たちがすでに知っていることを考えれば、多くの国民がいまだにC-XXワクチンを信じているのは茶番である。この立場が公の場で激しく支持されるのは、アジェンダを推進するマシンの力を反映している。


感染やワクチン接種後に起こる免疫カスケードの一部として知られている要素も含めて、私ができる最も簡単な言葉で言えば、これがゲールトが提案していることである。


ゲルトは、突然変異を起こしやすいウイルスが循環し続けている間(つまりパンデミックの間)に大規模な集団にワクチンを接種すると、事象のカスケードは呼吸器から侵入するウイルスの自然感染とは異なる方向に進むと主張している。


C-XXワクチンは一連の免疫反応を引き起こす。ワクチンメーカーのターゲットは、適応免疫系のB細胞で産生される中和抗体であり、最適な反応が産生されるには数週間かかる。ワクチン接種者の場合、この免疫反応は、体内の細胞で発現するウイルスのスパイクタンパク質をわずかに改変したものによって引き起こされるが、もちろんほとんどの場合、上気道に感染する野生のウイルスにも遭遇する。


近年、疑う余地のない事実として明らかになったのは、免疫系サルのパンデミックの状況では、これらの重要な中和抗体が効果的に働かないということである。特にオミクロン変異体が進化してからはそうである。オミクロン変異体自体、集団ワクチン接種による極度の免疫淘汰圧に対する反応である。


ワクチン接種を受けた人が本物のウイルスに感染した場合、これらの中和抗体が主にウイルス表面のコロナウイルスのスパイクの先端にある受容体結合ドメイン(RBD)に結合することが期待されていた。


これらの抗体は、RBDが準備された "開いた "位置にあるときでさえ、ウイルスがACE2レセプターにドッキングする能力をブロックする。そして、中和抗体によってブロックされていない限り、ウイルスを体内に侵入させるのは、体内の上皮細胞にあるACE2レセプターなのである。



211111_sars-cov2_infographic.png


しかし、人口の大部分がウイルスに暴露されている間にワクチン接種を受けた場合、これらの中和抗体は、ウイルスに遭遇したときにはまだ親和力や力価(あるいは血中濃度)が低すぎるため、不完全な働きしかしない。その理由は、感染後、これらの抗体が胚中心で増殖・成熟し、その力を発揮するまでに数週間かかるからである。


B細胞によって産生される抗体にはもう一つ、非中和抗体と呼ばれるものがある。これらは通常、中和能力が著しく低下したAbsが接種された場合に惹起される。これらは短命で、親和性の高い抗体には成熟しない。


これらの抗体の産生は、多量体ウイルスクラスター(いわゆるウイルス凝集塊)上に示される反復抗原パターンによって誘発されると考えられているため、「多反応性」非中和抗体(PNNA)bs)と呼ばれている。これらの抗体はウイルスに結合するが、ウイルスを中和するのではなく、感受性の高い上皮細胞へのウイルス侵入を促進し、その結果、PNNAb依存的にウイルス感染を促進する。


初期のオミクロン由来の免疫応答の特徴の一つは、ワクチン接種者においてPNNAbの再刺激を繰り返すことであった(ワクチンで誘導されたAbsの中和能力が大幅に低下したため)。オミクロンは、高度にワクチン接種された集団において、PNNAb依存性の画期的な感染を引き起こした最初のSARS-CoV-2亜種であり、歴史に残ることとなった。


これはオミクロン以前に流通していた免疫逃避型とは対照的である。そのスパイクタンパク質のワクチン中のものとの類似性は、それでも「抗原的原罪」を引き起こすには十分であった。このことは、2021年11月に我々のウェブサイトで発表した記事(上のこの記事の画像を参照)で説明したとおりで、Geertと私はこの記事で共同研究を行った。


したがって、これらの変異体は以前はワクチン誘発抗体と呼ばれていた。しかし、後者が新しく出現したバリアントを中和する効果が次第に弱くなるにつれ、「抗原性の罪」効果は免疫系からのウイルスの逃避を促進するのに役立つだけとなった。


しかし残念ながら、それだけではない。抗体にはいくつかのクラスがあるため、複雑な問題が生じるのだ。中和抗体は免疫グロブリンと呼ばれるタンパク質の一群に属し、特にA、D、E、G、Mなどのクラスやアイソタイプがあり、IgA、IgD、IgE、IgG、IgMなどと呼ばれている。


これらにはサブクラスがあり、ゲルトにとって重要なのはSARS-CoV-2スパイク特異的IgGサブクラスのひとつであるIgG4である。さらに問題を複雑にしているのは、免疫系が万能であるのと同様に、免疫グロブリンのクラスを切り替えることができるという事実である。


IgGやIgAが感染やワクチン接種後数週間は上昇することを示す研究は多いが、現在では、通常最も低いレベルで存在するIgGのサブクラス、すなわちIgG4が、特に事前の感染なしにワクチン接種を多く受けた人において、クラススイッチされたIgG4アイソタイプへの親和性成熟が遅れた結果、より多く存在するようになっていることが明らかにされている。


