ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

女子が憧れるドイツ風のアドベントカレンダービジネス2023年までの歴史

2023/11/14
スーパーのベストプラクティス MBA講座
アドベントカレンダー ドイツ ヨーロッパ 歴史

女子が憧れるドイツ風のアドベントカレンダーのビジネス由来2023年秋



女子があこがれる飲み物



アドベントカレンダーはドイツが由来ですが、2023年においては特に世界中でブームを巻き起こしています。このビックビジネスはいったいどんな由来があるのでしょうか?日本でも今後お菓子とデコレーションをコラボした企画が成功するかもしれません。
今回の特集はドイツでのアドベントカレンダーの歴史をお届けします。尚画像は、現代のドイツのアドベントカレンダーですので過去の歴史のものではありませんのでご了承くださいませ。



置いてほしいアドベントカレンダー



ドイツのアドベントカレンダー (4)


アドヴェント・カレンダー(オーストリアではアドヴェント・カレンダー)は、19世紀以来、キリスト教のアドヴェント(待降節)の伝統の一部となっています。カレンダーには様々な形があるが、一般的にはクリスマスまでの残り日数を表しています。

アドヴェント・カレンダーは、キリスト教暦と市民暦のどちらかを基準に数えます。教会暦のアドヴェント・カレンダーは、アドヴェント期間(アドヴェントの最初の日曜日が11月27日から12月3日の間にある場合もある)からクリスマスまたはエピファニーまで、暦のアドヴェント・カレンダーは12月1日からクリスマス・イブの12月24日までが対象です。


ドイツのアドベントカレンダー (1)


アドベントカレンダーは、アドベントリースと同様、クリスマスまでの待ち時間を「短縮」し、期待感を盛り上げることを目的としています。

アドベント・カレンダーは、ドイツのルター派の習慣に端を発し、現在ではキリスト教の国々でイエス・キリストの誕生を祝う準備の一部となっています。

ドイツ語圏では、アドベント・カレンダーを持つのは主に子どもたちですが、大人向けのカレンダーもあります。クリスマス・モチーフが印刷され、小さな扉を開けると絵や言葉、お菓子などのサプライズが出てくるカレンダーが広く店頭に並んでいます。手作りのカレンダーもよく使われ、同じような原理に基づいていることがおおいので 。ドイツの多くの地域では、クリスマスになると、市庁舎などの公共施設をアドベント・カレンダーとして飾る習慣があります。




ドイツのアドベントカレンダー (3)

アドベントカレンダーの歴史のなりたち



当初、アドベント・カレンダーは、主に数を数えるための道具であり、時計でもありました。実際の起源は19世紀まで遡ることができ、最初の手作りのアドベント・カレンダーはおそらく1851年にまで遡ることができるでしょう。 最初の形はプロテスタントの世界からやってきました。家庭で24枚の絵を壁に飾るようになりました。




ドイツのアドベントカレンダー (7)




より簡単なものは、壁やドアにチョークで24本の線を引き、子供たちが毎日1本ずつ線を消していくカレンダーでした。一方、カトリックの家庭では、クリスマス・イブまで毎日1本ずつ、ストローを簡易ベッドに入れていました。アドヴェント・カレンダーの他の形としては、クリスマス時計やアドヴェント・キャンドルがあったのです。同時に、ろうそくを燃やすことはスカンジナビアの伝統でもあります。



ドイツのクリスマスアドベント

1900年初期のアドベントカレンダー



トーマス・マンはその小説『ブッデンブルック』の中で、1869年のアドヴェント(待降節)について触れている。


「小さなヨハンは、イーダが作ってくれたアドヴェント・カレンダーの最後のページに描かれたモミの木の助けを借りて、その比類ない時が近づいてくるのを、どきどきしながら追いかけていた」。


ポーラ・ジョーダン著『クリスマスの秘密-最初の待降節からエピファニーまでの教会年に基づいたアドベントカレンダー』。アドヴェントの日曜日にも小さな扉がある。


1902年、ハンブルクのEvangelische Buchhandlung Friedrich Trümplerは、文字盤に13から24までの数字が書かれた子供用のクリスマス時計という形で、初めて印刷されたカレンダーを出版した[4]。1922年からは、24のフィールドを持つクリスマス時計とアドベント時計が登場した。




ドイツでも人気のアドベントカレンダー (2)




1903年、ミュンヘンの出版社ゲルハルト・ラングは、24枚の絵を切り抜いたシートと24個の正方形を貼ったシートからなる『キリストの子の国で(Im Lande des Christkinds)』という印刷物のカレンダーを発売した。


