ナナイの大冒険

Welcome to my blog!

北欧の鹿アカシカの生息地や特徴を徹底解説

2023/10/29
鹿から庭と畑を守る
鹿 スウェーデン トナカイ アカシカ 被害 農作物 北欧

スウェーデンのアカシカの生態圏を探ることで鹿被害対策はできないものでしょうか?



アカシカです1


日本の鹿とスウェーデンのアカシカは似ています。生態圏を探ることで鹿被害対策はできないものでしょうか?
北欧は鹿やトナカイと長い間共存してきました。北東の最北ではサンタクロースとトナカイや鹿と生活をするラップランド地方が有名です。彼らは数百年どころか1000年以上鹿とともに生活を共にしてきました。

今回の特集はスウェーデンのアカシカについての生態についてです。

前回の記事に土に血粉を混ぜることで冬場は半年以上鹿が畑に来ないというドイツとロシアと北欧についての農作物の記事をかきましたのでまだご覧になっていないかたは是非ご覧ください。




鹿対策に馬糞が効果的

アカシカの特徴



アカシカ


牡鹿、あるいは赤鹿と呼ばれる鹿は、多くの人から究極の狩猟動物とみなされています。その美しさ、優雅さ、畏敬の念を抱かせる表情は、しばしば成功する行動と組み合わさって、人々を魅了し、神話や伝説を生み出してきました。この種はスウェーデンで増加傾向にあり、豊かな農地から貧しい森林まで、ありとあらゆる場所で見ることができます。


アカシカです



特徴

スウェーデンのクロンヴィルテットは足が長く、体は細長く、首は細長い特徴をもっています。成長したオスの体長は175~200cm、体高は120~150cmです。シカが成獣になるのは6~8歳になってからで、スウェーデンの大型のシカは発情期前に生体重が300kgに達することもありますが、平均的な体重は200~230kg程度でしょう。成獣の後肢の体重は100~150kgで成長します。

夏の被毛は赤褐色ですが、暗褐色から黄褐色まで変異があります。冬の被毛は灰褐色だが、褐黒色から明るい灰色まで様々な色が観察されます。シカは雌鹿よりも色が濃く見えることが多いものの、必ずしもそうとは限りません。雌鹿は腹部の色が薄いことが多いのに対し、雄鹿は黒に近いこともあります。子ジカは生後2ヵ月くらいまでは白い斑点がある。しかしながら、成鹿にもかすかな斑点が見られることがあります。鏡面は淡黄褐色から黄白色で、多かれ少なかれはっきりとした黒い縞で縁取られている場合もありますが、この縞がない場合もあります。また、個体群によっては耳にも目立つ黒い縞がある場合があります。発情期前になると、アカシカの首は太く、長毛の暗褐色のたてがみに膨らみます。

アカシカの動きは、他の種にはほとんど見られない優雅さと敏捷さが特徴です。最も一般的な移動手段は歩行で、必要に応じて小走りや駆け足もします。まれに、非常にパワフルで速いギャロップに頼るときでさえ、彼らがいかにスムーズに動いているように見えるかは注目に値します。秋鹿のような不器用な歩き方や、でこぼこした硬い跳ね方はまったくしません。また、鹿のように高く長いジャンプもすることがないことも特徴で す。


感覚

聴覚と嗅覚は非常に優れています。耳はさまざまな方向に独立して回すことができ、シカは音源の方向を素早く判断することができます。嗅覚は採食や捕食者、他の動物の発見に使われますが、嗅覚は偶蹄類間のコミュニケーションにも機能しています。目、後ろ足、蹄、臀部にある嗅腺からニオイ物質が分泌され、その動物の性別、状態、コンディションを知ることができますが、尿や糞便からも情報を得ることができます。これらの匂いシグナルのうち、人間が感知できるのは発情期のシカの強くわかりやすい香りだけです。アカシカは視力が発達しており、暗闇でもよく見えています。その視力は、たとえばヘラジカよりもはるかに優れており、小さな動きやシルエットを発見するのに非常に長けています。