したがって、これはワクチン接種の多い国の脆弱な人々の大部分に当てはまる。


ここからが本当に興味深いところであり、さらに心配なところでもある。


2つの明確なメカニズムが並行して働いているように見える。


第一に、PNNAbによる画期的な感染によって、立体免疫フォーカシング(SIR)と呼ばれる現象が起こり、SARS-CoV-2スパイクの「免疫優位」ドメイン(主にRBD内)に抗スパイク抗体の中和が不十分なまま(あるいは親和性が低いまま)結合する。


その結合がスパイク抗原の「免疫優勢」部分を覆い隠すため、サブドミナントまたは免疫劣性である他のスパイク関連ドメインは、それ自身の、広範な側面の中和抗体の獲得にはもはや関与しない。


しかしながら、中和抗体は免疫原性の弱いドメイン(すなわち、免疫亜優性または免疫劣性)に対するものであるため、これらの抗体の力価は低く、急速に低下し、免疫逃避の改善を促進する。


第二に、IgG4抗体価の上昇である。オミクロンとその誘導体は、ウイルス子孫の産生を促進するワクチンブレークスルー感染を引き起こすため、細胞ベースの自然免疫細胞(ナチュラルキラー細胞など)を誘発することができないのである。


より感染性の高いオミクロンの子孫による大規模なワクチンブレイクスルー感染が続くと、身体の防御を回避しようとし続ける循環ウイルスに、継続的な免疫淘汰圧がかかる。


滅菌免疫の欠如と、新たに出現する免疫逃避変異体に対する免疫淘汰圧が組み合わさることで、循環感染を減衰させるメカニズムを持たない高度にワクチン接種を受けた集団では、サイクルが動き出すことになる。新たな画期的変異体が出現し続け、真の群衆免疫が発達することなく、このサイクルが延々と続くのである。


mRNAワクチンは免疫システムの再編成を促進するため、免疫システムの脱出を加速させるだけである(ゲルトの著書『免疫不全の必然的パンデミック(2023年2月出版)参照)。


ワクチンが導入される前、パンデミックの最初の数日、数週間、数カ月に(自然免疫系が非常に有効である)子どもたちがそうであったように、自然免疫系が誘発され、こうして訓練され、ナチュラルキラー細胞やその他の生化学的・細胞学的武器を提供することによって、もっと早い段階で感染を打ち負かすことができたはずの救援に来たからである。


IgGクラスがIgG4に切り替わるのを遅らせることと組み合わせた立体的免疫集中(SIR)のプロセスも、短期的には症候性感染を緩和することができるが、自然免疫系を損なうようである。


それだけでなく、抗原提示も障害されるため、重症化ワクチンである可能性の高いPNNAbsの持続的刺激も阻害される。SIRとIgG4-Ab抗体価の上昇は、防御的な適応免疫系の応答を長期的なものから短期的なものへとシフトさせるとともに、大規模な免疫逃避を引き起こし、最終的には、完全なワクチン接種を受けた人において感染力の強いウイルスの系統において、より感染力の強い新たな免疫逃避変異体を生み出すことになる。


gG4は良性であり、健康や病気にとって有益であるとさえ広く認識されてきた。後者は、アレルゲンや寄生虫の存在下で、よく説明され、しばしば有用な反応を示すためである。


しかし、血中IgG4価の上昇は、慢性的で長期にわたる感染症や、現在ではC-XXワクチンの集団接種でよく見られるが、有害である可能性があり、特に抗腫瘍反応を損ない、自己免疫疾患の再燃と関連していることが問題であることを示す研究が増えてきている。IgG4のこのジェッキーとハイドの性格に関する最新の見解は、Nature Reviews Immunology誌の最近の総説論文で紹介されている。

これこそ、我々がここで扱っている図式である。ワクチン接種を受けた人々の間で、非常に攻撃的な「ターボ」ガンや自己免疫疾患が、イベルメクチンを含むC-XXに対する初期の治療法の成功を最初に報告したのと全く同じ医師や代替医療実践者によって報告されている。この医師グループはその後、沈黙し、疎外された。真実は不都合だったようだ。


我々は最近の歴史を繰り返しているのだろうか?C-XXの症状が増加しているため(すでに増加しているとの公式報告もある)、当局が大衆に再びワクチン接種を強要し、問題の原因となった失敗作の技術が問題を解決してくれるという盲目的な期待を抱かせる時代が、ますます近づいているのだろうか?


私たちはいつになったら学ぶのだろうか?それとも、アインシュタインの名言「狂気とは、同じことを何度も繰り返しながら、異なる結果を期待することである」に留意すべきなのだろうか?