アドヴェントの間、子どもたちは毎日、絵を切り抜いて箱に貼ることが許された。12月1日というのは、かなり恣意的に選ばれた日付であったため(アドヴェントの季節は、いつ始まるかにもよるが、22日から28日の間であり、つまり、12月1日は通常、すでにアドヴェントの季節に入っていた)、ラングは当初、12月6日に始まる翌年の聖ニコラスのカレンダーを出した。


ライプツィヒの出版社もこのようなカレンダーを出した。12月6日からカウントを開始するアドヴェントハウスやクリスマス時計も販売された。1904年には、Stuttgarter Neues Tagblattにアドヴェントカレンダーが同封されてプレゼントされた。



ドイツのアドベントカレンダー (2)


1920年代は、印刷されたアドヴェント・カレンダーの全盛期のひとつと見なされている。これらのカレンダーは、有名な絵本作家、ポスター作家、グリーティングカード、塗り絵、子供向けゲーム、トランプなどのデザイナーによってデザインされた。


例えば、ゲルトルート・カスパリは、1928年にエスリンゲンのJ.F.シュライバー出版社から出版されたカレンダーをデザインし、ヨハン・フーバーは、1920年にハンブルクでヘッダ・クリュスの文章を添えた「小さな子供たちのためのクリスマス・カレンダー」を出版した。


1929年には、ニュルンベルクの美術出版社アントン・イェーサーが、「Knecht Ruprecht」と「Weihnachts-Engel」という名前で、2つのちぎり絵ブロックを出版した。子どもたちは、ちぎり絵を対応するアルバムに貼り付けることができた。その1年後には、ハンブルクでちぎり絵のアドヴェント・カレンダーが出版された。もう1つの形は、天国へのはしごをデザインしたカレンダーで、毎日天使を1段ずつ上に移動させることができた。




ドイツでも人気のアドベントカレンダー (3)




1920年代には、宗教的なカレンダーに代わって、世俗的なカレンダーがトップに躍り出た。例えば、いわゆる「エリカ・カレンダー」は、鉄道や自動車から飛行機、あるいは交通警察官まで、近代的な交通手段のような現代的なモチーフが描かれることが多く、主に男性読者を対象としていた。


絵は通常「甘い」スタイルでデザインされていたが、デューラーハウス運動のような一部の業者は、質的にも芸術的にも洗練された製品で対抗し、同時に芸術教育に貢献することを望んでいた。


1920年以降、小さな窓を開けることができるカレンダーが普及した。それぞれの窓の裏には、糊付けされた2枚目の紙や厚紙に描かれた絵を見ることができた。


1930年代まで、ミュンヘンのライヒホールド&ラング石版工房は、この分野で最も芸術的で想像力豊かな作品を制作することで名声を博していた。ラングがこのアイデアを思いついたのは、母親が毎年クリスマスを前に24個のビスケット(「ヴィベレ」)を段ボール箱に縫い付けてくれ、子供の頃、12月1日から毎日1個ずつ食べることを許されていたからである。


ラングはまた、チョコレートの入ったアドベントカレンダー「クリストキンデルインハウス」も制作した。多くのカレンダーはきらびやかな素材で覆われていた。当初はカリ雲母(「猫の銀」)が主に使われたが、金属砂(「散光」)やガラス雲母も使われた。特にガラス雲母は1970年代まで使われ、その後無害なアルミニウムに取って代わられた。


特にザクセンはアドヴェント・カレンダー制作の中心地であった。例えば、出版社のマイスナー&ブッフ、ヨーゼフ・アルツィンガー、アルトゥール・バイエルライン・クンストヴァーラグはライプツィヒで、デューラーハウスとヴァルター・フレヒスィヒ・ヴァーラグはドレスデンで、エリカはハイデナウで、ヘロルトはブッフホルツで、B.F.B.ヴァーラグはケムニッツとハレ/ザールで生産していた。


また、ベルリン(Paul Pittius AG)、ツィッタウ(Werner Klotz Verlag)、マグデブルク(Willy Klautzsch)、ライヒェナウ(Rudolf Schneider Verlag)など、ドイツ東部にも生産拠点があった。一方、ドイツには長い間アドヴェント・カレンダーが知られていなかった地域もあった。たとえば、スデーテンラントの国境地帯では、1938年までそのようなカレンダーは知られていなかったようだ。


