ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

特定のスーパーマーケットで商品が他のスーパーマーケットよりも高価になるのはなぜですか?

2023/11/07
スーパーのベストプラクティス MBA講座
スーパー 利益 仕入れ先 値段 イケメン過ぎて声のかけられない店員さん

競合店のスーパーマーケットで商品が他のスーパーマーケットよりも高価になるのはなぜ?




本当のれきしとは

 店によって仕入れ先との契約が異なるため、支払うコストも異なります。すべては、交渉次第なの です。


ある商品に対してあなたが支払う価格は、店がその商品に支払った価格と、店が利益を上げるために加えなければならないマークアップのコンビネーションで決まります。店側は、その商品を仕入れるためのコスト、その商品を売るためのマーケティング費用、あなたがその商品を買うのを手伝うスタッフに支払うお金などを考慮しなければなりません。


米国のジョージア州小売業協会によると、通常、大量に商品を購入する店舗は、より安い価格で仕入れることができるため、支払う価格は一般的に安くなっています。


同じ郵便番号にある、まったく同じ名前の2つの店舗が、同じ商品を異なる価格で販売している理由は、これだけでは説明しきれません。

そのうちの1店舗は、通りの向かいにある競合店かもしれないし、その店のオーナーが値下げをするかもしれません。その店のオーナーは、向かいのライバル店から顧客を引き離すために、特定の商品の価格を下げるかもしれません。


10セントや20セントの差でライバルを引き離すために、特定の商品で損失を出す小売店さえあります。その損失を補うために、顧客が他の商品を買ってくれることを期待するからです。




最近たかいな

最近たかいな

調整がつらいぞ

調整がつらいぞ

全部つながった

全部つながった


特定のスーパーマーケットで商品が他のスーパーマーケットよりも高価になるのはなぜですか?


  1. ブランド: 有名ブランドの製品は、ジェネリック製品やストアブランドの製品よりも高価であることがよくあります。
  2. 場所: より裕福な地域や都市にあるスーパーマーケットは、裕福でない地域にあるスーパーマーケットよりも商品の値段が高い場合があります。
  3. 諸経費: 家賃、光熱費、人件費などの諸経費が高いスーパーマーケットでは、それらの経費をカバーするために商品の価格が高くなる場合があります。
  4. 広告とマーケティング: 広告とマーケティングに多くの費用を費やすスーパーマーケットは、それらの費用をカバーするために商品の価格を高くする場合があります。
  5. 製品の鮮度: 果物や野菜、肉、乳製品などの生鮮製品は、調達コストと製品の鮮度維持にかかるコストのため、特定のスーパーマーケットでは他のスーパーマーケットよりも高価である場合があります。
  6. 製品のパッケージ化: より豪華またはユニークな方法でパッケージ化された製品は、単純にパッケージ化された製品よりも高価になる可能性があります。
  7. 製品の品質: 高品質の製品は、低品質の製品よりも高価になる場合があります。
  8. 製品の需要: 需要の高い製品は、需要がそれほど高くない製品よりも高価になる可能性があります。
  9. 製品の独占性: 一部のスーパーマーケットは、特定の製造業者または販売業者と独占的な取り決めを行っている場合があり、これにより、それらの製品に対してより多くの料金を請求することができます。
  10. 製品のプロモーションと割引: 一部のスーパーマーケットでは、特定の製品に対してプロモーションや割引を提供している場合がありますが、内容は店舗によって異なる場合があります。



めんどい個人保護法

めんどい個人保護法

ざぎとわちゃん

ざぎとわちゃん


小さな食料品店と大きなスーパーマーケットでは、商品の価格設定に違いはありますか?