鳴き声


発情期の鹿の鳴き声は、スウェーデンの自然界で最も力強い音のひとつで知られています。その声はライオンの咆哮に例えられることもあれば、荒々しく荒々しい叫び声に例えられることもあります。咆哮の長さは、かなり長いものから短い断続的な咳払いまでさまざまです。好条件下では、人間は5~6キロ先まで唸り声を聞くことができます。

シカも雌鹿も、かなり短く鼻に触れるような鳴き方をします。子ジカは母親と接触するとき、より明るく、より小さな声で鳴く。危険が迫ると、雌鹿も雄鹿も短く、非常に荒い咳払いをすることがあります。


成熟期のシカ

シカは6~8歳になって初めて体重が完全に増え、完全に成長したとみなされるようになります。それ以前はまだ若いシカで構成されています。シカが最も力を発揮するのは通常10~14歳です。それ以後は急速に力を失い、たとえ撃たれずにすんだとしても、15~16歳以上になる鹿はほとんどいないでしょう。

フィールドでシカの年齢を判断する場合、角が多少参考になることもありますが、体の見た目も良い目安になります。若いシカは足が長く、しなやかでほっそりとした体つきをしています。

首は細く、頭は体の割に小さく、鼻は尖っていて、頭を高く上げています。年をとると、胴体はより重厚になり、首はより粗く、頭は低くなり、鼻はより鈍くなり、より大きく見えるようになります。顎の下には顎皮ができます。少し訓練すれば、野外で若いシカ、中年のシカ、老齢のシカを見分けることができるようになります。


アカシカの角について



角の発達


通常、枝分かれしていない単純な棘状の角が生え、スパイクまたはスパイク・ジカと呼ばれるようになります。しかし、まれではあるものの、1歳のシカにも小さな棘ができることがあり、通常は冠棘という形をしています(下記参照)。スウェーデンの2歳のシカは通常4~8本の棘を持ちますが、9~12本の棘を持つこともあります。また、2歳のシカで先端の角が刈られていないことも稀にあります。


年齢が上がるにつれて、角は年々大きくなり、粗く長い棒状になります。一般に、棘の数も年齢とともに増加しますが、毎年棘が増える必要はありません。また、成獣のシカは、ある年から次の年にかけて、1本か2本の棘を失うことがありますが、これは衰退しているわけではありません。

ほとんどの鹿の棘は10本から多くても18本ですが、個体によってはもっと多くの棘を持つこともあります。角が最も大きくなるのは通常10~14歳頃でこの時期のスウェーデン鹿は本当に大きかったりします。本当に大きなスウェーデンのシカは、角の長さが100~120cmにもなる。鹿が力を失い、角が弱くなり始めると、その鹿は衰退期に入ったと言われるようになります。


狩猟の伝統では、角棒のトゲには特別な名前がついています。竿の上のトゲ(通常は3本、2~4本の場合もある)は、下からアイ・スパイク、アイス・スパイク、ミドル・スパイクと呼ばれます。角棒の先にある棘は冠棘と呼ばれる。中棘と冠棘の間に4本目の棘がある場合は狼棘と呼ばれます。


棘が4本(各角に2本ずつ)ある鹿はフォークと呼ばれます。それ以外の鹿は、棘の数によって偶数または奇数と呼ばれます。例えば、それぞれの棒に5本の棘がある鹿は偶数十棘鹿です。棘の数が多い方の棒に5本の棘があり、反対側に0~4本の棘があれば奇数のシカです。


生後3~5年頃から、鹿の角には個体差が出始めます。2頭のシカがまったく同じ姿をしていることはまれで、通常は角で個体の違いを見分けることができます。角が長くなり、粗くなり、棘が多くなっても、個々の角の特徴は年ごとに保たれます。そのため、同じシカを数年間追跡することが可能で、年齢評価やアカシカの管理に大いに役立ちます。


角は2月から4月にかけて抜け落ちます。個々のシカは早ければ1月に抜け落ちることもあります。一般的に、高齢で体格の良い雄鹿は若い雄鹿よりも早く脱皮します。新しい角の形成はほとんどすぐに始まります。