しかし、アドヴェント・カレンダーは他の国々でも配布された。オーストリアだけでなく、第一次世界大戦前からイギリスやラーに本拠を置く出版社エルンスト・カウフマンにも輸出され、成功を収めていた。ライプツィヒのマイスナー&ブッフ社は、自社のカレンダーにPrinted in Germanyと表示していた。



ドイツのアドベントカレンダー6

国家社会主義のアドヴェント・カレンダー



クリスマス前、国家社会主義のアドヴェント・カレンダー


国家社会主義時代には、キリスト教的なクリスマスの伝統を公的な生活から押し戻そうとする試みがなされた。例えば、ミュンヘンの出版社ライヒホールド&ラングは、とりわけ敬礼する兵士を描いていた。


ドーラ・バウムがデザインした人物をスライドさせたこのカレンダーには、『ドイツのクリスマス』というタイトルも付けられていた。1936年と1938年に出版されたヘルタ・フリッチェのデザインによるカレンダーは、12月のユルモンドとクリスマスのユルフェストと呼ばれた。


しかし、すべてのカレンダーが新しい時代精神に適応していたわけではない。例えば、ドレスデンのC.C.マインホルトは、1935年から1937年にかけて、マックス・ノアックのデザインに基づいた5種類のワークブックを出版し、人々はそれを使って自分のカレンダーを作ることができた。


1940年以降、ドイツでは紙が割り当てられた。クリスマス・カレンダーは木材を含む紙にのみ印刷が許可され、最大サイズと重さ、紙と厚紙の最大厚さは帝国紙包装局によって指定された。キリスト教系の出版社は1941年6月以降、他の製品を出版しなければならなかったので、この出版社のカレンダーが1940年に出版されたものであることが確認されている。このDer Kinder Adventsbüchleinは12月25日まで続き、シルエットと格言で飾られていた[15]。


第二次世界大戦勃発後、ナチ党の帝国宣伝総局の主要文化局は、1941年以降、クリスマス前のカレンダーを出版した[16]。クリスマス前のカレンダーはテア・ハウプトによってデザインされ、童話や国家社会主義的なクリスマスキャロルのセレクションと、いわゆる「Sinngebäck」(意味のあるお菓子)の焼き方の説明が含まれていた。


NSDAPの中央出版社であるFranz-Eher-Verlagのカレンダーは、ルーン文字や日輪の形をした木製のクリスマスツリーの飾り、ジャガイモで作られた仙人の木、クリスマスツリーの下のキリスト降誕の場面に取って代わることを意図したいわゆるクリスマス・ガーデンなどの手工芸の説明書によって補足された。ルーン文字やシンボルの意味の「由来」や、いわゆる祖先や氏族の研究も、暦の中で広く主題化された。キリスト教のシンボルは国家社会主義のシンボルとして再解釈された。


一見無害に見えるこのカレンダーは、1941年に子供の多い官僚の家庭でテストに成功した後、1942年から1944年にかけて販売された。戦線の状況の変化に伴い、一見したところ明らかにプロパガンダ商品であり、明らかに若者を教化するためのものであったカレンダーは、1942年以降ますます軍事的な内容を持つようになり、前線のそれぞれの軍事情勢に適合したグラフィックが描かれるようになった。


1943 年以降は、脂肪や卵を使わないパン作りのレシピなど、実用的な生活環境も反映されていた[21]。工作の指南書では、兵士への感謝として作ることができるものが示されており、定期的に考えるよう求められていた。カレンダーは地元のNSDAPグループから一元的に入手可能であり、1ライヒスマルクの名目価格であった。


否定的な面だけでなく、クリスマス前のカレンダーは、この種のカレンダーとしては初めて、手工芸品や参加者向けの書籍としてデザインされたものであった。戦後、このカレンダーはソビエト占領区で中止されるべき印刷出版物の索引に載せられた。西側でも当初は発禁処分となったが、1968年、1973年、1982年に内容の「脱亜鉛化」を経て再発行され、現在も配布されている。




ドイツのアドベントカレンダー (6)


1945年から2023年まで



戦後から今日まで


第二次世界大戦後間もなく、「理想的な世界」への憧れがクリスマス・シーズンにも押し寄せた。アドヴェント・カレンダーは、1945年には早くもすべての占領地域で再び生産されるようになった。1930年頃の甘いモチーフが主に使われ、ハイデナウのエリカ社など一部の出版社では古い作品を復刻していた。