米国のスーパーでは、ほとんどの場合、店舗が小さいほど価格は高くなります。これはすべてマージンと購入コストに関するものです。小規模な店舗では商品をケース単位で購入する場合がありますが、大きな店舗ではパレットで購入する場合があります。


まとめ買いすると 20% 以上のコスト削減が可能です。これにより、大規模な店舗は、より低い価格で販売し、より高い利益率を得ることができます。彼らにはあらゆる点で利点があります。


これは、独自の倉庫を持ち、すべての店舗で大量の購入を行っている大規模チェーンに目を向けると、さらに複雑になります。製品の保管と配送にコストがかかっても、マージンが得られるため、依然として大きなメリットがあります。


したがって、地元の小さな食料品店がシリアル一箱を 5 ドルで販売し、ウォルマートがそれを 2.50 ドルで販売しているとしても、ウォルマートの方が 1 販売あたりさらに多くの利益を上げている可能性があります。また、誰かを騙そうとする小さな店ではなく、価格はコストに見合ったものです。


CVS、ウォルマート、ターゲットなどの企業が明確な独占戦術を用いて不公平なビジネス環境を作り出してきたこの市場では競争できないため、過去数十年間で多くの小規模店舗が閉店しました。これらの大企業のほとんどは、fdcを遠ざけるためにアメリカの両政党に政治献金を行っています。


日本では依然コンビニで商品を購入すると値段が高くつきましたが、セブンイレブンでは価格破壊をしました。イトーヨーカドーの子会社のスーパーで販売するオリジナル焼きそばやマルチアイスやオリジナルブランドのペットボトルジュースが同じお値段で購入できます。メーカー独自のブランドは高いですが・・・


アメリカと同じく日本の小さなスーパーや小売店では価格競争に勝てないために数多くのお店がコンビニに負けて閉店し、閉店後はコンビニに代わっています。例:イオン・セブンイレブン・ファミマ・ローソン





スーパーマーケットのさまざまな商品の価格設定戦略は多面的ですが、主に次のようないくつかの重要な要素に影響されます


1.製品カテゴリ: スーパーマーケットは通常、自社の製品を動きの速いカテゴリ、動きの遅いカテゴリ、および動きが中程度のカテゴリに分類します。これらのカテゴリには、野菜、化粧品、主食など、さまざまな種類の製品が含まれます。各カテゴリはさらに細分化されます。小麦、米、牛乳、パンなどの必需品は必需品とされています。これらのカテゴリとサブカテゴリの価格は、さまざまな要因に基づいて決定されます。


2.場所に基づく需要: 製品の需要は、スーパーマーケットの場所によって大きく異なります。需要の高い地域では、スーパーマーケットは特定の製品を低利率で、場合によっては原価や損失を出して提供することがあります。この戦略は、顧客が他の商品も検討しながらこれらの商品を購入するように誘導することを目的としています。逆に、遠隔地にあるスーパーマーケットでは、運営コストをカバーするために、より高い価格を設定する必要があるかもしれません。


3.競争: オンライン小売業者やその他の実店舗を含む地域の競争は、製品の価格設定において重要な役割を果たします。スーパーマーケットは競争力を維持し、それに応じて価格を調整して顧客を引き付け、維持する必要があります。


4. 製品の位置付けと顧客の認識: スーパーマーケットでの製品の位置付けと顧客がそのブランドをどのように認識しているかは、価格決定に影響を与える可能性があります。スーパーマーケットは、プレミアムまたは限定品とみなされる商品に対して、より高い利益率を課す場合があります。


5.利益率:中程度の動きのカテゴリーにある製品の場合、一般的な価格戦略にはコストプラスモデルの使用が含まれます。このモデルでは、製品の基本コストに運用コストを加算し、名目利益率を組み込んで販売価格を設定します。


6.ブランドサポート: ブランドは、ボリュームディスカウントやディスプレイインセンティブを提供することでスーパーマーケットと協力することがよくあります。このサポートにより、スーパーマーケットは特定の商品に対してより良い価格設定を行うことができ、ブランドと小売店の両方に利益をもたらします。


本質的に、スーパーマーケットの価格設定は、収益性を最大化しながら競争力のある価格設定を確保するために、これらの要素を考慮した動的なプロセスです。競争力のある価格で顧客を惹きつけることと、健全な利益率を維持することとのバランスが、小売業界で成功する鍵となります。


参考ソース Why are prices different from store to store? Prices can vary for the same item at stores next door to one another.
スーパーマーケットはさまざまな商品の価格戦略をどのように決定しているのでしょうか?


アメリカの評価が高い食品専門のスーパーマーケット2023年版 ベスト10





Category スーパーのベストプラクティス MBA講座

Category 役員になるには MBA講座
関連記事