6月中旬から成鹿の角が生えそろい、7月中旬から鹿は靭皮(じんぴ)を剥ぎ取ります。繰り返しになりますが、一般的に早く角が生えそろうのは年長の大型鹿です。最も若いオジロジカは、通常9月の発情期まで牙を剥くことはない、とも言われています。


足跡と糞



アカシカの足跡は長方形の正方形で、爪の先端が鈍いのに対し、オジロジカや ヘラジカの足跡は前方に細長く尖った形をしています。雄の成獣の前足跡は長さ8~9cm(軽い蹄を除く)、幅6~7cmで 。後方の蹄跡は長さ6~7cm、幅約5cm。軽蹄は通常、蹄跡を残しませんが、トロットとギャロップの時は例外で、歩行時のまとまった蹄跡に比べ、蹄もより広がります。


糞は長さ20~25mm、厚さ13~18mmのビーズ状で、豆やカートリッジに似ていて、整然と積まれていることもあれば、動いていた場合は紐状になっていることもあります。

アカシカの糞は、場合によってはフォロージカやヘラジカの子ジカの糞と間違われる危険性があります。また、固さも様々で、特に夏場は、糞が圧縮されてソーセージ状になっていたり、ドロドロの綿毛状になっていたりすることもあります。ソーセージの形はイノシシの糞とよく似ている場合がありますが、その場合、イノシシの糞は通常、刺激臭で簡単に区別できます。


より湿度の高いビオトープでは、イノシシが踏みつけて壁になる泥の水たまり(「水たまり」)も見られます。これらの水たまりは、シカの発情穴(下記参照)と混同してはならないもので、主に夏と秋に利用され、広さは数平方メートルから数百平方メートルまで様々な種類があります。


生息地、ビオトープ



アカシカは、森林と開けた土地が混在する落葉樹林主体のランドスケープで進化してきたと考えられている。アカシカは安定した後期更新環境における強い競争に適応した種である。北半球に分布するこの種は、幅広い景観や生息地でも見られる。

ヨーロッパでは、スコットランドの開けた高地やアルプス山脈の斜面から、北欧の近代的に管理された均質な針葉樹林の景観、農業が盛んな景観、地中海沿岸諸国の乾燥した環境、ビアロウィゼアの落葉広葉樹林に至るまで生息している。導入されたこの種は、南アメリカとニュージーランド、そして北アフリカ(ただし、ここでは導入種か在来種かは不明)で非常によく育つ。このように、この種は安定した温帯林の景観の中で進化してきたが、幅広い気候、景観、生息地で適応し、繁栄する優れた能力を持っているようだ。


スウェーデンでは、スコーネ南部の農業が支配的な景観と、スウェーデン中部の均質な針葉樹林の景観の両方で繁栄している。多くの場合、昼は森林地帯に避難し、夜になると餌を求めて畑や空き地に出かけるという日周パターンをとる。実際には、アカシカは暗闇に隠れて開けた場所だけを利用する夜行性の動物ではないが、これは人間の狩猟の圧力によって発達した適応である。

オオジロシカの姿



アカシカはしばしば、トウヒやマツの密林の中で日中を過ごす。密生した針葉樹林は通常、雪の深さが浅い。多層構造の落葉樹林も人気のあるビオトープである。広大な森林地帯が連続している場合は、針葉樹の疎林や落葉樹の疎林もよく利用される

。彼らは、周囲の状況や近づいてくる危険をよりよく把握するために、標高の高い場所を好む。たとえばコルモルデンでは、アカシカはかなり疎らな松林の高台をねぐらにするのが普通である。

冠をかぶった狩猟動物は水辺も好む。できれば隣接する針葉樹林との組み合わせが望ましいが、落葉性の湿地帯、沼沢林、ヤナギの茂み、ヨシ帯は非常に人気がある。サリックスを植えたエネルギー林もアカシカを惹きつけ、デイゲームとして有効であることが証明されている。しかし、より開けた農業主体の景観では、アカシカは広い野原で採食することができる。


飼料



純粋な草食動物から純粋な新芽、芽、小枝の草食動物に分類すると、アカシカは草食動物を好む混合草食動物として中間的な位置を占める。そのため、餌の大部分は地面や野原から得られるが、低木や樹木も放牧される。
積雪深の深い冬には、低木層の利用が増える。しかし、エルクとは異なり、アカシカは中程度の積雪深では雪を蹴破ることができる。

