ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

大企業スーパーの執行役員と本部長の役割とは?

2023/11/08
役員になるには MBA講座
執行役員 スーパー 本部長 統括 責任者 イケメン過ぎて声のかけられない店員さん 大企業

執行役員または肩書が購買担当部長や経営戦略室長のお仕事とは?




古代アテネな気分


日本企業ではなく欧州やカナダやオーストラリアの一般的な購買部長もしくは統括責任者についての特集記事です。
日本企業では1000人に一人程度しか執行役員にはなれないかと思いますので、だいたいの日本でのおおよその肩書は察しがつくと思います。大手企業の子会社のスーパー(私鉄など)であれば取締役や常務、専務。中規模以上であれば支社長、執行役員、専務ぐらいだと思ってください。また将来的に役員を目指すのであれば今から対策を練っておく参考材料になるでしょう。



ギリシャ神話の建物のなかで


購買担当部長とは、購買チームのトップです。通常、経営陣に直属します


サプライヤー側のサプライチェーンが可能な限りスムーズに機能し、破綻しないようにします。ロジスティシャンとして、産業、貿易、行政のいずれにおいても、価値創造が滞ることがないよう、需要に沿った商品や資材を組織に供給する責任を負います。


製造業や商社では、購買責任者は、特に重要な商品だけでなく、その他の重要な商品の長期的な供給を確保するための調達戦略を策定します。特に大企業では、グローバル市場や国際的に活躍するサプライヤーの概要が求められます。


業務レベルでは、可能な限り有利な条件で、希望する品質の(調達)製品を用いて生産または取引が行われるように、「ステージ」を管理し、組織化します。そのために、最も条件の良いサプライヤーを選び、数量、条件、納期について交渉します。


サプライヤーとの関係の質は、市場に関する正しい知識と同様、ビジネスを成功させるために大きな意味を持ちます。サプライヤーの仕事は、商品やサービスをコスト効率よく生産したり、商品を経済的に流通させたりする上で中心的な役割を果たします。そのため、購買部門統括本部長は、大企業のバリュー・チェーンにおける重要な役割を担っているのです。


マネージャーとして、会社の規模にもよりますが、専門の購買担当者、事務員、発送担当者、物流担当者などで構成されるチームを率います。部長の地位に就くと、従業員の人選、人材配置、人材育成にも責任を負うことになります。


購買部門統括部長という肩書きは、中小企業や零細企業で働くのではなく、少なくとも中規模以上の組織における調達の責任者であることをすでに明確にしています。したがって、購買部長の総月給はドイツの平均給与よりも高額であるということになります。



ギリシャ神話の建物で雨



購入担当部長もしくは取締役の仕事とは何ですか?


購買責任者には2つの中核業務が課せられています:

戦略レベル
では、組織の価値創造における中核分野に不可欠な物品の調達を計画することと、パートナー企業との長期的な契約締結を図ることです。


業務レベルでは、すべての購買プロセスを管理・最適化し、従業員チームを指揮します。そのため、仕事の範囲は多岐にわたっています:戦略的な面では、購買プロセスのモニタリングと分析に関連します。


戦略的な側面では、しばしばグローバルな調達市場をモニタリングし、分析することが含まれます。さらに、最も費用対効果の高い商品や希望する品質の商品を供給するサプライヤーとして、国際的に事業展開している企業を選ぶことも挙げられます。標準化された評価基準に従って進めることができるよう、経営陣と協議して自ら作成した購買ガイドラインを使用し、その厳守と実施状況を従業員レベルでも監視しています。


厳選された重要なサプライヤーとの納品・支払条件、すなわち条件、数量、納期の交渉と契約上のコミットメントは、すでに業務領域の一部となっています。サプライヤーは、納品と在庫の数量が、指定された時期における組織の資材と商品の必要量を確実にカバーするようにしなければなりません。


そうすることで、例えばジャスト・イン・タイムの原則を実施することで、資本投入と在庫コスト、ひいてはリーン・アプローチに従った無駄を最小化し、収益性を高めるために、サプライヤーと倉庫の分野における代替案と潜在的な節約を検討し、評価しなければなりません。この目的のために、管理プロセスの一環として、経営者は重要な数字を作成し、それを分析します。さまざまなソフトウェアシステムが、業務を容易にしています。


契約を締結する際には、法的側面を考慮することが不可欠です。そのため購買部長は、「どのタイプの契約を選ぶべきか」「どの一般取引条件が適用されるか」「協力協定を結ぶべきか」といった疑問に対処し、十分な知識を持たなければなりません。


したがって、購買部門統括責任者の仕事は、特に以下の点で構成さ れます:


グローバルな調達市場の観察と分析

  1. 戦略的パートナーとしてサプライヤーを選定し、主要製品の供給ボトルネックを回避する;
  2. 既存サプライヤーとの取引関係の維持
  3. 調達ガイドラインの作成、遵守と実施の監視
  4. 調達プロセスの定義、標準化、最適化
  5. 主要数値に基づく納品数量と在庫レベルの分析と最適化
  6. 材料と商品の必要量を計算し、迅速にカバーする
  7. 選択したサプライヤーとの数量、品質、購買条件、納期の交渉
  8. 従業員チームの管理・指導、業務の委譲
  9. 人事管理:人選、配置計画、能力開発;
  10. 購買統計、価格分析、納期、納入品の品質に基づく管理。



クリスマスおやつ 2023 (11)


購入部門のトップに必要なスキルとは?


