ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

日本はスーパーマーケットチェーン店が300以上存在する複雑なシステム

2023/11/06
役員になるには MBA講座
スーパーマーケット チェーン 市場 トウモロコシ メロン イケメン過ぎて声のかけられない店員さん

日本は300ものスーパーマーケットチェーン店が存在する複雑なシステム




弦之介とミハエルの役員コース開講


日本のスーパーマーケットチェーン店システム


日本の食料品市場は48兆円で、世界第4位である。中間業者や卸売業者が何重にも入り組んだ複雑な流通システムによって、2万を超えるスーパーマーケットや食料品店に供給されている。さらに、24時間体制で他の商品とともに食品を販売するコンビニエンスストアが約5万5,000店ある。


個人経営の食料品店もまだ存在するが、その数は着実に減少しており、大型店舗やオンラインショッピングに押しつぶされている。


ファーマーズ・マーケットは地方に多く、大都市ではあまり見かけない。その多くは、農家を支援し、価格を調整し、複雑な国内流通網の柱を形成する数百のJA農業協同組合のひとつによって組織されている。


日本の世帯の約40%は、食料品の購入のほとんどを週1回の大型店で行っていると回答しているが、オンライン販売(生協・イオン・セブン&i・楽天・Yahoo・アマゾンをはじめとする流通販売)は現在、市場の約3分の1を占めている。←本当かどうかも疑問


低価格帯には、英語のキャッチフレーズ「Everyday low price」を掲げるOKなどのチェーンがある。首都圏を中心に展開するOKは、2000年初頭には27店舗だったが、現在では140店舗を超えるまでに成長した。その一方で、デパート(地下にデパ地下と呼ばれる食品館を併設していることが多い)や高価な輸入ブランドを扱うスーパーマーケット・チェーンが高級店を占めている。


しかし、6月の食品インフレ率は8.4%に達し、ヘッドラインレートは3.3%であった。これは、20年間ほとんど物価上昇を経験していない日本の消費者には特にショックである。このため、オンラインショッピングやディスカウント食料品店への流れが加速し、デパートや他の高価な選択肢から離れている。


スーパーマーケットの兆し


とはいえ、非常に高価な果物は依然として定着しており、最も珍重される品目については、目を見張るような価格が定期的に見出しを飾っている。実際、5月には北海道産の夕張メロンが過去最高の350万円(36,560豪ドル)で落札され、昨年はルビー・ローマン・グレープの房が150万円(1粒約55,000豪ドル)で取引された。

デパートのメロン



コメント こちらの記事は英国の一流新聞ガーディアンからの抜粋なのですが、一部の記載につっこみどころな個所がありました。例えば東京の高級デパートや高級果物専門店で販売されているメロンの画像。日本の地方ではありえない値段設定。(兵庫県芦屋市を除く)同レベルのメロンのお値段は産地静岡県では1玉1280円~3980円で取引されています。
英国のガーディアンの記者さんきちんと取材してください。

日本といったら東京しか取材していないのかもしれません。非常に残念です。英国といえばハロッズでメロンのお値段がすべてと言わんばかりです。わたしだったら、テスコもセインズベリーもきっちりと取材します。もしかしてコタツ記事なのかなぁ?



いつものスーパーの創業のひみつ


スーパーマーケット/食料品店のサプライチェーン(農場/製造業者から島まで)はどのように機能しますか?


アメリカでの仕組みをいくつかお話します。「一部」と言ったのは、食料品店の規模と、それが大手全国チェーンのスーパーマーケットか、小規模な地域チェーンか、あるいは複数の店舗を展開する個人の食料品店かによって、多少の違いがあるからです。 1 店舗から数店舗まで。質問で「農場」について言及したため、最初に農産物について説明します。


大手の全国チェーンと地域チェーンは全国に倉庫を持ち、通常は店舗から数百km以内にあり、流通センターまたは DC とも呼ばれ、チェーンは地域に分かれています。各地域には、店舗のすべての部門、青果、肉、鮮魚 グロッサリー、花、デリ、健康と美容などの購買部門があります。