ドイツのアドベントカレンダー


今日では、戦後の紙や印刷の質の低下により、これらのカレンダーを旧版と見分けることはしばしば可能である。古いオリジナルを使うことは、少なくともコスト的な要因ではなかった。加えて、戦前に活躍したデザイナーの何人かは、戦後もこの分野で仕事を続けていた。当初は、ティアオフ・カレンダーが特に人気があった。


シュトゥットガルトの Richard Sellmer Verlag は、1945 年 12 月、アメリカ占領軍からアドヴェント・カレンダーを印刷する最初のライセンスのひとつを受け取った。50,000のカレンダーを印刷する許可は、フランス占領地域の紙でまかなわれた。


1946年、リヒャルト・セルマーは、エリザベート・レルヒャーがデザインした小さな町のカレンダーを自宅で制作。リヒャルト・セルマーはこのカレンダーを持ってフランクフルト見本市に出展し、買い手を探した。最初のカレンダーはすでに国際的なデザインで、英語版とスウェーデン語版があった。最初から国際的な販売に焦点を当てたマーケティングは明らかだった。


ドイツアドベント2023


1948年以降のアルト・シュトゥットガルトのカレンダーには、英語とフランス語の使用説明書が同梱されていた。1953年には、てんかん患者を支援する団体から5万冊のカレンダーを注文された。1953年12月、アイゼンハウアーの孫がアドベントカレンダーを持っている写真が『ニューズウィーク』誌に掲載されると、需要は急増した。1954年には、ホワイトハウスを中心に、カウボーイ、幌馬車、ロードクルーザーに囲まれたホワイトハウス・カレンダーが作られた。


同年のフェアリー・テイルズ・カレンダーと同様、これはアメリカ市場向けにドイツ語から英語に翻訳されたバージョンで制作された。ウラ・ヴィットクーン(Ulla Wittkuhn)による『バステルハウス(Bastelhaus)』と『子供工房(Children Workshop)』のカレンダーは、12月24日に、ドイツの子供向けにはクリスマスツリーと子供と一緒にいるマリア、アメリカの子供向けには燃え盛る暖炉という、2つの異なるモチーフが描かれていた。


1946年から1998年の間だけでも、230種類以上のアドヴェント・カレンダーが制作された。出版社は現在、3代目のファミリービジネスとして運営されている。2010年頃には、毎年約100種類のデザインを提供していた。多くの異なるカレンダーは、その国の伝統の違いによって説明することができる。例えば、スイスのカレンダーにはファーザークリスマスが描かれず、アメリカでは天使の羽がなく、イギリスでは宗教的なモチーフが好まれる。




ドイツでも人気のアドベントカレンダー (1)



他の出版社も 1946 年から生産を再開した。ちぎり絵カレンダーは、当初数年間は広く普及したが、1950年までには、蝶番のついた扉付きのカレンダーに大部分が取って代わられた。ミュンヘンの出版社アルス・サクラは、非常に愛情を込めた複雑なデザインのカレンダーを制作し、その内容は常に宗教的な言及に重点を置いていた。


1954年から1976年にかけて、特にグドルン・ケウッセンがこの出版社の30種類ほどのカレンダーをデザインした。1980年に出版社がarsEditionと改名された後、その内容も宗教的なものから家庭用のカレンダーへと変化した。


アドベントドイツ1


他の重要な出版社には、1951年に設立されたミュンヘンを拠点とするKorsch Verlagがあった。ここでは、クルト・ブランデスやフリッツ・バウムガルテンといった東ドイツ人がデザインしたカレンダーが印刷された。Korsch Verlagは他の出版社から多くのモチーフを購入し、現在でも古いモチーフの多くを提供している。


コルシュはまた、社名を印刷するなどのマーケティング戦略を実施し[28]、現在でもこの種の出版社の中で最も重要かつ成功した出版社の一つである。

現在最も普及している従来のアドベント・カレンダーは、おそらくプロテスタントの牧師に遡る。彼はラングのアイデアを改良し、聖書の物語の登場人物の絵を24枚の扉の後ろに隠した。1945年以降、12月1日から始まる24枚の扉のカレンダーがようやく定着した。特に12月24日は繰り返し複数の扉が付けられたが、待降節の日曜日も、特に24日以外の日であれば、追加の窓が付けられることがあった。


これらは主に宗教出版社によって提供され、1960年代まで配布されていた。1995年からは、エキュメニカルな組織であるAndere Zeitenが発行する、教会年に沿った別のアドベントカレンダー「Der Andere Advent」がある。2017年からは、物語、実験、マンガ、ゲームなどを収録した7歳から11歳の子ども向けの『Der Andere Advent für Kinder』も発行されている。