しかし、積雪深が50cmを超えたり、大雪が降ったりすると、アカシカにとっては困難な状況になり、雪を通り抜けることができなくなる。


野原層での重要な食物はブルーベリー、コケモモ、ヘザーである。また、クリーピング・アザミ、タフテッド・アザミ、イヌホオズキ、スゲ、ヒツジグサなど、様々な草も放牧される。地上部では、トナカイ地衣類が非常に好ましいことが分かっている。

低木層では、トネリコ、アスペン、ワラビ、オーク、ジュニパー、ローワン、アオイ、ヤナギの芽や小枝を食べる。また、トネリコ、アスペン、ナラ、トウヒ、カラマツ、ローワン、サロー、ヤナギ、マツ(光沢のある樹皮)などの樹皮も食べる。 アカシカは耕作作物のある畑に出るのが好きだ。人気があるのは、草地(特にクローバー)、小麦、オート麦、ライ麦、ナタネ、エンドウ豆、トウモロコシ、ジャガイモ、ニンジン、テンサイなどである。


採食行動において、林業と農業の両方に被害を与える可能性がある。樹皮を食べることで、森林プランテーションに大きな損害を与える。最も深刻で甚大な被害は、樹齢15~40年のトウヒの木立で発生する。

トウヒの樹皮剥離には2つのタイプがある。樹皮が固く締まっている冬には、動物たちは一度に小さな断片しかかじることができず、その結果「かじる」ことになる。しかし、製材期には大きな塊が引き剥がされ、「剥皮」となる。

スウェーデンでは、樹皮剥離は主にスコーネで大きな問題となっているが、他の地域でも発生しており、多くの場合、農地と森林が混在する肥沃な土地で発生している。また、アカシカが密集して生息しているにもかかわらず、樹皮剥離が稀な地域もある。例えばコルモルデン(Kolmården)は、おそらく国内で最もアカシカの生息密度が高いが、樹皮剥離の発生はごくわずかである。


アカシカが樹皮を食べる理由にはいくつかの仮説がある。食物繊維の摂取量を増やすため(おそらく消化のよい作物を食べるようになった結果)、ミネラルや寄生虫に対する抵抗力を高める物質を得るため、あるいは他のより望ましい食糧資源が不足していたり入手が困難だったりする場合に樹皮を食べるため、などである。

スウェーデンの研究では、アカシカの生息密度と樹皮被害の程度に相関関係は見られなかった。しかし、森林における代替食料の利用可能性が低下し、景観に占める農地の割合が高くなると、被害のレベルは高くなった。


アカシカは農業被害も引き起こす可能性があり、地域によっては成熟した小麦、さらにはオート麦への放牧被害が広範囲に及んでいると報告されている。このリスクは、耕地面積の少ない森林が支配的なランドスケープでより大きいようだ。

穀類やナタネでは、家畜が横たわったり踏みつけたりした結果、被害が発生することもある。

ジャガイモやニンジンの畑では、大きな損失が発生することがある。ジャガイモの場合、動物が食べるだけでなく、ジャガイモを蹴り上げて日光に当て破壊することもある。時々報告される問題として、アカシカがサイレージ俵のビニールを破ってサイレージを破壊するというものがある。

スコーネのアカシカ保護区では、作物への被害を防ぐために電気柵がテストされた。その結果、柵を突破しようとする動きを抑えるため、柵の外側に作物の一部を残しておく必要があることがわかった。


鹿の繁殖



繁殖

冠をかぶった雌牛は子牛を1頭しか産まない。子牛を2頭産むのは1%未満である。スウェーデンでは、雌豚の約半数が2歳で初産し、半数が3歳で初産する。約12歳までは、雌牛はほとんど毎年子牛を産む。高齢になると繁殖力が衰え、毎年子牛を産むことができなくなる。野生のクラウンハインドは18~20年生きることもある。KolmårdenとSkåneの両方で、23~25歳に達し、そのような高年齢で子牛を産んだ例もある。