販売市場を観察し、戦略的に調達を計画し、購買ガイドラインを定義し、主要サプライヤーと交渉し、従業員を管理し、品質仕様を遵守し、すべての購買プロセスを最適化して、供給を確保し、効率を高める。このような厳しい仕事をこなすための前提条件は、状況を分析し、広範囲かつ長期的な結果をもたらす結論を導き出す能力である。その際、e-プロキュアメント、企業資源計画(ERP)、生産計画・管理(PPC)、商品管理システムなどのソフトウェア・アプリケーションや、特に管理にはSAPを活用することもできます。


さらに、購買部門責任者は、サプライヤーや自社の従業員とのやり取りにおいて、交渉力、説得力、雄弁さ、自己主張の強さが求められます。国際的に事業を展開する企業では、ビジネスで流暢な英語が最低条件であり、その他の外国語スキルがあれば有利です。


最適化担当者として、すべての調達プロセスを見直し、改善の可能性と相乗効果を特定し、それに応じてプロセスを適応さ せます。一方では、購入品の要求品質を保証するための品質管理も含まれる。一方では、購買部門に適した人材を見つけ、適切かつ効率的に配置し、新たな業務や拡大した業務に対応できるよう準備するための人事管理も含まれる。人事管理と労働法は購買部長がカバーすべき分野です。


購買部長が持つべきスキルは以下のようにまとめられます

  1. 説得力と自己主張
  2. リーダーシップ・スキル
  3. 人事管理および労働法の知識
  4. ロジスティクスとサプライチェーンマネジメント
  5. 品質管理
  6. 組織能力、時間管理能力
  7. 起業家的思考能力
  8. 分析と戦略的思考
  9. 調達ニーズを評価・査定するためのソフトウェアの使用;
  10. 電子調達 - 電子調達
  11. 管理
  12. グローバルな)調達市場に関する知識
  13. 交渉力とコミュニケーション能力
  14. 共感力
  15. 高い信頼性
  16. 外国語スキル、場合によっては出張をいとわないこと
  17. プレッシャーの下で働く能力と柔軟性


クリスマスおやつ 2023 (8)


購買部長になるには?

購買責任者は管理職であり、見習い期間を修了すればなれるわけではありません。しかし、専門家やビジネス・アドミニストレーターとしてのさらなる訓練を含む、商業的または商業技術的な職業資格は、多くの場合、良い前提条件となります。経済学の学位があれば、より有利であることは間違いないでしょう。結局のところ、購買担当者の行動は企業の損益に重要な役割を果たすのですから。いずれにせよ、このポジションに就くには専門的な経験が必要です。業務レベル、戦略レベル、プロジェクトレベルを問わず、バイヤーとして働くか、リードバイヤーとして働くことで、購買部門の責任者の仕事をする準備ができます。

訓練:3年間の商業見習い期間、例えば卸売・小売業や工業事務の見習い期間は、多くの場合、経営管理および特に購買の資格取得のための更なる訓練の出発点となります。


さらに研修を受けます: 関連する見習い期間を経て2年間の職業経験を積んだ後、さまざまな方法でさらなる訓練を受けることができます。テクニカル・スペシャリストや商業管理スペシャリスト(HwO - Crafts Codeによる)などの商業技術資格を目指すことができます。


特に大企業や国際的な環境では、修士号が管理職への切符となることが多いです。


しかし、業界に特化した知識を与える学位プログラムも、ビジネス研究に代わる選択肢を提供しています。化学や薬学、食品工学やプロセス工学、自動車工学、機械工学、プラント工学、電気工学、自動車管理学など、どのような工学分野を学ぶにしても、業界に関する深い知識は、調達や条件交渉の際に重要な成功要因となり得るからです。


卒業後も、将来の購買責任者は研修生として、あるいは大企業の特定部門でバイヤーとしてスタートすることがよくあります。昇進は、志望者のスキルと実証された成功によって決まります。


購入本部長としての収入は?