クリスマスおやつ 2023 (24)



重要な注意事項

一般の人々が混乱するのも無理はない。一方では、主要な科学雑誌、報道機関、政府機関がC-XX遺伝子ワクチンについて最上級の表現を使ってきたし、今も使い続けている。サイエンス誌はModernaの研究結果を「全く驚くべき」と呼び、ワシントン・ポスト紙は「驚異的なサクセス・ストーリー」と呼び、BuzzFeedはワクチンが「予想以上によく効く」と主張し、米国疾病予防管理センター(CDC)や英国国民保健サービス(NHS)その他の当局は、承認されたすべてのワクチンについて「安全で効果的」というマントラを引用し続けている。


「高C-XXワクチン接種集団におけるSARS-CoV-2亜種によるワクチンブレイクスルー感染の免疫学的相関」。
不確実で予測不可能な相互作用に関する矛盾した情報


他方、科学文献には、まったく異なることを示唆する論文がますます氾濫している。


CDCは現在も米国市民に対し、予防接種を最新の状態に保つよう勧告している。しかし、6月に発表されたプレプリント研究によると、C-XXの予防接種を最新にしていないクリーブランド・クリニックの従業員は、予防接種を受けている従業員よりもC-XXから守られていた。


Nature Medicine』誌に掲載された論文によると、ワクチンが市場に投入された後、早くも2021年には「ウイルスの亜種が増え始めた」だけだという。2022年に『Frontiers in Immunology』に掲載された論文では、感染後もワクチン接種後も、ウイルスが免疫系から逃れるために用いる多様な戦略について述べられている。


さらに、人々の個々の経験もある。最近発表されたクリーブランド・クリニックの研究で明らかになった問題であるC-XX病だけでなく、がんや自己免疫疾患など他の病気や症状に関しても、ワクチン接種を受けた人の多くが良い経験をしていない。




参考ソース 

Was ist der Grund für Turbokrebs und Autoimmunerkrankungen? Aug 23, 2023 ドイツ語
Krebs und Corona: Fragen und Antworten
Corona, der „Turbokrebs“ und der Journalismus
関連記事 コロナワクチン後遺症のターボがんについてドイツの研究機関が警告していることとは?




Category ハーバード式健康とアンチエイジング


クリスマスおやつ 2023 (12)

  1. 幹細胞技術で自分の歯を育てることができるのはいつぐらい?
  2. キシリトールは人間にとって毒なのでしょうか?
  3. アセスルファムカリウムってよくきくけど危険な甘味料なの?
  4. 人工甘味料の使用は危険とWHOが警告
  5. 風邪とインフルエンザとコロナに免疫力ができる食事
  6. あなたのお子さんがCOVID-19の検査で陽性だった場合、スポーツに復帰してもいいのでしょうか?
  7. 医師の死因はなんですか?
  8. 米国の医療従事者のリアルな事情 歯の再生医療どこまで進んでいるの?
  9. 幹細胞培養によるインプラントが歯科再生の未来になる?
  10. 運動不足でテレビ視聴時間が長い高齢者に注意!認知症リスクが高まることが明らかに
  11. 癌と関係のある毛染めについて考える ハーバード大学
  12. そっくりさんとドッペルゲンガーのDNAは同じなの?
  13. 認知症を防ぐためにはどうしたらいい?
  14. 少子化対策に向けたグローバルな5つの取り組み方法とは?
  15. 感情は伝染するのでしょうか?
  16. 再生歯科医療2023春 新しいイノベーションとこれからのイノベーション
  17. カンジダって自然治癒でなおるの?
  18. 視力を上げる自然な方法ってあるの?
  19. 不老長寿の研究と健康で長生きする方法とは?
  20. もし、虫歯やひび割れ、折れた歯が、歯の詰め物なしで修復できるとしたらどう?
  21. あなたは200歳まで生きられますか?
  22. サル痘 世界の感染症例について 7月27日英国版より
  23. 歯の培養は近い将来実現するの?
  24. 歯の再生医療の 実用化はいつになるの?コロンビア大学のマオ教授の研究について
  25. 歯の再生医療の実用化はいつ?先進国での研究 2022年
  26. 幸福な人は一般に健康であると言われています。では、どうすれば最高の幸せ者になれるのでしょう?
  27. 体がだるい12の理由とは?解決策についての提案
  28. 片頭痛手術の歴史と可能性について
  29. 居眠りすれば、食事は減る?睡眠不足はダイエットの妨げになる?
  30. 空間記憶力とは? 空間記憶の仕組みと消失のメカニズム
  31. 長寿研究はどこまで進んでいるの?アンチエイジングなイケメンおやつってどれ?
  32. 糖質に関するあなたの脳 科学が語る真実
  33. 子供向けの簡単な野菜の調理法 おいしく食べられるレシピ23種類
  34. ハーバード大学のアンチエイジング研究はいったいどこまで?気になる老化を遅らせる方法とは?
  35. 脳の健康を維持するために、女性は何をしたらよいのでしょうか?ハーバード女性の医学より
  36. もっと幸せになりたい?ハーバード式幸福感へのヒント 幸せになりたい時は是非これを試してみてください
  37. コレストロールをさげる食べ物は? その答えは、ナッツです。
  38. ソーシャルメディアの害を減らすことは可能?
  39. ソーシャルメディアは病気の引き金になる?
  40. ハーバード大学医学部が推す健康的なダイエットとは?
  41. 抗炎症作用のある食品を多く含む食事は痛風や関節にも効果がある?


クリスマスのクッキー2023 (2)


関連記事