約233日間の妊娠期間を経て、子牛は通常4月後半から5月中に生まれる。出生時の子牛の体重は6~10kg。被毛は斑点のある迷彩色だが、ほとんどの子牛は夏の間にすでに斑点を失っている。最初の数日間は、子牛はほとんど隠れていて、雌牛が餌を与えたり、洗ったり、新しい小屋に移したりするために訪れるだけである。しかし、生後数週間になると、子牛はほとんど雌牛の後をついて回るようになる。


鹿の発情期


スウェーデンの鹿対策


スウェーデンでは、発情期は8月後半に始まり、9月中旬頃にピークを迎え、9月末には落ち着く。スウェーデンで最も一般的な発情は、強いシカが雌シカを集めてハーレムを作り、他のシカから守ろうとすることである。

このハーレムを守る鹿は「斑点鹿」と呼ばれる。ハーレムキーパーになれるほど強くないシカは、交尾のチャンスがほとんどない。また、単独で立ち、咆哮して雌鹿を引き付けようとするケースもある。

広い空き地(多くの場合、望ましい餌がある畑)では、強い雄鹿が畑を「ケーキのピース」に分割し、そこに立って唸り声を上げて雌鹿を引き付けようとする、一種の闘技場遊びが起こることがある。


シカはまた、発情穴を蹴り上げて自分の存在を示し、そこで排尿した後、転がって角と頭を穴に突っ込む。発情穴はあらゆる種類の動物が利用できる。


ハーレムを得られなかった若いシカや大人のシカは端に移動し、雌シカと接触しようとする。また、シカは同じ発情期にまったく別の発情地を訪れることもあり、発情地間を少なくとも数キロ移動することもある。

このような発情期の移動の目的は、発情期に成功する確率を高めることである。また、個体群の遺伝子の流れを活発にし、近親交配のリスクを減らすメカニズムとしても機能する。発情地で斑点鹿になることに成功した鹿は、おそらく敗れるか死ぬまでそこに留まるだろう。しかし、雌鹿の数が激減すると発情地を放棄する例もある。


雌鹿をめぐる競争は、シカ同士の戦いに発展することもある。シカ同士が角で戦うこのような戦いは、どちらか、あるいは両方のシカが怪我をしたり、殺されたりすることもある。

さらにまれに、シカ同士が互いの角に巻き込まれて緩慢な死を遂げることもある。しかし、通常は弱い方のシカが戦いをやめ、無傷で逃げる。戦いはリスクの高い行為であるため、シカはできるだけ戦いを避けようとする。

咆哮で互いの強さを見極めるだけでなく、戦いの前に数メートルの距離を並んで歩く「平行歩行」を行い、視覚的にも互いの強さを測る。この場合、どちらかが後ずさりして終わることが多いが、突然角がぶつかり合って終わることもある。

戦いは数秒で終わることもあるが、鹿同士の力が互角であれば、20~30分続くこともある。このような戦いではものすごい力が発揮されるため、戦いの末に背骨が折れたり、時には角の棒が折れたりした鹿をよく見かける。


咆哮の目的は、ライバルに大きく強く見せるためでもあり、雌鹿を引き付けようとするためでもある。咆哮を聞くことで、雌鹿はその強さを判断し、発情期にどの鹿を訪ねるべきかのヒントを得ることができる。

また、咆哮をきっかけに雌鹿の発情が始まることもある。咆哮する成鹿が何頭かいて、互いに興奮し合っていれば、発情期には咆哮が多くなり、受精が早まる可能性が高まるので、出産も早まる。成獣の数が少なければ、咆哮の頻度も減り、発情期が遅くなるため、子ジカの誕生が遅くなる危険性がある。

雄鹿は支配的な雄鹿のハーレムを探す傾向がある。強い鹿のハーレムにいることで、雌鹿はストレスの多い若い鹿の求愛を避けることができる。雄ジカは他のシカが雌ジカに近づかないようにする。アカシカが若いシカとの交尾を避けることを示唆する証拠がある。