アドヴェント・カレンダーは、大量生産品となり、それに応じて低価格で提供されるようになった1950年代以降、軒並み人気を博した。主なモチーフは、ロマンチックな雪に覆われた町の風景であった。12月24日の大きな窓には通常、キリスト降誕の場面が描かれていた。ライプツィヒのアドヴェント・カレンダーのように、様々な画家による手描きのアドヴェント・カレンダーも重要性を増した。


現在では、購入した商品の扉には、小さな絵に加えて、様々な形のチョコレート片やおもちゃが入っていることが多い。 チョコレートが入った最初のアドベントカレンダーは1958年に発売された。ドイツでは、Stiftung Warentestが2012年に様々なアドベントカレンダーのチョコレートから鉱物油や関連物質を発見した。


連邦リスクアセスメント研究所は、食品中の鉱物油は望ましくないと述べているが、1日1個のチョコレートからの摂取量は非常に少ないと推定している。


2016年、バイエルン州保健食品安全局は、鉱物油の残留により前年に注目を集めたメーカーのアドベントカレンダーを検査した。 企業にとって高い利益率を意味することもあり、アドベントカレンダーの種類は増え続けている。現在では、エコロジーに焦点を当てたヴィーガンのアドベント・カレンダーや、化粧品のアドベント・カレンダー、紅茶やコーヒー、アルコールなどの嗜好品のアドベント・カレンダーが数多くある。


また、さまざまなラッピングが可能な小さなプレゼント付きの手作りカレンダーもある。ここでは、さまざまな形を作ることができる。もともとスカンジナビアにあった、麻袋を糸で吊るしたものが人気を集めているが、もっと変わったアイデアも自家製アドベントカレンダーで実現できる。キャンドルもアドベントカレンダーとして提供され、日ごとに燃やす部分がある。857平方メートルに及ぶ世界最大の独立型アドヴェント・カレンダーは、ライプツィヒのベットヒャーゲシェンにある。カレンダーの扉は3メートル×2メートルの大きさで、毎日開けられる。


カレンダーのモチーフは、長期にわたって使用できるように、一般的に時代を超越したものとなっている。1989年のベルリンの壁崩壊のような、テーマがより広範囲に及ぶモチーフは希少であり、長期にわたって販売することはできない。




ドイツのアドベントカレンダー5

アドベントカレンダーのこと2023



バーチャル アドベント カレンダー


近年では、アドベントカレンダー本来の日数を数える機能とストーリーを伝える機能を組み合わせるなど、新しいメディアが活用されることが増えています。 24のストーリーを収録したオーディオブックが出版され、リスナーは12月1日からクリスマスイブまで毎日1つのストーリーを聞くことができます。


ここでも冬や待降節のモチーフや内容が多く、12 月 6 日の聖ニコラウスの聖名祝日には、伝説が語られたり、朗読されたりします。時には物語の代わりに歌が聞こえることもあります。物語やパズルなどの他のコンテンツも、アドベント期間中にラジオ放送の一部として公開されます。

このようなデジタル アドベント カレンダーは、ユーザーがコンテストやその他のマーケティング キャンペーンに参加する機会を持つマーケティング目的にも使用されることがあります。




ドイツのアドベントカレンダー2




オンライン アドベント カレンダー


欧州で人気のオンライン アドベント カレンダーは、インターネット経由でアクセスできるデジタルの仮想アドベント カレンダーです。多くの場合、コンテストが含まれたり、電子メールとして送信されたりすることもあります。物理的なアドベント カレンダーと同様に、オンライン アドベント カレンダーにも 24 日間毎日新しいコンテンツが見つかります。オンライン アドベント カレンダーは、Web サイト、ソーシャル メディア、アドベント カレンダー アプリで見つけることができます。


テレビでのアドベントカレンダー

北欧のアドベントカレンダー

スカンジナビア諸国では、24 部構成のアドベント カレンダー (デンマーク語 julekalender、スウェーデン語 julkalender、アイスランド語 jóladagatal、フィンランド語 joulukalenteri ) がクリスマスにテレビで放送されるのが伝統です。これは進行中のクリスマスの物語であり、毎日一部が放送されます。この例としては、同じくKiKAの吹き替えで 2018 年に放送された『Snow World - a Christmas Story』 (原作: Snøfall ) があります。



出展 Adventskalender ドイツ語


ドイツのアドベントカレンダー 4


総合スーパーの役員になるためにはの特集記事一覧


Category スーパーのベストプラクティス MBA講座

Category 役員になるには MBA講座


関連記事