ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

スーパーマーケットでは商品を赤字で販売していますか?

2023/11/06
役員になるには MBA講座
スーパー 赤字 商品 販売 イケメン過ぎて声のかけられない店員さん

スーパーマーケットでは商品を赤字で販売していますか?




三角エビ春巻きの季節

三角エビ春巻きの季節

弦之介の固定ファン

弦之介の固定ファン


スーパーマーケットでは、顧客を店内に誘導するために、赤字で販売される商品が置かれることがよくあります


たとえば、米国のポートランドのあるスーパーでは七面鳥を丸ごと 1 ポンドあたり 0.29 ドルで販売していましたが、同じ七面鳥の販売価格は 1 ポンドあたり 0.89 ドルでした。


これは、七面鳥が高い価格で販売されているため、人々はその七面鳥の詰め物やその他の補完的な料理など、七面鳥と一緒に食べるものを買う店に集まるからです。その七面鳥は、店内の残りの部分の客足の増加の結果として生じた追加の売上によって損失をカバーする以上に、大きな損失として価格設定されました。


整形中の北斗 (8)


スーパーマーケットでは一部の商品を原価で販売することもあります。米国の地元の店ではサツマイモを 450gあたり 0.29 ドルで販売していましたが、これは店が支払っていた原価でした。サツマイモと一緒に展示していた黒砂糖やマシュマロなど他の商品の売り上げも簡単に取り戻しました。


場合によっては、別のブランドを優先して、賞味期限の長い製品を製造中止することがあります。その際には、残った在庫を損失とせずに速やかに処分するため、廃番商品の価格を大幅に値下げしています。


これは、完璧な状態ではないものでもできる限り提供するため、日付や製品の状態(果物の傷、箱の損傷など)を理由に製品を減点することはありません。


コストコのホットドック売り場

コストコのホットドック売り場 コストコは夕市がありません。なおこのホットドックのお値段は30年前とほぼ変わりません。当初はワシントン州シアトルで1.29ドルだったと思います。(100円)




コストコのロスリーダー


小売業界では、これらの商品をロスリーダーと呼んでいます。リーダーとは、人気のある商品、つまり通常の価格で販売される商品のことです。ロスリーダーとは、より収益性の高い商品やサービスの他の販売を刺激するために、市場コストを下回る価格で製品を販売する価格戦略です。


言い換えれば、人々がその店に惹かれるのは、魅力的な商品を安い価格で購入できると知っているからです。そして彼らの多くは、店にいる間、他のものを全額利益で購入します。

100円のおやつ




コストコは、おそらく損失リーダーに関する最も優れたストーリーを持っているチェーンです。ロティサリーチキンは4.99ドルと驚くほど安いです。2015年、コストコのCFOは、価格を4.99ドルに維持することで、年間3,000万~4,000万ドルの粗利益を犠牲にしても構わないと明らかにしました。それ以降のロティサリーチキンの損失については情報がありません。


2019年、コストコは2018年に販売した9,100万羽のロティサリーチキンの需要に応えるため、そしておそらくこの商品のコスト改善も目的として、4億5,000万ドルをかけて自社の鶏肉加工工場を開設しました。


それから、コストコのフットコートで販売されている1.50ドルのホットドッグとソーダのコンボもあります。1985 年からこの価格で販売されています。


この商品が財務に与える影響についての情報は見つかりませんが、驚くべき逸話があります。コストコのCEO、クレイグ・ジェリネック氏はかつて共同創業者のジム・シネガル氏に値上げを提案したことがあるのです。


反応は?


「もしコストコがホットドッグの値段を上げたら?」
「許しません!そんなことをしたらお客さんが逃げるでしょう!」


コストコではまだ 1.50 ドルだし、従来のお値段は継続中です。




米国では、ホリデーシーズンには、プライムリブ、七面鳥、ハムなどは、必ずしも赤字で販売されるわけではなく、実質利益のない原価で販売されます


彼らはあなたを店に連れて行き、必要なものをすべて買わせることを目的としたロスリーダーです。


ほとんどの店舗の広告には、赤字の商品がいくつか掲載されています。これらのアイテムは、群衆を呼び込んだり、購入を刺激したりするために、それ以下の価格または原価で価格設定されています。多くの食料品店では、毎週の広告の広告/損失スプレッドシート* を用意しています。広告週の前後にそれらのアイテムの在庫を調べます。


何かを赤字で売らない食料品店はありません。商品の発注と在庫には人件費がかかるため、原価で販売すると、実際には全体的に赤字になります。


農産物に関しては、傷み等によりロスとして販売する商品もあります。賢い買い物をすれば、こうした損失を最小限に抑えることができます。カリフォルニア州バークレーに、Berkeley Bowl と Berkeley Bowl West という 2 つの店舗があります。毎日セミトラック5~6台分の生鮮食品が届きます。両スーパーは農産物で儲けていると断言します。床面積の 30% を、その重量に耐えないエリアに充てるわけがありません。

* 注: メーカーのリベートは広告損失の計算に計算されていません。


トンガリーコーン108円


スーパーで赤字で売り続けているもの 英語版
アメリカの評価が高い食品専門のスーパーマーケット2023年版 ベスト10
世界で店舗数が多いスーパーチェーン店ランキング2023年版ベスト10 NEW





Category スーパーのベストプラクティス MBA講座

Category 役員になるには MBA講座



カルディのお菓子

関連記事