雌鹿が発情したときに近くに受け入れ可能な成鹿がいない場合、雌鹿は交尾から遠ざかり、約3週間後に再び発情することがある。しかし最終的には、たとえ成鹿が現れなかったとしても、雌鹿は提供されたものに落ち着く。しかし、その結果、子ジカの発育が遅れ、最初の冬を迎える準備が不十分となる可能性がある。


発情期にはアカシカは基本的に食事をとらない。発情期の雌鹿を探し、ハーレムの雌鹿をまとめ、ライバルから守ることで精一杯なのだ。また、休息が与えられると、彼らにとっては食べることよりも休息することのほうが重要であることが示唆されている。

また、落ち込んだり疲弊したりすると、食事に含まれる寄生虫の影響を受けやすくなるため、食事を避けるようになるのかもしれない。いずれにせよ、結果として体重は減少する。

発情期には、アカシカは体重の4分の1まで減少する。発情期前には、大きく成長したアカシカはほぼ長方形の体型をしているが、発情期が終わるころには、三角形に近い体型になり、腹部は上向きで、腰は痩せている。発情期を終えたシカが冬を乗り切り、来年のシーズンに向けて良いスタートを切るためには、この体重減少をできるだけ回復させることが重要である。

そのため、発情期の最終段階とその後は、大型のシカが単独で、しばしば物陰で、極めて集中的に草を食む姿を見ることができる。



ソース Kronhjort (スウェーデン語)


Category 鹿被害対策

  1. 半年鹿が畑に来なくなる裏技!好奇心旺盛な鹿から庭を守る方法
  2. ドイツの鹿被害対策 自然な方法でシカを遠ざけるには?
  3. シカと栃の実の関係に迫る トチノミの仲間はヘーゼルナッツ
  4. 鹿は栗を食べるのですか?鹿に餌としてあげるための完全マニュアル
  5. 鹿に絶対に食べられない果物と野菜を教えて!イチジク アガベ ルバーブ オリーブ
  6. 人間の尿は鹿被害防止になるのでしょうか?
  7. 鹿を寄せ付けない庭を作るためのおすすめ方法とは?
  8. 鹿のきらいな音とは?鹿を怖がらせる8種類の音楽と騒音
  9. 唐辛子粉が鹿よけにもなることをご存知でしょうか?
  10. 鹿追い払う方法とは? シカの個体数増加をコントロールするための非殺傷的な方法
  11. 天然の安全な家庭用シカ忌避剤の作り方とは?
  12. 鹿は玉ねぎを食べるのでしょうか?鹿対策にどう?
  13. 鹿はピーマンが嫌い?
  14. 鹿の冬 鹿が冬を乗り切るために必要な適応について
  15. 鹿よけピンクテープは効果があるのでしょうか?
  16. シカはドングリを食べないのですか?
  17. 鹿の訪問から農作物やお庭を守る方法とは? 農産物の収穫前に鹿被害対策は何がいい?
  18. 鹿被害対策のアイデアを交換
  19. コーヒーかすを使った鹿撃退方法とは?
  20. 鹿が食べない野菜とハーブリスト
  21. 風鈴の音は鹿を撃退するの?
  22. 音で鹿を撃退できる? 鹿が苦手な音は?
  23. 鹿は色盲なの? どんな色が見えるの?
  24. 稲を守るために、かかしはいかが?
  25. シカが好きな植物 20の花と野菜と低木
  26. 鹿はマリーゴールドを食べる?庭から鹿を遠ざけるためにマリーゴールドを使う方法
  27. 鹿が食べない野菜とはなんでしょうか? 鹿から庭を守る方法の1つは、鹿が食べない野菜を植えること
  28. 鹿が嫌いなもの シカを寄せ付けないハーブ10選
  29. 鹿被害対策 鹿を追い出す20の方法
  30. 鹿が嫌う色と見えない色とは?
  31. シカを敷地内に入らないようにするための17の解決策
  32. 冬から春にかけての鹿対策 春に被害を受けないために、冬のうちにシカを抑止しませんか?
  33. 鹿よけ散布材 卵とお水で自作できます
  34. 鹿が嫌いな植物 完全リスト 米国NY州政府公式発表2023年版より
関連記事