そのキャリアはどのようなものですか?購入部長は、さらなる訓練を含む商業見習い期間を振り返ることができるのでしょうか、また専門家や ビジネスエコノミストとしての専門学校資格を持っているのでしょうか、あるいは学士号、修士号、博士号を示すことができるのでしょうか。資格のレベルだけでも購買部長の給与に大きな影響を与えます。


月給総額については、約8,500ユーロから10,700ユーロの範囲がドイツのgehalt.deに記載されています。


購買本部長のポジションに与えられる収入の幅は非常に大きいです。この理由として考えられるのは、学位を持たない専門家やビジネス・エコノミストの収入が、経営学部の卒業生よりもかなり低いため、この範囲の下限になる傾向があるということです。これは、低い方の値が標準的な給与とも相関していることからも裏付けられています。このことから、多くの購買部長は学位を持っており、大企業で団体協約の賃金を大幅に上回るポジションに就いているという結論が導き出される可能性があります。場合によってはかなりの責任を伴う管理職であるため、これは驚くべきことではないはずです。


ドイツの様々なレベルの購買担当者1,600人を対象とした2021年の業界調査によると、購買部長の平均年間総給与はほぼ10万ユーロで、月額約8,200ユーロの総給与であるため、労働協約で規定されている値のほぼ2倍であるという結果が出ています。最高額は年間20万ユーロにものぼります。


1ユーロ 166円 2023年11月5日


このように給与に大きなばらつきがあるにもかかわらず、すべての数字に共通しているのは、購買部長の月収はいくつかの要因にも左右されるということです。


その要因とは

  1. 業界
  2. 会社の規模
  3. 会社の所在地
  4. 職業経験
  5. その他のスキル


具体的な給与水準(未確定)については割愛するが、傾向をまとめると以下のようになります。いずれにせよ、一つの傾向は明らかで平均的に、女性は購買マネジャーとして、同等の仕事について男性マネジャーより約20%低い収入を得ています。


したがって、ここでも「男女格差」はまぎれもない事実です。


業界要因


technik-einkauf.deの調査によると、食品、飲料、物流、運輸、化学部門の購買マネジャーが最も高い給与を得ています。しかし、各セクターにおける給与の差はそれほど大きくないことも判明しています。


企業規模


通常、アウトプットは企業規模が大きくなるほど増加します。購買部長の給与は、企業規模や購買量に応じて増加する。従業員数50人までの小企業では、給与は標準的な給与水準とほぼ同等であり、従業員数250人までの中堅企業、従業員数500人までの大企業「上位中堅企業」に移行すると、給与はかなり上昇します。大企業の給与は依然として高いが、その差はもはやそれほど目立ってはいません。


gehalt.deによると、購買マネージャーは企業規模に応じて以下のような年収が期待できるとしています:従業員数100人以下=9万9000ユーロ、従業員数500人以下=9万9000ユーロ

  • 従業員100人まで=99,328ユーロ
  • 従業員101人から1000人=116,924ユーロ
  • 従業員1001~20000人=13万355ユーロ
  • 従業員2万人以上=13万3971ユーロ

地方勤務の年棒参考:
  • 実務経験3年未満:104,473ユーロ
  • 実務経験3~6年:106,473ユーロ
  • 職歴7~9年:109,221ユーロ
  • 職業経験9年以上:120,117ユーロ


ギリシャ神話の建物で



購買担当役員のさらなる研修


購買担当役員は、常に最新の知識を身につけ、その知識を広げる努力をしなければなりません。これは在庫管理、資材管理、ロジスティクスなどの分野に当てはまります。


新しい市場や市場参加者を見極め、彼らと接触できるようにするためには、新しいメディア、業界ポータル、電子調達の話題に精通し、外国語のスキルを磨く必要があります。


電子調達、ERP、PPS、商品管理システム、SAPなどのソフトウエア・アプリケーションは、常に開発が進められているため、新しいバージョンに関するトレーニングが有効です。品質管理と統計的評価手順は、重要なビジネス数値を定義し、キー・フィギュア・システムを使って管理する際に役立つ。技術面では、業界特有の手順に精通し、常に新しい動向を把握しておく必要があります。


また、管理職として、リーダーシップのあり方、ディスカッションやコミュニケーションのテクニック、プレゼンテーション、人事管理、労働法、労働安全衛生について考えることも、決して突飛なことではない場合もあります。特にマネジャーの責任ある役割は今、変化を遂げつつあり、それを成功させたいのであれば、適切なツールを手元に置くべきです。


フラットな 階層構造はマネジャーの専門性に高い要求を課しており、マネジャーの仕事は日常業務の中で以前よりずっと重要な位置を占めるようになっています。




今回は欧州の超大手企業の役員育成についての記事をまとめたものです。日本企業には当てはまらない場合もありますのでご配慮ください。

一部参考 超大手スーパー役員の心構え(ドイツ語)

Category 役員になるには MBA講座
ナナイの大冒険サイトマップ
Category イケメン過ぎて声のかけられない店員さん
Category フランス ドイツ 英国 イタリアの小売店ニュース



Category スーパーのベストプラクティス MBA講座

Category 役員になるには MBA講座


関連記事