例として、トウモロコシを考えてみましょう。地域のバイヤーは、昨年の特定の週にどのくらいのトウモロコシがどの品種を販売したかを示すデータをすぐに入手できます。彼らはこの情報を使用して、今年何が必要かを予測します。


多くの場合、彼らはトウモロコシの供給業者に連絡し、数か月前に注文します。買い手は昨年利用した生産者に連絡し、スイートホワイトコーン1ケースの価格に合意したら、その生産者に今シーズンの注文を出すことになるのです。昨年の同じ週の売上高やその他の要因に基づいて、6 月の最初のトウモロコシのケースが非常に多く、6 月の 2 番目のトウモロコシのケースが非常に多くなります。


そのため、生産者(農家)は注文を受けて、特定の日にどれだけの量が必要かを数か月前に把握できるようになりました。もちろん、トウモロコシは天候に応じて植え付けから収穫まで 90 日から 93 日かかります。そのため、生産者はいつ植え付けて収穫し、その週の注文に対応するかを把握できるようになりました。


「うーん。」農家は言います、「この日に収穫するには 400 エーカー分の白いトウモロコシが必要ですが、私には 300 エーカー分しかありません。」そこで彼は、白いトウモロコシを栽培している別の農家に連絡して、「これこれの日に 100 エーカーのトウモロコシが必要だ」と言いました。そして他の農家は栽培して最初の農家に販売することに同意します。


場合によっては、「農家」(生産者、梱包業者、出荷者)が栽培できる土地がわずかしかないため、その地域の他の農家と契約して栽培を請け負います。


このような背景を踏まえて、次のようになります。


「農家」がトウモロコシを栽培しています。彼はトウモロコシを植え、収穫時期まで世話をします。さあ、トウモロコシの収穫の時期です。農家は、収穫の 1 ~ 2 か月間、大勢の人を一年中農場に座らせておくつもりはありません。


そこで彼は、農家が収穫するために必要な人材を供給し、装備し、賃金を支払う「労働請負業者」を雇います。収穫された後は、その人またはその人が育てている人のために、畑から梱包小屋まで移動しなければなりません。また、農家は、数か月間使用するためだけに大量のトラックを一年中放置しておくわけにはいかないので、トラック運送会社を雇ってトウモロコシを畑から梱包小屋に運びます。


梱包小屋に到着すると、品質を保証するために等級分けされ、梱包されて冷蔵され、数時間から数日間保管されます。その後、食料品チェーン店のトラックがやって来て、トウモロコシを大量に積み込んでワシントンDCに運びます。


場合によっては、食料品チェーンが荷主から引き取りに必要な専用のトラックを持っていないため、「ブローカー」を呼んで出荷命令を出し、ブローカーがトラックを雇って引き取りを行うこともあります。


ワシントンDCでトラックから降ろされ、品質が再度チェックされ、その店舗に向かう他の農産物と一緒に食料品店のトラックに積み込まれ、店舗に運ばれ、降ろされ、再度チェックされて販売に出されます。お客様が購入できるフロア。


場合によっては、農産物は収穫されたときに畑で梱包され、その後小屋に送られて冷却されて出荷されることがあります。


倉庫を持たない小規模な独立系食料品店は、大手チェーンのDCに代わる「青果流通業者」から商品を購入することになる。農産物流通業者は小さな食料品店や地元のレストランに販売しています。


果物屋は通常、生産者から直接購入します。


つまり、食料品店にある農産物は、生産者から購入できる店まで短期間に多くの人の手を経て、多くの人を雇用しています。


店内の他の部門にある他の品目は、メーカーから購入者を経て、トラック、DC またはその他の種類の倉庫、店舗などに至るまで、同様の手順を経ます。


したがって、トウモロコシは農家によって植えられ、収穫され、梱包小屋に運ばれ、荷降ろし、梱包、再荷積み、DCへの輸送、荷降ろしと再荷積み、店舗への輸送、荷降ろしされて売り場に並べられます。


Around the world in seven carts: how people shop for groceries internationally ギャビン・ブレア
アメリカの評価が高い食品専門のスーパーマーケット2023年版 ベスト10
世界で店舗数が多いスーパーチェーン店ランキング2023年版ベスト10




Category スーパーのベストプラクティス MBA講座

Category 役員になるには MBA講座

関連記事